平尾 智広

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/16 14:44
 
アバター
研究者氏名
平尾 智広
 
ヒラオ トモヒロ
所属
香川大学
部署
医学部 公衆衛生学
職名
教授
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1987年
天理よろづ相談所病院, レジデント
 
1987年
 - 
1991年
北海道大学医学部第一外科
 
1992年
 - 
1994年
ハーバード公衆衛生学校 
 
1999年
 - 
2001年
国立医療・病院管理研究所, 協力研究員
 
2000年
 - 
2002年
香川医科大学, 助手
 
2003年
 - 
2009年
香川大学, 准教授
 
2008年
 - 
2016年
香川大学危機管理研究センター, 研究員
 
2009年
 - 
現在
香川大学, 教授
 
2010年
 - 
2017年
香川大学医学部附属病院, 副病院長
 
2016年
 - 
現在
四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構, 併任教員
 

学歴

 
 
 - 
2000年
香川医科大学 医学研究科 環境生態系
 
 
 - 
1985年
北海道大学 医学部 
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
日本国際保健医療学会  代議員
 
2013年
 - 
現在
香川県公害審査会  審査員候補者
 
2013年
 - 
現在
厚生労働省  医師国家試験 試験委員
 
2012年
 - 
現在
香川県糖尿病対策検討委員会  委員
 
2012年
 - 
現在
日本産業衛生学会  代議員
 

受賞

 
2017年7月
厚生労働大臣表彰 功績賞
 

論文

 
Yugo Okabe, Takehiko Asaga, Sayuri Bekku, Hiromi Suzuki, Kanae Kanda, Takeshi Yoda, Tomohiro Hirao and Gotaro Shirakami
Journal of Intensive Care   6(44)    2018年7月   [査読有り]
Kitazawa T, Matsumoto K, Fujita S, Seto K, Wu Y, Hirao T, Hasegawa T
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   48(2) 176-183   2018年2月   [査読有り]
Kanda K, Yoda T, Suzuki H, Okabe Y, Mori Y, Yamasaki K, Kitano H, Kanda A, Hirao T
Environmental health and preventive medicine   23(1) 4   2018年1月   [査読有り]
依田 健志, 鈴木 裕美, 倉藤 利早, 宮武 伸行, 徳田 雅明, 平尾 智広
国際保健医療   32(4) 243-248   2017年12月
依田 健志, 神田 かなえ, 横山 勝教, 岡部 悠吾, 鈴木 裕美, 平尾 智広
日本渡航医学会誌   11(1) 1-5   2017年9月

Misc

 
我が国のウイルス性肝炎対策に資する医療経済評価に関する研究(平成26~28年度総合研究報告書)
平尾 智広
   2017年3月
ウイルス性肝疾患に係る各種対策の医療経済評価に関する研究(平成23~25年度総合研究報告書)
平尾 智広
   2014年3月
Health systems reform in Japan
HIRAO Tomohiro
Proceeding of the Interrational Conference on Health System Reform in Asia      2000年
Financing Health Care for the Elderly in Japan
Tomonori Hasegawa, HIRAO Tomohiro, Toshihiko Hasegawa
Proceedings of International Conference on Evidence-based Practice: ″Towards Evidence-based Policymaking in Health Sector Developmen   192-299   2000年

書籍等出版物

 
医療職のための公衆衛生・社会医学 第6版
テコム   2018年2月   
医療を管理する 安全を測る
メディカ出版   2014年6月   
健康支援と社会保障制度[1] 総合医療論 第3版
医学書院   2013年1月   
医療安全管理事典
朝倉書店   2006年   
医療を経済する
医学書院   2006年   

講演・口頭発表等

 
Al Hasan SM, Yoda T, Okabe Y, Kanda K and Hirao T
Nutrition Society of Malaysia 33rd Scientific Conference   2018年7月26日   
The impact of the difference in natural history models on the cost-effectiveness of antiviral agents for patients with genotype 1 chronic hepatitis C
ISHIDA Haku; IGAI Hiroshi; SUENAGA Riichiro; SUKA Machi; HIRAO Tomohiro
ISPOR 19th Annual European Congress   2016年10月   
Cost of illness of liver cirrhosis in Japan -a time trend and future projections
KITAZAWA Takefumi; MATSUMOTO KUnichika; HIRAO Tomohiro; HASEGAWA Tomonori
ISQua 33rd INternational Conference   2016年10月   
Evaluation of utility index of Quality of Life in hepatitis patients in Japan
YODA Takeshi; IGARASHI Ataru; SUGIMORI Hiroki; SATO Toshihiko; HIRAO Tomohiro
ISPOR 7th Asia-Pacific conference   2016年9月   
Cost Analysis for Management and Prevention of Hepatitis B Virus Reactivation.
Akazawa Manabu; Igarashi Ataru; Yotsuyanagi Hiraoshi; HIRAO Tomohiro
ISPOR 17th Annual European Congress   2014年11月   

競争的資金等の研究課題

 
がん患者の就労復帰の社会的インパクトを測定する
基盤研究C
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 平尾 智広
我が国のウイルス性肝炎対策に資する医療経済評価に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 平尾 智広
ウイルス性肝疾患に係る各種対策の医療経済評価に関する研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2011年9月 - 2013年3月    代表者: 平尾 智広
外科手術における有害事象を簡便に把握するための手法の開発
基盤研究C
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 平尾 智広
通勤を利用した環境にやさしいメタボリックシンドローム対策の実証的研究
基盤研究C
研究期間: 2010年       代表者: 平尾 智広

社会貢献活動

 
過労死を考える香川の集い
【司会, 企画】  2017年3月 - 2017年3月
「自殺予防に向けたメンタルヘルス向上に関する研究プロジェクト」報告集会
【コメンテーター, 講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援】  一般市民  2013年3月 - 現在
企画・運営
冬季国民体育大会帯同ドクター
【助言・指導, 運営参加・支援】  2005年1月 - 2016年2月
JICA青年研修 アフリカ村落水道
【講師】  JICA  2017年 - 2016年
日経健康セミナー21
【講師】  日本経済新聞社  2015年10月