平尾 智広

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/15 17:04
 
アバター
研究者氏名
平尾 智広
 
ヒラオ トモヒロ
所属
香川大学
部署
医学部 公衆衛生学
職名
教授
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1987年
 天理よろづ相談所病院, レジデント
 
1987年
 - 
1991年
 北海道大学医学部第一外科
 
1992年
 - 
1994年
 ハーバード公衆衛生学校 
 
1999年
 - 
2001年
 国立医療・病院管理研究所, 協力研究員
 
2000年
 - 
2002年
 香川医科大学, 助手
 
2003年
 - 
2009年
 香川大学, 准教授
 
2008年
 - 
2016年
 香川大学危機管理研究センター, 研究員
 
2009年
 - 
現在
 香川大学, 教授
 
2010年
 - 
2017年
 香川大学医学部付属病院, 副病院長
 
2016年
 - 
現在
 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構, 併任教員
 

学歴

 
 
 - 
2000年
香川医科大学 医学研究科 環境生態系
 
 
 - 
1985年
北海道大学 医学部 
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
日本国際保健医療学会  代議員
 
2013年
 - 
現在
香川県公害審査会  審査員候補者
 
2013年
 - 
現在
厚生労働省  医師国家試験 試験委員
 
2012年
 - 
現在
香川県糖尿病対策検討委員会  委員
 
2012年
 - 
現在
日本産業衛生学会  代議員
 

受賞

 
2017年7月
厚生労働大臣表彰 功績賞
 
2014年7月
香川労働局長賞 功績賞
 
2014年4月
科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 理解増進部門
 

論文

 
Kitazawa T, Matsumoto K, Fujita S, Seto K, Wu Y, Hirao T, Hasegawa T
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   48(2) 176-183   2018年2月   [査読有り]
Kanda K, Yoda T, Suzuki H, Okabe Y, Mori Y, Yamasaki K, Kitano H, Kanda A, Hirao T
Environmental health and preventive medicine   23(1) 4   2018年1月   [査読有り]
依田 健志, 鈴木 裕美, 倉藤 利早, 宮武 伸行, 徳田 雅明, 平尾 智広
国際保健医療   32(4) 243-248   2017年12月
海外勤務者のメンタルヘルス 雇用形態による差について
依田 健志, 神田 かなえ, 横山 勝教, 岡部 悠吾, 鈴木 裕美, 平尾 智広
日本渡航医学会誌   11(1) 1-5   2017年9月
Yoda T, Yokoyama K, Suzuki H, Hirao T
Disaster medicine and public health preparedness   11(3) 300-304   2017年6月   [査読有り]

Misc

 
Financing Health Care for the Elderly in Japan
Tomonori Hasegawa, HIRAO Tomohiro, Toshihiko Hasegawa
Proceedings of International Conference on Evidence-based Practice: ″Towards Evidence-based Policymaking in Health Sector Developmen   192-299   2000年
Associated with Psychological Distress of Medical Doctor in Kagawa Prefecture, Japan: A Pilot Study
SUZUE Takeshi, SAKANO Noriko, MIYAMAE Yoshikazu, YODA Takeshi, Akira Yoshioka, NAGATOMI Taichi, SHIRAKI Wataru, HIRAO Tomohiro
Health   3(12) 748-751   2011年12月   [査読有り]
Effort-reward Imbalance and Low Back Pain among Eldercare Workers in Nursing Homes: A Cross-sectional Study in Kagawa Prefecture, Japan
横山勝教, 平尾智広, 依田健志, 吉岡哲, 白神豪太郎(Katsunori Yokoyama, Tomohiro Hirao, Takeshi Yoda, Akira Yoshioka, Gotaro Shirakami)
Journal of Occupational Health   56 197-204   2014年5月   [査読有り]
災害時健康情報の実践的集計報告システム J-SPEEDの開発
久保達彦, 高田洋介, 瀬戸弘和, 大友 仁, 富岡譲二, 中瀬克己, 平尾智広
日本集団災害医学会誌   19(2) 190-197   2014年11月   [査読有り]
Katsunori Yokoyama, Kazutoyo Shirakawa, HIRAO Tomohiro, M Nakatsu, YODA Takeshi, Hiromi Suzuki, OKABE Yugo, SHIRAKAMI Gotaro
Geriatr Gerontol Int.      2016年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
医療職のための公衆衛生・社会医学 第6版
テコム   2018年2月   
医療を管理する 安全を測る
メディカ出版   2014年6月   
健康支援と社会保障制度[1] 総合医療論 第3版
医学書院   2013年1月   
医療安全管理事典
朝倉書店   2006年   
医療を経済する
医学書院   2006年   

競争的資金等の研究課題

 
がん患者の就労復帰の社会的インパクトを測定する
基盤研究C
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 平尾 智広
我が国のウイルス性肝炎対策に資する医療経済評価に関する研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 平尾 智広
ウイルス性肝疾患に係る各種対策の医療経済評価に関する研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2011年9月 - 2013年3月    代表者: 平尾智広
外科手術における有害事象を簡便に把握するための手法の開発
基盤研究C
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 平尾 智広
通勤を利用した環境にやさしいメタボリックシンドローム対策の実証的研究
基盤研究C
研究期間: 2010年       代表者: 平尾 智広

社会貢献活動

 
過労死を考える香川の集い
【司会, 企画】  2017年3月 - 2017年3月
「自殺予防に向けたメンタルヘルス向上に関する研究プロジェクト」報告集会
【コメンテーター, 講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援】  一般市民  2013年3月 - 現在
企画・運営
冬季国民体育大会帯同ドクター
【助言・指導, 運営参加・支援】  2005年1月 - 2016年2月
早明浦プロジェクト ” シンポジウム
【司会, 企画】  2011年 - 2012年