谷村 厚子

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/02 17:58
 
アバター
研究者氏名
谷村 厚子
 
タニムラ アツコ
所属
首都大学東京
部署
健康福祉学部 作業療法学科
職名
准教授
学位
博士(保健科学)(首都大学東京)
その他の所属
首都大学東京大学院

研究分野

 
 

論文

 
精神障害者の就労を継続している状態に関する主観的認識について
馬塲順子,石井良和,谷村厚子・他
職業リハビリテーション   32(1) 12-22   2018年9月   [査読有り]
様々な施設でのグループ・アプローチ 作業療法におけるループ・アプローチの実際
谷村厚子
カウンセリングワールド   第5号 34-36   2018年4月
通所リハビリテーションにおけるOSAⅡを用いた作業療法プログラムの効果
石代敏拓,小林法一,谷村厚子
作業療法   36(4) 405-415   2017年11月   [査読有り]
中国都市部の在宅高齢者における生活基盤とソーシャルネットワークにかかわるニーズ
石岩,谷村厚子,籔脇健司,楊鴻菌,黄菊坤,繁田雅弘
老年精神医学雑誌   25(5) 545-555   2014年5月   [査読有り]
谷村 厚子,山田 孝
作業療法   28(2) 134-149   2009年4月   [査読有り]

Misc

 
V 事例研究
谷村 厚子(執筆協力者)
作業療法マニュアル34 作業療法研究法マニュアル 改訂第2版(編集・著作 一般社団法人 日本作業療法士協会)   41-44   2016年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
標準作業療法学 専門分野 作業療法評価学 第3版(編集:能登真一,山口昇,玉垣努,新宮尚人,加藤寿宏,松房利憲)
谷村 厚子 (担当:共著, 範囲:第5章 精神機能評価法,Ⅲ 精神機能作業療法における観察法と面接法,C 面接の目的と留意点,D 面接の方法,Ⅶ 疾患別の評価事例―C 神経症性障害.)
医学書院   2017年11月   ISBN:978-4-260-03003-8
クリニカリル作業療法シリーズ  精神領域の作業療法 第2版−プログラム立案のポイント(編集:石井良和,京極真,長雄眞一郎)
谷村 厚子 (担当:分担執筆, 範囲:第I部 精神科作業療法におけるプログラム立案の基礎 Dプログラム立案で利用できるウェポン 1.理論モデル(3)集団力動理論.第II部 精神科作業療法のプログラム立案の実際 4.神経症の作業機能障害とプログラム立案のコツ.)
中央法規   2016年2月   ISBN:978-4-8058-5321-4
人間作業モデル 理論と応用,改訂第4版(監訳:山田孝)
谷村 厚子 (担当:共訳, 範囲:第19章 作業的ナラティブを再び加工すること Cさん:価値と興味を認識すること,第21章 地域に根ざした介入による参加の促進 Jさん:仕事への旅.)
協同医書出版社   2012年6月   ISBN:978-4763921345
クリニカリル作業療法シリーズ 精神障害領域の作業療法(編集:石井良和,京極真,長雄眞一郎)
谷村 厚子 (担当:分担執筆, 範囲:第I部 精神科作業療法におけるプログラム立案の基礎 Dプログラム立案で利用できるウェポン 3.理論モデル(3)集団力動理論. 第II部 精神科作業療法のプログラム立案の実際 4.神経症の作業機能障害とプログラム立案のコツ.)
中央法規   2010年7月   ISBN:978-4-8058-3282-0
地域に根ざした作業療法(Marjorie E. Scaffa 編著・山田 孝 監訳)
谷村 厚子 (担当:共訳, 範囲:第16章 物質使用障害に対する地域アプローチ.)
協同医書出版社   2005年7月   ISBN:4-7639-2112-6

講演・口頭発表等

 
わが国の虚弱・要支援高齢者の「社会参加」に関連する研究の動向-過去10年間の文献レビューより-
武田将,谷村厚子
第28回日本保健科学学会学術集会   2018年10月   
勤労者のメンタルヘルスに影響する作業の意味づけの変化の検討
荒木瑞希,谷村厚子
第28回日本保健科学学会学術集会   2018年10月   
脳卒中入院患者の退院後生活の認識に関わる要因とその変容プロセスを検討した1事例
相原彩香,谷村厚子
第28回日本保健科学学会学術集会   2018年10月   
東日本大震災後の被災地域に在住する高齢者の生活課題に対するリハビリテーションプログラムの効果
嶋﨑寛子,小林法一,谷村厚子・他
第52回日本作業療法学会   2018年9月   
日本作業療法士協会 事例報告登録制度 登録事例に基づく報告者の経験年数の分析
田村大,鈴木真,谷村厚子・他
第52回日本作業療法学会   2018年9月   
日本作業療法士協会 事例報告登録制度における公開事例の分析
鈴木真,田村大,谷村厚子・他
第52回日本作業療法学会   2018年9月   
精神科デイケア利用者に対する「こころの天気」描画法活用作業療法集団プログラムの検討
古御門幸奈,谷村厚子
第52回日本作業療法学会   2018年9月   
精神保健サービス利用者を対象とした5件法ワークライフバランス尺度の因子妥当性の検討
谷村厚子,石井良和
第52回日本作業療法学会   2018年9月   
東京都作業療法⼠会会員の研究に関する意識調査報告
一般社団法人東京都作業療法⼠会学術部
第15回東京都作業療法学会   2018年7月   
メンタルヘルス領域における一次予防の取り組みの検討〜作業療法の立場から〜
荒木瑞希,谷村厚子
第15回東京都作業療法学会   2018年7月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
精神障害をもつ当事者対象ワークライフバランス向上プログラム効果評価システムの構築
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金(基盤研究(C)(一般)))
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 谷村 厚子
精神障害をもつ当事者対象ワークライフバランス向上プログラム効果評価 システムの構築
公立大学法人 首都大学東京: 平成26年度傾斜的研究費(部局分・部局競争経費)
研究期間: 2014年6月 - 2015年3月    代表者: 谷村 厚子
精神障害をもつ当事者が地域社会とつながりのある生活を検討するアクションリサーチ
公立大学法人 首都大学東京: 平成23年度傾斜的研究費(部局分・若手奨励経費)
研究期間: 2011年6月 - 2012年3月    代表者: 谷村 厚子
精神障害をもつ当事者参加型研究によるワークライフバランス再構築尺度の開発
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金(基盤(C) (一般)))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 谷村 厚子
精神障害をもつ当事者主体のアクションリサーチに関する研究
公立大学法人 首都大学東京: 平成22年度傾斜的研究費(部局分・若手奨励経費)
研究期間: 2010年6月 - 2011年3月    代表者: 谷村 厚子

社会貢献活動

 
一般社団法人 東京都作業療法士会 学術部担当理事
【運営参加・支援】  一般社団法人 東京都作業療法士会  2014年6月 - 現在
学術誌「東京作業療法」 編集長
【司会, 取材協力, 編集長】  一般社団法人 東京都作業療法士会  2012年2月 - 現在
社会福祉法人 あゆみ 評議員
【助言・指導】  社会福祉法人 あゆみ  2011年9月 - 現在
一般社団法人 日本作業療法士協会 学術部部員
【運営参加・支援】  一般社団法人 日本作業療法士協会  2011年6月 - 現在
社会福祉法人あゆみ 理事
【助言・指導】  社会福祉法人あゆみ  2009年4月 - 2017年3月