芳賀 猛

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/19 23:20
 
アバター
研究者氏名
芳賀 猛
 
ハガ タケシ
URL
http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/kansen/staff.html
所属
東京大学
部署
大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻 感染制御学研究室
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)
その他の所属
大学院農学生命科学研究科

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻 教授
 
2012年5月
 - 
2019年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻 准教授
 
2003年
 - 
2007年
 宮崎大学農学部獣医学科家畜微生物学 助教授
 
2007年
 - 
2012年4月
- 宮崎大学農学部獣医学科獣医微生物学講座 准教授
 
1991年
 - 
1997年
 カルフォルニア大学サンフランシスコ校 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1991年
東京大学 農学系研究科 
 
 
 - 
1986年
東京大学 農学部 
 

委員歴

 
2012年
 - 
現在
International Committee on Taxonomy of Viruses (ICTV) Papillomaviridae Study Group
 
2017年4月
 - 
現在
日本獣医疫学会  理事
 
2018年
 - 
現在
日本獣医史学会  理事
 
2018年
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 
2011年
 - 
2011年
OIE  World Veterinary Year 2011 Corresponding member as personality for Japan
 

論文

 
Shimakura H, Gen-Nagata F, Haritani M, Furusaki K, Kato Y, Yamashita-Kawanishi N, LE DT, Tsuzuki M, Tohya Y, Kyuwa S, Saito H, Horimoto T, Onodera T, Haga T
FEMS microbiology letters   366(19)    2019年10月   [査読有り]
Hsueh FC, Lin CN, Chiou HY, Chia MY, Chiou MT, Haga T, Kao CF, Chang YC, Chang CY, Jeng CR, Chang HW
Transboundary and emerging diseases      2019年9月   [査読有り]
Yu M, Chambers JK, Tsuzuki M, Yamashita N, Ushigusa T, Haga T, Nakayama H, Uchida K
The Journal of veterinary medical science      2019年9月   [査読有り]
Yamashita-Kawanishi N, Tsuzuki M, Wei Z, Kok MK, Ishiyama D, Chambers JK, Uchida K, Dong J, Shimakura H, Haga T
The Journal of veterinary medical science   81(7) 1000-1005   2019年7月   [査読有り]
Sugiura K, Kawasaki M, Atagi Y, Haga T
The Journal of veterinary medical science      2019年7月   [査読有り]
Iyori K, Inai K, Shimakura H, Haga T, Shimoura H, Imanishi I, Imai A, Iwasaki T
The Journal of veterinary medical science   81(6) 933-936   2019年6月   [査読有り]
齋藤 之美, 齋藤 勝宏, 芳賀 猛, Konomi SAITO, Katsuhiro SAITO, Takeshi HAGA
創価経済論集   48(1) 85-96   2019年3月
2018 年8月以来、中国でのアフリカ豚コレラの発生が立て続けに報告されている。アフリカ豚コレラは、豚やイノシシが感染する伝染病である。有効なワクチンが開発されていないため、発生すると陽性豚を殺処分して撲滅を図るしかないため、養豚経営だけではなく養豚関連産業へと甚大な被害が及ぶ。中国は豚肉生産、消費とも世界全体の約50%のシェアを持ち、飼養密度も高い。また、世界の輸入総量に占めるシェアも20%と高いため、アフリカ豚コレラが中国で蔓延すると豚肉の国際市場への影響も懸念される。そこで、本小稿で...
Kok MK, Yamashita-Kawanishi N, Chambers JK, Haritani M, Ushigusa T, Haga T, Nakayama H, Uchida K
The Journal of veterinary medical science      2019年3月   [査読有り]
Zhu W, Haga T, Yuan D, Watanabe KI, Chambers JK, Gao N, Uchida K, Fan S, Li F, Yang M, Norimine J, Hu S, Dong J
Archives of virology      2019年3月   [査読有り]
Sugiura K, Haga T
The Journal of veterinary medical science      2018年10月   [査読有り]
Shimakura H, Dong J, Zhu W, Chambers JK, Uchida K, Kiriki K, Uematsu M, Goto Y, Yasuda M, Yamashita N, Tsuzuki M, LE DT, Hatama S, Haga T
The Journal of veterinary medical science      2018年9月   [査読有り]
Van Doorslaer K, Chen Z, Bernard HU, Chan PKS, DeSalle R, Dillner J, Forslund O, Haga T, McBride AA, Villa LL, Burk RD, Ictv Report Consortium
The Journal of general virology   99(8) 989-990   2018年8月   [査読有り]
Yamashita-Kawanishi N, Sawanobori R, Matsumiya K, Uema A, Chambers JK, Uchida K, Shimakura H, Tsuzuki M, Chang CY, Chang HW, Haga T
The Journal of veterinary medical science      2018年6月   [査読有り]
Dong J, Zhu W, Yamashita N, Chambers JK, Uchida K, Kuwano A, Haga T
The Journal of veterinary medical science   79(12) 1957-1959   2017年12月   [査読有り]
Takeshi Haga · Jimmy T. Efird · Sharof Tugizov · Joel M. Palefsky
Papillomavirus Research   3 1-6   2017年6月   [査読有り]
Compared with HIV-negative individuals, HIV-positive individuals have a higher prevalence of anogenital human papillomavirus (HPV) infection, the causative agent of anogenital cancer. TNF-alpha is a major proinflammatory cytokine. sTNFR2 is the so...
齋藤 勝宏, 芳賀 猛, 近貞 美津子, 佐藤 秀保, 大川 愛絵
畜産の情報 = Livestock industries information   (327) 54-64   2017年1月
齋藤 勝宏, 佐藤 秀保, 芳賀 猛
フードシステム研究   23(3) 223-228   2016年12月
Dong J, Zhu W, Haga T
The Journal of veterinary medical science   78(6) 1059-1061   2016年7月   [査読有り]
Takenaka-Uema A, Bangphoomi N, Shioda C, Uchida K, Gen F, Kato K, Haga T, Murakami S, Akashi H, Hoimoto T
Virologica Sinica   31(3) 274-277   2016年6月   [査読有り]
Takenaka-Uema A, Sugiura K, Bangphoomi N, Shioda C, Uchida K, Kato K, Haga T, Murakami S, Akashi H, Horimoto T
Journal of virological methods   232 16-20   2016年6月   [査読有り]
Takenaka-Uema A, Murata Y, Gen F, Ishihara-Saeki Y, Watanabe K, Uchida K, Kato K, Murakami S, Haga T, Akashi H, Horimoto T
Journal of virology   89(18) 9477-9484   2015年9月   [査読有り]
Sugiura K, Haga T, Onodera T
Preventive veterinary medicine   115 191-197   2014年8月   [査読有り]
Dong J, Cook FR, Haga T, Horii Y, Norimine J, Misawa N, Goto Y, Zhu W
Archives of virology      2014年8月   [査読有り]
Zhu W, Dong J, Uchida K, Watanabe K, Nakayama H, Goto Y, Haga T
Veterinary journal (London, England : 1997)   199 303-305   2014年2月   [査読有り]
Yamazaki W, Mioulet V, Murray L, Madi M, Haga T, Misawa N, Horii Y, King DP
Journal of virological methods   192(1-2) 18-24   2013年9月   [査読有り]
Haga T, Dong J, Zhu W, Burk RD
Veterinary journal (London, England : 1997)      2013年7月   [査読有り]
Dong J, Zhu W, Goto Y, Haga T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   75 179-182   2013年2月   [査読有り]
Dong J, Zhu W, Cook FR, Goto Y, Horii Y, Haga T
The Journal of general virology      2012年10月   [査読有り]
Zhu W, Dong JB, Zhang J, Uchida K, Watanabe KI, Goto Y, Haga T
The Journal of general virology      2012年10月   [査読有り]
Kawano K, Ono H, Iwashita O, Kurogi M, Haga T, Maeda K, Goto Y
Japanese journal of infectious diseases   65(4) 322-325   2012年7月   [査読有り]
Dong JB, Zhu W, Cook FR, Goto Y, Horii Y, Haga T
Archives of virology   157(11) 2105-2111   2012年7月   [査読有り]
Kawano K, Ono H, Iwashita O, Kurogi M, Haga T, Maeda K, Goto Y
European journal of clinical microbiology & infectious diseases : official publication of the European Society of Clinical Microbiology   31 119-127   2012年2月   [査読有り]
Zhu W, Dong J, Shimizu E, Hatama S, Kadota K, Goto Y, Haga T
Archives of virology   157(1) 85-91   2012年1月   [査読有り]
Dong J, Zhu W, Saito A, Goto Y, Iwata H, Haga T
The open virology journal   6 68-72   2012年   [査読有り]
Zhu W, Dong J, Haga T, Goto Y, Sueyoshi M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(4) 531-534   2011年4月   [査読有り]
Matsumoto Y, Miura T, Akari H, Goto Y, Haga T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   72(8) 1057-1061   2010年8月   [査読有り]
Animal Models to Study Influenza Virus Pathogenesis and Control.
Haga T, Horimoto T
The Open Antimicrobial Agents Journal   2(1) 15-21   2010年   [査読有り]
Dong JB, Saito A, Mine Y, Sakuraba Y, Nibe K, Goto Y, Komase K, Nakayama T, Miyata H, Iwata H, Haga T
Virus genes   39(3) 330-334   2009年12月   [査読有り]
Haga Takeshi,Murayama Niho,Shimizu Yuya,Saito Akatsuki,Sakamoto Takumi,Morita Tetsuo,Komase Katsuhiro,Nakayama Tetsuo,Uchida Kazuyuki,Katayama Tetsuro,Shinohara Akio,Koshimoto Chihiro,Sato Hiroshi,Miyata Hironori,Katahira Kiyoaki,Goto Yoshitaka
Comparative immunology, microbiology and infectious diseases   32(5) 395-406   2009年
Huang L, Ikejiri A, Shimizu Y, Adachi T, Goto Y, Toyama J, Tanaka H, Akashi R, Uchida K, Miyata H, Haga T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   70 533-535   2008年5月   [査読有り]
Huang Li,Adachi Takumi,Shimizu Yuya,Goto Yoshitaka,Toyama Jun,Tanaka Hidenori,Akashi Ryo,Sawaguchi Akira,Iwata Hiroyuki,Haga Takeshi
Immunology letters   121(2) 148-156   2008年
Huang L, Ikejiri A, Shimizu Y, Adachi T, Goto Y, Toyama J, Tanaka H, Akashi R, Uchida K, Miyata H, Haga T.
Journal of veterinary medical science   70(5) 533-535   2008年
Kawano K, Okada M, Haga T, Maeda K, Goto Y
Eur J Clin Microbiol Infect Dis   27 227-232   2008年
Haga Takeshi,Uchide Noboru,Tugizov Sharof,Palefsky Joel M.
Apoptosis   13(1) 97-108   2007年
Shimizu Yuya,Inaba Katsuhisa,Kaneyasu Kentaro,Ibuki Kentaro,Himeno Ai,Okoba Masashi,Goto Yoshitaka,Hayami Masanori,Miura Tomoyuki,Haga Takeshi
Virology   361(1) 68-79   2007年
Haga T, Kumabe S, Ikejiri A, Shimizu Y, Li H, Goto Y, Matsui H, Miyata H, Miura T
Experimental animals / Japanese Association for Laboratory Animal Science   55 405-409   2006年7月   [査読有り]
Shimizu Y, Okoba M, Yamazaki N, Goto Y, Miura T, Hayami M, Hoshino H, Haga T
Microbes and infection / Institut Pasteur   8 105-113   2006年1月   [査読有り]
Haga Takeshi,Kumabe Shino,Ikejiri Ai,Shimizu Yuya,Li Huang,Goto Yoshitaka,Matsui Hidenori,Miyata Hironori,Miura Tomoyuki
Experimental Animals   55(4) 405-409   2006年
Shimizu Y, Okoba M, Yamazaki N, Goto Y, Miura T, Hayami M, Hoshino H, Haga T
Microbe and Infections   8 105-113   2006年
Shimizu Y, Miyazaki Y, Ibuki K, Suzuki H, Kaneyasu K, Goto Y, Hayami M, Miura T, Haga T
Virology   343(2) 151-161   2005年12月   [査読有り]
Subcutaneous granuloma associated with Macrophomina species infection in a cat.
Hasegawa T, Yoshida Y, Kosuge J, Haga T, Goto Y, Shinjo T, Uchida K, Yamaguchi R, Tateyama S, Takatori K
Vet. Rec   156 23-24   2005年
Jin J, Haga T, Shinjo T, Goto Y
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   66(10) 1243-1245   2004年10月   [査読有り]
新城 敏晴, 村上 隆之, 内田 和幸, 許 徳龍, 芳賀 猛, 後藤 義孝
日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association   57(10) 644-646   2004年10月
後藤 義孝, 村上 隆之, 小池 暁子, 許 徳龍, 芳賀 猛, 新城 敏晴
日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association   56(8) 528-530   2003年8月
Haga T, Okoba M, Yamazaki N, Kumabe S, Shimizu Y, Goto Y, Kuwata T, Kozyrev IL, Hayami M, Miura T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   65(5) 633-636   2003年5月   [査読有り]
Narongwanichgarn W, Misawa N, Jin JH, Amoako KK, Kawaguchi E, Shinjo T, Haga T, Goto Y
Veterinary microbiology   91 183-195   2003年2月   [査読有り]
Jin J, Narongwanichgarn W, Xu D, Goto Y, Haga T, Shinjo T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   64(3) 285-287   2002年3月   [査読有り]
Jin J, Xu D, Narongwanichgarn W, Goto Y, Haga T, Shinjo T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   64(3) 273-276   2002年3月   [査読有り]
Construction and In Vitro Properties of Chimeric Simian and Human Immunodeficiency Virus with the Human TNF-Alpha Gene
Haga Takeshi,Shimizu Yuya,Okoba Masashi,Kumabe Shino,Goto Yoshitaka,Shinjo Toshiharu,Ichimura Hiroshi,Kuwata Takeo,Hayami Masanori,Miura Tomoyuki
Microbiology and Immunology   46(12) 849-855   2002年
Kozyrev IL, Miura T, Haga T, Kuwata T, Hayami M
Arch. Virol.   146(6) 1051-1062   2001年
Cytokine kinetics in the plasma of monkeys infected with pathogenic and nonpathogenic simian and human immunodeficiency chimeric viruses at an early stage of infection.
Kwofie TB, Haga T, Iida T, Hayami M, Miura T
Microbiol. Immunol.   45 399-402   2001年
Narongwanichgarn W, Kawaguchi E, Misawa N, Goto Y, Haga T, Shinjo T
Vet. Microbiol.   82 383-388   2001年
Detection of genetic changes in anal intraepithelial neoplasia (AIN) of HIV-positive and HIV-negative men.
Haga T, Kim SH, Jensen RH, Darragh T, Palefsky JM
J. Acquir. Immune Defic. Syndr.   26 256-262   2001年
Haga T, Kuwata T, Kozyrev I, Kwofie TB, Hayami M, Miura T
AIDS Res Hum Retroviruses   16 577-582   2000年
Kuwata T, Miura T, Haga T, Kozyrev I, Hayami M
AIDS Res. Hum. Retroviruses   16 465-470   2000年
Hayami M, Igarashi T, Kuwata T, Ui M, Haga T, Ami Y, Shinohara K, Honda M
Leukemia   13(Suppl 1) S42-S47   1999年
A new approach to AIDS research and prevention: the use of gene-mutated HIV-1/SIV chimeric viruses for anti-HIV-1 live-attenuated vaccines
Haga T, Kuwata T, Ui M, Igarashi T, Miyazaki Y, Hayami M
Microbiol Immunol   42(4) 245-251   1998年
Telling GC, Haga T, Torchia M, Tremblay P, DeArmond SJ, Prusiner SB
Genes. Dev.   10(14) 1736-1750   1996年
Complete nucleotide sequence of the phosphoprotein of the Yamagata-1 strain of a defective subacute sclerosing panencephalitis (SSPE) virus.
Komase K, Haga T, Yoshikawa Y, Yamanouchi K
Biochim. Biophys. Acta   1129(3) 342-344   1992年
Molecular analysis of virus-producing and non-producing clones derived from a defective SSPE virus Yamagata-1 strain.
Haga T, Komase K, Yoshikawa Y, Yamanouchi K
Microbiol. Immunol.   36(3) 257-267   1992年
Molecular analysis of structural protein genes of the Yamagata-1 strain of defective subacute sclerosing panencephalitis virus. III. Nucleotide sequence of the hemagglutinin gene.
Komase K, Haga T, Yoshikawa Y, Sato TA, Yamanouchi K
Virus Genes   4(2) 163-172   1990年
Molecular analysis of structural protein genes of the Yamagata-1 strain of defective subacute sclerosing panencephalitis virus. II. Nucleotide sequence of a cDNA corresponding to the P plus M dicistronic mRNA.
Yoshikawa Y, Tsuruoka H, Matsumoto M, Haga T, Shioda T, Shibuta H, Sato TA, Yamanouchi K
Virus Genes   4(2) 151-161   1990年
Molecular analysis of structural protein genes of the Yamagata-1 strain of defective subacute sclerosing panencephalitis virus. IV. Nucleotide sequence of the fusion gene.
Komase K, Haga T, Yoshikawa Y, Sato TA, Yamanouchi K
Virus Genes   4(2) 173-181   1990年
Microbiol Immunol
Microbiol. Immunol.   34(6) 543-550   1990年
Haga T, Yokomori K, Nakayama H, Hayashi T, Goto N, Takahashi R, Fujiwara K
Jpn. J. Vet. Sci.   50(3) 809-813   1988年

Misc

 
芳賀猛
日本農学会シンポジウム講演要旨   2019 37‐42   2019年10月
稲井清彦, 稲井清彦, 岩崎利郎, 島倉秀勝, 芳賀猛, 今西市朗, 伊從慶太
日本獣医皮膚科学会学術大会・総会   22nd 76   2019年3月
芳賀猛
浦上財団研究報告書   25 42‐48   2018年3月
畠間真一, 安藤清彦, 西森朝美, 加藤優生, 島倉秀勝, 芳賀猛, 渡辺聡子, 真瀬昌司
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161st 361   2018年8月
小田切友葉, 石田大歩, 李俊佑, 遠藤麻衣子, 上間亜希子, 芳賀猛, 増田恒幸, 大森崇司, 田積晃浩, 平修, 笹川千尋, 山中隆史, 村上晋, 堀本泰介
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 391   2017年8月
齋藤勝宏, 佐藤秀保, 芳賀猛
フードシステム研究   23(3) 223‐228   2016年12月
芳賀猛, 中山裕之
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159th 145   2016年8月
齋藤勝宏, 芳賀猛, 近貞美津子, 佐藤秀保, 大川愛絵
畜産の情報   (327) 54‐64   2016年12月
クルクミンによるヒトパピローマウイルス含有子宮頸癌細胞の増殖抑制効果の解析
大川 愛絵, 上間 亜希子, 芳賀 猛
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159回 370-370   2016年8月
沢登良馬, 松宮光佑, 上間亜希子, CHAMBERS James, 内田和幸, ZHU Wei, 玄文宏, 芳賀猛
獣医疫学雑誌   20(1) 31 (JA),32 (EN)   2016年7月
ネコの扁平上皮癌におけるパピローマウイルスの解析
沢登 良馬, 松宮 光佑, 上間 亜希子, チェンバーズ・ジェームズ, 内田 和幸, 朱 偉, 玄 文宏, 芳賀 猛
獣医疫学雑誌   20(1) 31-32   2016年7月
乳房炎が生乳・乳製品供給に及ぼす影響について
齋藤 勝宏, 芳賀 猛, 佐藤 秀保, 近貞 美津子, 大川 愛絵
獣医疫学雑誌   20(1) 43-44   2016年7月
芳賀猛
日生研たより   62(3) 37‐45   2016年5月
芳賀猛, 朱偉, 董建宝, 渡邉謙一, CHAMBERS James, 内田和幸, 上間亜希子, 後藤義孝
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 300   2014年10月
関東地区獣医系4大学教育連携事業(通称:Vet4U)におけるITC活用の現状と課題
芳賀 猛, 尾崎 博
日本獣医学会学術集会講演要旨集   157回 167-167   2014年8月
ホルスタイン種乳牛の乳頭腫症アウトブレイクにおける牛パピローマウイルスの昆虫媒介の可能性(The likelihood of insect transmission of BPV in an outbreak of teat papillomatosis in Holstein dairy cattle)
董 建宝, 朱 偉, 芳賀 猛, 上松 瑞穂, 内田 和幸, 渡邊 謙一, 後藤 義孝, 乗峰 潤三, 谷口 喬子, 三澤 尚明
日本獣医学会学術集会講演要旨集   157回 414-414   2014年8月
牛の乳頭腫様舌病変からの牛丘疹性口炎ウイルスと牛パピローマウイルスの重複感染の初検出(Initial Detection for Co-infection with Bovine Papular Stomatitis Virus and Bovine Papillomavirus in Lingual Papilloma-like Lesion of Cattle)
朱 偉, 董 建宝, 芳賀 猛, 内田 和幸, 渡辺 謙一, 乗峰 潤三, 三澤 尚明, 後藤 義孝
日本獣医学会学術集会講演要旨集   157回 414-414   2014年8月
芳賀猛, 上間亜希子
獣医畜産新報   66(7) 501-503   2013年7月   [依頼有り]
牛における舌粘膜乳頭腫に関連する自然除去ゲノムを保有する牛パピローマウイルス10型(Bovine papillomavirus type 10 with a natural deleted genome associated with tongue mucosal papilloma in cattle)
朱 偉, 董 建宝, 内田 和幸, 渡邉 謙一, 後藤 義孝, 芳賀 猛
日本獣医学会学術集会講演要旨集   156回 285-285   2013年8月

書籍等出版物

 
動物の感染症〈第四版〉
明石博臣/内田郁夫/大橋和彦/後藤義孝/須永藤子/髙井伸二/宝達 勉/編 (担当:共著, 範囲:[担当:局所感染と全身感染 ])
近代出版、2019年( ISBN978-4-87402-250-4)   2019年4月   
獣医微生物学 第4版
芳賀 猛 (担当:分担執筆, 範囲:パピローマウイルス)
文英堂   2018年6月   
動物衛生学
芳賀 猛 (担当:分担執筆, 範囲:牛疫の撲滅)
文英堂   2018年4月   
動物感染症学: 獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠
芳賀 猛 (担当:編者)
近代出版   2016年4月   ISBN:978-4-87402-223-8
コアカリ 獣医微生物学
芳賀 猛、福士秀人、前田 健、村瀬敏之 編 (担当:共編者)
2015年4月   ISBN:978-4-8300-3257-8

Works

 
サルモネラ菌を用いたDNAワクチンデリバリー技術の開発
2004年 - 2005年
ゴーヤ種子由来抗H レクチンを用いた血液検査試薬の開発と新規医薬品への応用
2006年 - 2009年
培養細胞中のレトロウイルスに関する研究
2001年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
抗酸菌感染症の早期診断法ならびに予後診断法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究©)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 後藤 義孝
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 芳賀猛
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 後藤義孝
マウスの自然関連性マクロファージタンパク(NRAMP1)はマクロファージの活性化に多面的影響を及ぼし、同細胞内に寄生する病原体の生存を調整している。ヒトにおける遺伝子解析においても、NRAMP1ならびにその関連遺伝子は多型で抗酸菌に対する感受性と関連をもつことが分かってきている。そこでPMAで分化させたヒト単球系株化細胞THP-1を用いて、M.aviumを感染させた場合や、サイトカインによる刺激を行りた場合の同細胞におけるNRAMP-1遺伝子ならびにタンパクの発現量をリアルタイムRT-PC...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 芳賀猛
サルモネラ菌など細胞内寄生菌によるプラスミドのデリバリーは、安全性が高いと考えられるDNAワクチンの効果を高めるのに魅力的なアプローチである。本研究ではその技術開発のための基礎研究としてSalmonella Typhimuriumなどを材料に、β-galを真核細胞特異的に発現するプラスミドをモデルとして、マウスにおいて条件検討を行った結果、以下の成果を得た。1.pCMVβのマウス初代培養細胞への移行を検討したところ、SL7207株およびΔphoP株で陽性を認めたが、その効率は高くなかった。...