丹野 清人

J-GLOBALへ         更新日: 10/01/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
丹野 清人
 
タンノ キヨト
所属
首都大学東京
部署
都市教養学部 都市教養学科人文・社会系社会学コース
職名
助教授・准教授
学位
社会学修士(日本大学), 博士(社会学)(一橋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
 - 
2002年
 日本学術振興会特別研究員(PD)
 

学歴

 
 
 - 
2000年
一橋大学 社会学研究科 社会問題・社会政策専攻
 
 
 - 
1991年
神奈川大学 経済学部 貿易学科
 

Misc

 
グローバリゼーション下の産業再編と地域労働市場
大原社会問題研究所雑誌   528号, 40-60頁    2002年
Who govern the ethinic migrant labor market in Japan?
National Museum of Ethnology, "South Asian Migration in Comparative Perspective"   pp.373-389    2002年
ブローカーの社会学-「ピンポイント移住」と地域労働市場
「現代思想」青土社   31(6) 206-219   2003年
契約の時代と日系人労働者-外国人労働と周辺部労働市場の再編
日本労働社会学会年報   (14) 3-23   2003年
総合デカセギ業が包み込む日本のブラジル人労働市場
丹野清人
都市問題   100(3) 60−67   2009年

書籍等出版物

 
雇用構造の変動と外国人労働者 ―労働市場と生活様式の相補性の視点から―
梶田孝道編『国際化とアイデンティティ』ミネルヴァ書房   2001年   
外国人労働市場の分岐の論理 ―エスニックな分水嶺の発生メカニズム―
梶田孝道・宮島喬編『国際化する日本社会』東京大学出版会   2002年   
越境する雇用システムと外国人労働者
東京大学出版会   2007年   

Works

 
豊田市内産業及び地域社会における国際化進展の影響調査
2000年
少子高齢化時代における外国人雇用の戦略的有効性についての研究
2001年

競争的資金等の研究課題

 
エスニックネットワークの変容と定住化
研究期間: 1995年   
国際移民の比較制度分析
科学研究費補助金
研究期間: 2006年 - 2010年