磯村 和人

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/05 04:22
 
アバター
研究者氏名
磯村 和人
 
イソムラ カズヒト
所属
中央大学
部署
理工学部
職名
教授
学位
経済学修士(京都大学), 博士(経済学)(京都大学)
科研費研究者番号
60241733

研究分野

 
 

経歴

 
1992年4月
 - 
2002年3月
福島大学経済学部助教授
 
2000年4月
 - 
2001年9月
Visiting Scholar, University of Victoria, BC, Canada
 
2002年4月
 - 
2007年3月
福島大学経済学部非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2018年3月
中央大学専門職大学院国際会計研究科教授
 
2009年9月
 - 
2012年4月
中央大学専門職大学院国際会計研究科研究科長補佐
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1987年3月
京都大学 経済学部 経済学科
 
1987年4月
 - 
1989年3月
京都大学 経済学研究科 現代経済学専攻
 
1989年4月
 - 
1992年3月
京都大学 経済学研究科 現代経済学専攻
 

論文

 
Barnard on leadership development: bridging action and thinking
Kazuhito Isomura
Journal of Management History   16(2) 216-232   2010年5月   [査読有り]
Barnard’s method of creating theory from experience
Kazuhito Isomura
paper presented at the 35th of EGOS Colloquium, Edinburgh, UK, July 4-6, 2019      2019年7月   [査読有り]
Examining creative leaders' practical-thinking methods on the basis of Chester Barnard's views
Kazuhito Isomura
CGSAフォーラム(中央大学)   (16) 1-11   2018年3月
Park24’s market creation and game-changing strategy: leveraging strategic resources and capabilities
Kazunori Suzuki, Katsuyuki Tochimoto and Kazuhito Isomura
Strategic Direction   33(7) 1-4   2017年7月   [査読有り]
Exploring Chester Barnard's method of creating theory from experience and philosophy
Kazuhito Isomura
CGSAフォーラム(中央大学)   (15) 1-18   2017年3月

Misc

 
調査報告 ウェルズファーゴ歴史博物館
岡田順太・磯村和人・藤吉圭二
白鷗大学法政策研究所年報   (12) 223-231   2019年3月
フリーのビジネスモデルを活用し、経済効果を広げる
磯村和人
会計・監査ジャーナル   29(10) 99-105   2017年10月
模倣と学習からイノベーションを起こし、ビジネスモデルを進化させる
磯村和人
会計・監査ジャーナル   29(9) 98-103   2017年9月
焦点化と徹底した差別化で、グローバル展開を推進する
磯村和人
会計・監査ジャーナル   29(8) 116-122   2017年8月
現地化と標準化をバランスさせ、事業の国際化を図る
磯村和人
会計・監査ジャーナル   29(7) 96-102   2017年7月

書籍等出版物

 
戦略モデルをデザインする
磯村和人
日本公認会計士協会   2018年7月   
Capitalism and Its Challenges Across Borders: Perspectives from the Asian, African and American Continents
Bahaudin G. Mujtaba(ed.) (担当:共著, 範囲:Chapter11: Japanese Capitalism and its Challenges)
ILEAD Acadmy   2013年7月   
Archives for Maintaining Community and Society in the Digital Age
Keiji Fujiyoshi (ed.) (担当:共著, 範囲:Chapter 5: Search for missing links between records management and business administration)
Koyasan University   2013年6月   
経営学史事典 第2版
経営学史学会編 (担当:共著, 範囲:組織均衡論、組織目的、非公式組織)
文眞堂   2012年6月   
経営は哲学なり
野中郁次郎編 (担当:共著, 範囲:第2章「変革の哲学」)
ナカニシヤ出版   2012年2月   

講演・口頭発表等

 
Ideal and reality: how Japan’s organizations react to sustainable development issues [招待有り]
Kazuhito Isomura
2019橙色善念国際研討会   2019年11月30日   Fu-Jen Catholic University
Fashion Tec: how new technologies have changed Japan’s apparel businesses [招待有り]
Kazuhito Isomura
Special lecture sessions invited by Fu-Jen Catholic University   2019年11月29日   College of Fashion and Textiles, Fu-Jen Catholic University
Experienced-based ‘Genbaism’ in Japan: integrating action, knowledge, and intuitive thinking
Isomura, K. & Mitsui, I.
79th Annual Meeting of Academy of Management, Boston, Massachusetts, USA, August 9-13, 2019   2019年8月   
Barnard’s method of creating theory from experience
Isomura, K.
35th of EGOS Colloquium, Edinburgh, UK, July 4-6, 2019   2019年7月   
実践的な経験科学の構築に向けて:バーナードの方法 [招待有り]
磯村 和人
現代経営学研究会   2018年12月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
プロフェッショナルスクールで活用されるケース教材の開発に関する研究
研究期間: 2017年4月 - 2017年9月
市民社会における記録とアーカイブズの意義に関する国際比較研究
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
経験から理論を構築する実務家の思考方法とそれらに対応する教材開発に関する研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
経営理論と実践間のフィードバック・サイクル構築に向けた国際比較研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 磯村和人
国際比較に基づくアーカイブズと社会の関係に関する総合研究
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月