西本 有逸

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/13 02:55
 
アバター
研究者氏名
西本 有逸
 
ニシモト ユウイチ
所属
京都教育大学
部署
英文学科
職名
教授
学位
修士(学校教育学)(兵庫教育大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年4月
 - 
2001年3月
国公立高等学校 教諭
 
2001年4月
 - 
2008年3月
京都教育大学 英文学科 准教授
 
2008年4月
 - 
現在
京都教育大学 英文学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年3月
神戸大学 教育学部 教育学科
 
 
 - 
1997年3月
兵庫教育大学 学校教育研究科 教科領域教育専攻言語系
 

委員歴

 
2004年11月
   
 
The 5th International Conference in Memory of L. S. Vygotsky, Moscow: Russia.  Second Language Socialization: With Special Reference to Speech Activity Cell.
 
2005年11月
   
 
The 6th International Conference in Memory of L. S. Vygotsky, Moscow: Russia.  The Fusion of Speech, Body, and Emotion.
 
2006年6月
   
 
The 1st International Conference in Memory of A. A. Leontiev, Language in Action, Jyvaskyla: Finland.  A Unit for the Analysis of L2 Speech Activity.
 
2006年11月
   
 
The 7th International Conference in Memory of L. S. Vygotsky, Moscow: Russia.  The Significance of Imagination in Foreign Language Learning.
 
2007年11月
   
 
The 8th International Conference in Memory of L. S. Vygotsky, Moscow: Russia.  The Pathologos of Play: With Special Reference to the Act of Reading,
 

受賞

 
2016年11月
国際ヴィゴツキー学会 国際ヴィゴツキー学会教育学部門賞
受賞者: Yuichi NISHIMOTO
 

論文

 
英語教育実践としてのバフチン(1): 外在性について
西本有逸
京都教育大学教育実践研究紀要   (17) 191-197   2017年3月
ディープ・アクティブ・ラーニングのデプスは何から生まれるのか?
西本有逸
外国語教育メディア学会第23回中学高校教員のための英語教育セミナー      2017年3月
A Vygotskian Approach to Meaning-centered Education: With Special Reference to Perezhivanie and Personality
Yuichi NISHIMOTO
第17回国際ヴィゴツキー学会発表論文集   213-214   2016年11月   [査読有り]
英語科教育における人格発達(2):概念の発達
西本有逸
ヴィゴツキー学   別(4) 79-86   2016年11月
A Franklian-Vygotskian Approach to Meaning-centered Education: Emotional Experience (Perezhivanie) as a Trigger of Personality Development
Yuichi NISHIMOTO
International Congress of Logotherapy and Existential Analysis 発表論文集   34   2016年9月   [査読有り]

Misc

 
佐藤学先生を招聘して
西本有逸
京都教育大学教育実践研究紀要   (17) 261-261   2017年3月   [依頼有り]
伝え合う力の育成:小中ジャンプを考える
西本有逸
京都教育大学附属桃山地区学校園教育研究発表会      2017年2月   [依頼有り]
Sensibility as a Human Existential: Towards Emotional Experience (Perezhivanie) as a Trigger of Personality Development
Yuichi NISHIMOTO
京都教育大学附属京都小中学校教育実践研究協議会      2016年11月   [依頼有り]
英語教師の自律について考える
西本有逸
外国語教育メディア学会関西支部中学高校授業研究部会      2016年7月
英語教育とEducation 2030
西本有逸
外国語教育メディア学会関西支部中学高校授業研究部会      2016年5月

書籍等出版物

 
第二言語習得研究と英語教育の実践研究
西本 有逸 ほか
開隆堂   2014年3月   
「人格発達」の理論-子どもの具体心理学
西本 有逸 ほか
三学出版   2012年11月   
フォニックスからシャドーイングまで  英語音読指導ハンドブック
西本 有逸 ほか
大修館書店   2012年10月   
ライティング・フルーエンシー
西本有逸; 高津由紀
英宝社   2009年1月   
ヴィゴツキー著《最後の手稿》情動の理論-心身をめぐるデカルト、スピノザとの対話
西本 有逸 ほか
三学出版   2006年7月   

講演・口頭発表等

 
ディープ・アクティブ・ラーニングのデプスは何から生まれるのか
西本有逸
第23回中学高校教員のための英語教育セミナー   2017年3月18日   外国語教育メディア学会
A Vygotskian Approach to Meaning-centered Education: With Special Reference to Perezhivanie and Personality
Yuichi NISHIMOTO
17th International Conference in Memory of L. S. Vygotsky   2016年11月16日   国際ヴィゴツキー学会
A Franklian-Vygotskian Approach to Meaning-centered Education: Perezhivanie as a Trigger of Personality Development [招待有り]
Yuichi NISHIMOTO
3rd Viktor Frankl Congress in Vienna, International Congress of Logotherapy & Existential Analysis, THE FUTURE OF LOGOTHERAPY   2016年9月23日   
これで良いのか英語コミュニケーション!
西本有逸
第22回中学高校教員のための英語教育セミナー   2016年3月19日   外国語教育メディア学会
Deep Active Learning: Towards a Pedagogy Sublated by Epistemology and Ontology
Yuichi NISHIMOTO
16th International Conference in Memory of L. S. Vygotsky   2015年11月19日   国際ヴィゴツキー学会

担当経験のある科目

 

Works

 
デジタル教材(インタラクティブ PDF) 「英語科教育の研究」
西本 有逸, 村田 利裕   その他   2014年3月

社会貢献活動

 
京都教育大学附属高等学校教育実践研究集会
【その他】  2008年11月
【演題】英語教育実践への二つの問い直し
京都教育大学附属京都小・中学校教育実践研究協議会
【その他】  2009年11月
【演題】英語教育改善のポイント:言語・身体・情動
京都教育大学附属京都小・中学校教育実践研究協議会
【その他】  2010年11月
【演題】表象主義をのりこえる英語科教育
平成24年度「大学教員による高校生のための専門講座体験」
【その他】  2013年2月
【演題】「脳科学と英語学習」【開催地】京都市【対象】学生
近畿地区国立大学附属学校連盟英語科部会
【その他】  2014年10月
【演題】グローバル時代の英語教育の高度化【対象】教員