比嘉 充

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/10 14:28
 
アバター
研究者氏名
比嘉 充
 
ヒガ ミツル
eメール
mhigayamaguchi-u.ac.jp
URL
http://piano.chem.yamaguchi-u.ac.jp/index2.html
所属
山口大学
部署
山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院理工学研究科(物質工学系学域)(工学) 精密化学分野
職名
大学院担当教授
学位
工学博士(東京工業大学)
その他の所属
山口大学山口大学
科研費研究者番号
30241251

研究分野

 
 

経歴

 
2010年2月
 - 
2010年5月
山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当教授
 
2010年5月
 - 
2016年4月
山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
東京工業大学 工学部 有機材料工学科
 
 
 - 
1991年
東京工業大学 理工学研究科 有機材料工学専攻
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
MRS-J  第28回日本MRS年次大会連絡オーガナイザー
 
2018年4月
 - 
現在
公益財団法人 高分子学会  運営委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本海水学会  理事
 
2013年4月
 - 
現在
先端膜工学研究推進機構  理事
 
2017年4月
 - 
2018年3月
長崎県産業振興財団戦略的基盤技術高度化支援事業推進委員会  委員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
サブミクロンファイバー開発推進委員会  委員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
アセアニアン膜学会国際会議実行委員会  委員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
繊維学会  西部支部長 理事
 
2014年4月
 - 
2015年3月
日本海水学会  第67年会実行委員会実行委員長
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本膜学会  西日本支部長 編集委員 理事
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本海水学会  副会長
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員(基盤研究等第1段審査委員)
 

受賞

 
2019年3月
日本海水学会若手会 日本海水学会第10回学生研究発表会 優秀ポスター賞 RED/EDハイブリッド脱塩処理システムの最適運転条件の検討
受賞者: 野口 侑輝, 安川 政宏, 比嘉 充
 
2019年3月
日本海水学会若手会 日本海水学会第10回学生研究発表会での優秀ポスター賞 Power generation performance of A 299 Cell Pair Pilot-Scale RED Stack with The Highest Gross Power Density in The World
 
2018年12月
The Materials Research Society of Japan (MRS-J) Award for Encouragement of Research in the 28th Annual Meeting of MRS-J Symposium Energy Harvesting from Discharged Solutions in Salt Production Plant by Reverse Electrodialysis (RED)
 
2018年11月
放射線プロセスシンポジウム実行委員会 第17回放射線プロセスシンポジウムポスターセッション優秀賞 放射線グラフト陽・陰イオン交換膜を用いた逆電気透析装置の発電性能
受賞者: 澤田 真一、前川 康成、安保 貴和、匠 伸弥、安川 政宏、垣花 百合子、比嘉 充
 
2018年6月
日本海水学会 第69回日本海水学会 学生優秀賞 濃縮海水を用いた逆電気透析発システムにおける運転条件の検討
受賞者: 安保 貴和, 垣花 百合子, 安川 政宏, 比嘉 充
 

論文

 
Effect of spacer geometry on membrane and solution compartment resistances in reverse electrodialysis
Journal of Membrane Science   572 271-280   2019年2月   [査読有り]
Experimental and simulation studies of two types of 5-inch scale hollow fiber membrane modules for pressure-retarded osmosis
Desalination   447 133-146   2018年12月   [査読有り]
Yasukawa M, Shigefuji D, Shibuya M, Ikebe Y, Horie R, Higa M
Membranes   8(2) 22   2018年5月   [査読有り]
KUNO Masaya, YASUKAWA Masahiro, KAKIHANA Yuriko, HIGA Mitsuru
日本海水学会誌   72(2) 120‐121   2018年4月
安川 政宏, 垣花 百合子, 比嘉 充
繊維学会誌   74(4) P-134-138   2018年4月
Polyelectrolyte Composite Membranes Containing Electrospun Ion-Exchange Nanofibers: Effect of Nanofiber Surface Charges on Ionic Transport
比嘉 充
Langmuir   34 13035-13040   2018年   [査読有り]
Alkali attack on anion exchange membranes with PVC backing and binder: Effect on performance and correlation between them
Journal of Membrane Science      2018年   [査読有り]
Desalination of salt solutions by means of circulating diffusion dialysis system using salinity gradient energy
日本海水学会誌      2018年   [査読有り]
YANG Wu, YASUKAWA Masahiro, HIGA Mitsuru
日本海水学会誌   71(6) 348‐349   2017年12月
KUNO Masaya, YASUKAWA Masahiro, KAKIHANA Yuriko, HIGA Mitsuru
日本海水学会誌   71(6) 350‐351   2017年12月
Higa Mitsuru, Shigefuji Daisuke, Shibuya Masafumi, Izumikawa Shinsuke, Ikebe Yuki, Yasukawa Masahiro, Endo Nobutaka, Tanioka Akihiko
DESALINATION   420 45-53   2017年10月   [査読有り]
Taniguchi Ikuo, Wada Norihisa, Kinugasa Kae, Higa Mitsuru
JOURNAL OF MEMBRANE SCIENCE   535 239-247   2017年8月   [査読有り]
Characterization of Anion-exchange Membranes Prepared from PVA-based Block Copolymers
Mitsuru higa, Taiko Mizuno, Marika Anno
日本海水学会誌   71(2) 110-111   2017年4月   [査読有り]
Characterization of Cation-exchange Membranes Prepared by Ion-track Graft Polymerization
Mitsuru Higa, Mitsuaki Goto, Tetsuya Yamaki, Shin-ichi Sawada, Hiroshi Koshikawa, Akane Kitamura
日本海水学会誌   71(1) 37-38   2017年2月   [査読有り]
Mitsuru Higa, Taiko Mizuno, Marika Anno
日本海水学会誌   70(6) 324-325   2016年12月
Yuriko Kakihana, Kouhei Ukai, Mitsuru Higa
日本海水学会誌   70(6) 369-370   2016年12月   [査読有り]
Nobutaka Endo, Yoshiaki Ogawa, Kohei Ukai, Yuriko Kakihana, Mitsuru Higa
Energies      2016年8月   [査読有り]
Mitsuru Higa, Tomoyuki Sakurada , Hitoshi Takemura
日本海水学会誌   70(2) 118-119   2016年4月   [査読有り]
Mitsuru Higa, Ryosuke Hironaga, Keita Takamura , Masanao Chinen
日本海水学会誌   70(2) 116-117   2016年4月   [査読有り]
M. Shibuya, M. Yasukawa, S. Goda, H. Sakurai, T. Takahashi, M. Higa, H. Matsuyama
Journal of Membrane Science   504 10-19   2016年   [査読有り]
Masafumi Shibuya, Masahiro Yasukawa, Tomoki Takahashi, Taro Miyoshi, Mitusuru Higa, Hideto Matsuyama
Desalination   365 381-388   2015年12月   [査読有り]
Ikuo Taniguchi, Kae Kinugasa, Satsuk iEgashira, Mitsuru Higa
Journal of Membrane Science   502 124-132   2015年12月   [査読有り]
Masafumi Shibuya, Masahiro Yasukawa, Taro Miyoshi, Mitsuru Higa, Hideto Matsuyama
Desalination   362 34-42   2015年10月   [査読有り]
Mitsuru Higa, Shiyan Feng, Nobutaka Endo, Yuriko Kakihana
Electrochimica Acta   153 83-89   2015年8月   [査読有り]
Yuriko Kakihana, Yoshiaki Ogawa, Keita Takamura, Naoki Kawamura, Ryosuke Hara,
Electrochimica Acta   129 120-126   2014年9月   [査読有り]
Ryousuke Hara, Nobutaka Endo, Ken-ichi Okamoto, Xuan Zhang, Huiping Bi, Shanshan Chen, Zhaoxia Hu and Shouwen Chen
Journal of Power Sources   247 932-938   2014年7月   [査読有り]
Nobuyuki Tanaka, Minami Nagase, Kazuhiro Yutani, Tomokazu Kameyama, Keita Takamura, Yuriko Kakihana
Polymer   55 3951-3960   2014年6月   [査読有り]
Masahumi Shibuya, Yuriko Kakihana, Masahiro Yasukawa, Hideto Matsuyama
日本海水学会誌   68(2) 102-103   2014年2月   [査読有り]
安川政宏、比嘉充、松山秀人
日本海水学会誌   68(2) 94-101   2014年2月   [査読有り]
比嘉 充,安川 政宏,松山 秀人
膜   39 106-111   2014年1月   [査読有り]
Atsushi Jikihara, Reina Ohashi, Yuriko Kakihana, Mitsuru Higa, and Kenichi Kobayashi
Membranes   3 1-15   2013年10月   [査読有り]
Shouwen Chen, Kangcheng Chen, Xuan Zhang, Ryousuke Hara, Nobutaka Endo, Ken-ichi Okamoto, Lianjun Wang
Polymer   54 236-245   2013年6月   [査読有り]
比嘉 充
日本海水学会誌   67(3) 142   2013年5月
Shouwen Chen, Ryousuke Hara, Kangcheng Chen, Xuan Zhang, Nobutaka Endo, Mitsuru Higa, Ken-ichi Okamoto and Lianjun Wang
Journal of Materials Chemistry A   1 8178-8189   2013年5月   [査読有り]
Mitsuru Higa, Mayumi Kobayashi, Yuriko Kakihana, Atsushi Jikihara, Naoki Fujiwara
Journal of Membrane Science   428 267-274   2013年2月   [査読有り]
Nobuyuki Tanaka, Minami Nagase, Mitsuru Higaa
Desalination   296 81-86   2012年5月   [査読有り]
Nobuyuki Tanaka and Mitsuru Higa
日本海水学会誌   65 32-33   2011年11月   [査読有り]
Mitsuru Higa, Megumi Nishimura, Kota Kinoshita, Atsushi Jikihara
Internatinal Journal of Hydrogen Energy   37 6161-6168   2011年11月   [査読有り]
Mitsuru Higa, Kentaro Hatemura, Mikinori Sugita, Shin-ichi Maesowa,
Internatinal Journal of Hydrogen Energy   37 6292-6301   2011年11月   [査読有り]
Nobuyuki Tanaka, Minami Nagase, Mitsuru Higa
Journal of Membrane Science   384 27-36   2011年9月
Shouwen Chen, Xuan Zhang, Kangcheng Chen, Nobutaka Endo, Mitsuru Higa, Ken-ichi Okamoto, Lianjun Wang
Jornal of Power Sources   196 9946-9954   2011年8月
Kangcheng Chen, Zhaoxia Hu, Nobutaka Endo, Mitsuru Higa, Ken-ichi Okamoto
Polymer   52 2255-2262   2011年4月   [査読有り]
Mitsuru Higa, Kakuya Toyota, Takehiro Sugimoto
Desalination and Water Treatment   17 199-203   2010年5月   [査読有り]
Nobuyuki Tanaka, Minami Nagase, Mitsuru Higa
Desalination and Water Treatment   17 255-261   2010年5月   [査読有り]
Nobutaka Endo, Mitsuru Higa, Hidetoshi Kita
Desalination and Water Treatment   17 255-261   2010年5月   [査読有り]
Kazuaki Yaguchi, Kangcheng Chen, Nobutaka Endo, Mitsuru Higa, Ken-ichi Okamoto
Journal of Power Sources   195 4676-4684   2010年2月   [査読有り]
Kangcheng Chen, Zhaoxia Hu, Nobutaka Endo, Jianhua Fang, Mitsuru Higa, and Ken-ichi Okamoto
Journal of Membrane Science   351 214-221   2010年2月
Ken-ichi Okamoto, Kazuaki Yaguchi, Hajime Yamamoto, Kangcheng Chen, Nobutaka Endo, Mitsuru Higa, Hidetoshi Kita
Journal of Power Sources   195 5856-5861   2010年1月   [査読有り]
Xinbing Chen, Kangcheng Chen, Pei Chen, Mitsuru Higa, Ken-ichi Okamoto, Tetsuji Hirano
Journal of Polymer Science:Part A:Polymer Chemistry   48 905-915   2010年1月   [査読有り]
Megumi Nishimura, Mitsuru Higa
Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan   63(6) 381-386   2009年12月   [査読有り]
Mitsuru Higa, Kazuaki Yaguchi, Ryousuke Kitani
Electrochimica Acta   55 1380-1384   2009年7月   [査読有り]
Mitsuru Higa, Mikinori Sugita, Shin-ichi Maesowa, Nobutaka Endo
Electrochimica Acta   55 1445-1449   2009年6月   [査読有り]
Z. Hu, Y. Yin, K. Yaguchi, N. Endo, M. Higa, K. Okamoto
Polymer   50(13) 2933-2943   2009年5月   [査読有り]
N. Endo, K. Matsuda, K. Yaguchi, Z. Hu, K. Chen, M. Higa and K. Okamoto
Journal of The Electrochemical Society   156(5) B628-B633   2009年3月   [査読有り]
Huiping Bi, Shouwen Chen, Xinbing Chen, Kangcheng Chen, Nobutaka Endo, Mitsuru Higa, Kenichi Okamoto, Lianjun Wang
Macromol Rapid Commun   30 1852-1856   2009年   [査読有り]
K. Chen, X. Chen, K. Yaguchi, N. Endo, M. Higa and K. Okamoto
Polymer   50(2) 510-518   2008年11月   [査読有り]
Ken-ichi Okamoto, Kousou Matsuda, Zhaoxia Hu, Kangcheng Chen, Nobutaka Endo and Mitsuru Higa
ECS Transactions   12(1) 5-12   2008年   [査読有り]
Mitsuru Higa, Dai Masuda, Eisuke Kobayashi, Megumi Nishimura, Yoko Sugio, Takeshi Kusudou and Naoki Fujiwara
Journal of Membrane Science   310 466-473   2008年
Megumi Nishimura, Mitsuru Higa, Kento Akamine and Sou Masudaya
Desalination   233 157-165   2008年
Mitsuru Higa and Tomoko Yamakawa
Design and Preparation of a Novel Temperature-responsive Ionic Gel. 2. Regulation of Bivalent Ion Concentration in Response to Temperature Changes   21 6585-6593   2008年
Development of Dye-sensitized Solar Cell Using Solid Polymer Electrolyte Consisting of Hyper-branched Graft Polymer
Nobutaka Endo, Yoko Hashizume and Mitsuru Higa
Transactions of the Materials Research Society of Japan   32(3) 685-688   2007年
Adsorption of Trace Metal Ions in Awueous Solution onto Polyaniline / Poly(vinylalcohol) Composite Colloid
Nobutaka Endo, Shinji Takaoka, Mitsuru Higa and Koji Matsusaki
Transactions of the Materials Research Society of Japan   31(2) 337-340   2006年
温度応答性高分子ゲル特性の新しい評価法の開発研究
江 鐘偉 & 李 芬蘭 & 三浦大介 & 山川朋子 & 比嘉 充
日本AEM学会誌   13(3) 242-247   2005年   [査読有り]
Permselectivity of anions with same sign and same valence through temperature responsive anion-exchange membranes
Mitsuru Higa, Tomoko Yamakawa, Chika Miyamoto, Arifal, Nobutaka Endo and Koji Matsusaki
30(2) 409-412   2005年
Development and characterization of the dye-sensitized solar cells using solid polymer electrolytes
Nobutaka Endo, Ryoichi Ishimitsu, Mitsuru Higa and Koji Matsusaki
Transactions of the Materials Research Society of Japan   30(2) 469-472   2005年
Effects of Modification with Cationic Polymer on the Ion-Exchangr Property of Cation-Exchange Resin
Nobutaka Endo, Naoyuki Toda, Mitsuru Higa and Koji Matsusaki
Transactions of the Materials Research Society of Japan   30(2) 413-416   2005年
Mitsuru Higa and Tomoko Yamakawa
The Journal of Physical Chemistry B   109(22) 11373-11378   2005年
Nobutaka Endo & Rei Ikuta & Mitsuru Higa & Koji Matsusaki
Analytical Sciences   20(7) 1099-1101   2004年   [査読有り]
Chemical Modification of Anion-exchange Resin with Chrome Azurol S
Koji Matsusaki & Naohiro Iwatani & Mitsuru Higa & Nobutaka Endo
29(6) 2635-2638   2004年   [査読有り]
Collection of Trace Ions by Use of Conducting Polylmer Colloid
Nobutaka Endo & Shinji Takaoka & Mitsuru Higa & Koji Matsusaki
29(6) 2643-2646   2004年   [査読有り]
Control of Transport Modes of Ions Using a Temperature-responsive Charged Membrane
ACS Symposium Series 876, Advanced Materials for Membrane Separations   324-334    2004年
Simulations of Permselectivity of Ions with Different Valence through a Charged Membrane
29(6), 2679-2682    2004年
Transport Properties of Ions through pH Memorizable Charged Membranes Prepared from Poly (vinyl alcohol)
Transactions of the Materials Research Society of Japan   29(6), 2667-2670    2004年
Synthesis and characterization of a hyper-branched graft polymer for solid polymer electrolyte
29(6), 2611-2614    2004年
CO2 selective membranes Prepared from Hyper-branched Graft Polymers by Atom Transfer Radical Polymerization
Transactions of the Materials Research Society of Japan   29(6) 2603-2606   2004年10月   [査読有り]
Preparation and Characterization of Temperature-responsive Gel Actuators by in situ Polymerization of N-isopropylacrylamide and Poly (vinyl alcohol)
Transactions of the Materials Research Society of Japan   29(6) 2607-2610   2004年2月
Permselectivity of Anions through Gel Membranes Prepared from N-isopropylacrylamide and Poly(vinyl alcohol)
Tomoko Yamakawa, Chika Miyamoto, Shinya Ishida, Mitsuru Higa and Koji Matsusaki
29(6) 2599--2602   2004年4月
Mitsuru Higa and Tomoko Yamakawa
Journal of Physical Chemistry B   108(43) 16703-16707   2004年
Analysis of Ionic Transport through NPN Type Bipolar Membranes
Mitsuru Higa & Yukiko Fujino
28(3) 825-828   2003年   [査読有り]
Ion Exchange Selectivity of Cation Exchange Resin Modified with Cationic Polymer
NOBUTAKA ENDO& NAOYUKI TODA&MITSURU HIGA & KOJI MATSUSAKI
Transactions of the Materials Research Society   28 773-776   2003年   [査読有り]
Effect of preparation conditions on transport properties of temperature-responsive charged membranes
Tomoko Yamakawa, Shinya Ishida, Mitsuru Higa and Koji Matsusaki
28(3) 829-832   2003年3月
Design and Preparation of Temperature Responsive Gels for Polymer Actuators
Tomomi Hashiguchi, Ayumu Matsuoka, Youhei Kurose and Mitsuru Higa
28(3) 821-824   2003年5月
松岡歩, 山川朋子, 比嘉充
高分子学会予稿集   51(12) 3344-3345   2002年9月
Study of the Ion Exchange Properties of Colloidal Particle Consisting of Polyaniline and Poly(vinylalcohol)
Nobutaka Endo & Motohiko Suma & Koji Matsusaki & Mitsuru Higa
Transactions of the Material Research Society of Japan   27(2) 431-434   2002年   [査読有り]
Chemical Modification of Anion Exchange Resin
Koji Matsusaki & Mitsuru Higa & Nobutaka Endo
Transactions of the Material Research Society of Japan   27(2) 427-430   2002年   [査読有り]
Preparation and characterization of ionic gels prepared from poly(vinyl alcohol) and polyelectrolytes
27(2) 443-446   2002年
Control of Uphill-transport Modes of Ions through Temperature-responsive Bipolar Membranes: Effect of the Charged Layer Structure on their Transport Properties
Mitsuru Higa, Shinya Ishidda, Tomoko Yamakawa and Koji Matsusaki
27(2) 411-414   2002年   [査読有り]
Charge Mosaic Membranes Prepared from Laminated Structure of Charged Gel Layers: Effect of Membrane Structure on the Salt Permselectivity
Trans. Mat. Res. Soc. J   27(2) 407-410    2002年
Separation and Concentration of Trace Ion with Polyaniline
Nobutaka Endo & Yukari Takeda & Koji Matsusaki & Mitsuru Higa
Analytical Sciences   17 1109-1112   2001年   [査読有り]
Collection of Trace Copper(II) into Poly(vinylmethylether) by Use of Chrome Azurol S
Koji Matsusaki, Nobutaka Endo, Mitsuru Higa
Analytical Sciences   17 1101-1103   2001年   [査読有り]
Veinardi Suendo, Rie Eto, Toshihisa Osaki, Mitsuru Higa, and Akihiro Tanioka
240 162-171   2001年
Toshikatsu Sata, Kohei Kawamura, Mitsuru Higa, Koji Matsusaki
183 201-212   2001年
Journal of Physical Chemistry.B   104(49) 11674-11679   2000年   [査読有り]
Mitsuru Higa, Akihiko Tanioka and Keizo Miyasaka
Journal of Membrane Science   49(2) 145-169   1990年   [査読有り]

Misc

 
比嘉充, 谷口育雄
CSJ Current Review   (29) 177‐182,1(4)   2018年5月
垣花百合子, 松山秀人, 高木良助, 安川政宏, 比嘉充
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学編   2016 31‐40   2018年3月
八巻徹也, 澤田真一, 越川博, 比嘉充, 遠藤宣隆, MESSANA Diego, DRIOLI Enrico
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学編   2016 223‐232   2018年3月
比嘉充, 堀憲次, 上村明男, 遠藤宣隆, 安川政宏
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学編   2016 165‐174   2018年3月
安川 政宏, 垣花 百合子, 比嘉 充
繊維学会誌   74(4) P-134-P-138   2018年
比嘉 充
化学工学 = Chemical engineering of Japan   81(9) 472-474   2017年9月
比嘉 充, 安川 政宏
化学と工業 = Chemistry & chemical industry   70(8) 684-686   2017年8月
垣花百合子, 松山秀人, 高木良助, 安川政宏, 比嘉充
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学編   2015 31‐40   2017年3月
比嘉充, 堀憲次, 上村明男, 遠藤宣隆
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学編   2015 193‐202   2017年3月
比嘉充, 堀憲次, 上村明男, 遠藤宣隆
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学編   2014 115‐123   2016年3月
谷岡 明彦, 比嘉 充, 坂井 秀之
膜   40(2) 67-72   2015年
For the reduction of energy consumption at a mega–ton scale SWRO plant, pressure–retarded osmosis (PRO)system is proposed in the Mega–ton Water Project. The PRO system recovers power from salinity gradient between the concentrated brine from the S...
比嘉充
電気計算   82(12) 33-38   2014年12月
安川政宏, 比嘉充, 松山秀人
日本海水学会誌   68(3) 126   2014年6月
村瀬和典, 比嘉充
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学 農学・生物学編   2012 17-26   2014年3月
比嘉充, 渋谷真史, 泉川慎介
機能材料   34(1) 9-14   2014年1月
比嘉 充, 渋谷 真史, 泉川 慎介
機能材料   34(1) 9-14   2014年1月
比嘉 充
海水誌   68(5) 293-297   2014年
比嘉充, 藤井将矢, 竹村仁, 阿武真梨香
膜   38(6) 284-289   2013年11月
比嘉 充, 藤井 将矢, 竹村 仁
膜 = Membrane   38(6) 284-289   2013年11月
比嘉充, 渋谷真史, 泉川慎介
Nanofiber   4(1) 3-6   2013年7月
比嘉 充, 渋谷 真史, 泉川 慎介
Nanofiber : ナノファイバー学会誌   4(1) 3-6   2013年7月
比嘉充, 藤井将矢
MRC News   (49) 49-50   2013年4月
比嘉充, 堀憲次, 上村明男, 遠藤宣隆
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学 農学・生物学編   2011 107-115   2013年3月
村瀬和典, 比嘉充
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学 農学・生物学編   2011 19-26   2013年3月
次世代水処理膜の展望
渋谷 真史,泉川 慎介
ナノファイバー      2013年
分離膜を用いた新規再生可能エネルギー発電
藤井将矢
MRC News      2013年4月
比嘉 充
膜   37(6) 299-300   2012年11月
比嘉充, 藤井将矢, 岡川直紀
日本海水学会誌   66(5) 242-247   2012年10月
比嘉 充, 藤井 将矢, 岡川 直紀
日本海水学会誌 = Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan   66(5) 242-247   2012年10月
比嘉 充, 藤井 将矢, 岡川 直紀
日本海水学会誌   66(5) 242-247   2012年10月
比嘉充
膜   37(5) 224-229   2012年9月
比嘉充
日本膜学会年会講演要旨集   34th 6   2012年4月
比嘉充, 堀憲次, 上村明男, 遠藤宣隆
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学 農学・生物学編   2010 127-134   2012年3月
比嘉 充, 藤井 将矢, 岡川 直紀
海水誌   66(5) 242-247   2012年
Salinity gradient power (SGP) is one of a renewable energy that is available when two solutions of different salinity mix. The global potential for SGP is calculated to be 2.6 TW when the flow of all rivers is taken into account. There are two mem...
谷岡明彦, 比嘉充
未来材料   11(12) 42-46   2011年12月
谷岡 明彦, 比嘉 充
未来材料   11(12) 42-46   2011年12月
比嘉 充
繊維学会誌   66(12) "P-417"-"P-419"   2010年12月
比嘉充, 堀憲次, 上村明男, 遠藤宣隆
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学 農学・生物学編   2008 179-187   2010年3月
比嘉充
繊維学会誌   66(12) P.417-P.419 (J-STAGE)   2010年
西村 恵美, 比嘉 充
日本海水学会誌   63(6) 381-386   2009年12月
PVAとポリカチオンであるポリアリルアミン塩酸塩をブレンドさせ,キャスト成形した後に種々の条件下で架橋を行うことで,様々な膜構造を有する親水性マトリクスアニオン交換膜を作製した.得られた膜の基礎特性評価を測定し,ポリカチオン含有量と架橋条件がイオン輸送特性に与える影響について検討した.架橋剤濃度の増加とともに膜含水率は減少した.また,ポリカチオン含有量の増加とともに膜荷電密度は増加し,ポリカチオン含有量が20wt.%,架橋剤濃度が0.1vol.%の際に最大値0.78moldm&n...
比嘉充, 西村恵美
日本海水学会誌   63(5) 297-302   2009年10月
比嘉充, 堀憲次, 上村明男, 遠藤宣隆
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 1 理工学 農学・生物学編   2007 127-135   2009年3月
比嘉充, 西村恵美
日本海水学会誌   62(3) 134-138   2008年6月
比嘉 充, 西村 恵美
日本海水学会誌   62(3) 134-138   2008年6月
比嘉充, 遠藤宣隆
マツダ財団研究報告書(科学技術振興関係)   20 87-94   2008年6月
比嘉 充, 西村 恵美
海水誌   62(3) 134-138   2008年
The concentration of fluoride and nitrate ions in ground water increases recently because of ground water mining and heavy usage of nitrogen fertilizers in agriculture, respectively. Excessive fluoride and nitrate ions in drinking water cause a mu...
比嘉 充
膜   31(6)    2006年11月
比嘉充, 前岨晋一, 杉田幹典, 羽手村建太郎, 遠藤宣隆, 赤嶺健人
膜シンポジウム   (18) 157-160   2006年10月
比嘉充, 藤井政臣, 小林真由美
高分子学会予稿集(CD-ROM)   55(2 Disk1) 3V02   2006年9月
松田康壮, 山田音夫, 前岨晋一, 遠藤宣隆, 比嘉充, 喜多英敏, 岡本健一
高分子学会予稿集(CD-ROM)   55(2 Disk1) 1T12   2006年9月
比嘉 充
日本海水学会誌   60(1)    2006年2月
比嘉 充, 堀 憲次, 上村 明男
助成研究報告集   2006 141-149   2006年
比嘉充, 藤井政臣, 綿部智一
膜シンポジウム   (17) 145-148   2005年11月
比嘉充
化学工業   56(10) 771-775   2005年10月
比嘉 充
日本海水学会誌   59(5) 332-337   2005年10月
Novel ion-exchange membranes, which can control their hydrophilicity in response to temperature changes, are prepared by casting dimethyl sulfoxide solution of mixed poly (vinyl alcohol)(PVA), polyelectrolytes, and in situ polymer of PVA and N-iso...
JIANG Zhongwei, LI Fenlan, 三浦大介, 山川朋子, 比嘉充
日本AEM学会誌   13(3) 242-247   2005年9月
比嘉 充, 山川 朋子
高分子   54(7)    2005年7月
比嘉 充, 山川 朋子
膜   30(3) 152-156   2005年5月
比嘉 充
膜   29(6) 339-344   2004年11月
Ionic transport phenomena in a diffusion dialysis system consisting of a charged membrane and mixed electrolyte solutions can be predicted in terms of a simulation method based on the Nernst-Planck equation of ionic flux and the Donnan equation. T...
比嘉充, 松崎浩司, 遠藤宣隆
立石科学技術振興財団助成研究成果集   (13) 80-83   2004年9月
比嘉 充, 堀 憲次, 上村 明男
助成研究報告集   2004 155-164   2004年
比嘉充
高分子加工   52(11) 499-503   2003年11月
比嘉 充
高分子加工   52(11) 499-503   2003年11月
比嘉充, 綿部智一, 松崎浩司
高分子学会予稿集   52(11) 3092-3093   2003年9月
比嘉充, 山川朋子
未来材料   3(7) 2-6   2003年7月
宇谷孝之, 綿部智一, 比嘉充
化学関連支部合同九州大会講演予稿集   40th 201   2003年7月
比嘉 充, 山川 朋子
未来材料   3(7) 2-6   2003年7月
比嘉充, 綿部智一
繊維学会予稿集   58(2) 65   2003年6月
比嘉 充, 松崎 浩司, 堀 憲次
助成研究報告集   2003 159-168   2003年
比嘉 充
高分子   51(11)    2002年11月
植松克裕, 遠藤宣隆, 比嘉充, 松崎浩司
分析化学討論会講演要旨集   63rd 194   2002年5月
綿部智一, 比嘉充
高分子学会予稿集   51(5) 908   2002年5月
古田真士, 木下隆利, 比嘉充
高分子学会予稿集   51(3) 590   2002年5月
遠藤宣隆, 須磨基彦, 比嘉充, 松崎浩司
分析化学討論会講演要旨集   63rd 106   2002年5月
比嘉 充, 松崎 浩司, 堀 憲次
助成研究報告集   2002 139-148   2002年
綿部智一, 比嘉充
繊維学会予稿集   56(1) 32   2001年6月
山川朋子, 比嘉充, 石田真也
高分子学会予稿集   50(4) 682   2001年5月
山川朋子, 比嘉充, 石田真也
日本膜学会年会講演要旨集   23rd 33   2001年5月
比嘉充, 綿部智一, 元永昌秀, 苑田淳一
膜シンポジウム   (12) 45-48   2000年11月
比嘉充, 元永昌秀, 苑田淳一
膜シンポジウム   (11) 109-112   1999年11月
比嘉充
科学と工業   73(7) 307-313   1999年7月
比嘉 充
膜   23(6) 300-307   1998年11月
A calculation method formulated on the basis of both the Donnan equilibrium and the Nernst-Planck equation of flux is presented in order to predict ionic transport across charged membranes in multi-component ionic systems. The method enables us to...
比嘉充, 浜中直美, 梅中一博, 松崎浩司
膜シンポジウム   (10) 137-140   1998年11月
李 明忠, 斉藤 敬一郎, 比嘉 充, 谷岡 明彦
日本海水学会誌   50(6) 443-448   1996年12月

書籍等出版物

 
Membrane-Based Salinity Gradient Processes for Water Treatment and Power Generation
Elsevier   2018年   
みんなが知りたいシリーズ④ 海水の疑問50
比嘉 充 (担当:共著, 範囲:ここまできた膜分離プロセス)
成山堂書店   2017年   
電気計算(特集・海洋エネルギーの現状)
比嘉 充 (担当:共著, 範囲:塩分濃度差発電とは)
2014年12月   
造水技術ハンドブック〈追補版〉
比嘉 充 (担当:共著, 範囲:第2章 正浸透(Forward Osmosisi:FO))
造水促進センター   2014年2月   
トコトンやさしいイオン交換の本
比嘉 充
日刊工業新聞社   2013年   

講演・口頭発表等

 
Effect of divalent ions in reverse electrodialysis: Experimental and simulation study
比嘉 充
AMS11   2018年7月5日   
塩分濃度差エネルギー発電の原理と最新の技術動向 [招待有り]
比嘉 充
久米島ワークショップ -エネルギーと資源の未来を考える-   2018年6月28日   
齊藤剛, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
繊維学会予稿集   2018年6月6日   
内村達, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
繊維学会予稿集   2018年6月6日   
大森理之, 八巻徹也, 越川博, 澤田真一, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
繊維学会予稿集   2018年6月6日   
野口侑輝, 竹村仁, 藤井将矢, 安川政宏, 垣花百合子, 比嘉充
日本海水学会誌   2018年5月25日   
原田冴子, 内村達, 垣花百合子, 安川政広, 比嘉充
日本海水学会誌   2018年5月25日   
匠伸弥, 大澤康太, 安川政宏, 垣花百合子, 比嘉充
日本海水学会誌   2018年5月25日   
安保貴和, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
日本海水学会誌   2018年5月25日   
Ionic Transport Of Anion-Exchange Membranes Prepared From PVA-Based Block Copolymers
比嘉 充
Permea2016   2018年5月16日   
Permea2016
比嘉 充
Evaluaton Of Fouling Behavior Of Aromatic And Aliphatic Anion Eexchange Membranes In Electrodialysis Processes   2018年5月16日   
POWER PRODUCTION IN A REVERSE ELECTRODIALYSIS PILOT PLANT WITH DESALINATION BRINE AND TREATED WASTE WATER EFFULUENT   
比嘉 充
MELPRO 2018   2018年5月14日   
澤田真一, 後藤光暁, 越川博, 喜多村茜, 比嘉充, 八巻徹也
日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)   2018年3月8日   
WE(Water & Energy)問題を解決するための分離膜
比嘉 充
第 28 回繊維学会西部支部セミナー   2018年1月19日   
安保貴和, 久野雅弥, 野口侑輝, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
膜シンポジウム   2017年10月17日   
齊藤剛, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
膜シンポジウム   2017年10月17日   
久野雅弥, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
膜シンポジウム   2017年10月17日   
内村達, 知念政尚, 原田冴子, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
膜シンポジウム   2017年10月17日   
大森理之, 八巻徹也, 越川博, 澤田真一, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
膜シンポジウム   2017年10月17日   
垣花百合子, 水野泰子, 阿武真梨香, 山田貴大, 谷口育雄, 安川政宏, 比嘉充
高分子学会予稿集(CD-ROM)   2017年9月6日   
比嘉充, 櫻田朋之, 久野雅弥, 垣花百合子, 安川政宏
電気化学秋季大会講演要旨集(CD‐ROM)   2017年8月28日   
澤田真一, 安川政宏, 比嘉充, 前川康成
電気化学秋季大会講演要旨集(CD‐ROM)   2017年8月28日   
遠藤宣隆, 垣花百合子, 水野泰子, 佐伯宜胤, 比嘉充
電気化学秋季大会講演要旨集(CD‐ROM)   2017年8月28日   
Preparation and characteristics of poly(vinyl alcohol)-based charged mosaic membranes prepared by polymer coating method
T.Saito, M.Omori, M.Yasukawa, M.Higa
ICOM 2017   2017年8月   
The effect of crosslinking conditions on the characteristics of ion-exchange membranes prepared from PVA-based blockcopolymers
T.Uchimura, Y.Ono, M.Yasukawa, M.Higa
ICOM 2017   2017年8月   
The evaluation of permselectivity between same sign and same valence ions in the electrodialysis process
M.Chinen, M.Yasukawa, M.Higa
ICOM 2017   2017年8月   
Evaluation of permselectivity for anions in an electrodialysis process using temperature-responsive anion-exchange membranes
K.Osawa, M.Chinen, M.Yasukawa, M.Higa
ICOM 2017   2017年8月   
Evaluation of power generation performance of reverse electrodialysis using monovalent selective ion exchange membranes
M.Kuno, T.Sakurada, M.Yasukawa, M.Higa
ICOM 2017   2017年8月   
A pilot-scale module performance comparison in pressure-retarded osmosis
ICOM 2017   2017年8月   
Power generation in a reverse electrodialysis system using SWRO brain and sewagetreated water
ICOM 2017   2017年8月   
Optimzation of operating conditions in a reverse electrodialysis (RED) power generation
ICOM 2017   2017年8月   
比嘉充
イオン交換セミナー講演要旨集   2017年7月7日   
遠藤宣隆, 安川政宏, 比嘉充, 渡邉剛, 二村秀信, 細川恒, 碓井次郎, 小越真佐司
下水道研究発表会講演集   2017年7月3日   
大澤康太, 知念政尚, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集   2017年7月1日   
齊藤剛, 大森理之, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集   2017年7月1日   
小野佑太, 垣花百合子, 安川政宏, 比嘉充
化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集   2017年7月1日   
清野史康, 鴻巣裕一, 芦沢実, 比嘉充, 松本英俊
繊維学会予稿集   2017年6月5日   
水野泰子, 比嘉充, 安川政宏, 清野史康, 松本英俊
繊維学会予稿集   2017年6月5日   
安保貴和, 安川政宏, 比嘉充
日本海水学会誌   2017年5月20日   
大森理之, 八巻徹也, 越川博, 澤田真一, 安川政宏, 比嘉充
日本海水学会誌   2017年5月20日   
比嘉充, 櫻田朋之, 久野雅弥, 安川政宏
日本海水学会誌   2017年5月20日   
八巻徹也, 澤田真一, 越川博, 喜多村茜, 後藤光暁, 比嘉充
日本海水学会誌   2017年5月20日   
久野雅弥, 櫻田朋之, 安川政宏, 比嘉充
日本海水学会誌   2017年5月20日   
齊藤剛, 安川政宏, 比嘉充
日本海水学会誌   2017年5月20日   
岸野剛之, 福田憲二, 吉江清敬, 櫻田朋之, 久野雅弥, 安川政宏, 比嘉充
日本海水学会誌   2017年5月20日   
内村達, 小野佑太, 安川政宏, 比嘉充
日本海水学会誌   2017年5月20日   
久野雅弥, 櫻田朋之, 安川政宏, 比嘉充
日本海水学会誌   2017年5月20日   
知念政尚, 安川政宏, 比嘉充
日本膜学会年会講演要旨集   2017年5月1日   
安川政宏, 櫻田朋之, 堀江竜翔, 久野雅弥, 比嘉充
日本膜学会年会講演要旨集   2017年5月1日   
機能性分離膜を用いた濃度差発電システム [招待有り]
比嘉 充
日本化学会 第97春季年会   2017年3月16日   
田中裕大, 安川政宏, 合田昌平, 渋谷真史, 高橋智輝, 岸本通雅, 中川敬三, 新谷卓司, 比嘉充, 松山秀人
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2017年3月6日   
比嘉充, 櫻田朋之, 久野雅弥, 安川政宏
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2017年3月6日   
安川政宏, 堀江竜翔, 比嘉充
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2017年3月6日   
比嘉充
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   2017年3月3日   
遠藤 宣隆, 安川 政宏, 比嘉 充, 渡邉 剛, 二村 秀信, 細川 恒, 碓井 次郎, 小越 真佐司
下水道研究発表会講演集   2017年   
水野泰子, 阿武真梨香, 山田貴大, 谷口育雄, 比嘉充
高分子と水に関する討論会講演要旨集   2016年12月1日   
比嘉充, 櫻田朋之, 安川政宏
高分子と水に関する討論会講演要旨集   2016年12月1日   
濃度差エネルギー回収(浸透圧発電、逆電気透析発電)の原理と技術開発動向 [招待有り]
比嘉 充
第46回荷電膜コロキウム   2016年11月22日   
久野雅弥, 安保貴和, 櫻田朋之, 安川政宏, 比嘉充
膜シンポジウム   2016年11月21日   
大森理之, 後藤光暁, 八巻徹也, 越川博, 澤田真一, 安川政宏, 比嘉充
膜シンポジウム   2016年11月21日   
後藤光暁, 大森理之, 八巻徹也, 澤田真一, 越川博, 喜多村茜, 比嘉充
膜シンポジウム   2016年11月21日   
櫻田朋之, 久野雅弥, 安保貴和, 安川政宏, 比嘉充
膜シンポジウム   2016年11月21日   
水野泰子, 安川政宏, 清野史康, 松本英俊, 比嘉充
膜シンポジウム   2016年11月21日   
逆電気透析(Reverse Electro Dialysis)発電の技術課題と世界における開発状況 [招待有り]
比嘉 充
クライアントコンファレンス&ワークショップ2016   2016年10月21日   
田中裕大, 安川政宏, 合田昌平, 渋谷真史, 高橋智輝, 比嘉充, 松山秀人
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2016年9月6日   
安川政宏, 水野泰子, 阿武真梨香, 比嘉充
高分子学会予稿集(CD-ROM)   2016年8月24日   
Evaluation of power generation in reverse electrodialysis system: Relationship between feed velocity and its performance
T.Sakurada, M.Kuno, M.Higa
AMS10   2016年7月   
Analysis of power generation performance of a pressure retarded osmosis system with a FO membrane module
R.Horie, Y. Ikebe, S, Hara, M. Higa
AMS10   2016年7月   
Evaluation of fouling behavior of aromatic and aliphatic anion exchange membranes in electrodialysis processes
M.Chinen, M.Higa
AMS10   2016年7月   
Characterization of anion-exchange membranes prepared by ion beam irradiation graft polymerization
M.Omori, M.Goto, T.Yamaki, S.Sawada, H.Koshikawa, A.Kitamura, M.Higa
AMS10   2016年7月   
Characterization if ion exchange membranes prepared from PVA-based block copolymers
T.mizuno, M.Anno, M.Higa
AMS10   2016年7月   
pH responsive control of ionic transport using pH memorizable charged membranes
Y.Ono, M.Higa
AMS10   2016年7月   
Characterization of cation-exchange membranes prepared by ion beam irradiation graft polymerization
M.Goto, M.Omori T.Yamaki, H.Koshikawa, S.Sawada, A.Kitamura, M.Higa
AMS10   2016年7月   
Study of the effect of divalent ions in the seawater on reverse electrodialysis power generation
M.Kuno, M.Anno, T.Sakurada, M.Higa
AMS10   2016年7月   
久野雅弥, 櫻田朋之, 阿武真梨香, 比嘉充
日本海水学会誌   2016年6月1日   
大森理之, 後藤光暁, 比嘉充, 八巻徹也, 越川博, 澤田真一, 喜多村茜
日本海水学会誌   2016年6月1日   
Permselectivity Between Mono-Valent Anions In An ED Proces Using Temperture-Responsive Anion-Exchange Membranes
比嘉 充
Permea2016   2016年5月16日   
知念政尚, 比嘉充
日本膜学会年会講演要旨集   2016年4月18日   
小野佑太, 比嘉充
日本膜学会年会講演要旨集   2016年4月18日   
山田貴大, 谷口育雄, 谷口育雄, 比嘉充
日本膜学会年会講演要旨集   2016年4月18日   
田中裕大, 安川政宏, 合田昌平, 渋谷真史, 高橋智輝, 比嘉充, 比嘉充, 松山秀人
日本膜学会年会講演要旨集   2016年4月18日   
池辺雄貴, 堀江竜翔, 比嘉充
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2016年3月13日   
山田貴大, 谷口育雄, 比嘉充
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2016年3月13日   
田中裕大, 安川政宏, 合田昌平, 渋谷真史, 三嶋翔司, 高橋智輝, 比嘉充, 松山秀人, 松山秀人
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2016年3月13日   
櫻田朋之, 久野雅弥, 比嘉充
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2016年3月13日   
分離膜を用いた塩分濃度差エネルギー回収技術の原理と技術動向 [招待有り]
比嘉 充
JDA Forum 2016   2016年1月28日   
生体膜を模倣した高分子分離膜 [招待有り]
比嘉 充
平成27年度九州支部特別講演会   2015年12月4日   
小野佑太, 比嘉充
高分子と水に関する討論会講演要旨集   2015年12月3日   
比嘉充, 清水恵理子, 直原敦
高分子と水に関する討論会講演要旨集   2015年12月3日   
大森理之, 後藤光暁, 八巻徹也, 澤田真一, 越川博, 喜多村茜, 比嘉充
高分子と水に関する討論会講演要旨集   2015年12月3日   
知念政尚, 廣永亮介, 比嘉充
高分子と水に関する討論会講演要旨集   2015年12月3日   
Preparation and membrane characterization of a temperature-responsive anion exchange membrane
T.mizuno, M.Higa
PACIFICHEM2015   2015年12月   
Power generation of reverse electrodialysis (RED) systems: The relationship between stack structure and performance of RED system
T.Sakurada, M.Higa
PACIFICHEM2015   2015年12月   
Characterization of ion-excaange membranes prepared by ion irradiation graft polemerdiation method
M.Goto, T.Yamaki, H.Koshikawa, S.Sawada, A.Kitamura, M.Higa
PACIFICHEM2015   2015年12月   
Analysis of fouling behavior of PVA based anion-excange membranes in electrodialysis processes
R.Hironaga, M.Higa
PACIFICHEM2015   2015年12月   
Evalution of PRO power generation using forward osmosis membrane modules
Y.Ikebe, M.Higa
PACIFICHEM2015   2015年12月   
Characterization of ion excange membranes prepared from poly (vinyl alcohol) based block copolymers
M.Annno, T.Mizuno, M.Higa
PACIFICHEM2015   2015年12月   
Effect of operational conditions on PRO performance of hollow fiber membrane modules [招待有り]
比嘉 充
2nd Nagasaki Univrsity Membrane Workshop   2015年11月13日   
田中裕大, 安川政宏, 合田昌平, 渋谷真史, 三嶋翔司, 高橋智輝, 比嘉充, 比嘉充, 松山秀人
膜シンポジウム   2015年11月2日   
後藤光暁, 大森理之, 八巻徹也, 澤田真一, 越川博, 喜多村茜, 比嘉充
膜シンポジウム   2015年11月2日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
高濃度塩水から電力を得る濃度差エネルギー変換システムに関する研究開発
沖縄県: 先端技術活用によるエネルギー基盤研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 株式会社 宜野湾電設、株式会社 正興電機製作所
海水濃度差発電用新規高効率・高安定性エネルギー変換システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究A)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 比嘉 充
下水処理水と海水の塩分濃度差を利用した水素製造システムの実用化に関する調査事業
国土交通省: 下水道革新的技術実証事業 (B-DASHプロジェクト)・FS調査
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 比嘉 充
高塩選択透過性と高耐圧性を有するモザイク荷電膜の開発(Ⅲ): 圧透析システムにおける脱塩性能の評価
公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団: 研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 比嘉 充
相分離イオンチャンネル構造を有する中空糸型イオン交換膜の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究C)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 垣花 百合子
世界牽引型フォワードオスモシス膜の創製と究極的ゼロエネルギー水処理プロセスの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究A)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 松山 秀人
正浸透膜法を用いた革新的省エネ型水処理技術の開発
独立行政法人新エネルギー産業技術総合開発機構: 受託研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 比嘉 充
新規PVA系ブロックポリマーを用いた直接メタノール形アルカリ燃料電池セルの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 遠藤 宣隆
高塩選択透過性と高耐圧性を有するモザイク荷電膜の開発(Ⅱ):支持多孔層構造の最適化
ソルトサイエンス研究財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 比嘉 充
逆電気透析発電用モノリシック発電セルの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 比嘉 充
高塩選択透過性と高耐圧性を有するモザイク荷電膜の開発
ソルトサイエンス研究財団: 研究助成
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 比嘉 充
自発的水透過膜によるゼロエネルギー廃水濃縮
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 松山 秀人
不均一架橋構造を有する親水性イオン交換膜を用いた逆電気透析発電システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 遠藤 宣隆
最先端PG(Mega-ton Water Sysmtem) 浸透圧発電正浸透膜の基礎特性評価
独立行政法人新エネルギー産業技術総合開発機構: 受託研究
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 比嘉 充
シーズ顕在化タイプ、省エネルギーで脱塩が可能なPVAモザイク荷電膜システムの開発
科学技術振興財団: 受託研究
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 比嘉 充
新規イオンバリヤー荷電膜を用いた浸透圧発電システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 比嘉 充
陰イオン交換膜の開発(Ⅱ)
日本原子力開発機構: 受託研究
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 比嘉 充
陰イオン交換膜の開発(Ⅰ)
日本原子力開発機構: 受託研究
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 比嘉 充
ポリビニルアルコール系イオン交換膜を用いた逆電気透析発電システムの開発
財団法人ちゅうごく産業創造センター: 受託研究
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 比嘉 充
親水性マトリクスモザイク荷電膜を用いた新規高効率水再生システム開発
クリタ水・環境科学振興財団: 受託研究
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 比嘉 充
不均一架橋構造を有するイオンバリヤー性積層荷電膜を用いた浸透圧発電システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究C)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 比嘉 充
ポリビニルアルコール系燃料電池用高分子電解質の研究
(株)クラレ 構造解析センター: 
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
ポリビニルアルコール系燃料電池用高分子電解質の研究
(株)クラレ 構造解析センター: 
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
フォワードオスモシス用イオンバリヤー膜を用いた高効率水処理システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 比嘉 充
リビングラジカル重合法を利用したプロトン電動材の研究
トヨタ自動車: 受託研究
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 比嘉 充
pH記憶応答性イオン素子の作製とイオンスイッチング特性評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究C)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 比嘉 充
能動イオン素子による特定イオンベクトルの外部刺激同調制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (特定領域研究A)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 比嘉 充
積層荷電イオン素子におけるイオン輸送ベクトルの温度刺激同調制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (特定領域研究A)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 比嘉 充
温度応答性イオン素子によるイオン輸送ベクトル制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究C)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 比嘉 充
バイポーラ膜におけるUphillイオン輸送ベクトルの外部刺激制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (奨励A)
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 比嘉 充
高分子複合膜イオン素子におけるイオン輸送ベクトルの光制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (奨励A)
研究期間: 1996年4月 - 1997年3月    代表者: 比嘉 充
多成分イオン-複合荷電膜イオン素子系におけるイオン流制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (奨励A)
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月    代表者: 比嘉 充
複合荷電膜を用いたイオン素子とイオン回路の作成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (奨励A)
研究期間: 1994年4月 - 1995年3月    代表者: 比嘉 充

特許

 
特開2018-158318 : 逆電気透析方法及びその利用
岸野 剛之,安川 政宏,比嘉 充
特開2018-83957 : 逆電気透析を利用して水素を発生させる方法及び装置
比嘉 充,濱田 敏裕,土井 正一,渡邉 剛,二村 秀信,碓井 次郎,細川 恒
特開2018-12084 : モザイク荷電膜の製造方法及びモザイク荷電膜
比嘉 充
特開2016-195976 : 正浸透膜およびその製造方法
服部 勇作,涌井 孝,比嘉 充
特開2016-16384 : 浸透膜モジュールの評価装置及び評価方法
比嘉 充
特表2015-59059 : リチウム塩の回収方法
小林 謙一,直原 敦,比嘉 充
特開2015-19638 : 海水を利用したミネラル成分含有組成物の製造方法
小林 謙一,直原 敦,比嘉 充
特開2015-20136 : 埋立浸出液の処理方法
直原 敦,小林 謙一,比嘉 充
特開2015-20137 : フッ素イオンの除去方法
直原 敦,小林 謙一,比嘉 充
特開2015-20138 : 酸の回収方法
直原 敦,小林 謙一,比嘉 充
特開2015-20093 : 一体型セル対、その製造方法および電気透析スタック
直原 敦,小林 謙一,比嘉 充
特開2014-237092 : 脱イオン水の製造方法
比嘉 充, 直原 敦, 小林謙一
特開2014-224016 : 塩の製造方法
直原 敦,小林 謙一,比嘉 充
特開2014-198001 : 梅漬調味液の脱塩方法
直原 敦,小林 謙一, 中島 崇裕,比嘉 充
特開2014-198002 : 乳類の脱塩方法
直原 敦,小林 謙一, 中島 崇裕,比嘉 充
特開2014-198000 : 糖液の脱塩方法
直原 敦,小林 謙一, 中島 崇裕,比嘉 充
特開2014-198300 : 有機性廃水の処理方法
小林 謙一, 中島 崇裕,比嘉 充
特開2014-198685 : ペプチドの製造方法および該方法により得られるペプチド含有医薬組成物
小林 謙一, 中島 崇裕,比嘉 充
特開2014-176345 : 減塩醤油の製造方法
小林 謙一,直原 敦, 中島 崇裕,比嘉 充
特開2008-188518 : イオンバリヤー膜および該イオンバリヤー膜を使用した分離装置
比嘉 充
5463506 : グラフトポリマー, 高分子電解質膜, これらの製造方法, 及びそれを用いた燃料電池
比嘉 充,高木繁治
4992708 : グラフト共重合体及びその製造方法
比嘉 充,高木繁治
4992708 : グラフト共重合体及びその製造方法
比嘉 充,高木繁治
5476539 : モザイク荷電膜及びその製造方法
比嘉 充, 直原 敦
5413689 : モザイク荷電膜
比嘉 充, 直原 敦
5413689 : モザイク荷電膜
比嘉 充, 直原 敦, 小林謙一,藤原直樹
5531267 : イオン交換膜及びその製造方法
比嘉 充, 直原 敦, 小林謙一, 藤原直樹
5531267 : イオン交換膜及びその製造方法
比嘉 充, 直原 敦, 小林謙一, 藤原直樹
5637483 : 中空糸膜及びその製造方法
比嘉 充, 直原 敦
5458265 : 有機化合物水溶液の脱塩方法, 有機化合物水溶液の脱塩装置およびモザイク荷電膜
比嘉 充, 延藤 芳樹, 直原 敦, 小林 謙一
5413682 : ミネラル水の製造方法, ミネラル水製造装置, およびモザイク荷電膜
比嘉 充, 延藤 芳樹, 直原 敦, 小林 謙一
5633847 : モザイク荷電膜およびその製造方法
比嘉 充, 直原 敦, 小林 謙一
5413684 : 軟水の製造方法, 軟水製造装置およびモザイク荷電膜
比嘉 充, 延藤 芳樹, 直原 敦, 小林 謙一
5413683 : モザイク荷電膜の製造方法
比嘉 充, 直原 敦, 小林 謙一
5669047 : モザイク荷電複層膜およびその製造方法
比嘉 充, 直原 敦, 小林 謙一
5669047 : モザイク荷電複層膜およびその製造方法
比嘉 充, 直原 敦, 小林 謙一
5713348 : 逆電気透析発電用のイオン交換複層膜
比嘉 充、涌井 孝、藤原 直樹、中島 崇裕 
5965307 : イオン交換膜, その製造方法および電気透析装置
比嘉 充, 直原 敦, 涌井 孝, 藤原直樹
5965308 : イオン交換膜, その製造方法および逆電気透析発電装置
比嘉 充, 直原 敦, 涌井 孝, 藤原直樹
6053514 : 有機物の脱塩方法
比嘉 充, 直原 敦, 小林謙一, 中島崇裕
6018006 : 果汁含有アルコール溶液中の電解質の除去方法
比嘉 充, 直原 敦, 小林謙一, 中島崇裕
6018005 : 硝酸イオンの分離方法
比嘉 充, 直原 敦, 小林謙一, 中島崇裕

その他

 
1.温度応答性、pH応答性高分子を基に外部刺激応答性イオン素子を作製し、このイオン素子を用いて温度とpH記憶状態のAND演算結果により特定イオンの輸送ベクトルを制御可能なイオン素子の開発に成功した。<br>2.温度応答高分子とポリビニルアルコールから合成したポリマーを用いて、高速応答性と高発生応力を有する高分子ゲルアクチュエータを作製した。現在、この高分子ゲルを用いた人工筋肉システムの開発を行っている。<br>3.ポリビニルアルコールとカルボキシル基を有するポリマーを用いて300時間以上、溶液pH状態を記憶し、この記憶状態により特定イオンの輸送をON-OFFスイッチング行えるイオン素子の開発に成功した。<br>4.膜マトリックス、イオン交換基、架橋条件を変えてこれらの膜のイオン選択透過性を測定し、高い同符号・同価数イオン間の選択透過性と低膜抵抗を有するイオン交換膜の開発を行っている。<br>5.機械的強度は約1Mpa以上、イオン伝導性は室温で3.0×10-4 S/cmという性能を示す完全固体高分子電解質の合成を行った。<br>6.ポリビニルアルコールをベースに正、負荷電層を作製し、これを積層することで従来のモザイク荷電膜より20倍も選択透過性の高い新規モザイク荷電膜を作製した。