OHYAGI Yasumasa

J-GLOBAL         Last updated: Jul 17, 2019 at 15:44
 
Avatar
Name
OHYAGI Yasumasa
Affiliation
Ehime University
Section
Hospital
Job title
lecturer
Degree
MD, PhD(Kyushu University)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
May 2015
 - 
Today
Professor, Department of Neurology and Geriatric Medicine, Ehime University
 

Education

 
 
 - 
1985
Faculty of Medicine, Kyushu University
 

Published Papers

 
Ohyagi Y, Miyoshi K, Nakamura N
Advances in experimental medicine and biology   1128 227-248   2019   [Refereed]
Kohara K, Tabara Y, Ochi M, Okada Y, Ohara M, Nagai T, Ohyagi Y, Igase M
Scientific reports   8(1) 8687   Jun 2018   [Refereed]
Tabara Y, Igase M, Setoh K, Kawaguchi T, Okada Y, Ohara M, Takahashi Y, Kosugi S, Ohyagi Y, Miki T, Nakayama T, Kohara K, Matsuda F, J-SHIPP and Nagahama study groups.
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   41(5) 354-362   May 2018   [Refereed]
Kawakami H, Ogimoto A, Tokunaga N, Nishimura K, Kawakami H, Higashi H, Iio C, Kono T, Aono J, Uetani T, Nagai T, Inoue K, Suzuki J, Ikeda S, Okura T, Ohyagi Y, Tabara Y, Higaki J
International heart journal   59(3) 531-541   May 2018   [Refereed]
Igase M, Kohara K, Okada Y, Ochi M, Igase K, Inoue N, Kutsuna T, Miura H, Ohyagi Y
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   1-3   Feb 2018   [Refereed]
Igase M, Igase K, Tabara Y, Ohyagi Y, Kohara K
Geriatrics & gerontology international   17(11) 2103-2108   Nov 2017   [Refereed]
Mano T, Nagata K, Nonaka T, Tarutani A, Imamura T, Hashimoto T, Bannai T, Koshi-Mano K, Tsuchida T, Ohtomo R, Takahashi-Fujigasaki J, Yamashita S, Ohyagi Y, Yamasaki R, Tsuji S, Tamaoka A, Ikeuchi T, Saido TC, Iwatsubo T, Ushijima T, Murayama S, Hasegawa M, Iwata A
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(45) E9645-E9654   Nov 2017   [Refereed]
Ohara M, Kohara K, Okada Y, Ochi M, Nagai T, Ohyagi Y, Tabara Y, Igase M
Scientific reports   7 46419   Apr 2017   [Refereed]
Onuma H, Tabara Y, Kawamura R, Ohashi J, Nishida W, Takata Y, Ochi M, Nishimiya T, Ohyagi Y, Kawamoto R, Kohara K, Miki T, Osawa H
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   102(3) 884-892   Mar 2017   [Refereed]
Igase M, Ohara M, Igase K, Kato T, Okada Y, Ochi M, Tabara Y, Kohara K, Ohyagi Y
Journal of Alzheimer's disease : JAD   55(4) 1481-1487   2017   [Refereed]
Nakamura N, Ohyagi Y, Imamura T, Yanagihara YT, Iinuma KM, Soejima N, Murai H, Yamasaki R, Kira JI
Journal of Alzheimer's disease : JAD   58(4) 1151-1161   2017   [Refereed]
Tabara Y, Igase M, Miki T, Ohyagi Y, Matsuda F, Kohara K, J-SHIPP Study Group.
Journal of hypertension   34(12) 2393-2401   Dec 2016   [Refereed]
Kawamura R, Tabara Y, Tsukada A, Igase M, Ohashi J, Yamada R, Takata Y, Kawamoto R, Saito I, Onuma H, Tanigawa T, Yamada K, Kato N, Ohyagi Y, Miki T, Kohara K, Osawa H
Physiological genomics   48(11) 874-881   Nov 2016   [Refereed]
Tabara Y, Igase M, Miki T, Ohyagi Y, Matsuda F, Kohara K, J-SHIPP study group.
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   39(9) 664-669   Sep 2016   [Refereed]
Tabara Y, Igase M, Okada Y, Nagai T, Miki T, Ohyagi Y, Matsuda F, Kohara K
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   39(7) 552-556   Jul 2016   [Refereed]
Yamasaki T, Horie S, Ohyagi Y, Tanaka E, Nakamura N, Goto Y, Kanba S, Kira J, Tobimatsu S
Journal of Alzheimer's disease : JAD   53(2) 661-676   May 2016   [Refereed]
Higuchi Y, Hashiguchi A, Yuan J, Yoshimura A, Mitsui J, Ishiura H, Tanaka M, Ishihara S, Tanabe H, Nozuma S, Okamoto Y, Matsuura E, Ohkubo R, Inamizu S, Shiraishi W, Yamasaki R, Ohyagi Y, Kira J, Oya Y, Yabe H, Nishikawa N, Tobisawa S, Matsuda N, Masuda M, Kugimoto C, Fukushima K, Yano S, Yoshimura J, Doi K, Nakagawa M, Morishita S, Tsuji S, Takashima H
Annals of neurology   79(4) 659-672   Apr 2016   [Refereed]
Sakae N, Liu CC, Shinohara M, Frisch-Daiello J, Ma L, Yamazaki Y, Tachibana M, Younkin L, Kurti A, Carrasquillo MM, Zou F, Sevlever D, Bisceglio G, Gan M, Fol R, Knight P, Wang M, Han X, Fryer JD, Fitzgerald ML, Ohyagi Y, Younkin SG, Bu G, Kanekiyo T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   36(13) 3848-3859   Mar 2016   [Refereed]
Yamashita C, Shigeto H, Maeda N, Torii T, Ohyagi Y, Kira J
Case reports in neurology   7(3) 196-203   Sep 2015   [Refereed]
Fujii T, Hayashi S, Kawamura N, Higuchi MA, Tsugawa J, Ohyagi Y, Hayashi YK, Nishino I, Kira J
Journal of the neurological sciences   343(1-2) 206-210   Aug 2014   [Refereed]
Shiraishi W, Hayashi S, Kamada T, Isobe N, Yamasaki R, Murai H, Ohyagi Y, Kira J
Multiple sclerosis (Houndmills, Basingstoke, England)   20(2) 258-260   Feb 2014   [Refereed]
[Actual state and problems in neurology training at graduate school].
Kira J, Ohyagi Y, Taniwaki T, Inuzuka T, Yoshii F, Aoki M, Amano T, Toyoshima I, Fukutake T, Hashimoto Y
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   54(4) 349-358   2014   [Refereed]
Nagara Y, Tateishi T, Yamasaki R, Hayashi S, Kawamura M, Kikuchi H, Iinuma KM, Tanaka M, Iwaki T, Matsushita T, Ohyagi Y, Kira J
Brain pathology (Zurich, Switzerland)   23(5) 534-546   Sep 2013   [Refereed]
Saitoh BY, Yamasaki R, Hayashi S, Yoshimura S, Tateishi T, Ohyagi Y, Murai H, Iwaki T, Yoshida K, Kira J
Multiple sclerosis (Houndmills, Basingstoke, England)   19(10) 1367-1370   Sep 2013   [Refereed]
Sonoda K, Sasaki K, Tateishi T, Yamasaki R, Hayashi S, Sakae N, Ohyagi Y, Iwaki T, Kira J
Journal of the neurological sciences   332(1-2) 148-153   Sep 2013   [Refereed]
Kamada T, Sun W, Takase K, Shigeto H, Suzuki SO, Ohyagi Y, Kira J
Epilepsy research   105(3) 280-291   Aug 2013   [Refereed]
Intracellular accumulation of toxic turn amyloid-β is associated with endoplasmic reticulum stress in Alzheimer's disease.
Soejima N, Ohyagi Y, Nakamura N, Himeno E, Iinuma KM, Sakae N, Yamasaki R, Tabira T, Murakami K, Irie K, Kinoshita N, LaFerla FM, Kiyohara Y, Iwaki T, Kira J
Current Alzheimer research   10(1) 11-20   Jan 2013   [Refereed]
[A case of sensory ataxic neuropathy, dysarthria, and ophthalmoparesis with multiple mitochondrial DNA deletions].
Tanaka K, Tateishi T, Kawamura N, Ohyagi Y, Urata M, Kira J
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   53(3) 205-211   2013   [Refereed]
[A case of medulla oblongata compression by tortuous vertebral arteries presenting with spastic quadriplegia].
Kamada T, Tateishi T, Yamashita T, Nagata S, Ohyagi Y, Kira J
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   53(5) 356-361   2013   [Refereed]
[A case of neuromyelitis optica spectrum disorder associated with a limited cutaneous systemic sclerosis and Sjögren syndrome].
Iwanaga Y, Hayashi S, Kawamura N, Ohyagi Y, Kira J
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   53(9) 695-700   2013   [Refereed]
Saiga T, Tateishi T, Torii T, Kawamura N, Nagara Y, Shigeto H, Hashiguchi A, Takashima H, Honda H, Ohyagi Y, Kira J
Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   83(7) 763-764   Jul 2012   [Refereed]
Watanabe M, Ochi H, Arahata H, Matsuo T, Nagafuchi S, Ohyagi Y, Kira J
Muscle & nerve   45(6) 904-908   Jun 2012   [Refereed]
Kawamura MF, Yamasaki R, Kawamura N, Tateishi T, Nagara Y, Matsushita T, Ohyagi Y, Kira J
Experimental neurology   234(2) 437-445   Apr 2012   [Refereed]
Alzheimer's disease: diagnosis by different methods of voxel-based morphometry.
Dashjamts T, Yoshiura T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Ohyagi Y, Monji A, Kamano H, Kawashima T, Kira J, Honda H
Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica   103(3) 59-69   Mar 2012   [Refereed]
Yamasaki T, Goto Y, Ohyagi Y, Monji A, Munetsuna S, Minohara M, Minohara K, Kira J, Kanba S, Tobimatsu S
Journal of Alzheimer's disease : JAD   28(3) 695-708   2012   [Refereed]
[Hemicape-like sensory disturbance caused by cortical infarction in the postcentral gyrus].
Yamashita C, Kawamura N, Torii T, Ohyagi Y, Kira J
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   52(3) 178-181   2012   [Refereed]
[A case of myositis associated with clonal expansion of γδ T cells in peripheral blood and bone marrow].
Yamashita T, Ochi H, Ishizu N, Ohyagi Y, Mori Y, Arahata S, Ohshima K, Kira J
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   52(4) 227-233   2012   [Refereed]
[Migraine with aura and recurrent vertigo attacks in a patient with hereditary hemorrhagic telangiectasia].
Yonekawa T, Doi H, Tateishi T, Tanaka K, Iura T, Ohyagi Y, Kira J
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   52(7) 499-502   2012   [Refereed]
Dashjamts T, Yoshiura T, Hiwatashi A, Yamashita K, Monji A, Ohyagi Y, Kamano H, Kawashima T, Kira J, Honda H
Academic radiology   18(12) 1492-1499   Dec 2011   [Refereed]
Iwata T, Shigeto H, Ogata K, Hagiwara K, Kanamori Y, Uehara T, Ohyagi Y, Tobimatsu S, Kira J
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   18(12) 1720-1722   Dec 2011   [Refereed]
[A drug targeting intracellular amyloid-β and oxidative stress: apomorphine].
Ohyagi Y
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   51(11) 884-887   Nov 2011   [Refereed]
Transient vocal cord palsy caused by hypoperfusion of unilateral hemisphere.
Takase K, Shigeto H, Furuta K, Sakae N, Ohyagi Y, Kira J
Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica   102(9) 273-276   Sep 2011   [Refereed]
[A case of Charles Bonnet syndrome following syphilitic optic neuritis].
Ogata H, Shigeto H, Torii T, Kawamura N, Ohyagi Y, Kira J
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   51(8) 595-598   Aug 2011   [Refereed]
Shinoda K, Matsushita T, Furuta K, Isobe N, Yonekawa T, Ohyagi Y, Kira J
Multiple sclerosis (Houndmills, Basingstoke, England)   17(7) 885-887   Jul 2011   [Refereed]
[Peripheral neuropathy, myelopathy, cerebellar ataxia, and subclinical optic neuropathy associated with copper deficiency occurring 23 years after total gastrectomy].
Inaba M, Torii T, Shinoda K, Yamasaki R, Ohyagi Y, Kira J
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   51(6) 412-416   Jun 2011   [Refereed]
[A case of chronic inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy concomitant with acquired von Willebrand syndrome].
Ueda M, Kawamura N, Tateishi T, Shigeto H, Ohyagi Y, Kira J
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   51(5) 334-337   May 2011   [Refereed]
Yoshiura T, Hiwatashi A, Yamashita K, Ohyagi Y, Monji A, Takayama Y, Kamano N, Kawashima T, Kira J, Honda H
European radiology   21(2) 419-425   Feb 2011   [Refereed]
Himeno E, Ohyagi Y, Ma L, Nakamura N, Miyoshi K, Sakae N, Motomura K, Soejima N, Yamasaki R, Hashimoto T, Tabira T, LaFerla FM, Kira J
Annals of neurology   69(2) 248-256   Feb 2011   [Refereed]
Doi H, Arimura K, Ohyagi Y, Kira J
Internal medicine (Tokyo, Japan)   50(10) 1113-1115   2011   [Refereed]
Ma L, Ohyagi Y, Nakamura N, Iinuma KM, Miyoshi K, Himeno E, Soejima N, Yanagihara YT, Sakae N, Yamasaki R, Kira J
Journal of Alzheimer's disease : JAD   27(1) 225-237   2011   [Refereed]

Misc

 
【各科診療におけるステロイドの上手な使い方】 各科におけるステロイド療法のノウハウ 神経内科
越智 雅之, 大八木 保政
臨牀と研究   96(4) 424-426   Apr 2019
認知症の診断と治療 日常診療のコツ
大八木 保政
日本内科学会雑誌   108(3) 475-480   Mar 2019
筋強直性ジストロフィーにおける心臓自律神経機能障害
越智 雅之, 白岡 朗, 松本 清香, 千崎 健佑, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
臨床神経学   58(Suppl.) S274-S274   Dec 2018
当科にてフマル酸ジメチルを導入した多発性硬化症12例の患者背景と副作用の検討
白岡 朗, 越智 博文, 越智 雅之, 松本 清香, 尾原 麻耶, 岡田 陽子, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
臨床神経学   58(Suppl.) S352-S352   Dec 2018
アルツハイマー病脳のインスリンシグナリング障害を改善する薬剤評価のための培養細胞アッセイ系の確立
武井 聡子, 大八木 保政, 越智 雅之, 越智 博文
神経治療学   35(6) S212-S212   Nov 2018
河内晩柑由来オーラプテンによる認知機能低下の予防効果
越智 雅之, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
神経治療学   35(6) S239-S239   Nov 2018
MIBG心筋シンチグラフィーとイオフルパンSPECTで相違がみられた高齢パーキンソン病の1例
明地 雄司, 越智 雅之, 白岡 朗, 松本 清香, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 城戸 知子, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
日本老年医学会雑誌   55(4) 722-722   Oct 2018
河内晩柑果皮含有オーラプテンによる記憶機能低下の予防効果
大八木 保政, 伊賀瀬 道也, 越智 雅之, 岡田 陽子
Dementia Japan   32(3) 471-471   Sep 2018
クロモジエキスのインフルエンザ予防効果について 無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験
伊賀瀬 道也, 松見 繁, 下出 昭彦, 丸山 徹也, 伊賀瀬 圭二, 尾原 麻耶, 岡田 陽子, 越智 雅之, 松本 静香, 大八木 保政
薬理と治療   46(8) 1369-1373   Aug 2018
試験飴は、砂糖、水飴、香料に1粒あたりクロモジエキスを配合し作製した。プラセボ飴は試験飴からクロモジエキスを除き、カラメルを配合し試験飴と同色に着色したものとした。インフルエンザの予防接種を受けた看護スタッフ135名を対象とし、無作為に試験飴摂取群67名(男性3名、平均37.9±11.9歳)、プラセボ飴摂取群67名(男性6名、平均37.4±10.0歳)に割り付けた。試験食品が起因する有害事象は認めなかった。インフルエンザ罹患者数は試験飴摂取群2名(3.0%)、プラセボ飴摂取群9名(13.4...
神経疾患におけるTCDを用いた血管内皮機能の解析
岡田 陽子, 千崎 健佑, 越智 雅之, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
Neurosonology   31(増刊) 76-76   Jun 2018
末梢インスリン抵抗性および分泌低下は認知機能悪化を促進する
尾原 麻耶, 松本 清香, 田原 康玄, 白岡 朗, 岡田 陽子, 越智 雅之, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 小原 克彦, 大八木 保政
日本老年医学会雑誌   55(Suppl.) 111-111   May 2018
医学部学生の老年医学についての意識調査2017
伊賀瀬 道也, 越智 雅之, 岡田 陽子, 千崎 健佑, 大八木 保政
日本老年医学会雑誌   55(Suppl.) 139-139   May 2018
進行性核上性麻痺における心臓自律神経機能障害
越智 雅之, 白岡 朗, 松本 清香, 千崎 健佑, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
日本老年医学会雑誌   55(Suppl.) 158-158   May 2018
【かかりつけ医のための認知症診療の手引き】 認知症の診断 アルツハイマー病
大八木 保政
臨牀と研究   95(3) 233-237   Mar 2018
関節リウマチに自己免疫性末梢神経障害を合併した高齢男性の1例
越智 雅之, 白岡 朗, 松本 清香, 加藤 丈陽, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
日本老年医学会雑誌   54(4) 627-628   Oct 2017
失書・失算で発症した家族性前頭側頭型認知症(FTD)の1例
大八木 保政, 加藤 丈陽, 越智 雅之, 白岡 朗, 松本 清香, 雑賀 徹, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 越智 博文, 伊賀瀬 道也
日本老年医学会雑誌   54(4) 628-629   Oct 2017
3xTg-ADマウスの糖インスリン代謝異常はAβ毒性ターン形成を促進する
大八木 保政, 今村 友裕, 柳原 由記
Dementia Japan   31(4) 565-565   Oct 2017
MCI診断における皮膚の終末糖化産物(AGEs)測定の有用性
石川 羽津江, 伊賀瀬 道也, 尾原 麻耶, 岡田 陽子, 越智 雅之, 千崎 健佑, 加藤 丈陽, 田原 康玄, 小原 克彦, 大八木 保政
Dementia Japan   31(4) 627-627   Oct 2017
健康寿命長く保つには 認知症の病態と予防
大八木 保政
老健: 全国老人保健施設協会機関誌   28(7) 36-37   Sep 2017
【老化とアルツハイマー型認知症】 アルツハイマー型認知症の予防
大八木 保政
BIO Clinica   32(8) 777-781   Aug 2017
アルツハイマー型認知症の発症には遺伝的要因および環境的要因がかかわっている。認知症予防の取り組みとしては、特に環境的要因をできるだけ抑制することが重要である。認知症発症における最大の環境的要因は老化であるが、個々で可能な対策として、糖尿病・高血圧などの生活習慣病の予防、野菜・魚主体の健康的な食生活、運動習慣や社会的活動などが推奨されている。一方、近年、アルツハイマー病は「3型糖尿病」あるいは「脳の糖尿病」とも称されており、糖尿病薬によるアルツハイマー型認知症の治療・予防的効果も注目されてい...
認知症予防の最前線
伊賀瀬 道也, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 加藤 丈陽, 白岡 朗, 松本 清香, 千崎 健佑, 越智 雅之, 越智 博文, 大八木 保政
愛媛医学   36(2) 77-81   Jun 2017
われわれは2006年から開始している抗加齢ドックのデータを基にした加齢に伴う認知症発症リスクに対する検討を行っている。根本的な治療薬のない現在「可能な限り早期に認知症および認知症予備群を発見して適切な生活への介入を行うこと」が求められている。近年、正常加齢と認知症の境界領域と考えられる軽度認知障害(Mild cognitive impairment:MCI)が注目されており、MCIと関連するファクターを探索し、それらに対する介入を試みることは臨床面からも有用であると考えられる。MCIは65...
低分子コラーゲンペプチドの動脈硬化改善作用
伊賀瀬 道也, 岡田 陽子, 越智 雅之, 小泉 聖子, 井上 直樹, 大八木 保政
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   17回 192-192   Jun 2017
アルツハイマー病マウスの毒性ターンAβ形成および認知機能おける末梢インスリンの影響
大八木 保政, 越智 雅之, 伊賀瀬 道也, 今村 友裕, 柳原 由記
日本老年医学会雑誌   54(Suppl.) 140-140   May 2017
高齢者におけるエクオール産生能と認知機能との関連
伊賀瀬 道也, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 田原 康玄, 小原 克彦, 大八木 保政
日本老年医学会雑誌   54(Suppl.) 144-144   May 2017
多系統萎縮症における心臓自律神経機能障害
越智 雅之, 白岡 朗, 松本 清香, 加藤 丈陽, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
日本老年医学会雑誌   54(Suppl.) 202-202   May 2017
日本人のGWASで同定された血中レジスチンを規定するSNPにおけるeffect sizeの検討
大澤 春彦, 田原 康玄, 川村 良一, 塚田 晃子, 伊賀瀬 道也, 大橋 順, 山田 亮, 高田 康徳, 川本 龍一, 斉藤 功, 大沼 裕, 小原 克彦, 谷川 武, 大八木 保政, 山田 一哉, 加藤 規弘, 三木 哲郎
糖尿病   60(Suppl.1) S-250   Apr 2017
アルツハイマー病 脳の糖尿病の治療薬開発
大八木 保政
老年期認知症研究会誌   21(4) 46-49   Mar 2017
一般中高年者における軽度認知障害と糖・インスリン代謝の解析
尾原 麻耶, 加藤 丈陽, 田原 康玄, 岡田 陽子, 越智 雅之, 松本 清香, 千崎 健佑, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 小原 克彦, 大八木 保政
臨床神経学   56(Suppl.) S288-S288   Dec 2016
多系統萎縮症における心拍変動解析
越智 雅之, 松本 清香, 千崎 健佑, 加藤 丈陽, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
臨床神経学   56(Suppl.) S411-S411   Dec 2016
食生活の乱れ、アルコール多飲により栄養障害およびビタミンB1欠乏による多発ニューロパチーをきたした高齢男性の1例
石川 羽津江, 越智 雅之, 松本 清香, 千崎 健佑, 加藤 丈陽, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
日本老年医学会雑誌   53(4) 463-463   Oct 2016
Logopenic型進行性失語(LPA)で発症したアルツハイマー病と考えられる一例
雑賀 徹, 加藤 丈陽, 白岡 朗, 松本 清香, 千崎 健佑, 尾原 麻耶, 岡田 陽子, 越智 雅之, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
臨床神経学   56(10) 717-717   Oct 2016
アポモルフィン注射薬はADマウス脳のインスリン抵抗性を改善する
大八木 保政
神経治療学   33(5) S232-S232   Oct 2016
大学病院ドック受検者における認知機能と糖インスリン代謝の解析
大八木 保政, 尾原 麻耶, 伊賀瀬 道也
Dementia Japan   30(4) 543-543   Oct 2016
【生活習慣病と認知症】 アルツハイマー病のインスリン抵抗性とアポモルフィン治療の開発
大八木 保政
Dementia Japan   30(3) 329-337   Sep 2016
認知症と糖尿病 最近の話題
大八木 保政
臨床神経学   56(9) 641-641   Sep 2016
多発性硬化症に対するフィンゴリモド投与前後の心拍変動解析
越智 雅之, 白岡 朗, 松本 清香, 加藤 丈陽, 雑賀 徹, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
神経免疫学   21(1) 103-103   Sep 2016
結核に関連する自己免疫性脳幹小脳炎と考えられた一例
松本 清香, 越智 雅之, 白岡 朗, 加藤 丈陽, 雑賀 徹, 岡田 陽子, 尾原 麻耶, 越智 博文, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
神経免疫学   21(1) 156-156   Sep 2016
脳神経疾患の地域連携
大八木 保政
愛媛医学   35(2) 72-74   Jun 2016
地域住民における加速度脈波と潜在性動脈硬化性病変との関連
田原 康玄, 伊賀瀬 道也, 岡田 陽子, 永井 勅久, 大八木 保政, 三木 哲郎, 松田 文彦, 小原 克彦
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   5回 194-194   May 2016
一般中高年者における軽度認知障害と糖・インスリン代謝の解析
尾原 麻耶, 加藤 丈陽, 田原 康玄, 岡田 陽子, 越智 雅之, 千崎 健佑, 伊賀瀬 道也, 小原 克彦, 大八木 保政
日本老年医学会雑誌   53(Suppl.) 89-89   May 2016
アルツハイマー型認知症に対するアポモルフィン治療のパイロット研究
大八木 保政, 渡邉 暁博, 笹ヶ迫 直一, 藤井 直樹
日本老年医学会雑誌   53(Suppl.) 127-127   May 2016
高齢者のMCI(Mild cognitive impairment)診断におけるSAF(Skin autofluorescence)の有用性
伊賀瀬 道也, 尾原 麻耶, 岡田 陽子, 越智 雅之, 千崎 健佑, 加藤 丈陽, 田原 康玄, 小原 克彦, 大八木 保政
日本老年医学会雑誌   53(Suppl.) 164-164   May 2016
レジスチン高値は大動脈硬化を来す メンデルランダム化解析による検討
田原 康玄, 川村 良一, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政, 三木 哲郎, 大沼 裕, 大澤 春彦
糖尿病   59(Suppl.1) S-307   Apr 2016
レジスチン遺伝子プロモーターSNPとは独立して、新たな機能的SNPとして3'のrs1423096とrs10401670を同定した
大澤 春彦, 田原 康玄, 川村 良一, 塚田 晃子, 伊賀瀬 道也, 大橋 順, 山田 亮, 高田 康徳, 川本 龍一, 斉藤 功, 大沼 裕, 小原 克彦, 谷川 武, 大八木 保政, 山田 一哉, 加藤 規弘, 三木 哲郎
糖尿病   59(Suppl.1) S-437   Apr 2016
高度の脱髄性ニューロパチーと両足関節の変形を合併した筋強直性ジストロフィーの一例
千崎 健佑, 岡田 陽子, 越智 博文, 松本 清香, 加藤 丈陽, 越智 雅之, 伊賀瀬 道也, 大八木 保政
臨床神経学   56(3) 231-231   Mar 2016
アルツハイマー病マウスにおける記憶機能と末梢インスリン代謝の解析
柳原 由記, 大八木 保政, 今村 友裕, 雑賀 徹, 中村 憲道, 飯沼 今日子, 吉良 潤一
臨床神経学   55(Suppl.) S234-S234   Dec 2015
非糖尿病アルツハイマー病患者における認知機能と末梢インスリン代謝の解析
大八木 保政, 柳原 由記, 中村 憲道, 川村 有希子, 吉良 潤一
臨床神経学   55(Suppl.) S235-S235   Dec 2015
CBSにおける運動症状優位側とDAT-SPECT所見の相関
渡邉 暁博, 菅原 三和, 荒畑 創, 河野 祐治, 笹ヶ迫 直一, 大八木 保政, 藤井 直樹
臨床神経学   55(Suppl.) S253-S253   Dec 2015
4例のSCA8の長期経過と1剖検症例の病理解析
古谷 博和, 森田 ゆかり, 大崎 康史, 荒畑 創, 渡邉 暁博, 笹ヶ迫 直一, 大八木 保政, 藤井 直樹, 前田 教寿, 岩城 徹
臨床神経学   55(Suppl.) S316-S316   Dec 2015
筋萎縮性側索硬化症における持続血糖測定による血糖モニタリング
菅原 三和, 渡邉 暁博, 荒畑 創, 河野 祐治, 笹ヶ迫 直一, 大八木 保政, 藤井 直樹
臨床神経学   55(Suppl.) S376-S376   Dec 2015
ドーパミントランスポーターシンチ異常を呈する筋萎縮性側索硬化症の臨床的特徴
笹ヶ迫 直一, 菅原 三和, 渡邉 暁博, 荒畑 創, 熊副 洋幸, 河野 祐治, 大八木 保政, 藤井 直樹
臨床神経学   55(Suppl.) S376-S376   Dec 2015
神経難病患者におけるハンズフリー型人工喉頭の研究開発
荒畑 創, 酒井 光明, 橋場 参生, 菅原 三和, 渡邉 暁博, 河野 祐治, 笹ヶ迫 直一, 大八木 保政, 藤井 直樹
臨床神経学   55(Suppl.) S455-S455   Dec 2015
健常者におけるエクオール産生能と動脈硬化関連因子との検討
伊賀瀬 道也, 尾原 麻耶, 小原 克彦, 大八木 保政
Anti-aging Science   7(3) 200-200   Nov 2015
初期にパーキンソン症候群を呈し大脳基底核にプリオン蛋白(PrP)の高度沈着を認めたPrP蛋白P102L変異によるGerstmann-Straeussler-Scheinker病(GSS)の一剖検例
渡邉 暁博, 司城 昌大, 本田 裕之, 菅原 三和, 荒畑 創, 河野 祐治, 笹ヶ迫 直一, 大八木 保政, 岩城 徹, 藤井 直樹
臨床神経学   55(10) 783-783   Oct 2015
生活習慣病と認知症 アルツハイマー病のインスリン抵抗性とアポモルフィン治療の開発
大八木 保政
Dementia Japan   29(3) 289-289   Sep 2015
アルツハイマー型認知症に対するアポモルフィン治療のパイロット研究
大八木 保政, 渡邉 暁博, 笹ヶ迫 直一, 藤井 直樹
Dementia Japan   29(3) 346-346   Sep 2015
軽度認知障害(MCI)の診断転帰の検討
藤井 直樹, 渡邉 暁博, 笹ヶ迫 直一, 大八木 保政
Dementia Japan   29(3) 394-394   Sep 2015
アルツハイマー型認知症に対するアポモルフィン治療のパイロット研究
大八木 保政, 渡邉 暁博, 笹ヶ迫 直一, 藤井 直樹
神経治療学   32(5) 783-783   Sep 2015
超長期の銅キレート療法後の鉄沈着が疑われたWilson病の一剖検例
河野 祐治, 本田 裕之, 菅原 三和, 渡邉 暁博, 荒畑 創, 笹ヶ迫 直一, 大八木 保政, 岩城 徹, 藤井 直樹
臨床神経学   55(7) 518-518   Jul 2015
もの忘れで発症し、Papez回路、頭頂橋路に病変が高度であった成人大脳型副腎白質ジストロフィーの一剖検例
藤本 雄一, 菅原 三和, 渡邉 暁博, 荒畑 創, 河野 祐治, 笹ヶ迫 直一, 大八木 保政, 司城 昌大, 岩城 徹, 藤井 直樹
臨床神経学   55(5) 378-378   May 2015
【神経変性疾患・神経免疫疾患-診断と治療の最前線-】 アルツハイマー病
大八木 保政
BIO Clinica   29(13) 1274-1277   Dec 2014
近年、アルツハイマー病の診断や治療を巡る環境が大きく変わりつつある。バイオマーカーや機能画像が発達し、認知症発症前のAD診断も可能になっている。また治療面では、2011年に保険適応薬が4種類に拡大したが、その臨床的効果は限定的である。認知症の根本的治療を目指してアルツハイマー病脳内に蓄積するアミロイドβ蛋白を標的とする薬剤などが開発されたが、現在のところ臨床治験の多くは成功していない。一方、糖尿病とアルツハイマー病の関係が最近注目され、「脳の糖尿病」を標的とする新たな治療法の研究も進みつつ...
アルツハイマー病の末梢インスリン抵抗性と認知機能の解析
柳原 由記, 大八木 保政, 中村 憲道, 川村 有希子, 吉良 潤一
臨床神経学   54(Suppl.) S59-S59   Dec 2014
もの忘れを主訴として来院した患者におけるてんかん性脳波異常の検討
進村 光規, 上原 平, 渡邉 恵利子, 板倉 朋子, 酒田 あゆみ, 茶谷 裕, 中村 憲道, 萩原 綱一, 鎌田 崇嗣, 重藤 寛史, 大八木 保政, 飛松 省三, 吉良 潤一
臨床神経学   54(Suppl.) S70-S70   Dec 2014
免疫細胞群からみた孤発性筋萎縮性側索硬化症の脊髄白質変性機序の再検討
林 信太郎, 山崎 亮, 眞崎 勝久, 村井 弘之, 大八木 保政, 岡本 幸市, 吉良 潤一
臨床神経学   54(Suppl.) S98-S98   Dec 2014
MCI患者における並列的視覚路の機能異常 視覚誘発電位と事象関連電位による検討
山崎 貴男, 堀江 静, 田中 恵理, 中村 憲道, 大八木 保政, 神庭 重信, 吉良 潤一, 飛松 省三
臨床神経学   54(Suppl.) S231-S231   Dec 2014
アルツハイマー病マウスの認知機能における末梢インスリン抵抗性の影響
柳原 由記, 大八木 保政, 中村 憲道, 今村 友裕, 飯沼 今日子, 吉良 潤一
Dementia Japan   28(4) 478-478   Oct 2014
非糖尿病アルツハイマー病患者の認知機能における末梢インスリン抵抗性の影響
大八木 保政, 柳原 由記, 中村 憲道, 川村 有希子, 吉良 潤一
Dementia Japan   28(4) 479-479   Oct 2014
多系統萎縮症と脊髄小脳変性症の鑑別における髄液サイトカインの意義
山崎 亮, 松下 拓也, 大八木 保政, 樋渡 昭雄, 吉浦 敬, 吉良 潤一
神経免疫学   19(1) 130-130   Sep 2014
【認知症の原因・予防から診断・治療まで】 代表的な認知症の診療 アルツハイマー病
大八木 保政
臨牀と研究   91(7) 892-896   Jul 2014
神経内科教育の実態と課題 大学院
吉良 潤一, 大八木 保政, 谷脇 考恭, 犬塚 貴, 吉井 文均, 青木 正志, 天野 隆弘, 豊島 至, 福武 敏夫, 橋本 洋一郎
臨床神経学   54(4) 349-358   Apr 2014
日本神経学会卒前・初期臨床研修教育小委員会では、日本の神経内科における大学院教育の現状を明らかにすべく、医科大学・医学部を対象として平均24年度末に最近4年間の動向アンケート調査した。その結果、平成21年度から平成24年度にかけての大学院進学者数は、1大学平均1.24人から1.67人へと漸増傾向で、入局者の半数以上が大学院に進学しており、大学院進学者の比率は増加傾向にあった。大学院生は、主として入局した教室において多様な研究手法をもちいて、主たる神経疾患の研究に取り組んでいることが示された...
【Alzheimer病の根本的治療をめざしての試み】 次世代のAlzheimer病に対する医薬開発 細胞内Aβの分子病態とアポモルフィン治療
大八木 保政, 中村 憲道
神経内科   80(3) 376-382   Mar 2014
B型インフルエンザ罹患後に非痙攣性てんかん重積状態をきたした1例
宇根 隼人, 上原 平, 立石 貴久, 重藤 寛史, 大八木 保政, 吉良 潤一
臨床神経学   54(3) 227-230   Mar 2014
症例は24歳女性である。B型インフルエンザ罹患後、第9病日に意識障害をきたした。痙攣はみとめなかったが、脳波にててんかん性放電が持続しており、非痙攣性てんかん重積状態(non-convulsive status epilepticus;NCSE)と診断した。インフルエンザ脳症をうたがいステロイドパルス療法をおこない、その後プレドニゾロンの経口投与をおこなった。NCSEに対しては抗てんかん薬の投与をおこない、意識状態および脳波所見の改善をみとめた。NCSEの原因として、インフルエンザ脳症、あ...
視床下核刺激療法後に抗パーキンソン病薬減量を可能にする術前因子は何か?
左村 和宏, 宮城 靖, 大八木 保政, 岡本 剛, 井上 亨
機能的脳神経外科   52 1-4   Dec 2013
【目的】進行期パーキンソン病(PD)において視床下核刺激療法(STN-DBS)の目的はオフ期運動症状の改善であるが、抗PD薬減量も第2の目的として重要である。術後の減薬率に影響を与える術前因子を検索した。【方法】貝塚病院でオフ期運動障害に対してSTN-DBSを行ったPD患者26例の術後6ヵ月目の1日Levodopa換算容量(LEDD)減量率およびLevodopa減量率と術前因子・患者背景(年齢、罹病期間、Unified Parkinson's Disease Rating Scale(UP...
TDP-43(A315T)Tgマウスの脊髄運動ニューロンにおける核細胞質間輸送障害の解析
長柄 祐子, 林 信太郎, 山崎 亮, 大八木 保政, 吉良 潤一
臨床神経学   53(12) 1497-1497   Dec 2013
グリア性炎症からみた筋萎縮性側索硬化症の脊髄白質変性に関する形態学的検証
林 信太郎, 真崎 勝久, 崔 訳文, 長柄 祐子, 大八木 保政, 吉良 潤一
臨床神経学   53(12) 1501-1501   Dec 2013
ALSマウスモデルのグリア炎症におけるコネキシン蛋白と病態への関与
崔 訳文, 真崎 勝久, 山崎 亮, 林 信太郎, 長柄 祐子, 河村 真実, 佐藤 眞也, 大八木 保政, 吉良 潤一
臨床神経学   53(12) 1501-1501   Dec 2013
アルツハイマー病マウスのインスリン抵抗性とアポモルフィン治療
大八木 保政, 中村 憲道, 飯沼 今日子, 吉良 潤一
臨床神経学   53(12) 1527-1527   Dec 2013
3xTg-ADマウス脳のインスリン分解酵素におけるアポモルフィンの効果
中村 憲道, 大八木 保政, 飯沼 今日子, 吉良 潤一
臨床神経学   53(12) 1527-1527   Dec 2013
認知症の診療 最近の話題
大八木 保政
福岡県医報   (1449) 54-54   Nov 2013
孤発性筋萎縮性側索硬化症の脊髄白質に浸潤する免疫細胞群の特徴 免疫組織化学的解析
林 信太郎, 真崎 勝久, 山崎 亮, 村井 弘之, 大八木 保政, 岡本 幸市, 吉良 潤一
神経免疫学   18(1) 120-120   Nov 2013
免疫グロブリン大量静注療法により神経症状の改善を示した原発性側索硬化症とシェーグレン症候群の合併例
今村 友裕, 林 信太郎, 鎌田 崇嗣, 村井 弘之, 大八木 保政, 飛松 省三, 吉良 潤一
臨床神経学   53(10) 867-867   Oct 2013
慢性進行性の運動障害を主徴とする多発性単神経炎を呈したシェーグレン症候群の1例
齋藤 万有, 林 信太郎, 鎌田 崇嗣, 村井 弘之, 大八木 保政, 大石 真莉子, 尾本 雅俊, 神田 隆, 吉良 潤一
臨床神経学   53(10) 868-868   Oct 2013
アルツハイマー病/3型糖尿病のインスリン抵抗性と分子治療戦略
大八木 保政, 中村 憲道, 柳原 由記, 飯沼 今日子, 吉良 潤一
Dementia Japan   27(4) 486-486   Oct 2013
限局皮膚硬化型全身性強皮症とシェーグレン症候群にneuromyelitis optica spectrum disorderを合併した1例
岩永 育貴, 林 信太郎, 河村 信利, 大八木 保政, 吉良 潤一
臨床神経学   53(9) 695-700   Sep 2013
症例は51歳女性である。脳幹脳炎で発症し、その後両下肢の軽度筋力低下と四肢遠位部の異常感覚が出現し、抗アクアポリン4抗体陽性が判明した。プレドニゾロン内服にて安定していたが、当地への移住を契機に当科に紹介された。顔面の毛細血管拡張と皮膚硬化をみとめたが、肺・腎に合併症はなく、限局皮膚硬化型全身性強皮症(IcSSc)とシェーグレン症候群による乾燥症状をみとめた。MRIでは胸髄に長大病変をみとめneuromyelitis optica spectrum disorder(NMOSD)と診断した...
もの忘れ患者におけるてんかん性脳波異常の検討
上原 平, 渡邉 恵利子, 板倉 朋子, 酒田 あゆみ, 茶谷 裕, 中村 憲道, 萩原 綱一, 鎌田 崇嗣, 重藤 寛史, 大八木 保政, 飛松 省三, 吉良 潤一
てんかん研究   31(2) 408-408   Sep 2013
治療の実際 認知症の診断と治療 最近の話題
大八木 保政
臨牀と研究   90(8) 1124-1128   Aug 2013
視神経脊髄炎にミトコンドリア遺伝子変異を合併した1例
白石 渉, 吉村 怜, 立石 貴久, 大八木 保政, 吉良 潤一
臨床神経学   53(8) 680-680   Aug 2013
脱力、CK上昇ともに軽度だった抗SRP抗体陽性筋炎の1例
今村 友裕, 本田 裕之, 立石 貴久, 吉村 怜, 大八木 保政, 岩城 徹, 吉良 潤一
臨床神経学   53(8) 682-682   Aug 2013
痙性対麻痺を呈した椎骨動脈蛇行による延髄圧迫の1例
鎌田 崇嗣, 立石 貴久, 山下 珠代, 詠田 眞治, 大八木 保政, 吉良 潤一
臨床神経学   53(5) 356-361   May 2013
症例は58歳男性である。下肢のつっぱり感、歩きにくさが出現し、徐々に悪化。神経学的には、脳神経症候なく、四肢の痙縮、両下肢の脱力、四肢腱反射の著明な亢進と両側病的反射をみとめ、両下肢の表在覚は軽度低下し、痙性歩行であった。脊椎MRI異常なし、血清HTLV-1抗体陰性、頭部MRI/MRAにて両側椎骨動脈の蛇行と、蛇行により圧迫された延髄の変形をみとめた。より圧迫が強い右側の神経血管減圧術を施行。術後、著明な症状の改善がみられた。椎骨動脈の延髄圧迫により脳神経症状を合併せずに痙性対麻痺を呈する...
周期性発熱と高IgD血症を伴ったMorvan症候群と重症筋無力症の合併例
高下 純平, 林 信太郎, 鎌田 崇嗣, 立石 貴久, 吉村 怜, 村井 弘之, 大八木 保政, 吉良 潤一
臨床神経学   53(5) 399-399   May 2013
家族歴を認めず脳生検を契機に診断し得たhereditary diffuse leukoencephalopathy with axonal spheroids(HDLS)の1例
齋藤 万有, 林 信太郎, 鎌田 崇嗣, 大八木 保政, 鈴木 論, 岩城 徹, 吉田 邦広, 吉良 潤一
臨床神経学   53(5) 400-400   May 2013
ミトコンドリアDNAに多重欠失をみとめたsensory ataxic neuropathy,dysarthria,and ophthalmoparesisの1例
田中 弘二, 立石 貴久, 河村 信利, 大八木 保政, 浦田 美秩代, 吉良 潤一
臨床神経学   53(3) 205-211   Mar 2013
症例は62歳男性である。8年前より歩行時のふらつきが出現。弟は20歳代から四肢脱力が出現し、46歳時に死亡。入院時眼球運動障害、構音障害、四肢の筋力低下、下肢の位置覚低下をみとめた。血液、髄液中の乳酸、ピルビン酸が高値であった。筋生検で群集萎縮と赤色ぼろ線維を、神経生検で大径有髄線維優位の軸索消失、たまねぎ形成をみとめた。ミトコンドリアDNA検査にて多重欠失をみとめ、sensory ataxic neuropathy,dysarthria,and ophthalmoparesis(SAND...
Alzheimer病の根本的治療をめざした産学連携 次世代Alzheimer医薬開発 細胞内Aβの分子病態とapomorphine治療
大八木 保政
神経治療学   30(2) 146-149   Mar 2013
皮質下白質の拡散能に高度な左右差を認めた皮質基底核変性症の1例
菊地 一史, 栂尾 理, 吉浦 敬, 樋渡 昭雄, 山下 孝二, 本田 浩, 大八木 保政, 吉良 潤一
Japanese Journal of Radiology   31(Suppl.I) 91-91   Feb 2013
なぜそこが障害されるのか 末梢神経障害部位を決める分子メカニズム Combined central and peripheral demyelination(CCPD)における抗neurofascin抗体
河村 信利, 米川 智, 松下 拓也, 重藤 寛史, 大八木 保政, 吉良 潤一
末梢神経   23(2) 192-195   Dec 2012
CCPD(combined central and peripheral demyelination)の免疫学的標的部位について、他の炎症性脱髄性疾患と比較検討した。免疫組織化学染色では、一部の慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(CIDP)症例において髄鞘に対するIgG反応が認められたが、CCPD症例では認めず、3例中2例で末梢神経のランビエ絞輪、傍絞輪部へのIgG反応が認められた。絞輪部、傍絞輪部タンパクへの抗体を用いた二重染色では、CCPD 2例における自己抗体反応は両者を標的としていること...
FOSMNはTDP43陽性封入体が出現するが免疫療法が有効 自験3症例の臨床病理学的検討
岩永 育貴, 園田 啓太, 鉾之原 敏博, 栄 信孝, 重藤 寛史, 立石 貴久, 大八木 保政, 吉良 潤一
末梢神経   23(2) 316-316   Dec 2012
mSOD1-Tgマウスの急性神経傷害時の成熟に伴うミクログリアとT細胞の反応性低下
河村 真実, 河村 信利, 立石 貴久, 山崎 亮, 長柄 祐子, 大八木 保政, 吉良 潤一
臨床神経学   52(12) 1409-1409   Dec 2012
中枢神経障害を伴うCIDPにおけるneurofascinを標的とした新規自己抗体
河村 信利, 松下 拓也, 重藤 寛史, 大八木 保政, 吉良 潤一
臨床神経学   52(12) 1477-1477   Dec 2012
安静時脳血流シンチを用いた時間見当識/近時記憶障害と関連する脳血流低下部位の検討
山下 謙一郎, 大八木 保政, 谷脇 予志秀, 宇都宮 英綱, 吉良 潤一
臨床神経学   52(12) 1494-1494   Dec 2012
変異プレセニリン1による細胞内アミロイドβ分解酵素活性の異常とその治療
中村 憲道, 大八木 保政, 井浦 とも, 副島 直子, 飯沼 今日子, 吉良 潤一
臨床神経学   52(12) 1497-1497   Dec 2012

Research Grants & Projects

 
Neurochemical research on Alzheimer's disease