中野 智子

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/03 03:02
 
アバター
研究者氏名
中野 智子
 
ナカノ トモコ
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00010606.html
所属
中央大学
部署
経済学部
職名
教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
   
 
~ 中央大学経済学部教授
 
2009年4月
   
 
~2011年3月 中央大学経済学部准教授
 
2004年4月
 - 
2009年3月
 中央大学経済学部兼任講師
 
1997年4月
 - 
2009年3月
 東京都立大学理学部助手(現 首都大学東京都市環境学部助教)
 
1996年10月
 - 
1997年3月
 環境庁国立環境研究所科学技術特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1995年
北海道大学 理学研究科 地球物理学専攻
 
 
 - 
1992年
北海道大学大学院 環境科学研究科 環境保全学専攻
 
 
 - 
1990年
北海道大学 理学部 地球物理学科
 
 
 - 
1986年
北海道立札幌西高等学校  
 

Misc

 
Modeling gross primary production and ecosystem respiration in a semiarid grassland of Mongolia.
Nakano, T. and Shinoda, M.
Soil Science and Plant Nutrition   61 106-115   2015年2月
Spatial variability of photosynthetic production and ecosystem respiration on a hundred-kilometer scale within a Mongolian semiarid grassland.
Nakano, T. and Shinoda, M.
Journal of Agricultural Meteorology   70 105-116   2014年6月
Temporal and spatial variability of nocturnal cooling in a complex of small valleys in the Kanto Plain during the winter.
Konno, S., Nakano, T., and Takahashi, H.
Journal of Agricultural Meteorology   69 191-200   2013年9月
Monitoring aboveground biomass in semiarid grasslands using MODIS images
Nakano, T., Bavuudorj, G., Urianhai, N.G., and Shinoda, M.
Journal of Agricultural Meteorology   69 33-39   2013年3月
都市内緑地における落葉広葉樹の樹液流速とその環境要素への依存性, 生物と気象
桐越仁美・中野智子
生物と気象   11 31-40   2011年12月

講演・口頭発表等

 
インターバルカメラを用いた遊牧家畜による生態系への影響評価
日本農業気象学会2017年全国大会   2017年   
半乾燥草原生態系におけるCO2交換の年々変動とその要因
日本農業気象学会2016年全国大会   2016年   
モンゴル半乾燥草原に夏季のCO2収支の年々変動
日本土壌肥料学会2015年度京都大会   2015年   
モンゴル半乾燥草原における植物成長期のCO2収支
日本農業気象学会2014年全国大会   2014年   
モンゴル半乾燥草原における生態系CO2交換量の年々変動の推定
日本地球惑星科学連合   2013年   

Works

 
モンゴル草原における二酸化炭素交換に対する遊牧の影響の定量的評価
2016年4月
半乾燥草原における冬季のCO2放出の現地観測とメカニズムの実験的解明
2015年4月
半乾燥草原における二酸化炭素フラックスの多地点移動観測
2010年4月
半乾燥草原におけるCO2収支の時空間変動推定モデルの構築
2010年4月
モンゴル半乾燥草原における植物バイオマスと土壌水分の広域推定
2010年4月

競争的資金等の研究課題

 
半乾燥地における大気-生態系間の炭素交換
科学研究費補助金
研究期間: 2004年