後藤 純信

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/15 15:02
 
アバター
研究者氏名
後藤 純信
 
ゴトウ ヨシノブ
所属
国際医療福祉大学
部署
医学部 生理学講座
職名
教授
学位
医学博士(九州大学), 科学修士(Loyola University)
その他の所属
国際医療福祉大学

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1995年
Loyola University Medical Center (Department
 
 
   
 
of Neurology) Research fellow
 
2001年
 - 
2004年
九州大学大学院医学研究院脳研臨床神経生理 助手2
 
2004年
 - 
2005年
九州大学大学院医学研究院脳研臨床神経生理 講師
 
2005年
 - 
2006年
国際医療福祉大学リハビリテーション学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年
九州大学 医学研究科 外科
 
 
 - 
1987年
佐賀医科大学 医学部 医学
 

委員歴

 
1997年
   
 
日本脳神経外科学会  評議員
 
1990年
   
 
日本臨床神経生理学会  
 
1995年
   
 
日本臨床視覚電気生理学会  
 
2001年
   
 
Society for Neuroscience  
 
1992年
   
 
ARVO  
 

受賞

 
1993年
1. Goto Y: XIII International Congress of EEG and Clinical Neurophysiology, IFCN fellowship Award for Young Researchers.
 
1995年
2. Goto Y: ARVO Annual Meeting Retina Research Foundation/Lawrence Fellowship Award (RRF Biochemistry/Molecular Biology Section).
 
2009年
The Best Paper Award: CME2009 The International Conference on Complex Medical Engineering
 

Misc

 
Goto, Y., Goto, I. & Hosokawa, S.: Neurological and Radiological Studies in Painful Ophthalomoplegia: Tolosa-Hunt Syndrome and Orbital Pseudotumor.
J. Neurol.   236, 448-451    1989年
Goto, Y., Hosokawa, S. Goto, I.,Hirakata, R. & Hasuo, K.: Abnormality in the Cavernos Sinus in Three Patients with Tolosa-Hunt Syndrome: MRI and CT Findings.
J. Neurol., Neurosurg., Psychat.   53, 231-234    1990年
Hosokawa, S., Goto, Y., & Ichiya, Y.: Positron Emission Tomography in Epilepsy.
Ann. Rep. Jap. Epilepsy Res. Found.   144-146    1991年
Goto, Y., Shima, F., Kato, M. & Fukui, M.: How Much Can We Save Levodopa by Stereotactic Treatment in Parkinsonian Patients.
Func. Neurosurg.   30, 88-92    1991年
Goto, Y., Nakamura, M., Abe, S., Kato, M. & Fukui, M.: Physiological Correlates of Abnormal Behaviors in Magnesium-deficient Rat.
Epilepsy Research   15, 81-89    1993年

書籍等出版物

 
Rod and cone dysfunction in transgenic mice. In: Ripps H (ed.). Vision Science and its Applications,
1994 Technical Digest Series, Vol. 2, pp. 362-365   1994年   
Recent developments in the assessment of visual function. Recent Advances in Clinical Neurophysiology
Elsevier, Amsterdam, pp. 420-425   1996年   
イラストでわかるPT・OT・STのための神経内科学 (編集協力者)
メディカ出版, 大阪   2005年   
Chapter 6; An integrated approach to face and motion perception in humans. In: Barber C, Tsuji S, Tobimatsu S, Uozumi T, Akamatsu N, Eisen A (eds.). Functional Neuroscience: Evoked Potentials and Related Techniques.
Elsevier,Amsterdam, (Supplements to Clinical Neurophysiology), Vol.59, pp. 43-48   2006年   
Visual ERPs and cortical function.In: Ikeda A, Inoue Y (eds.). Progress in Epileptic Disorders Volume 5: Event-related Potentials in Patients with Epilepsy: from Current State to Future Prospects. pp. 37-48
John Libbey Eurotext   2008年   

Works

 
眼科手術における網膜機能評価
2002年
網膜変性疾患の治療法確立
1995年
外傷性脳死過程での脳機能評価
2001年
真sっよう神経再生の機能分析
光過敏性てんかんの機序解明
2000年

競争的資金等の研究課題

 
神経生理学的検証に基づく高齢脳再生を促す3次元視聴覚刺激動画像の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 後藤 純信
視覚情報処理
科学研究費補助金
研究期間: 2002年   
高次脳機能の研究
脳科学研究
研究期間: 2002年   
網膜変性疾患の治療方確立
てんかんのメカニズムの電気生理学的解析 (平成2年〜) ヒト・動物モデルの視覚系の電気生理 (平成5年〜) 遺伝性網膜変性の障害メカニズムの解析と治療法の開発 (平成5年〜) ヒトの感覚情報処理(特に高次脳機能)機構 (平成10年〜) (Optic flow, mismatch negativity, 顔認知, 聴覚情報処理機構) 脳死にいたる脳機能変化の定量解析(平成10年〜) ヒトの脳機能障害機構の解明とリハビリテーションへの応用 (平成16年〜)
研究期間: 1989年   

特許

 
Effects of the Intravitreous Brilliant Blue G on the Retina. (Enaida H, Hisatomi T, Goto Y. et al. )
Docket Number Y04S019-PPA