川村 千鶴子

J-GLOBALへ         更新日: 13/03/22 10:08
 
アバター
研究者氏名
川村 千鶴子
 
カワムラ チヅコ
所属
大東文化大学
部署
環境創造学部 環境創造学科 環境創造学部
職名
教授
学位
学術博士(総合研究大学院大学), 商学士(慶應義塾大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
 
   
 
多文化教育研究所所長
 

学歴

 
 
   
 
慶應義塾大学 商学部 
 
 
   
 
総合研究大学院大学 文化科学研究科 地域文化学専攻
 

委員歴

 
 
 - 
現在
新宿区  多文化共生まちづくり会議 部会長
 
 
   
 
移民政策学会  理事
 

受賞

 
1993年
国際理解教育論文 優秀賞
 

Misc

 
地域にねざす開発教育-新宿での展開-
川村千鶴子
開発教育 21世紀の教育を考える      1992年
外国人と共に住む街・新宿での国際理解教育の実践と住民の意識
川村千鶴子
国際理解   24    1993年
地域活動によるグローバルアウェアネスの育成
川村千鶴子
異文化間教育   9    1993年
多民族化する保育園の現状と多文化社会
川村千鶴子
都市問題   87(2)    1996年
在日トンガ人と比べた群馬県大泉町と東京都新宿区の国際化
川村千鶴子
国際人流   9(9)    1996年

書籍等出版物

 
『3.11後の多文化家族』
明石書店   2012年   
『オセアニア学』
京都大学学術出版会   2009年   
『移民政策へのアプローチ-ライフサイクルと多文化共生-』
明石書店   2009年   
『「移民国家日本」と多文化共生論』
明石書店   2008年   ISBN:978-4-7503-2766-2
『異文化間介護と多文化共生』
明石書店   2007年   ISBN:978-4-7503-2539-2

講演・口頭発表等

 
トンガ人とサモア人の移住・マスエクソダス現象
多文化社会研究会   2002年   
ポリネシアの大量移住と異文化適応
環境創造学部フォーラム研究会   2002年   
〈特集〉21世紀の人の移動と人間環境
環境創造学会   2003年   
東京における多文化社会の過去と現在
ベフ・ハルミ(スタンフォード大学名誉教授〉研究会   2003年   
マーシャルとトンガにおけるグローバル化と廃車問題
日本島嶼学会   2003年   

Works

 
研究成果報告書「太平洋島嶼諸国における経済発展と環境問題」
2005年
研究調査報告書「パラオ・ミクロネシア 廃車実態報告書」
2005年

競争的資金等の研究課題

 
太平洋島嶼諸国における経済発展と環境問題
研究期間: 2002年 - 2005年
多文化社会論、移民政策、太平洋島嶼学
研究期間: 2008年   
グローバリゼーションとは何か、移民とは何か、移住は都市に何をもたらすか、多文化共生政策とは