長 篤志

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/01 10:39
 
アバター
研究者氏名
長 篤志
 
オサ アツシ
eメール
osaayamaguchi-u.ac.jp
URL
http://www.sip.eee.yamaguchi-u.ac.jp
所属
山口大学
部署
山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院理工学研究科(情報・デザイン工学系学域)(工学) 知覚情報工学分野
職名
大学院担当准教授
学位
博士(工学)(その他)
科研費研究者番号
90294652

研究キーワード

 
 

経歴

 
2010年2月
 - 
2010年5月
山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当准教授
 
2010年5月
 - 
2016年4月
山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当准教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年4月
山口大学 工学部 電気電子工学科
 
 
 - 
1997年4月
山口大学大学院 工学研究科 電気電子工学専攻
 

受賞

 
2002年12月
ITS Japan 第1回ITSシンポジウム優秀体面発表研究賞
 
2010年11月
日本基礎心理学会第29回大会 第2回錯視コンテストグランプリ 道路写真の角度錯視
受賞者: 長篤志、長田和美、三池秀敏、一川誠、松田憲
 
2012年9月
21st IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication 2012 IEEE RO-MAN Best Paper Award
受賞者: Yoshihiro Sejima, Tomio Watanabe, Mitsuru Jindai, Atsushi Osa, Yukari Zushi
 
2014年10月
情報処理学会中国支部 情報処理学会中国支部功労者表彰
 
2016年11月
日本福祉工学会 第十八回(平成二十八年度)日本福祉工学会論文賞 メンタルヘルスの定量的評価のためのアイコンタクト計測システムの開発
受賞者: 瀬島吉裕, 長篤志, 神代充, 渡辺富夫
 

論文

 
Mechanism of Candle Flame Oscillation: Detection of Descending Flow above the Candle Flame
Yuko Nagamine, Koki Otaka, Hiroyuki Zuiki, Hidetoshi Miike, Atsushi Osa
Journal of the Physical Society of Japan   86(7)    2017年6月
視覚の時間応答特性を基にした画像強調手法 ~抑制性応答と興奮性応答の時間差がもたらす効果~
大高 洸輝, 長 篤志, 長峯 祐子, 三池 秀敏
映像情報メディア学会誌   71(4) J144-J150   2017年2月
Kazuya Ogawa, Masaru Suzuki, Atsushi Osa, Hidetoshi Miike
International Workshop on Advanced Image Technology 2017      2017年1月   [査読有り]
足達侑介, 佐藤慶明, 長 篤志
映像情報メディア学会技術報告   HI2016(31) 289-293   2016年2月
中尾悠二, 長 篤志
電子情報通信学会技術報告   IE2015(106) 67-72   2016年2月

書籍等出版物

 
新編 照明専門講座テキスト 第30期
土井 正, 長 篤志 (担当:共著)
一般社団法人 照明学会   2014年8月   

講演・口頭発表等

 
3次元CGにおける投影法が混在する多視点画像の生成手法
原田哲也&長 篤志&木下武志
情報処理学会第63回(平成13年度後期)全国大会講演論文集   2001年9月   
臨場感を考慮した室内描画手法に関する考察
原田哲也&長 篤志&木下武志&田淵義彦
平成13年度(第34回)日本照明学会全国大会講演論文集   2001年9月   
視覚負荷に伴うストレスの生理学的測定
田淵義彦&長 篤志&三池秀敏
平成13年度(第34回)日本照明学会全国大会講演論文集   2001年9月   
高齢者向け情報端末のためのインタラクティブ・アニメーション
河本幸生&山根淳平&長 篤志&木下武志&三池秀敏
2001年映像情報メディア学会冬季大会 講演予稿集   2001年12月   
ヴァルールの定量分析
木下武志&長 篤志&奥村優理子&一川誠,田淵義彦&三池秀敏
平成13年度(第34回)日本照明学会全国大会講演論文集   2001年9月   

担当経験のある科目

 

Works

 
タイトル「特殊な遠近法を用いた3次元コンピュータ・アニメーション」,映像展示,担当:プログラマ,エディタ,コンポーザ
その他   2001年6月
タイトル「特殊な遠近法を用いた3次元コンピュータ・アニメーション」,映像展示,担当:プログラマ,エディタ,コンポーザ
Walk-through Animation of Kinoshita Residence
その他   2002年1月
Walk-through Animation of Kinoshita Residence