MIYAMOTO Keizo

J-GLOBAL         Last updated: Jun 18, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
MIYAMOTO Keizo
Affiliation
Hosei University
Section
Institute of Nogaku studies
Job title
Professor
Research funding number
70360253

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2002
 - 
Mar 2005
大阪学院大学国際学部講師
 
Apr 2005
 - 
Mar 2009
大阪学院大学国際学部助教授
 
Apr 2009
 - 
Mar 2013
法政大学能楽研究所・准教授
 
Apr 2013
   
 
法政大学能楽研究所・教授
 

Education

 
Apr 1996
 - 
Mar 2000
芸術史, Graduate School, Division of Letters, Osaka University
 

Awards & Honors

 
Jan 2007
観世寿夫記念法政大学能楽賞, 法政大学
 
Jun 2006
林屋賞, 芸能史研究会
 
Jun 2006
河竹賞, 日本演劇学会
 
Dec 2005
日本古典文学会賞, 日本古典文学会
 

Published Papers

 
A Study on the Noh-Mask Maker Horai
Journal of the Institute of Nogaku Studies   (39) 1-20   Mar 2015
大和の村落祭祀と能―大和猿楽の存立基盤―
万葉古代学研究年報   (13) 66-92   Mar 2015
野上豊一郎の能面研究
野上豊一郎の能楽研究   87-102   Mar 2015
Is Noh the Quintessentially Japanese Performing Art?:Discursive Shifts Regarding Noh's Origins
日本のアイデンティティとアジア   1-20   Jan 2015
『仮面譜』の成立
能楽研究   (38) 35-68   Jul 2014

Misc

 
喜多流と鳥取池田家旧蔵面
『粟谷家所蔵能面選』   42-49   Mar 2014
伊賀観世系譜の虚実
『銕仙』      Sep 2013

Books etc

 
近世諸藩能役者由緒書集成(上)
宮本圭造 (Part:Editor)
法政大学能楽研究所   Mar 2019   
金春家文書の世界
宮本圭造 (Part:Editor)
法政大学能楽研究所   Mar 2017   
近代日本と能楽
宮本圭造 (Part:Editor)
法政大学能楽研究所   Mar 2017   
鴻山文庫蔵能楽資料解題 下
山中玲子・橋本朝生
法政大学能楽研究所   Mar 2014   
祇園囃子の源流
植木行宣、田井竜一ほか
岩田書院   Mar 2010   ISBN:978-4-87294-603-1
祇園祭りの鉾上での稚児による鞨鼓のルーツが、中世に流行した鞨鼓舞にあり、それが「だんちり舞」と呼ばれたことを明らかにするとともに、後世、囃子屋台を「だんじり」と呼ぶのも、この「だんちり舞」に基づくものであることを証明する。

Conference Activities & Talks

 
金春家文書の再検討
宮本圭造
藝能史研究会   10 May 2019   
Whose Tradition is Noh?: The role of amateur performers
European Association for Japanese Studies   24 Aug 2014