新藤 一敏

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 04:11
 
アバター
研究者氏名
新藤 一敏
 
シンドウ カズトシ
eメール
kshindofc.jwu.ac.jp
URL
http://mcm-www.jwu.ac.jp/~kshindo/index.htm
所属
日本女子大学
部署
家政学部 食物学科
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)
科研費研究者番号
80350180

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
2002年
キリンビール(株)勤務
 

学歴

 
 
 - 
1987年
東京大学 農学系研究科 
 
 
 - 
1985年
東京大学 農学部 
 

論文

 
Structure of cyclocarbamides A and B, new plant growth regulators from Streptoverticillium sp
A. Isogai, S. Sakuda, K. Shindo, S. Watanabe, A. Suzuki, S. Fujita and T. Furuya
Tetrahedron Lett.   27(10) 1161-1164   1986年
Thiazostatin A and thiazostatin B, new antioxidants produced by Streptomyces tolurosus
K. Shindo, A. Takenaka, T. Noguchi, Y. Hayakawa and H. Seto
J.Antibiotics   42(10) 1526-1529   1989年
Studies on radical scavenging substances from microorganisms II. neocarazostatins A, B and C, novel free radical scavengers
S. Kato, K. Shindo, Y. Kataoka, Y. Yamagishi and J. Mochizuki
J. Antibiotics   44(8) 903-907   1991年
Novel antibiotics, Cochleamycin A and B
K. Shindo and H. Kawai
J. Antibiotics   45(2) 292-295   1992年
A novel antibiotic, naphthopyranomycin
K. Shindo and H. Kawai
J. Antibiotics   45(4) 584-586   1992年

書籍等出版物

 
海洋天然物化学(化合物ライブラリーとしての評価)
日本化学会   2002年   
先端化学シリーズⅤ 海洋天然物/錯体/コンビナトリアル/全合成
日本化学会   2003年   
薬用人参
共立出版株式会社   2000年   
健康を考えた食品学実験
アイ・ケイコーポレーション   2004年   
基礎分析学
桜楓会出版部   2006年   

Works

 
組換え微生物を用いた代謝系遺伝子の機能解析 2002-2004
その他   

競争的資金等の研究課題

 
遺伝子改変酵素を用いた新規有用物質の創製
独創的先進的情報技術に関わる研究開発
研究期間: 2002年   
食品に関わる有用生理活性物質の探系
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 2002年   
新しいカロテノイドの単離、製造解析、生理活性検討
-

特許

 
PCT Int. Appl. (2004), 62 pp. CODEN: PIXXD2 WO 200405087 : Cloning of a polycyclic aromatic hydrocarbon dioxygenase from Cycloclasticus sp. strain A5, and use for synthesis of hydroxylated arom. hydrocarbons and bioremediation.
PCT Int. Appl. (2004), 62 pp. CODEN: PIXXD2 WO 2004050875 A1 20040617
PCT Int. Appl. (2004), 90 pp. CODEN: PIXXD2 WO 200407898 : Enzymic manufacture of aromatic diols from phenyl-containing aromatic compounds.
PCT Int. Appl. (2004), 90 pp. CODEN: PIXXD2 WO 2004078988 A1 20040916
PCT Int. Appl. (2005), 60 pp. CODEN: PIXXD2 WO 20050854 : Conversion from arenes having a benzene ring to those having a picolinic acid using Escherichia coli that express bacterial genes involved in biphenyl catabolism
PCT Int. Appl. (2005), 60 pp. CODEN: PIXXD2 WO 2005085435 A1 20050915
特願2005-313177 : ジオキシゲナーゼ及び水酸化フラボン類化合物の製造方法
特願2005-313177
特願2006-037039 : 抗酸化組成物、及びその使用方法
特願2006-037039