岩淵 令治

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 00:13
 
アバター
研究者氏名
岩淵 令治
 
イワブチ レイジ
所属
学習院女子大学
部署
国際文化交流学部日本文化学科
職名
教授
学位
博士(文学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
学習院女子大学 国際文化交流学部日本文化学科 教授
 
1995年
   
 
 放送大学非常勤講師
 
1995年
   
 
 東京都江戸東京博物館専門研究員
 
1997年
   
 
 日本学術振興会特別研究員(P.D)
 
1997年
 - 
2004年
 国立歴史民俗博物館助手歴史研究部
 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京大学大学院 人文社会科学研究科 日本史学
 

論文

 
岩淵 令治
歴史学研究 = Journal of historical studies   (966) 29-38   2018年1月
岩淵 令治
鷹・鷹場・環境研究   1 84-94   2017年3月
岩淵 令治
国立歴史民俗博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Japanese History   204 61-99,図巻頭1p   2017年2月
一部非公開情報あり

Misc

 
岩淵 令治
学習院史学   (54) 105-126   2016年3月
岩淵 令治
国立歴史民俗博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Japanese History   197 49-104   2016年2月
国民国家としての「日本」成立以降,今日に到るまで,さまざまな立場で共有する物語を形成する際に「参照」され,「発見」される「伝統」の多くは,「基層文化」としての原始・古代と,都市江戸を主な舞台とした「江戸」である。明治20年代から関東大震災前までの時期は,「江戸」が「発見」された嚆矢であり,時間差を生じながら,政治的位相と商品化の位相で進行した。前者は,欧化政策への反撥,国粋保存主義として明治20年代に表出してくるもので,「日本」固有の伝統の創造という日本型国民国家論の中で,「江戸」の国民国...
岩淵 令治
国立歴史民俗博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Japanese History   197 1-8   2016年2月

書籍等出版物

 
みるよむあるく東京の歴史2 通史編2 江戸時代
岩淵 令治 (担当:分担執筆, 範囲:第三章企画、および82-89頁・92-109頁執筆)
吉川弘文館   2017年11月   
URUSHIふしぎ物語-人と漆の12000年史-
岩淵 令治 (担当:共著, 範囲:「特産地の形成と全国流通」、158-163頁)
国立歴史民俗博物館   2017年7月   
通史の中の庄内
岩淵 令治 (担当:共著, 範囲:「庄内藩士の江戸暮らし」)
鶴岡市立図書館   2017年3月   
鳥取藩研究の最前線
岩淵 令治 (担当:共著, 範囲:第六章「鳥取藩・鳥取藩士と江戸寺社」、161-210頁)
今井印刷   2017年3月   
旅と交流にみる近世社会
岩淵 令治 (担当:共著, 範囲:「江戸勤番武士と地域」第二部第五章、148-191頁)
清文堂出版   2017年3月   

Works

 
基幹研究「日本における都市生活史の研究-都市の地域特性の形成と展開過程-」
1999年 - 2001年
基幹研究「地域社会における基層信仰の歴史的研究」
1999年 - 2001年
個別共同研究「地域蘭学の総合的研究」
1999年 - 2001年
基幹研究「日本歴史における環境と人間生活に関する総合研究」
1998年 - 2000年
基幹研究「地域社会における基層信仰の歴史的研究」
 - 2001年
1999年度~2001年度

競争的資金等の研究課題

 
近世都市における武家地の研究
近世の「家」および社会集団の研究