KODAIRA Tomoe

J-GLOBAL         Last updated: May 8, 2019 at 14:09
 
Avatar
Name
KODAIRA Tomoe
Affiliation
Seirei Christopher University
Section
Department of Nursing

Research Areas

 
 

Published Papers

 
小平 朋江, いとう たけひこ
心理科学   38(1) 55-62   Jun 2017
小平 朋江, いとう たけひこ
日本精神保健看護学会誌   22(2) 68-74   Nov 2013
看護学生を対象に、ナラティブ教材を用いた授業の進行にともなって、統合失調症に対する学生のイメージの変化を明らかにした。15コマにわたる授業を受講した2010年度152名、2011年度160名の学生に調査協力を依頼した。統合失調症の単元で「あなたの統合失調症のイメージはどのようなものですか?」という質問に自由記述で回答してもらった。この問いを時期を変えて計3回記述してもらった。事前調査を1回、事後調査を2回行い、延べ595名の統合失調症のイメージの自由記述内容を分析した。ナラティブ教材を用い...
城丸 瑞恵, 水谷 郷美, いとう たけひこ, 門林 道子, 佐藤 幹代, 小平 朋江, 本間 真理
看護研究   46(5) 494-502   Aug 2013
小平 朋江, いとう たけひこ
看護研究   46(5) 485-492   Jul 2013
ウェブサイトを用いた乳がん体験者の転移進行度による語りの比較 テキストマイニング分析による話題の抽出
水谷 郷美, いとう たけひこ, 城丸 瑞恵, 小平 朋江, 佐藤 幹代, 門林 道子, 本間 真理
札幌保健科学雑誌   (2) 57-60   Mar 2013
ウェブサイトを用いた乳がん体験者の転移進行度による語りの比較について調査を行った。分析対象は病気の情報や病の語りに関するウェブサイトであり、面接を通して体験者の語る内容を闘病記・体験記のように文章で見ることもインタビュー動画として視聴することも可能であった。そのうちの乳がん体験者のべ49人について転移進行度による語りの傾向を明らかにするため、「転移がない体験者」「局所転移のある体験者」「遠隔転移のある体験者」の3群に分けた後、語りをテキスト化し、内容を分析した。その結果、「自分」「先生」「...
KODAIRA Tomoe, ITO Takehiko
THE JAPANESE JOURNAL OF PSYCHOLOGICAL SCIENCE   33(2) 64-77   2012
順序構造分析による精神障害に対する態度測定尺度(AMD尺度)の項目間構造の検討
小平 朋江, いとう たけひこ
応用心理学研究   37(1) 42-43   Sep 2011
統合失調症の家族の闘病記を教材とした精神障害者への偏見低減の試み 看護学教育における意義と一般大学生との比較
小平 朋江
日本看護学教育学会誌   20(3) 65-66   Mar 2011
精神障害者の家族によって書かれた闘病記の形式をもったコミックエッセイ(マンガ)の精神障害者への偏見低減効果を明らかにすることを目的に、看護系大学生84名および一般(文系)大学生42名を対象に、コミックエッセイ(統合失調症の母との暮らしをマンガで紹介したコミックエッセイ)読書前後の「精神障害者に対する態度測定尺度」(AMD尺度)を用いたアンケート調査を比較、検討した。その結果、AMD尺度の下位尺度である社会的距離尺度では、看護大学生では54.8%、一般大学生では52.4%にそれぞれ偏見低減が...
大高 庸平, いとう たけひこ, 小平 朋江
日本精神保健看護学会誌   19(2) 43-54   Jan 2011
統合失調症などの精神障害者にとって病気からの回復に有効な心理教育プログラムとして当事者研究がある。浦河べてるの家では、当事者の苦労を語り仲間とともに研究して解決策を探る当事者研究を紹介するサイトを公開している。本研究の目的はこのサイトを分析することにより当事者研究の語りを分析し、その特徴を明らかにすることであった。精神障害者の語りの分析にはテキストマイニングの手法を用いた。結果として「自分」「苦労」「人」「仲間」「病気」などの単語が多用されていた。ネットワーク分析により、当事者が自分自身を...
統合失調症の闘病記の分析 古川奈都子『心を病むってどういうこと?:精神病の体験者より』の構造のテキストマイニング
小平 朋江, いとう たけひこ, 大高 庸平
日本精神保健看護学会誌   19(2) 10-21   Jan 2011
闘病記は当事者のナラティブであり、看護学の教材としての利用が期待される。本研究の目的は、ある統合失調症当事者が書いた闘病記の構造を明らかにし、その内容をより深く考察することにある。古川奈都子『心を病むってどういうこと?:精神病の体験者より』を対象に、テキストマイニングと伝記分析の個別分析の手法により分析を行った。各章ごとの特徴を見ることにより、自分の体験の告白だけでなく、周囲の人や、一般社会に対して理解を求めるポジティブで具体的なメッセージがあることが確認された。本書のような、体験者の物語...
小平 朋江, いとう たけひこ
東西南北 : 和光大学総合文化研究所年報   2011 130-140   2011
いとう たけひこ, 小平 朋江, 穴澤 海彦, 井上 孝代
Bulletin of Faculty of Human Studies   (3) 197-207   Mar 2010
英国のバーカー夫妻が開発した、患者との関係を尊重する精神看護理論である「タイダルモデル」と精神障害者の地域コミュニティとして著名な北海道の「浦河べてるの家」の実践理念とは共通性が大きい。本研究ではまず両者を紹介し、次に共通点と相違点を検討した。共通する点として、(1)人間関係の重視、(2)小さな変化への気づき、(3)援助者と患者の関係、(4)取り戻し、の4 点に渡って共通性が検討された。また、相違点については、(1)重点におく人間関係の違い、(2)アプローチの違い、(3)比喩表現の違い、の...
小平 朋江, 伊藤 武彦, 松上 伸丈
Macro Counseling studies   6 16-31   Dec 2007
看護大学生の精神科保護室に対する受け止めおよび視点の変化 テキストマイニングによる非構造型データの分析から
入江 拓, 小平 朋江
聖隷クリストファー大学看護学部紀要   (15) 1-10   Mar 2007
精神看護実習における看護学生の保護室に対する受け止めの変化をテキストマイニングの手法を用いて明らかにすることを目的に、看護大学3・4年生59名の実習初日と最終日のレポートをデジタルデータに変換したもの(42190字/59名)を分析、比較した。その結果、学生の保護室を捉える視点は、不安を知的に防衛しながら眺める視点から、人間の自尊心やプライバシーに大きく関わるテーマが集約されている場所である「トイレ」を通して、対象者が体験していることに対する興味と共感に基づく倫理的な視点へと変化していること...
小平 朋江, 伊藤 武彦
Macro Counseling studies   5 62-73   Dec 2006
小平 朋江
Macro Counseling studies   4 47-61   Dec 2005
学生は3年間の精神看護学の学びをどう体験したか 6人の学生の語りから
小平 朋江, 加藤 伊千夫, 米澤 美貴子
日本精神科看護学会誌   47(1) 468-471   Jun 2004
小平 朋江
日本精神保健看護学会誌   12(1) 85-93   May 2003
デイケアに通う思春期青年期精神障害者6名にインタビューを行い,デイケアに居る時の気持ち,デイケアに来てよかったことや辛かったこと,デイケアで出会った人たちと体験したこと,デイケアに来る前の生活やこれからの生き方などを調査した.又,デイケアのプログラム実施中その場にどう居合せているか,態度や表情はどうか,他のメンバーやスタッフとの関わり方はどうであるか,プログラム以外の昼食時やミーティングの時はどう過ごしているかなどを観察した.その結果,デイケアにおける患者の体験について次のことが明らかにな...
精神看護実習における「教授-学習」過程の一考察 相互構成的看護過程を学ぶために
小平 朋江, 金城 祥教, 伊藤 みよ子
精神科看護   (53) 75-102   Oct 1995
学生が患者と関係をとり結ぶときの「困難の体験」と気づき
松下 美子, 小平 朋江, 沼本 教子
聖隷学園浜松衛生短期大学紀要   (17) 39-47   Mar 1994
対人緊張の強い家庭内暴力児への援助をふりかえって Aが引き起こした看護チームの混乱から学んだこと
小平 朋江, 入江 拓, 岩瀬 信夫
聖隷学園浜松衛生短期大学紀要   (17) 91-94   Mar 1994
精神看護実習における学生の学びのプロセスを明らかにする試み
加藤 伊千夫, 小平 朋江, 金城 祥教
聖隷学園浜松衛生短期大学紀要   (17) 75-90   Mar 1994
自我の未熟な青年と看護チームとのかかわり 看護チームのグループプロセスの力動的理解
小平 朋江, 岩瀬 信夫
日本精神保健看護学会誌   2(1) 31-37   Jun 1993

Books etc

 
Prospects for community support
Feb 2012   ISBN:9784046532541

Conference Activities & Talks

 
浦河べてるの家におけるビジュアル・ナラティヴ 当事者研究とべてるまつりにおける多様に外在化されたもの
小平 朋江, いとう たけひこ
日本心理学会大会発表論文集   Aug 2018   
当事者研究とリカバリーの思想 向谷地生良(2015)『精神障害と教会』のテキストマイニング分析
小平 朋江, いとう たけひこ
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2016   
Soul and science unite in Tojisha Kenkyu studies of people with mental illness
KODAIRA Tomoe, ITO Takehiko
Global Human Caring Conference Wuhan, China   15 Oct 2016   
Psychological approach to Tojisha Kenkyu studies of people with mental illness
KODAIRA Tomoe, ITO Takehiko
ICP2016,Yokohama.   Jul 2016   
Visualization of Tojisha Kenkyu studies: A text mining approach to recovery (and discovery).
KODAIRA Tomoe, ITO Takehiko
The 19th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS 2016), Chiba, Japan.   25 Mar 2016   
闘病記を用いたナラティブ教材に対する統合失調症の回復の学生の受けとめ方 テキストマイニング分析より
小平 朋江, いとう たけひこ
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2015   
ある統合失調症闘病記のリカバリーとヘルパー・セラピー原則 西純一『精神障害を乗り越えて:40歳ピアヘルパーの誕生』の内容分析およびテキストマイニング
小平 朋江, いとう たけひこ
日本心理学会大会発表論文集   Aug 2015   
Why do authors publish their own Tobyo-ki?: Focus on books written by breast cancer patients.
Kadobayashi, M., Shiromaru, M., Nakada, M, Ito, T., Mizutani, S., Sato, M., Honma, M., and Kodaira, T.
The 18th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS 2015), Taipei, Taiwan.   Feb 2015   
Narratives about chemotherapy in Tobyo-ki: From autobiographies written by women with breast cancer.
Shiromaru, M., Mizutani, S., Ito, T., Nakada, M., Sato, M., Kadobayashi, M., Kodaira, T., Honma, M.
The 18th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS 2015), Taipei, Taiwan.   Feb 2015   
『当事者が語る精神障害とのつきあい方』の5人の統合失調症を持つ人たちの回復の語りのテキストマイニング
小平 朋江, いとう たけひこ
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2014   
患者の語りWebサイト・闘病記・手記 ナラティヴ教材と患者体験学を展望して
いとう たけひこ, 小平 朋江, 城丸 瑞恵, 仲田 みぎわ, 佐藤 幹代, 森田 夏実, 吉川 恵美子[和田], 水谷 郷美, 門林 道子
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2014   
精神障害者の回復の語り 浦河べてるの家における当事者研究の記述のテキストマイニング
小平 朋江, いとう たけひこ
日本心理学会大会発表論文集   Aug 2014   
統合失調症の闘病記における回復の語りのテキストマイニング ナラティブ教材としての教育的意義
小平 朋江, いとう たけひこ
日本看護学教育学会誌   Jul 2014   
Characteristics of physical pains and psychological suffering described by breast cancer patients in their journals.
Sato, M., Kadobayashi, M., Shiromaru, M., Mizutani, S., Honma, M., Kodaira, T., Nakada, M., & Ito, T.
The 17th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS 2014), Manila, Philippines.   Feb 2014   
『こころの病を生きる:統合失調症患者と精神科医師の往復書簡』の当事者と医者の語りのテキストマイニング
小平 朋江, いとう たけひこ
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2013   
看護データのテキストマイニングと近未来
服部 兼敏, 城丸 瑞恵, 大河原 知嘉子, 西川 まり子, 猪下 光, 井田 歩美, 小平 朋江, 水谷 郷美, 柴崎 美紀
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2013   
統合失調症の闘病記 ナラティブ教材としての意義
小平 朋江
日本心理学会大会発表論文集   Aug 2013   
統合失調症闘病記の書名のテキストマイニング
小平 朋江, いとう たけひこ
日本心理学会大会発表論文集   Aug 2013   
患者の語り(ナラティブ)から何を学ぶか 健康と病いの語りデータベース(DIPEx-Japan)の教育的活用
森田 夏実, 新幡 智子, 射場 典子, 小平 朋江, 後藤 惠子, 佐藤 正美, 佐藤 幹代, 澤田 明子, 中山 健夫, 別府 宏國
日本看護学教育学会誌   Jul 2013   
石井 敏弘, 小平 朋江, 篠崎 惠美子, 篁 宗一, 仲村 秀子, 聖隷クリストファー大学看護学部紀要委員会
聖隷クリストファー大学看護学部紀要   31 Mar 2013   
機関リポジトリとは「大学とその構成員が創造したデジタル資料の管理や発信を行うために、大学がそのコミュニティの構成員に提供する一連のサービス」であり、デジタル時代における学術研究の基盤として位置付けられる。科学、技術、医学系分野の学術逐次刊行物(雑誌、年鑑など)の価格が大幅に上昇したこと、および大学等の研究機関で生産される多様な学術情報の発信強化が社会的要求となったことを背景に機関リポジトリは誕生した。機関リポジトリはこの2つの問題に対応する方策であり、その設置には(1)学術コミュニケーショ...
ナラティブ教材を用いた精神看護学授業における統合失調症のイメージ向上 テキストマイニングの評判分析
小平 朋江, いとう たけひこ
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2012   
統合失調症の闘病記のリスト ナラティブ教材の可能性を展望する
小平 朋江, いとう たけひこ
日本心理学会大会発表論文集   Aug 2012   
ナラティブ教材を用いた精神看護学授業での統合失調症のイメージの変化のテキストマイニング分析
小平 朋江, いとう たけひこ
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2011   
The students' change of prejudice toward schizophrenia after reading the comic book“MY MOTHER IS MENTALLY ILL.”
KODAIRA Tomoe, ITO Takehiko
The 14th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS 2011)   12 Feb 2011   
Cancer patients' narratives on the JPOP-VOICE Website.
KODAIRA Tomoe
Shiromaru, M., Sun, B., Ito, T., Ohtaka, Y., & Kodaira, T.   Nov 2010   
Evaluation of the educational use of cancer narrative database from “DIPEx-Japan”: An analysis of students' feedback.
Ito,T., Arahata, T., Iba, N., Otaka, Y., Kodaira, T., Wada, E., & Nakayama, T.
Conference program and abstracts: 6th International Conference of Health Behavioral Science, 79.   19 Sep 2010   
病気と向き合う体験者のウェブサイトJPOP-VOICEの語りの特徴と看護学教育への活用可能性
孫 波, いとう たけひこ, 大高 庸平, 城丸 瑞恵, 小平 朋江
日本看護学教育学会誌   Jul 2010   
マンガ教材『わが家の母はビョーキです』(中村ユキ)読了後の統合失調症に対する偏見の変化
小平 朋江, いとう たけひこ
日本看護学教育学会誌   Jul 2010   
マンガ教材『わが家の母はビョーキです』(中村ユキ)読了後の印象と感想のテキストマイニング
いとう たけひこ, 小平 朋江
日本看護学教育学会誌   Jul 2010   
Effects of an educational TV program on reduction of prejudice towards schizophrenia.
Ito, T., & Kodaira, T.
The 27th International Congress of Applied Psychology.   Jul 2010   
Narrative educational materials: Applications of narratives of people with mental disorders for nursing education.
KODAIRA Tomoe, ITO Takehiko
2nd Japan China Korea Nursing Conference   2010   
精神看護の教育と実践において精神障害の闘病記を活用する意義
小平 朋江, 伊藤 武彦
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2009   
タイダルモデルと浦河べてるの家の思想的・実践的近似性
伊藤 武彦, 小平 朋江
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2009   
Video-based preventive education for reduction of the prejudice towards schizophrenia.
KODAIRA Tomoe, ITO Takehiko
The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, Kobe: Program & Abstracts, 163.   Sep 2009   
Autobiographical illness narrative documents of people with mental disorders in Japan: Their clinical significance from the viewpoint of nursing.
KODAIRA Tomoe, ITO Takehiko
Centennial Celebration of Chinese Nursing Association: Thesis Compilation, Aug 19, 2009. 265-266.   19 Aug 2009   
Effects of preventive education for reduction of prejudice towards schizophrenia on nursing students.
KODAIRA Tomoe, ITO Takehiko
Centennial Celebration of Chinese Nursing Association: Thesis Compilation, Aug 19, 2009. 192-193.   2009   
Can we reduce the prejudice among the people towards schizophrenia by a short-time video education?
Kodaira, T., Ito, T., Matsugami, S., & Inoue, T.
13th Pacific Rim College of Psychiatrists Scientic Meeting Program & Abstracts, 296.   Nov 2008   
Schizophrenia prejudice prevention education by video watching
to, T., Kodaira, T., Matsugami, S., & Inoue, T.
2nd International Conference on Community Psychology (ICCP) June 4-6, 2008 Lisbon   5 Jun 2008   
Video education for reduction of prejudice towards schizophrenia
Ito, T., and Kodaira, T.
The 2008 International Counseling Psychology Conference. March 6-9, 2008 Chicago, Illinois   6 Mar 2008   
統合失調症の人についてのビデオ視聴による偏見低減の効果 AMD尺度とSDSJ社会的距離尺度による患者談話条件と医師説明条件との比較
小平 朋江, 伊藤 武彦, 松上 伸丈, 井上 孝代
日本応用心理学会大会発表論文集   Aug 2007   
Video learning for reduction of prejudice towards schizophrenia.
Kodaira, T., Ito, T., and Matsugami, N.
Japanese Society of Transcultural Psychiatry (JSTP) , World Psychiatric Association, Transcultural Psychiatry Section (WPATPS), World Association of cultural Psychiatry (WACP) , Joint Meeting in Kamakura, 27-29 April, 2007 Kanagawa, Japan   27 Apr 2007   
小平 朋江
日本看護科学会誌   Dec 1989   
Positive changes due to disease experience noted in personal journals written by breasts cancer patients.
Shiromaru, M., Mizutani, S., Sato, M., Kadobayashi, M., Honma, M., Kodaira, T., Nakada, M., & Ito, T.
The 17th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS 2014), Manila, Philippines.   
Prevention education by video watching for reduction of prejudice towards schizophrenia.
KODAIRA Tomoe
12th International and 43rd National Conference of Indian Academy of Applied Psychology (IAAP) Feb.7-9, 2008 Kolkata, India