大場 浩正

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/03 16:26
 
アバター
研究者氏名
大場 浩正
 
オオバ ヒロマサ
所属
上越教育大学
部署
大学院学校教育研究科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2001年10月
 - 
現在
上越教育大学
 
1994年4月
 - 
2001年9月
北海道医療大学
 
1988年4月
 - 
1994年3月
北海道立釧路湖陵高等学校
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
中部地区英語教育学会  紀要編集委員長
 
2016年
 - 
現在
全国英語教育学会  研究紀要編集委員
 
2015年
 - 
現在
富山県教育カウンセラー協会  顧問
 
2014年
 - 
2015年
中部地区英語教育学会  紀要編集委員
 
2013年
 - 
現在
全国アクションリサーチ学会  運営委員
 

論文

 
Using a facilitation technique to foster learner autonomy for active communication in English: Based on Whiteboard Meeting®
OHBA Hiromasa
Proceedings of CLaSIC 2018 Motivation, Identity and Autonomy in Foreign Language Education   198-203   2018年12月
小学生の書く力を高め、書くことに自信をもつための指導 -日常的な作文指導と短時間完結型作文指導を通して-
大場浩正,甫仮南欧美
上越教育大学研究紀要   38(1) 95-102   2018年9月
日本人EFL大学生の動機付け向上を目指したブレンド型授業におけるe-ラーニングの効果ー自己決定理論に基づいてー
山本淳子,大場浩正
日本教科教育学会誌   41(2) 27-40   2018年9月   [査読有り]
教室内英語多読が日本人高校生の作文力に与える効果
渡邉正寿,大場浩正
日本教科教育学会誌   41(1) 73-84   2018年6月   [査読有り]
Motivational characteristics of lower-level Japanese university EFL learners
YAMAMOTO Junko, OHBA Hiromasa
International Journal of Curriculum Development and Practice   19(1) 37-50   2018年2月   [査読有り]
英語科における「21世紀を生き抜くための能力」の「実践力」の捉え方
長谷川佑介,大場浩正,野地美幸,ブラウン, アイヴァン
「実践力」を育てるー上越教育大学からの提言2-   225-250   2017年12月   [招待有り]
英語科における「21世紀を生き抜くための能力」の「思考力」の捉え方
長谷川佑介,大場浩正,ブラウン, アイヴァン,野地美幸
「思考力」を育てるー上越教育大学からの提言1-   255-281   2017年6月   [招待有り]
英語リーディング授業における信頼に基づく協同学習が協同的活動への認識に与える効果
大場浩正
上越教育大学研究紀要   36(2) 467-475   2017年3月
大学での信頼関係に基づく協同学習
大場浩正
英語教育   65(11) 24-25   2017年1月   [招待有り]
日本人高校生を対象にした英語教室内多読の実践
渡邉政寿,大場浩正
中部地区英語教育学会紀要   45 235-242   2016年2月   [査読有り]
Change in Japanese EFL learners’ proficiency: An application of latent rank theory
杉野直樹,荘島宏一郎,大場浩正,山川健一,清水裕子,中野美知子
Analysis and Modeling of Complex Data in Behavioral and Social Sciences   263-271   2014年7月   [査読有り]
日本人英語学習者による関係節習得再考―「潜在ランク理論」を援用して―
大場浩正
上越教育大学研究紀要   33 147-156   2014年2月
英語スピーキング指導における協同学習の効果について―英語学習意欲と協同的活動への認識に関して
大場浩正
英語授業研究学会紀要   22 17-31   2013年11月   [査読有り]
大場浩正
上越教育大学研究紀要   32 239-248   2013年
The effects of cooperative learning on process writing in the English classroom
大場浩正,菊池由利江
Proceedings of the Fifth CLS International Conference (CLaSIC 2012)      2012年
Characterising individual learners on an empirically-developed can-do system: An application of Latent Rank Theory
杉野直樹,山川健一,大場浩正,荘島宏一郎,清水裕子,中野美知子
Perspectives on Individual Characteristics and Foreign Language Education   131-150   2012年   [査読有り]
What can Latent Rank Theory contribute to SLA research?
大場浩正,山川健一,清水裕子,杉野直樹,中野美知子
Proceedings of the JACET 51st International Convention   156-163   2012年
A reanalysis: a developmental study of intransitive verbs, transitive verbs, ditransitive verbs and logical subjects in Xcomps among Japanese learners of English based on Item Response Theory (IRT) and Latent Rank Theory (LRT)
中野美知子,杉野直樹,荘島宏一郎,山川健一,大場浩正,清水裕子
Proceedings of the 16th International Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics   337-344   2011年
The effect of cooperative learning on speaking of Japanese EFL learners
大場浩正
Proceedings of the Fourth CLS International Conference   659-666   2010年

Misc

 
教育×気軽な勉強会(ホワイトボード・ミーティング®)
大場 浩正
上越教育大学学校教育実践研究センター・セミナー(2018.4-2019.3)   

書籍等出版物

 
第2言語習得の理論と実践:タペストリー・アプローチ
大場 浩正 他 (担当:共訳)
松柏社   1997年   
Larsen-Freeman Diane, Long Michael H., 牧野 高吉, 萬谷 隆一, 大場 浩正 (担当:共訳)
鷹書房弓プレス   1995年   ISBN:4803404089
英語授業実例事典
青木昭六(編),大場浩正 (担当:分担執筆)
1994年   

講演・口頭発表等

 
Using a Facilitation Technique to Foster Learner Autonomy for Communication in English: Based on Whiteboard Meeting®
大場 浩正
CLaSIC 2018 (National University of Singapore)   2018年12月7日   
英語学習におけるファシリテーション技術の効果 -ホワイトボード・ミーティング®を活用して-
大場 浩正
日本教育実践学会第 21 回研究大会(岡山理科大学)   2018年12月2日   
Using Facilitation to Foster Communication in the English Classroom - Based on Whiteboard Meeting® - [招待有り]
大場 浩正
平成30年度高等学校英語教員指導力向上研修セミナー(新潟県立新潟中央高等学校)   2018年11月29日   
ファシリテーションに基づく主体的・対話的な授業づくり -ホワイトボード・ミーティング®を活用して-
大場 浩正
第16回日本教育カウンセリング学会研究発表大会(愛知大会)ワークショップ   2018年11月25日   
Using Facilitation to Foster Communication in the English Classroom - Based on Whiteboard Meeting® - [招待有り]
大場 浩正
平成30年度高等学校英語教員指導力向上研修セミナー(新潟県立十日町高等学校)   2018年11月22日   
総合的な学習の時間におけるファシリテーション技術の活用:ホワイトボード・ミーティング®を用いて
サルバション 有紀、大場 浩正
日本協同教育学会 第15回大会 ワークショップ   2018年11月17日   
協同的な活動を促進するファシリテーション技術:ホワイトボード・ミーティング®入門
大場 浩正、サルバション 有紀
日本協同教育学会 第15回大会 ワークショップ   2018年11月17日   
ホワイトボード・ミーティング®を活用した学級指導について [招待有り]
大場 浩正
平成30年度 上越市学校教育研究会 特別活動部会研修セミナー   2018年11月13日   
実践の効果をまとめよう [招待有り]
大場 浩正
ファシリテーションセミナー   2018年9月24日   
実践事例から学ぶ ICE ルーブリック-「中等英語科指導法(学習論)」の事例- [招待有り]
大場 浩正
ICEルーブリック研究会(主体的学び研究所)   2018年9月15日   
ホワイトボードミーティング®について-話し合いや対話の充実に向けた指導力向上- [招待有り]
大場 浩正
上越市立戸野目小学校 研修セミナー   2018年9月3日   
ホワイトボード・ミーティング®について-話合いや対話の充実に向けた指導力向上- [招待有り]
大場 浩正
上越市立八千浦小学校・中学校 研修セミナー   2018年8月21日   
ファシリテーションに基づく協同的な授業づくり―ホワイトボード・ミーティング®を活用して― [招待有り]
大場 浩正
柏崎市立新道小学校 校内研修セミナー   2018年8月2日   
ファシリテーション技術に基づくアクティブラーニング型の英語指導:ホワイトボード・ミーティング®を活用して [招待有り]
大場 浩正
2018年度第11回 JACET 関東支部大会 ワークショップ   2018年7月8日   
授業におけるホワイトボード・ミーティング®︎の進め方 [招待有り]
大場 浩正
ホワイトボード・ミーティング®上越セミナー   2018年7月1日   
協同的な英語学習におけるファシリテーション技術の活用-ホワイトボード・ミーティング®に基づいて-
大場 浩正
中部地区英語教育第48回静岡研究大会   2018年6月23日   
ファシリテーションに基づく協同的な授業づくり-ホワイトボード・ミーティング®を活用して- [招待有り]
大場 浩正
柏崎市立鏡が沖中学校区 研修セミナー   2018年6月15日   
ファシリテーションに基づく協同的な授業づくり-ホワイトボード・ミーティング®を活用して- [招待有り]
大場 浩正
柏崎市立南中学校 校内研修セミナー   2018年6月11日   
ホワイトボード・ミーティング®入門 [招待有り]
大場 浩正
柏崎市立西山中学校 校内研修セミナー   2018年5月29日   
ファシリテーション技術を取り入れた英語科指導法の実践― ホワイトボード・ミーティング®を活用して ― [招待有り]
大場 浩正
一般社団法人全国私立大教職課程協会第38回研究大会   2018年5月20日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 大場浩正
潜在ランク理論の応用によるコンピューター適応型英語熟達度診断テストの開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 杉野直樹
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 大場浩正
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 杉野直樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 山川健一