根岸 利一郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/12 14:00
 
アバター
研究者氏名
根岸 利一郎
 
ネギシ リイチロウ
URL
http://www.sit.ac.jp/user/negishi/
所属
埼玉工業大学
部署
先端科学研究所
職名
客員教授
学位
博士(工学)(東京大学)

プロフィール

○共鳴散乱を伴うX線動力学回折とその応用
 1991年~現在,共鳴散乱を伴うX線動力学回折を利用したトポグラフ像,位相問題を中心に研究している。
○黄金比を応用したかたちの科学の分野での研究
 1994年~現在,黄金比の応用を中心に次のような研究をしている。
 ・擬似一様充填の画像処理技術への応用
 ・優良格子点法の拡張
 ・表示位置分散と視認性の改善

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
埼玉工業大学・先端科学研究所 客員教授
 
2008年4月
 - 
2012年3月
埼玉工業大学・先端科学研究所 教授
 

学歴

 
 
 - 
1998年2月
東京大学(物工),論文にて博士(工学)の学位  
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
現在
形の科学会  運営委員
 

受賞

 
2017年6月
形の科学会 学会功労省
 

論文

 
Determining Parastichy Numbers Using Discrete Fourier Transforms
根岸 利一郎
32(1) 19-27   2017年1月   [査読有り]

Misc

 
測定ロキングカーブを利用する結晶構造因子の位相決定
根岸 利一郎 ほか
208 2567-2570   2011年   [査読有り]
ラウエの場合の同位相と逆位相の干渉縞
根岸 利一郎 ほか
206 1865-1869   2009年   [査読有り]
X線共鳴散乱のロッキングカーブにおける同位相と逆位相の干渉縞
根岸 利一郎 ほか
日本物理学会,英文論文誌   77 023709-1--3   2008年   [査読有り]
フィボナッチらせんを利用する画素充填
根岸 利一郎 ほか
形の科学会,英文論文誌   22 207-215   2007年   [査読有り]
X線共鳴散乱トポグラフによるによる干渉縞の観測
根岸 利一郎 ほか
204 2694-2699   2007年   [査読有り]
ラウエの場合の共鳴散乱を伴う格子欠陥像の変化
根岸 利一郎 ほか
11 266-271   2004年   [査読有り]
共鳴散乱を伴うX線トポグラフの格子欠陥のイメージ
根岸 利一郎 ほか
40 L884-L887   2001年   [査読有り]
根岸 利一郎 ほか
日本結晶学会誌   42(6) 497-503   2000年   [査読有り]
原子散乱因子の虚数部によるX線定在波
根岸 利一郎 ほか
55 267-273   1999年   [査読有り]
共鳴散乱を伴うX線動力学回折理論とその応用
根岸 利一郎
学位論文      1998年   [査読有り]
ブラッグの場合におけるX線分極率変化の観測
根岸 利一郎 ほか
31 351-355   1998年   [査読有り]
蛍光X線放出における強いボルマン吸収の効果
根岸 利一郎 ほか
応用物理学会・英文論文誌   37 4014-4015   1998年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ひまわりの黄金比
根岸 利一郎
日本評論社   2016年4月   ISBN:978-4-535-78804-6
 美とは関係のないという黄金比についての意味と応用をいくつかの例を使って解説した。形の科学の入門書にもなっている。
ソフトウエア基礎概論
根岸 利一郎 (担当:共著)
1993年   
ファイル設計基礎概論
根岸 利一郎 (担当:共著)
1992年   

講演・口頭発表等

 
共鳴散乱を利用するトポグラフとSEM像の観測
根岸 利一郎
国際結晶学会議2011   2011年8月   
測定ロッキンッグカーブを利用する結晶構造因子の位相決定
根岸 利一郎
X線回折とトポグラフの国際会議2010   2010年9月   
ロッキングカーブによる結晶構造因子の位相観測
根岸 利一郎
ヨーロッパにおける結晶学の25回国際会議   2009年8月   
ラウエの場合の同位相と逆位相の干渉縞
根岸 利一郎
X線回折とトポグラフイの国際会議2008   2008年9月   
共鳴散乱を利用するX線回折トポグラフ
根岸 利一郎
国際結晶学会議XX   2005年8月   
共鳴散乱トポグラフによる格子欠陥の干渉縞の観測
根岸 利一郎
X線回折とトポグラフの国際会議2006   2006年9月   
共鳴散乱を伴うX線回折トポグラフとその応用 [招待有り]
根岸 利一郎
中国晶体学会第三次全国会员代表大会   2004年9月   
ブラッグの場合のロッキングカーブによるX線分極率変化の観測
根岸 利一郎
国際結晶学会議ⅩⅦ   1996年8月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
フィボナッチ・スパイラル画素配置の情報技術への応用
研究期間: 2005年 - 2013年
ひまわりの種やパイナップル鱗片の並びを真似たフィボナッチ・スパイラルの画素配置を画素として使い,モアレの防止や視認性の改善などの画像処理技術に応用する。
位相制御されたⅩ線回折イメージンング
研究期間: 1998年 - 2013年
回折に関わる入射Ⅹ線の位相を制御することによって,回折によって物質の特徴を反映して得られるイメージング技術の研究と応用

その他