久下 裕司

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/27 09:56
 
アバター
研究者氏名
久下 裕司
 
クゲ ユウジ
所属
北海道大学
部署
アイソトープ総合センター
職名
教授
学位
博士(京都大学)
科研費研究者番号
70321958

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
 - 
現在
北海道大学アイソトープ総合センター 教授
 
2007年
 - 
2009年
北海道大学大学医学研究科 教授
 
2002年
 - 
2007年
京都大学大学院薬学研究科 助教授
 
1999年4月
 - 
2002年
北海道大学大学院医学研究科 教員(客員助教授)
 

学歴

 
 
 - 
1987年
京都大学 薬学系研究科 放射性薬品化学
 
 
 - 
1985年
京都大学 薬学部 製薬化学科放射性薬品化学専攻
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本核医学会  理事
 
2015年
 - 
現在
The Society of Radiopharmaceutical Sciences (SRS)  理事
 
2013年
 - 
現在
日本脳循環代謝学会   幹事
 
2013年
 - 
現在
日本分子イメージング学会  理事
 
2011年
 - 
現在
大学等放射線施設協議会  理事
 
2010年
 - 
現在
日本放射線安全管理学会  理事
 

受賞

 
2002年
第40回 日本核医学会賞
 

論文

 
Relationship between intelligence quotient (IQ) and cerebral metabolic rate of oxygen in patients with neurobehavioural disability after traumatic brain injury.
Abiko K, Shiga T, Katoh C, Hirata K, Kuge Y, Kobayashi K, Ikeda S, Ikoma K
Brain Inj   inpress    2018年   [査読有り]
A novel PET probe “[18F]DiFA” accumulates in hypoxic region via glutathione conjugation following reductive metabolism.
Shimizu Y, Zhao S, Yasui H, Nishijima K, Matsumoto H, Shiga T, Tamaki N, Ogawa M, Kuge Y
Mol Imaging Biol   inpress    2018年   [査読有り]
Anti PD-1 treatment increases [18F]FDG uptake by cancer cells in a mouse B16F10 melanoma model.
Tomita M, Yasui H, Higashikawa K, Nakajima K, Takakura H, Shiga T, Kuge Y, Ogawa M
EJNMMI Res   8(1) 82   2018年   [査読有り]
[18F]DPA-714 PET imaging shows immunomodulatory effect of intravenous administration of bone marrow stromal cells after transient focal ischemia.
Tan C, Zhao S, Higashikawa K, Wang Z, Kawabori M, Abumiya T, Nakayama N, Kazumata K, Ukon N, Yasui H, Tamaki N, Kuge Y, Shichinohe H, Houkin K
EJNMMI Res   8(1) 35   2018年   [査読有り]
Komatsu Y, Nishijima K, Oomagari S, Kanai Y, Naka S, Higashikawa K, Ebita Y, Shiga T, Hatazawa J, Tamaki N, Kuge Y
RADIOISOTOPES   67 75-83   2018年   [査読有り]
Yamasaki K, Yamashita A, Zhao Y, Shimizu Y, Nishii R, Kawai K, Tamaki N, Zhao S, Asada Y, Kuge Y
Nucl Med Biol   56 21-25   2018年   [査読有り]
Masaki Y, Shimizu Y, Yoshioka T, Nishijima K, Zhao S, Higashino K, Numata Y, Tamaki N, Kuge Y
Ann Nucl Med   31 596-604   2017年   [査読有り]
Local relapse of nasopharyngeal cancer and Voxel-based analysis of FMISO uptake using PET with semiconductor detectors
Nishikawa Y, Yasuda K, Okamoto S, Ito YM, Onimaru R, Shiga T, Tsuchiya K, Watanabe S, Takeuchi W, Kuge Y, Peng H, Tamaki N, Shirato H
Radiation Oncology   12 148   2017年   [査読有り]
Oshima N, Akizawa H, Kitaura H, Kawashima H, Zhao S, Zhao Y, Nishijima KI, Kitamura Y, Arano Y, Kuge Y, Ohkura K
Nucl Med Biol   54 18-26   2017年   [査読有り]
Immunoglobulin G (IgG)-Based Imaging Probe Accumulates in M1 Macrophage-Infiltrated Atherosclerotic Plaques Independent of IgG Target Molecule Expression
Shimizu Y, Hanzawa H, Zhao Y, Fukura S, Nishijima KI, Sakamoto T, Zhao S, Tamaki N, Ogawa M, Kuge Y
Mol Imaging Biol   19(4) 531-539   2017年   [査読有り]
Sato J, Kitagawa Y, Watanabe S, Asaka T, Ohga N, Hirata K, Okamoto S, Shiga T, Shindoh M, Kuge Y, Tamaki N
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol   124(3) 261-270   2017年   [査読有り]
Changes in tumor oxygen state after sorafenib therapy evaluated by 18F-fluoromisonidazole hypoxia imaging of renal cell carcinoma xenograft
Yu W, Zhao S, Zhao Y, Fatema CN, Murakami M, Nishijima KI, Kitagawa Y, Tamaki N, Kuge Y
Oncology Lett   14 2341-2346   2017年   [査読有り]
Altered glucose metabolism and hypoxic response in alloxan-induced diabetic atherosclerosis in rabbits
Matsuura Y, Yamashita A, Zhao Y, Iwakiri T, Yamasaki K, Sugita C, Koshimoto C, Kitamura K, Kawai K, Tamaki N, Zhao S, Kuge Y, Asada Y
PLoS One   12(4) e0175976   2017年   [査読有り]
Hypoxic glucose metabolism in glioblastoma as a potential prognostic factor
Toyonaga T, Yamaguchi S, Hirata K, Kobayashi K, Manabe O, Watanabe S, Terasaka S, Kobayashi H, Hattori N, Shiga T, Kuge Y, Tanaka S, Ito YM, Tamaki N
Eur J Nucl Med Mol Imaging   44(4) 611-619   2017年   [査読有り]
I-123 iomazenil single photon emission computed tomography for detecting loss of neuronal integrity in patients with traumatic brain injury
Abiko K, Ikoma K, Shiga T, Katoh C, Hirata K, Kuge Y, Kobayashi K, Tamaki N
EJNMMI Res   7(1) 28   2017年   [査読有り]
Oshima N, Akizawa H, Kawashima H, Zhao S, Zhao Y, Nishijima KI, Kitamura Y, Arano Y, Kuge Y, Ohkura K
Nucl Med Biol   48 16-25   2017年   [査読有り]
阿保憲史, 野矢洋一, 東川桂, 安井博宣, 久下裕司
日本放射線安全管理学会誌   16(2) 85-90   2017年   [査読有り]
Sugimoto M, Wakabayashi M, Shimizu Y, Yoshioka T, Higashino K, Numata Y, Okuda T, Zhao S, Sakai S, Igarashi Y, Kuge
PLoS One   11(3) e0152191   2016年   [査読有り]
Sugimoto M, Shimizu Y, Zhao S, Ukon N, Nishijima K, Wakabayashi M, Yoshioka T, Higashino K, Numata Y, Okuda T, Tamaki N, Hanamatsu H, Igarashi Y, Kuge Y
Biochim Biophys Acta   1861(8 Pt A) 688-702   2016年   [査読有り]
Toyonaga T, Hirata K, Yamaguchi S, Hatanaka KC, Yuzawa S, Manabe O, Kobayashi K, Watanabe S, Shiga T, Terasaka S, Kobayashi H, Kuge Y, Tamaki N
Eur J Nucl Med Mol Imaging   43(8) 1469-1476   2016年   [査読有り]
Kimura H, Tomatsu K, Saiki H, Arimitsu K, Ono M, Kawashima H, Iwata R, Nakanishi H, Ozeki E, Kuge Y, Saji H
PLoS One   11(7) e0159303   2016年   [査読有り]
Kobashi N, Matsumoto H, Zhao S, Meike S, Okumura Y, Abe T, Akizawa H, Ohkura K, Ken-Ichi N, Tamaki N, Kuge Y
J Nucl Med   57(8) 1276-1281   2016年   [査読有り]
Masaki Y, Shimizu Y, Yoshioka T, Feng F, Zhao S, Higashino K, Numata Y, Kuge Y
PLoS One   11(8) e0161639   2016年   [査読有り]
Ukon N, Kubo N, Ishikawa M, Zhao S, Tamaki N, Kuge Y
Results in Physics   6 659-663   2016年   [査読有り]
Okamoto S, Shiga T, Yasuda K, Watanabe S, Hirata K, Nishijima K, Magota K, Kasai K, Onimaru R, Tuchiya K, Kuge Y, Shirato H, Tamaki N
Eur J Nucl Med Mol Imaging   43(12) 2147-2154   2016年   [査読有り]
Ukon N, Zhao S, Yu W, Shimizu Y, Nishijima KI, Kubo N, Kitagawa Y, Tamaki N, Higashikawa K, Yasui H, Kuge Y
EJNMMI Res   6(1) 90   2016年   [査読有り]
Zhao Y, Fukao K, Zhao S, Watanabe A, Hamada T, Yamasaki K, Shimizu Y, Kubo N, Ukon N, Nakano T, Tamaki N, Kuge Y
Mol Imaging   14(0) 1-8   2015年   [査読有り]
Yamasaki K, Zhao S, Nishimura M, Zhao Y, Yu W, Shimizu Y, Nishijima K, Tamaki N, Takeda H, Kuge Y
Mol Imaging   14(0) 1-11   2015年   [査読有り]
Yamaguchi A, Hanaoka H, Fujisawa Y, Zhao S, Suzue K, Morita A, Tominaga H, Higuchi T, Hisaeda H, Tsushima Y, Kuge Y, Iida Y
EJNMMI Res   5 29   2015年   [査読有り]
Kawashima H, Kimura H, Nakaya Y, Tomatsu K, Arimitsu K, Nakanishi H, Ozeki E, Kuge Y, Saji H
Chem Pharm Bull (Tokyo)   63(9) 737-740   2015年   [査読有り]
Sugimoto M, Shimizu Y, Yoshioka T, Wakabayashi M, Tanaka Y, Higashino H, Numata Y, Sakai S, Kihara A, Igarashi Y, Kuge Y
Biochim Biophys Acta   1851(12) 1554-1565   2015年   [査読有り]
Masaki Y, Shimizu Y, Yoshioka T, Tanaka Y, Nishijima K, Zhao S, Higashino K, Sakamoto S, Numata Y, Yamaguchi Y, Tamaki N, Kuge Y
Sci Rep   5 16802   2015年   [査読有り]
Combined plasma and tissue proteomic study of atherogenic model mouse: approach to eucidate mlecular dterminants in aherosclerosis dvelopment
Hanzawa H, Sakamoto T, Kaneko A, Manri N, Zhao Y, Zhao S, Tamaki N, Kuge Y
J Proteome Res   14(10) 4257-4269   2015年   [査読有り]
Zhao S, Li H, Nishijima K, Zhao Y, Akizawa H, Shimizu Y, Ohkura K, Tamaki N, Kuge Y
Ann Nucl Med   29(7) 582-587   2015年   [査読有り]
Kobayashi K, Hirata K, Yamaguchi S, Manabe O, Terasaka S, Kobayashi H, Shiga T, Hattori N, Tanaka S, Kuge Y, Tamaki N
Eur J Nucl Med Mol Imaging   42(7) 1071-1080   2015年   [査読有り]
Manabe O, Hattori N, Yamaguchi S, Hirata K, Kobayashi K, Terasaka S, Kobayashi H, Motegi H, Shiga T, Magota K, Oyama-Manabe N, Nishijima K, Kuge Y, Tamaki N
Eur J Nucl Med Mol Imaging   42(6) 896-904   2015年   [査読有り]
Yimin, Kohanawa M, Zhao S, Li M, Kuge Y, Tamaki N, Watanabe M
J Interferon Cytokine Res   35(3) 222-231   2015年   [査読有り]
Shimizu Y, Temma T, Hara I, Makino A, Yamahara R, Ozeki EI, Ono M, Saji H
Nanotechnology, Biology and Medicine   10 187-195   2014年   [査読有り]
Onoe S, Temma T, Shimizu Y, Ono M, Saji H
Cancer Medicine   3 775-786   2014年   [査読有り]
Shimizu Y, Temma T, Hara I, Makino A, Kondo N, Ozeki EI, Ono M, Saji H
Cancer Science   105 1056-1062   2014年   [査読有り]
Kubo N, Tsuchiya K, Shiga T, Kojima S, Suzuki A, Ueno Y, Kobayashi K, Tamaki N
IEEE Trans Nucl Sci   61(5) 2489-2493   2014年   [査読有り]
Fatema CN, Zhao S, Yu W, Nishijima K, Yasuda K, Kitagawa Y, Tamaki N, Kuge Y
BMC Cancer   14(1) 692   2014年   [査読有り]
Kubo N, Hirata K, Matsuzaki K, Morimoto Y, Takeuchi W, Hattori N, Shiga T, Kuge Y, Tamaki N
Nuclear Medicine Communications   35(6) 677-682   2014年   [査読有り]
Oshima N, Akizawa H, Zhao S, Zhao Y, Nishijima KI, Kitamura Y, Arano Y, Kuge Y, Ohkura K
Bioorg Med Chem.   22(4) 1377-82   2014年   [査読有り]
Higashi T, Mai Y, Noya Y, Horinouchi T, Terada K, Hoshi A, Nepal P, Harada T, Horiguchi M, Hatate C, Kuge Y, Miwa S
PLOS One   9(9) e107856   2014年   [査読有り]
Zhao Y, Watanabe A, Zhao S, Kobayashi T, Fukao K, Tanaka Y, Nakano T, Yoshida T, Takemoto H, Tamaki N, Kuge Y
PLOS One   9(2) e89338   2014年   [査読有り]
Yamashita A, Zhao Y, Matsuura Y, Yamasaki K, Moriguchi-Goto S, Sugita C, Iwakiri T, Okuyama N, Koshimoto C, Kawai K, Tamaki N, Zhao S, Kuge Y, Asada Y
PLoS One   9(1) e86426   2014年   [査読有り]
Yasuda K, Onimaru R, Okamoto S, Shiga T, Katoh N, Tsuchiya K, Suzuki R, Takeuchi W, Kuge Y, Tamaki N, Shirato H
Int J Radiat Oncol Biol Phys.   85(1) 142-7   2013年   [査読有り]
Oashi K, Furukawa H, Nishihara H, Ozaki M, Oyama A, Funayama E, Hayashi T, Kuge Y, Yamamoto Y
J Invest Dermatol.   133(2) 537-44   2013年   [査読有り]
Miyamoto M, Kuroda S, Zhao S, Magota K, Maruichi K, Ito M, Kawabori M, Shichinohe H, Houkin K, Kuge Y, Tamaki N
J Nucl Med   54(1) 145-50   2013年   [査読有り]
Hatano T, Zhao S, Zhao Y, Nishijima K, Kuno N, Hanzawa H, Sakamoto T, Tamaki N Kuge Y
Int J Oncol.   42(3) 823-30   2013年   [査読有り]
Okamoto S, Shiga T, Yasuda K, Ito YM, Magota K, Kasai K, Kuge Y, Shirato H, Tamaki N
J Nucl Med.   54(2) 201-7   2013年   [査読有り]
Kawabori M, Kuroda S, Ito M, Shichinohe H, Houkin K, Kuge Y, Tamaki N
Neuropathology.   33(2) 140-8   2013年   [査読有り]
Attenuation of apotosis by telmisartan in atherosclerotic plaques of apoE-/- mice: evaluation using 99mTc-annexin A5.
Zhao Y, Zhao S, Kuge Y, Strauss WH, Blankenberg FG, Tamaki N
Mol Imaging.   12(5) 300-9   2013年   [査読有り]
Fatema CN, Zhao S, Zhao Y, Murakami M, Yu W, Nishijima K, Tamaki N, Kitagawa Y, Kuge Y
Ann Nucl Med.   27(4) 355-62   2013年   [査読有り]
Sato J, Kitagawa Y, Yamazaki Y, Hata H, Okamoto S, Shiga T, Shindoh M, Kuge Y, Tamaki N
J Nucl Med.   54(7) 1060-5   2013年   [査読有り]
Nagane M, Yasui H, Yamamori T, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N, Kameya H, Nakamura H, Fujii H, Inanami O
Biochem Biophys Res Commun.   437(3) 420-425   2013年   [査読有り]
Saito H, Magota K, Zhao S, Kubo N, Kuge Y, Shichinohe H, Houkin K, Tamaki N, Kuroda S
Stroke.   44(10) 2869-74   2013年   [査読有り]
Murakami M, Zhao S, Zhao Y, Fatema CN, Yu W, Nishijima K, Takiguchi M, Tamaki N, Kuge Y
Oncology Letters.   6(3) 667-672   2013年   [査読有り]
Noya Y, Seki K, Asano H, Mai Y, Horinouchi T, Higashi T, Terada K, Hatate C, Hoshi A, Nepal P, Horiguchi M, Kuge Y, Miwa S
Toxicology   314(1) 1-10   2013年   [査読有り]
Yi M, Kohanawa M, Zhao S, Ozaki M, Haga S, Nan G, Kuge Y, Tamaki N
Plos One   8(9) e74287   2013年   [査読有り]
Zhao S, Kuge Y, Zhao Y, Takeuchi S, Hirata K, Takei T, Shiga T, Akita H, Tamaki N
BMC Cancer   13(1) 525   2013年   [査読有り]
Yamashita A, Zhao Y, Zhao S, Matsuura Y, Sugita H, Iwakiri T, Koshimoto C, Kawai K, Tamaki N, Kuge Y, Asada Y
Circ J.   77(10) 2626-35   2013年   [査読有り]
Watanabe A, Nishijima K, Zhao S, Tanaka Y, Itoh T, Takemoto H, Tamaki N, Kuge Y
Ann Nucl Med.   26(2) 184-91   2012年   [査読有り]
Yi M, Furumaki H, Matsuoka S, Sakurai T, Kohanawa M, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N, Chiba H
Lab Invest.   92(2) 265-81   2012年   [査読有り]
Osanai T, Kuroda S, Sugiyama T, Kawabori M, Ito M, Shichinohe H, Kuge Y, Houkin K, Tamaki N, Iwasaki Y
Neurosurgery.   70(2) 435-44   2012年   [査読有り]
Yabe I, Tsuji-Akimoto S, Shiga T, Hamada S, Hirata K, Otsuki M, Kuge Y, Tamaki N, Sasaki H
J Neurol Sci.   315(12) 55-9   2012年   [査読有り]
Kawabori M, Kuroda S, Sugiyama T, Ito M, Shichinohe H, Houkin K, Kuge Y, Tamaki N
Neuropathology.   32(3) 217-26   2012年   [査読有り]
Hirata K, Terasaka S, Shiga T, Hattori N, Magota K, Kobayashi H, Yamaguchi S, Houkin K, Tanaka S, Kuge Y, Tamaki N
Eur J Nucl Med Mol Imaging.   39(5) 760-70   2012年   [査読有り]
Ohte N, Narita H, Iida A, Fukuta H, Iizuka N, Hayano J, Kuge Y, Tamaki N, Kimura G
Eur J Nucl Med Mol Imaging.   39 1246-1253   2012年   [査読有り]
Kanegawa N, Kiyono Y, Sugitaa T, Kuge Y, Fujibayasi Y, Saji H
Mol Imaging.   11(4) 280-5   2012年   [査読有り]
Murakami M, Zhao S, Zhao Y, Chowdhury NF, Yu W, Nishijima K, Takiguchi M, Tamaki N, Kuge Y
Int J Oncol.   41(5) 1593-600   2012年   [査読有り]
Watanabe A, Nishijima KI, Zhao S, Zhao Y, Tanaka Y, Takemoto H, Strauss HW, Blankenberg FG, Tamaki N, Kuge Y
J Nucl Med.   53(10) 1585-91   2012年   [査読有り]
Hirata K, Shiga T, Fujima N, Manabe O, Usui R, Kuge Y, Tamaki N
Acta Radiologica.   53(10) 1155-7   2012年   [査読有り]
Yi M, Tao H, Kohanawa M, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N
Biol Pharm Bull.   34(12) 2214-2223   2012年   [査読有り]
Li H, Zhao S, Jin Y, Nishijima K, Akizawa H, Ohkura K, Tamaki N, Kuge Y
Nucl Med Comn.   32(12) 1211-1215   2011年   [査読有り]
Sano K, Temma T, Azuma T, Nakai R, Narazaki M, Kuge Y, Saji H
Mol Imaging Biol.   13(6) 1196-1203   2011年   [査読有り]
Kudo T, Ueda M, Konishi H, Kawashima H, Kuge Y, Mukai T, Miyano A, Tanaka S, Kizaka-Kondoh S, Hiraoka M, Saji H
Mol Imaging Biol.   13(5) 1003-1010   2011年   [査読有り]
Zhao S, Kuge Y, Yi M, Zhao Y, Hatano T, Magota K, Nishijima K, Kohanawa M, Tamaki N
Eur J Nucl Med Mol Imaging.   38(10) 1876-1886   2011年   [査読有り]
Zhao Y, Zhao S, Kuge Y, Strauss WH, Blankenberg FG, Tamaki N
Mol Imaging Biol.   13(4) 712-720   2011年   [査読有り]
Sugiyama T, Kuroda S, Osanai T, Shichinohe H, Kuge Y, Ito M, Kawabori M, Iwasaki Y
Neurosurgery.   68(4) 1036-1047   2011年   [査読有り]
Takeuchi S, Zhao S, Kuge Y, Zhao Y, Nishijima KI, Hatano T, Shimizu Y, Kinoshita I, Tamaki N, Dosaka-Akita H
Oncol Rep.   26 725-730   2011年   [査読有り]
Hirata K, Kuge Y, Yokota C, Harada A, Kokame K, Inoue H, Kawashima H, Hanzawa H, Shono Y, Saji H, Minematsu K, Tamaki N
Neurosci Lett.   495(3) 210-215   2011年   [査読有り]
Okamoto S, Shiga T, Hattori N, Kubo N, Takei T, Katoh N, Sawamura Y, Nishijima K, Kuge Y, Tamaki N
Ann Nucl Med.   25(3) 213-20   2011年   [査読有り]
Magota K, Kubo N, Kuge Y, Nishijima K, Zhao S, Tamaki N
Eur J Nucl Med Mol Imaging.   38(4) 742-52   2011年   [査読有り]
Shono Y, Yokota C, Kuge Y, Kido S, Harada A, Kokame K, Inoue H, Hotta M, Hirata K, Saji H, Tamaki N, Minematsu K
Brain Res.   1376 60-65   2011年   [査読有り]
Hirata K, Hattori N, Katoh C, Shiga T, Kuroda S, Kubo N, Usui R, Kuge Y, Tamaki N
Nucl Med Commun.   32(1) 63-70   2011年   [査読有り]
Aita K, Temma T, Kuge Y, Seki KI, Saji H.
Luminescence.   25 19-24   2010年   [査読有り]
Aita K, Temma T, Shimizu Y, Kuge Y, Seki KI, Saji H.
J Fluoresc.   20(1) 225-34   2010年   [査読有り]
Ueda M, Iida Y, Tominaga A, Yoneyama T, Ogawa M, Magata Y, Nishimura H, Kuge Y, Saji H.
Br J Pharmacol.   159 1201-1210   2010年   [査読有り]
Seki K, Noya Y, Mikami Y, Taneda S, Suzuki AK, Kuge Y, Ohkura K.
Environ Sci Pollut Res.   17(3) 717-23   2010年   [査読有り]
Akizawa H, Zhao S, Takahashi M, Nishijima K, Kuge Y, Tamaki N, Seki K, Ohkura K..
Nucl Med Biol.   37(4) 427-432   2010年   [査読有り]
Ueda M, Kudo T, Kuge Y, Mukai T, Tanaka S, Konishi H, Miyano A, Ono M, Kizaka-Kondoh S, Hiraoka M, Saji H.
Eur J Nucl Med Mol Imaging.   37(8) 1566-1574   2010年   [査読有り]
Sano K, Temma T, Kuge Y, Kudo T, Kamihashi J, Zhao S, Saji H.
Biol Pharm Bull.   33(9) 1589-1595   2010年   [査読有り]
Kuge Y, Takai N, Ogawa Y, Temma T, Zhao Y, Nishigori K, Ishino S, Kamihashi J, Kiyono Y, Shiomi M, Saji H.
Eur J Nucl Med Mol Imaging.   37(11) 2093-2104   2010年   [査読有り]
Temma T, Ogawa Y, Kuge Y, Ishino S, Takai N, Nishigori K, Shiomi M, Ono M, Saji H.
J Nucl Med.   51(12) 1979-1986   2010年   [査読有り]
Herrmann K, Takei T, Kanegae K, Shiga T, Buck AK, Altomonte J, Schwaiger M, Schuster T, Nishijima K, Kuge Y, Tamaki N.
Mol Imaging Biol.   11(5) 356-363   2009年   [査読有り]
Naya M, Tsukamoto T, Morita K, Katoh C, Nishijima K, Komatsu H, Yamada S, Kuge Y, Tamaki N, Tsutsui H.
J Nucl Med   50(2) 220-225   2009年   [査読有り]

Misc

 
Shimizu Y, Kuge Y
Nuclear Medicine and Molecular Imaging   50(4) 284-291   2016年   [査読有り][依頼有り]
イメージングによる“がん”の治療効果予測−新規核医学診断薬([123I]IIMU)の臨床研究への歩み−
久下裕司、西嶋剣一、大倉一枝、志賀 哲、玉木長良
ISOTOPE NEWS   729 16-20   2015年   [依頼有り]
イメージング質量分析を用いたスフィンゴミエリンの組織内分布と制御機構の解明
杉本正志,志水陽一,五十嵐靖之,久下裕司
JSMI Report   9(1) 43-45   2014年   [依頼有り]
久下裕司
血栓止血誌   25(3) 363-370   2014年   [依頼有り]
新しいがんの放射線生物学を拓くイメージング技術
安井博宣、戒田篤志、兵藤文紀、三浦大典、久下裕司、松本孔貴
放射線生物研究 Radiation Biology Research Communications   49(3) 263-283   2014年   [依頼有り]
Molecular Imaging 2014 分子イメージングはどこまで進んだか ?分子イメージングの最新動向 1.核医学における分子イメージングの最新動向 5)製造標準化の現状と展望
脇厚生、久下裕司、西嶋剣一、藤林靖久
INNERVISION   29(7) 23-26   2014年   [依頼有り]
久下裕司
呼吸と循環   61(11) 1001-1007   2013年   [依頼有り]
特集 心血管イメージング最前線−エコー, CTからcoronary imagingまで−5.核医学検査 f. 分子イメージングの方向性
久下裕司、玉木長良
Heart View   17(12(増刊号)) 320-325   2013年   [依頼有り]
特集 「百聞は一見にしかず 生体イメージングがもたらす診断と治療の戦略」セミナー 循環器領域の分子イメージング
久下裕司、玉木長良
ファルマシア   49(7) 682-687   2013年   [依頼有り]
特集 不安定プラークの病態と診断 10.不安定プラークと分子イメージング
久下裕司、玉木長良
月刊循環器   3(1) 69-77   2013年   [依頼有り]
Molecular imaging in heart failure patients
Tamaki N, Kuge Y, Yoshinaga K
Clin Transl Imaging   1(5) 341-354   2013年   [依頼有り]
特集1 心臓核医学の最先端 1.動脈硬化イメージング−実験的検討
久下裕司、趙 芫、趙 松吉、玉木長良
PETジャーナル   18 14-16   2012年   [依頼有り]
医薬品開発(又は創薬・育薬)における分子イメージング技術の現状と進歩
久下裕司、西嶋剣一、孫田恵一、趙 松吉、玉木長良
医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス   43(4) 308-313   2012年   [依頼有り]
交感神経と循環器疾患 交感神経イメージング
玉木長良, 吉永恵一郎, 久下裕司
Cardiac Practice   23(2) 143-147   2012年   [依頼有り]
特集 冠動脈疾患の診断・治療における画像診断の進歩 分子イメージングによる冠動脈病変評価
玉木長良, 吉永恵一郎, 久下裕司
Cardiac Practice   23(1) 23-27   2012年   [依頼有り]
特集1 次世代腫瘍分子イメージング 4.アポトーシスイメージングプローブ
久下裕司、竹井俊樹、趙 松吉
PETジャーナル   13 23-25   2011年   [依頼有り]
特集1 核医学検査の新しい展開〜治療戦略への応用 治療戦略に役立つ放射性薬剤の開発
久下裕司、西嶋剣一、趙 松吉
映像情報メディカル   43(11) 842-849   2011年   [依頼有り]
心不全の分子イメージング
玉木長良、吉永恵一郎、久下裕司
日本心不全学会 News Letter   15(2) 8-9   2011年   [依頼有り]
SPECT、PETによるプラークイメージング
玉木長良、趙 芫、久下裕司
動脈硬化予防   9(2) 53-57   2010年   [依頼有り]
PET核医学検査による評価
玉木長良, 趙 芫, 久下裕司, 志賀哲
Mebio   26(4) 114-118   2009年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
わかりやすい核医学 ?核医学で知っておくべき最低限の基礎知識 A放射能・放射線の基礎
久下裕司 (担当:分担執筆, 範囲:pp.2-8)
玉木長良、真鍋治編。文光堂   2016年   
わかりやすい核医学 ?核医学で知っておくべき最低限の基礎知識 B放射性医薬品
久下裕司 (担当:分担執筆, 範囲:pp.9-15)
玉木長良、真鍋治編。文光堂   2016年   
放射線技術学シリーズ:核医学検査技術学 第3版 第2章 放射性医薬品
久下裕司 (担当:分担執筆, 範囲:pp.38-45)
日本放射線技術学会 監修、大西秀雄・市原 隆・山本智朗 共編。オーム社   2016年   
Perspectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy
Kuge Y, Shiga T, Tamaki N (担当:共編者)
Springer   2016年   
Semiconductor Detector-Based Scanners for Nuclear Medicine
Takeuchi W, Suzuki A, Ueno Y, Shiga T, Hirata K, Okamoto S, Zhao S, Kuge Y, Kubo N, Kobayashi K, Watanabe S, Kobashi K, Umegaki K, Tamaki N (担当:共著, 範囲:pp.51-65)
Perspectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy. (Kuge Y, Shiga T, Tamaki N, eds.), Springer   2016年   
Development of a Microreactor for Synthesis of 18F-Labeled Positron Emission Tomography Probe
Kuno N, Manri N, Abo N, Asano Y, Nishijima K, Tamaki N, Kuge Y (担当:共著, 範囲:pp.113-124)
Perspectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy. (Kuge Y, Shiga T, Tamaki N, eds.), Springer   2016年   
Preclinical Evaluation of a Thymidine Phosphorylase Imaging Probe, [123I]IIMU, for Translational Research
Nishijima K, Zhao S, Feng F, Shimizu Y, Akizawa H, Ohkura K, Tamaki N, Kuge Y (担当:共著, 範囲:pp.125-130)
Perspectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy. (Kuge Y, Shiga T, Tamaki N, eds.), Springer   2016年   
Discovery and Evaluation of Biomarkers for Atherosclerosis
Sakamoto T, Hanzawa H, Manri N, Sakakibara M, Shimizu Y, Zhao Y, Zhao S, Yamada S, Kamiya K, Eki Y, Suzuki A, Higuchi H, Sugano C, Tsutsui H, Tamaki N, Kuge Y (担当:共著, 範囲:pp.131-139)
Perspectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy. (Kuge Y, Shiga T, Tamaki N, eds.), Springer   2016年   
Radioimmunodetection of Atherosclerotic Lesions Focusing on the Accumulation Mechanism of Immunoglobulin G
Shimizu Y, Hanzawa H, Zhao Y, Nishijima K, Fukura S, Sakamoto T, Zhao S, Tamaki N, Kuge Y (担当:共著, 範囲:pp.141-150)
Perspectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy. (Kuge Y, Shiga T, Tamaki N, eds.), Springer   2016年   
放射線技術学シリーズ:放射化学第3版 第8章 4. PETの化学
久下裕司 (担当:分担執筆, 範囲:pp.152-163)
日本放射線技術学会 監修、東 静香、久保直樹 共編。オーム社   2015年   
放射線技術学シリーズ:放射化学 第3版 第8章 5.分子イメージング
久下裕司 (担当:分担執筆, 範囲:pp.163-166)
日本放射線技術学会 監修、東 静香、久保直樹 共編。オーム社   2015年   
BRAND NEW 心臓核医学 E心臓核医学の展望。?循環器疾患および動脈硬化の分子イメージング
久下裕司、玉木長良 (担当:分担執筆, 範囲:pp.248-254)
西村恒彦 編。金原出版   2012年   
NEW 放射化学・放射薬品学 第9章 放射線と生体。9.1 身の回りの放射線とその生体への影響
久下裕司、関興一 (担当:分担執筆, 範囲:pp.209-213)
佐治英郎 編。廣川書店   2011年   
新・心臓病診療プラクティス16 動脈硬化の内科治療に迫る 核医学検査
玉木長良、久下裕司 (担当:分担執筆, 範囲:pp.133-138)
吉川純一、笠貫宏、土師一夫、別府慎太郎、松崎益徳 編。文光堂   2011年   
臨床医とコメディカルのための最新クリニカルPET 第18章 心臓核医学の分子イメージング 1.心筋交感神経・受容体イメージング
久下裕司、西嶋剣一、玉木長良 (担当:分担執筆, 範囲:pp.288-291)
編集主幹:米倉義晴。先端医療技術研究所   2010年   
心・血管病の分子イメージング 第1章 心・血管病の分子イメージングの歴史、現状
玉木長良、吉永恵一郎、久下裕司 (担当:分担執筆, 範囲:pp.1-5)
Jagat Narula監修、田原宣広編。永井書店   2010年   
遺伝子医学MOOK 別冊, 創薬技術の革新 マイクロドーズからPET分子イメージングへの新展開 PETが着目する課題3)循環器領域の分子イメージング
玉木長良、吉永恵一郎、久下裕司 (担当:分担執筆, 範囲:pp.126-131)
杉山雄一、山下伸二、栗原千絵子編。メディカル ドゥ   2010年   
遺伝子医学MOOK, 創薬研究への分子イメージング応用 画像バイオマーカーとしての分子イメージングの利用 7)治療効果評価への分子イメージングの利用 ?動脈硬化治療薬開発のための分子イメージング. 創薬研究への分子イメージング応用
玉木長良、趙芫、久下裕司 (担当:分担執筆, 範囲:pp.201-205)
佐治英郎 編。メディカル ドゥ   2010年   
Molecular imaging for integrated medical therapy and drug development
Tamaki N, Kuge Y (担当:共編者)
Springer   2010年   
Advances in Molecular Imaging
Tamaki N, Kuge Y (担当:共著, 範囲:pp.1-4)
Molecular imaging for integrated medical therapy and drug development. (Tamaki N, Kuge Y, eds), Springer   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
サイクロトロンで製造した68Gaを用いる前立腺がん診断用PET薬剤:68Ga-PSMAの標識合成法開発
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構: 医療研究開発推進事業費補助金(橋渡し研究戦略的推進プログラム)シーズA支援費
研究期間: 2018年 - 2018年    代表者: 久下裕司
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 久下 裕司
補体複合体のin vivoイメージングによる慢性炎症病態評価法の開発
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構: 医療研究開発推進事業費補助金(橋渡し研究戦略的推進プログラム)シーズA支援費
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 久下裕司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 久下 裕司
補体因子Properdinのin vivo可視化による不安定プラーク検出法の開発
北海道臨床開発機構: 医療研究開発推進事業費補助金(橋渡し研加速ネットワークプログラム)シーズAに係る研究開発委託費(シーズ育成経費)
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 久下裕司
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 久下 裕司
新規放射線F-18ラベル法によるDNA取り込み型核酸代謝PET核医学診断薬の開発
北海道臨床開発機構: 医療研究開発推進事業費補助金(橋渡し研加速ネットワークプログラム)シーズAに係る研究開発委託費(シーズ育成経費)
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 久下裕司
慢性炎症の高精度イメージングを可能とする核医学診断材の開発
科学技術振興機構: 研究成果展開事業 
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 久下裕司
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 久下 裕司
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 久下 裕司
 心筋梗塞や脳梗塞の根幹的原因である"動脈内のプラーク"の不安定性を精度よく評価できる診断法の開発が臨床画像診断学の急務である。本研究の目的は、プレターゲティング法を取り入れ、動脈内プラークの破綻とそれに伴う血栓形成に深く関与する組織因子(Tissue Factor, TF)の選択的な描出により不安定プラーク(粥状動脈硬化巣)を特異的に検出しうる新しい核医学イメージング法を提案することにある。この目的達成のため、今年度は以下の研究を実施した。1)anti-TF-mAb-SAv/18F-FB...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 成廣 賢史, 久下 裕司
本研究は、腫瘍における低酸素領域とそれにともない発現する血管新生因子(チミジンボスホリラーゼ:TP)のダブルターゲットとするアイソトープ治療のためのI-131標識薬剤を合成し、その有効性と限界明らかにすることを目的とする。平成21年度において目的とする化合物(5I-6NIMUとI-AIMU)とその合成法を確立した。平成22年度は、その合成法を標識合成法へ応用すべく以下検討を行った。1.放射性ヨウ素標識体5-ヨード-6-ニトロイミダゾールメチルウラシル([^<125>I]5I-6NIMU)の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 久下 裕司
本研究では、増殖能・低酸素等を画像化する分子イメージング法による癌の病態解析、及び分子標的治療・放射線治療に対する癌の反応解析の有効性を動物実験・臨床研究において実証した。さらに申請者らが開発してきた“血管新生因子を標的とする分子プローブ"の有効性・安全性を動物において示した。これらの研究成果は、悪性腫瘍の分子レベルの変化を画像化しうる分子イメージング法の特長を生かし、臨床診断への応用が可能な新しい癌の診断・治療法を構築するための重要な知見を提供するものである。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 久下 裕司
本研究の目的は、脳卒中及びアルツハイマー病を対象として、PET・SPECTといった分子イメージング法を分子生物学的手法と融合させることにより脳機能の再生過程を解析し、これらの過程の臨床診断に有用な画像診断法を探索・考案することにある。今年度は、充実した環境(Enriched environment ; EE)及び通常環境の異なる環境下で飼育したラットを用いて、神経機能回復の観点から重要と考えられる梗塞周辺部において、シナプス新生のマーカーであるsynaptophysin (SYP)の発現変...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 久下 裕司
本研究では、"がんの分子機構"や"がんの個性"に関する情報を、ポジトロンCTをはじめとする分子イメージング法を用いてインビボで画像として捉え、がんの治療戦略に役立てることを目的とし、以下の成果を得た。1.分子標的治療に関する研究動物実験において、FLT(核酸誘導体)は腫瘍細胞の増殖能を反映し、Iressaなど分子標的療法の早期治療効果判定に有用である可能性が示された。2.放射線治療に関する研究担がんモデルラットにおいて、放射線照射による炎症反応が惹起される前にFDGにより放射線治療の効果を...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 久下 裕司
本研究では、マイクロリアクタを用いる合成技術をポジトロンプローブ合成に応用することにより、簡便・迅速な標識合成法を確立し、チップ型自動合成装置開発の可能性を探ることを目的とし、以下の検討を行った。すなわち、反応系の制御に優れたマイクロリアクターを用いることで、PET用ドパミンD2受容体イメージング薬である[11C]ラクロプライドを短時間内に効率的に合成しうるか否かを検討した。マイクロリアクターには、Y字型チャネル構造のチップ(200um(W)×20um(D)×250mm(L))を用いた。原...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 久下 裕司
本研究では、動脈硬化モデルにおいて放射性標識COX-2阻害薬の動態を解析し、分子生物学的評価結果と対比することにより、COX-2を標的とする動脈硬化病態診断の可能性を検証することを目的とし、本年度は以下の検討を行った。1.COX-2を標的とする放射性薬剤の開発に関する検討昨年度までに、選択的COX-2阻害薬であるCelecoxibのヨウ素置換体(IMTP)をデザイン・合成した。今年度は、IMTPの分子イメージング剤としての有用性をさらに検証するため、ラットを用いてインビボでの評価を行った。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 久下 裕司
分子生物学的研究にインビボ分子イメージングの手法を組み入れ、(1)局所脳虚血病態に対するシクロオキシゲナーゼ-2 (COX-2)の組織障害性作用と脳組織再生作用を解析し、COX-2の作用とその阻害薬の役割を明らかにすること、(2)COX-2を標的とした分子イメージング法による脳虚血病態診断の可能性を探ることを目的として研究を遂行し、以下の成果を得た。1.脳虚血モデル動物における脳循環代謝、神経受容体機能の経時的変化の検討ベンゾジアゼピン受容体機能が保たれた虚血領域では、DNA断片化や細胞構...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 久下 裕司
腫瘍と炎症を精度良く鑑別し、治療方針の決定に役立てることが、診断医学の最重要課題の一つである。申請者らは、核酸合成及びプロスタグランジン合成酵素(COX)を標的とし、ポジトロン断層撮影法(PET)、シングルフォトン断層撮影法(SPECT)による腫瘍/炎症の鑑別診断能を向上させることを目的として本研究を計画した。この目的を達成するため、本年度は以下の検討を行った。(1)[C-11]ホスゲンを用いる核酸誘導体の簡便な標識合成法の開発研究数種の標識前駆物質を合成し、チミン、チミジンの非標識合成及...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 久下 裕司
^<18>F-FDGを用いるPET検査は、悪性腫瘍の鑑別診断、治療効果判定などにおいてきわめて有効性が高い。しかし、^<18>F-FDGは一部良性疾患にも集積することが明らかとなり、本検査による腫瘍鑑別診断の限界が指摘されている。これらの鑑別診断をより的確に行うには、悪性腫瘍や良性疾患への^<18>F-FDGの集積機序を明らかにすることが必須である。一方、最近、腫瘍・炎症へのFDG集積にはGlucose transporter(GLUT)が関与していることが明らかとなってきた。本研究では、...

特許

 
桐生 真登, 外山 正人, 久下 裕司, 西嶋 剣一
久下 裕司, 半澤 宏子, 坂本 健, 万里 直己
久下 裕司, 半澤 宏子, 坂本 健, 万里 直己
中西 博昭, 齊木 秀和, 佐治 英郎, 木村 寛之, 河嶋 秀和, 戸松 賢治, 久下 裕司
中田 徳仁, 奥村 侑紀, 桐生 真登, 永田 絵理子, 松本 博樹, 久下 裕司, 趙 松吉, 西嶋 剣一
大倉 一枝, 関 興一, 佐ノ木 公人, 西嶋 剣一, 久下 裕司, 玉木 長良
特願2018-163034 : 放射性核種18Fの精製方法
久下 裕司,阿保 憲史,平田雄一
特願2018-155850 : 放射性フッ素標識化合物の製造方法及び放射性医薬組成物の製造方法
久下 裕司,阿保 憲史,桐生 真登
特願2018-040919 : 放射性医薬組成物の製造方法
桐生 真登, 中村 壮一, 久下 裕司,阿保 憲史
桐生 真登, 外山 正人, 久下 裕司, 西嶋 剣一
阿部 務, 小橋 信弥, 女池 俊介, 奥村 侑紀, 松本 博樹, 久下 裕司, 趙 松吉, 西嶋 剣一, 大倉 一枝, 秋澤 宏行