香田 啓貴

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/11 14:20
 
アバター
研究者氏名
香田 啓貴
 
コウダ ヒロキ
所属
京都大学
部署
霊長類研究所
職名
助教

研究分野

 
 

論文

 
Herbst CT, Koda H, Kunieda T, Suzuki J, Garcia M, Fitch WT, Nishimura T
The Journal of experimental biology   221(Pt 12)    2018年6月   [査読有り]
Koda H, Murai T, Tuuga A, Goossens B, Nathan SKSS, Stark DJ, Ramirez DAR, Sha JCM, Osman I, Sipangkui R, Seino S, Matsuda I
Science advances   4(2) eaaq0250   2018年2月   [査読有り]
Mayuko Iriguchi,Hiroki Koda,Nobuo Masataka
Proceedings of the 2018 ACM Workshop on The Lifelog Search Challenge, LSC@ICMR 2018, Yokohama, Japan, June 11, 2018   20-25   2018年   [査読有り]
Hiroki Koda
Journal of the Phonetic Society of Japan   21 16-22   2017年10月   [査読有り][招待有り]
Bouchet Helene, Koda Hiroki, Lemasson Alban
ANIMAL BEHAVIOUR   129 81-92   2017年7月   [査読有り]
Toyoda A, Maruhashi T, Malaivijitnond S, Koda H
American journal of physical anthropology      2017年7月   [査読有り]
Atsumi T, Koda H, Masataka N
Scientific reports   7 40033   2017年1月   [査読有り]
Bernstein SK, Sheeran LK, Wagner RS, Li JH, Koda H
American journal of primatology   78(9) 937-949   2016年9月   [査読有り]
Kawai N, Koda H
Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983)   130(3) 299-303   2016年8月   [査読有り]
テナガザルの歌と言語の進化
香田 啓貴
Clinical Neuroscience   33(8) 885-888   2015年8月   [招待有り]
Koda H, Tokuda IT, Wakita M, Ito T, Nishimura T
The Journal of the Acoustical Society of America   137(6) 3068   2015年6月   [査読有り]
Shibasaki M, Nagumo S, Koda H
Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983)   128(3) 332-335   2014年8月   [査読有り]
Koda H, Oyakawa C, Kato A, Shimizu D, Rizaldi, Koyama Y, Hasegawa S
Primates; journal of primatology   55 13-17   2014年1月   [査読有り]
Koda H, Sato A, Kato A
Behavioural processes   98 31-36   2013年9月   [査読有り]
Koda H, Basile M, Olivier M, Remeuf K, Nagumo S, Blois-Heulin C, Lemasson A
Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983)   127 265-271   2013年8月   [査読有り]
Lemasson A, Guilloux M, Rizaldi, Barbu S, Lacroix A, Koda H
Primates; journal of primatology   54 283-291   2013年7月   [査読有り]
Koda H, Lemasson A, Oyakawa C, Rizaldi, Pamungkas J, Masataka N
PloS one   8 e71432   2013年   [査読有り]
Koda H, Nishimura T, Tokuda IT, Oyakawa C, Nihonmatsu T, Masataka N
American journal of physical anthropology   149 347-355   2012年11月   [査読有り]
Koda H, Oyakawa C, Nurulkamilah S, Rizaldi, Sugiura H, Bakar A, Masataka N
Primates; journal of primatology   53 327-332   2012年10月   [査読有り]
Koda H
Behavioural processes   91 30-34   2012年9月   [査読有り]
Sato A, Koda H, Lemasson A, Nagumo S, Masataka N
PloS one   7 e38387   2012年   [査読有り]
The ecological design of the affiliative vocal communication style in wild Japanese macaques: behavioral adjustments to social contexts and environments
Koda H, Sugiura H.
In The Japanese Macaques (N. Nakagawa. et al. eds.) Springer   167-189   2010年8月   [査読有り][招待有り]
Lemasson A, Koda H, Kato A, Oyakawa C, Blois-Heulin C, Masataka N
Behavioural brain research   208 286-289   2010年3月   [査読有り]
Masataka N, Koda H, Urasopon N, Watanabe K
PloS one   4 e4768   2009年   [査読有り]
Koda H, Shimooka Y, Sugiura H
American journal of primatology   70 1055-1063   2008年11月   [査読有り]
Oyakawa C, Koda H, Sugiura H
American journal of primatology   69 777-790   2007年7月   [査読有り]
H. Koda; C. Oyakawa; A. Kato; N. Masataka
Behaviour   144 681-692   2007年6月   [査読有り]
テナガザルペア型社会の再考とその周辺
香田啓貴
生物科学 59: 14-22      2007年   [招待有り]
Koda H, Masataka N
Psychological reports   91 421-422   2002年10月   [査読有り]

Misc

 
香田啓貴
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   17th 41   2017年7月
杉浦秀樹, 揚妻直樹, 揚妻(柳原)芳美, 藤田志歩, 田中俊明, 鈴木真理子, 相場可奈, 香田啓貴, 原澤牧子, 室山泰之, 清水桃子, 川添達朗, 澤田晶子, 杉浦陽子, 浅井隆之, 早石周平, 久保律子, 五島渉
霊長類研究   33(Supplement) 50‐51   2017年7月
香田啓貴, 豊田有, 丸橋珠樹, MALAIVIJITNOND Suchinda, MALAIVIJITNOND Suchinda
霊長類研究   33(Supplement) 34‐35   2017年7月
紺野弘毅, 齋藤香, 室山泰之, 香田啓貴, 河村功一, 小林秀司
日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集   2016 154   2016年9月
松田一希, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, STARK Danica, GOOSSENS Benoit, RAMIREZ Diana, 村井勅裕, 清野悟, 香田啓貴
霊長類研究   32(Supplement) 37   2016年6月
香田啓貴, 森田尭, 小林智男, 宮川繁
霊長類研究   32(Supplement) 44   2016年6月
香田啓貴
日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集   16th 21   2016年5月
松田一希, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, 清野悟, 香田啓貴
日本生態学会大会講演要旨(Web)   63th H2‐13 (WEB ONLY)   2016年
香田啓貴, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, 清野悟, 松田一希
霊長類研究   31(Supplement) 50   2015年6月
西村剛, 香田啓貴, 徳田功, 脇田真清, 伊藤毅
霊長類研究   31(Supplement) 50-51   2015年6月
寺島萌土, 香田啓貴, 二宮茂
Anim Behav Manag   50(1) 37   2014年3月
香田啓貴, ZUBERBULER Klaus
日本動物行動学会大会発表要旨集   33rd 79   2014年
清田雅史, 保尊脩, 奥田武弘, 中西希, 本田剛, 香田啓貴
ほ乳類科学   54(1) 121-124 (J-STAGE)   2014年
香田啓貴
霊長類研究   29(Supplement) 24   2013年9月
佐藤杏奈, 香田啓貴, 南雲純治, 正高信男
霊長類研究   29(Supplement) 252   2013年9月
佐藤杏奈, 香田啓貴, LEMASSON Alban, 南雲純治, 正高信男
日本動物心理学会大会プログラム   73rd 66   2013年8月
柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男
動物心理学研究   62(2) 233   2013年1月
佐藤杏奈, 香田啓貴, LEMASSON Alban, 南雲純治, 正高信男
霊長類研究   28(Supplement) S.13   2012年7月
柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男
日本動物心理学会大会プログラム   72nd 70   2012年4月
色がニホンザルの時間知覚に及ぼす効果
柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男
日本動物心理学会第 72 回大会 (2012/5/13, 西宮市)      2012年   [査読有り]
霊長類における乳児画像への選好性の検討
佐藤杏奈, 香田啓貴, Lemasson A, 南雲純治, 正高信男
第28回霊長類学会大会 (2012/07/07, 名古屋市).      2012年   [査読有り]
色が時間知覚に及ぼす効果
柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男
日本行動分析学会第 30 回大会 (2012/09/01, 高知市).      2012年   [査読有り]
ニホンザルにおける視聴覚間マッチング -警戒音はヘビに対する注視時間を増大させるか?-
柴崎全弘, 香田啓貴
日本心理学会第 76 回大会 (2012/09/12, 川崎市)      2012年   [査読有り]
[要修正] サルは赤ちゃんが好き?~霊長類における乳児画像への選好性の検討~
佐藤杏奈, 香田啓貴, Lemasson A, 南雲純治, 正高信男
SAGA15 (2012/11/17, 札幌市).      2012年   [査読有り]
音声プライム刺激がニホンザルにおける乳児顔刺激への視覚的注意
柴崎全弘,香田啓貴,正高信男
日本動物心理学会第71回大会 (2011/09/09, 東京).      2011年   [査読有り]
アカゲザルにおけるセルフコントロール課題の検討.
柴崎全弘,船橋新太郎,國枝匠,香田啓貴,正高信男
日本行動分析学会第29回大会 (2011/09/18, 東京)      2011年   [査読有り]
佐藤杏奈,加藤朱美,香田啓貴
日本霊長類学会第27回学術大会 (2011/07/16-18, 愛知)      2011年   [査読有り]
ニホンザルにおける乳児顔刺激への視覚的注意
佐藤杏奈,加藤朱美,香田啓貴
Animal 2011日本動物行動学会第30回大会 (2011/09/09-10, 東京)      2011年   [査読有り]
ADHDモデルザルにおける時間知覚の検討
柴崎全弘, 船橋新太郎, 國枝匠, 香田啓貴, 正高信男
日本動物心理学会第70回大会、2010年08月, 東京      2010年   [査読有り]
ニホンザルの音声生成・操作に関する実験的研究
西村剛, 香田啓貴, 加藤朱美
第63回日本人類学会大会 (2009/10, 東京).      2009年   [査読有り]
親川千沙子, 香田啓貴, 田中俊明, Santi NK, Amisir B, 村井勅裕
第24回日本霊長類学会大会 (2008/07, 東京)      2008年   [査読有り]
香田啓貴
生物科学   59(1) 14-22   2007年9月
テナガザルの音声生成・操作に関する実験的研究.
西村剛, 香田啓貴, 親川千紗子, 正高信男, 二本松俊邦
第61回日本人類学会大会 (2007, 新潟)      2007年   [査読有り]
テナガザル研究の展開とその可能性
香田啓貴
SAGA10シンポジウム (2007/11/18, 東京)      2007年   [査読有り]
テナガザルの音声の変異性
親川千紗子, 香田啓貴, 杉浦秀樹
第143回日本動物心理学会例会 (2007年3月, 名古屋)      2007年   [査読有り]
[要修正] スマトラ島におけるアジルテナガザルの音声を手がかりとした野外調査
香田啓貴
京都大学霊長類研究所共同利用研究会:アジア霊長類の生物多様性と進化 (2007年3月, 犬山)      2007年   [査読有り]
[要修正] テナガザルにおける音声の変異性
親川千紗子, 香田啓貴, 杉浦秀樹, 正高信男
霊長類研究所共同利用研究会「アジア霊長類の生物多様性と進化」 (2007/03, 犬山)      2007年   [査読有り]
霊長類の音声とコミュニケーション
香田啓貴
「霊長類進化の科学」 (霊長類研究所編編) p.175-189 京都大学学術出版会      2007年   [査読有り]
インドネシアにおける野生テナガザル調査への取り組み-テナガザル音声の多様性の解明に向けて
香田啓貴
第35回ホミニゼーション研究会「霊長類野外研究の将来」 (2006年3月, 犬山).      2006年   [査読有り]
杉浦秀樹, 田中俊明, 揚妻直樹, 早川祥子, 香田啓貴, 柳原芳美, 半谷吾郎, 藤田志歩, 松原幹, 宇野壮春, 清野美恵子, 鈴木真理子, 西川真理, 室山泰之
第22回日本霊長類学会大会 (2006年7月, 大阪) 霊長類研究 22 Suppl: S-17      2006年   [査読有り]
野生ニホンザルにおける発声頻度の地域差
香田啓貴, 下岡ゆき子, 杉浦秀樹
京都大学21世紀COEプログラム「生物多様性研究の統合のための拠点形成」研究成果発表会 (2005年2月, 京都)      2005年   [査読有り]
[要修正] アジルテナガザルのデュエットにおける変異性
親川千紗子, 香田啓貴, 田中俊明, 杉浦秀樹
21回日本霊長類学会 (2005年7月, 倉敷).      2005年   [査読有り]
[要修正] 自由集会記録:「信号と情報の伝達:個体から個体
香田啓貴, 竹元博幸, 山根明弘
世代から世代,種から種へ」. 哺乳類科学 43 (2): 153-154      2003年   [査読有り]
屋久島における野生ニホンザルの個体数・出産率の変動
杉浦秀樹, 田中俊明, 松原幹, 半谷吾郎, 早石周平, 早川祥子, 香田啓貴, 室山泰之, 揚妻直樹, 相場可奈, 小山陽子, 柳原芳美
日本哺乳類学会2002年度大会 (2002年10月, 富山) プログラム・講演要旨集 : 136.      2002年   [査読有り]

書籍等出版物

 
霊長類のコミュニケーションとその進化
香田啓貴
新・霊長類学のすすめ(霊長類研究所編), 67-81, 丸善   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
ニホンザルにおける音声応答の成立要因:ヒト音声言語との比較研究
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2005年