Profile Information

Affiliation
Professor, Kansai University
Degree
Ph. D, Economics, Kyoto University

Researcher number
70512705
J-GLOBAL ID
200901080314073527
researchmap Member ID
5000061515

External link

大学院に入学して以降の主要なテーマは、第二次世界大戦期からマーシャルプラン期にいたるまでのアメリカのドイツ政策に関わる諸問題についてでした。当時のアメリカのドイツ政策がマーシャルプランの起源と密接に関わっていたことは、これまでの諸研究によって明らかにされていました。この分野における私の研究は、共和党や外交問題評議会など政府外の勢力が果たした役割に注目する点に特徴があります。その内容については、『アメリカのドイツ政策の史的展開』(関西大学出版部、2012年)としてとりまとめました。
近年はこうした研究に加えて、現代アメリカの対外援助政策の検討も行ってきました。特に、G・W・ブッシュ政権期における援助政策の展開に注目して研究を進めてきました。これらの研究は、様々な諸先生方との共同研究の中から生まれてきたものです。その内容は『アメリカの国際援助』(日本経済評論社、2012年)として刊行しました。
現在は、アメリカの貿易政策の展開に注目し、特に1980年代における日米自動車摩擦の展開について分析を進めています。加えて、戦後日本の時期区分やエネルギー政策史などのテーマについて、他の研究者の方々と共同研究を行っています。

Committee Memberships

  1

Books and Other Publications

  12

Papers

  37

Presentations

  24

Misc.

  17

Research Projects

  6