岡 敏弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/24 16:02
 
アバター
研究者氏名
岡 敏弘
 
オカ トシヒロ
URL
http://www.s.fpu.ac.jp/oka
所属
京都大学
職名
教授
学位
京都大学博士(経済学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1993年
滋賀県琵琶湖研究所研究員
 
1993年
 - 
2000年
福井県立大学経済学部助教授
 
2000年4月
 - 
2019年3月
- 福井県立大学大学院経済・経営学研究科教授
 
2019年4月
 - 
現在
京都大学 公共政策大学院・大学院経済学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
京都大学 経済学研究科 経済政策学専攻
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本経済学会 環境経済・政策学会 Society for Risk Analysis 進化経済学会 日本経済政策学会 廃棄物学会 地域公共政策学会  環境経済・政策学会理事
 

受賞

 
1996年
日本リスク研究学会奨励賞
 

論文

 
池田町の経済を測る―町民経済計算計測の概要と結果―
岡 敏弘
地域公共政策研究   27 1-17   2018年10月
Cost-effectiveness of the policy measures to reduce human health risks from radiological contamination due to the Fukushima daiichi nuclear accident
岡 敏弘
ЭКОНОМИЧЕСКАЯ ТЕОРИЯ И ХОЗЯЙСТВЕННАЯ ПРАКТИКА: ГЛОБАЛЬНЫЕ ВЫЗОВЫ Международная конференция «Эволюция международной торговой системы: проблемы и перспективы—2017»   117-130   2017年10月
解説:放射線リスクの特性に基づいた防災
岡 敏弘
地域公共政策研究   25 17-20   2017年3月
Murakami Michio, Ono Kyoko, Tsubokura Masaharu, Nomura Shuhei, Oikawa Tomoyoshi, Oka Tosihiro, Kami Masahiro, Oki Taikan
PLOS ONE   10(9)    2015年9月   [査読有り]
リカード・スラッファ・塩沢貿易経済の意義と課題
岡 敏弘
福井県立大学経済経営研究   32 15-32   2015年   [査読有り]
岡敏弘
日本リスク研究学会誌   24(2) 101-110   2014年10月   [査読有り]
エントロピー経済学の成果と課題
岡 敏弘
経済学論叢(同志社大学)   65(3) 309-331   2014年3月   [招待有り]
Tetsuo Yasutaka, Yumi Iwasaki, Shizuka Hashimoto, Wataru Naito, Kyoko Ono, Atsuo Kishimoto, Kikuo Yoshida, Michio Murakami, Isao Kawaguchi, Tosihiro Oka, Junko Nakanishi
Chemosphere   93 1222-1229   2013年   [査読有り]
エズラ・ジョシュア・ミシャン---成長の弊害見据え独自の環境経済学(温経知世56
岡 敏弘
エコノミスト   90(50) 48-49   2012年11月
岡 敏弘
保健物理 : hoken buturi   47(3) 181-188   2012年9月   [査読有り]
It is examined how and to what extent cost-benefit analysis can be used in the decision-making concerning the regulation of foodstuffs contaminated with radioactive substances released from the accident of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant...

Misc

 
敦賀市水需要管理政策の15年
岡 敏弘
地域公共政策研究   26 7-12   2018年3月
岡敏弘
日本雑草学会大会講演要旨集   54th 34-35   2015年
吉岡俊人, 中山祥平, 林裕太, 岡敏弘
日本雑草学会大会講演要旨集   54th 94   2015年
岡敏弘
リスク・コミュニケーションの手法を活用した地域保健医療福祉分野での原子力災害対策の実践的な活動の展開とその検証に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   67-75   2014年
岡敏弘
日本リスク研究学会年次大会講演論文集   25th 110-115   2012年
岡敏弘
生物科学   63(1) 61-63   2011年9月
岡 敏弘
生物科学   63(1) 61-63   2011年9月
岡敏弘
日本リスク研究学会年次大会講演論文集   24th 41-46   2011年
岡敏弘
エネルギーレビュー   28(8) 18-19   2008年7月
岡敏弘
日本リスク研究学会研究発表会講演論文集   19th 307-308   2006年11月
山口光恒, 岡敏弘
第3回廃棄物処理科学研究発表会成果発表抄録集 平成15年度 廃棄物処理対策研究推進事業   161-163   2003年
岡敏弘
水情報   20(10) 14-17   2000年10月
久繁哲徳, 岡敏弘
水情報   20(10) 3-10   2000年10月
岡敏弘
日本エネルギー学会誌   79(9) 884-889   2000年9月
蒲生昌志, 岡敏弘, 中西準子
環境と測定技術   27(8) 37-42   2000年8月
松田裕之, 岡敏弘, 角野康郎
日本生態学会大会講演要旨集   47th 89   2000年3月
ギボンズ アンドリュー, アーミダージュ パメラ, 岸本充生, 竹内憲司, 岡敏弘, パーマー ロナン, ハレット ニック, バッグ デニス, ワトソン ジェイムス
水情報   19(10) 3-14   1999年10月

書籍等出版物

 
A New Construction of Ricardian Theory of International Values: Analytical and Historical Approach
塩沢由典・岡敏弘・田淵太一編 (担当:共編者, 範囲:Preface, Chapter 2, Chapter 3)
Springer   2017年4月   
Chapter 2 The new theory of international values in the context of the Ricardo-Sraffian theory of value and distribution
Chapter 3 The relation between value and demand in the new theory of international values
古典から読み解く経済思想史
井上琢智(編者)、堂目卓生(編者)、若田部昌澄(編者)、佐藤方宣、栗田啓子(編者)、田村信一(編者)、平井俊顕、服部正治、岡敏弘、新村聡(編者)、小峯敦、藤田菜々子、坂本達哉 (担当:分担執筆, 範囲:担当部分: 第8章「経済学は環境をどう捉えてきたか---ピグー、制度派、エントロピー---」)
ミネルヴァ書房   2012年5月   
拡大生産者責任の環境経済学---循環型社会形成にむけて---
植田和弘(編者)、山川肇(編者)、岡敏弘、小谷めぐみ、山口光恒他多数 (担当:分担執筆, 範囲:第11章 収穫逓増下の環境政策としての拡大生産者責任---家電リサイクルを例に---)
昭和堂   2010年10月   
回想の都留重人---資本主義、社会主義、そして環境
尾高煌之助(編者)、西沢保(編者)、水田洋、伊東光晴、塩野谷祐一、鈴村興太郎、西村可明、宮崎勇、丸山英人、永井進、寺西俊一、岡敏弘、R.ドーア、石川滋、宮本憲一、小宮隆太郎、和田昭允、塚本文一、鶴見俊輔 (担当:分担執筆, 範囲:「公害の政治経済学を他の方法から分かつものは何か---都留理論を現代に生かす道」p188〜204)
勁草書房   2010年4月   
東アジアと地域経済2009
葉山滉(編者)、服部茂幸(編者)、大鹿隆、邵永裕、岡敏弘、荘貴陽、中里弘穂、山本潤、坂田幹男、鄭海東 (担当:分担執筆, 範囲:第3章「発展途上国における温室効果ガス排出削減」(p47〜66) (総頁数319頁))
京都大学学術出版会   2009年7月   

Works

 
環境影響と効用の比較評価に基づいた化学物質の管理原則
1996年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
厚生経済学基礎論、政策評価、環境経済学