基本情報

所属
明治大学 研究・知財戦略機構

J-GLOBAL ID
200901033046797705

論文

  40

その他

  12
  • 2018年5月 - 2018年5月
    2018年5月に、ロシア太平洋研究所(POI)との共同研究で、日本海北西縁部の日本海盆北部からタタール海盆にかけて海底掘削を行い、コア試料を採取した。目的は、日本海東縁部にはメタンハイドレートが顕著に胚胎するが、反対側ではどのような地質状況かを知り、ハイドレートの集積要因についての考察を行うことである。多くの知見を得て、3週間の航海は無事終了した。成果については順次発表の予定。
  • 2017年6月 - 2017年6月
    2008年から、毎年日本海東縁部に胚胎するメタンハイドレートの調査航海に参加し、海底堆積物を掘削し、コア試料を回収。メタンハイドレートの産状や堆積物の記載・分析を行い、日本海の環境変動についての研究も行っている。成果は、順次好評の予定。すでに公表したものは業績リスト参照。
  • 2014年10月 - 2014年10月
    カザフスタン南部、バルハシ湖南端のブルバイタル周辺で、カンブリア紀後期からオルドビス紀中期の放散虫チャートの産状観察と、試料採取を行った。
  • 2013年10月 - 2013年10月
    カナダ北東部、ニューファウンドランド島Exploit subzoneに分布するオルドビス紀放散虫チャートの産状観察と試料採取を行った。
  • 2012年9月 - 2012年9月
    オーストラリア南東部、Lachlan褶曲帯のカンブリア紀後期からオルドビス紀後期にかけての放散虫チャートの産状観察と試料採取を行った。またWollongong大学Fergusson教授と面会し情報交換を行った。

MISC

  19

講演・口頭発表等

  61