角和 善隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/28 13:49
 
アバター
研究者氏名
角和 善隆
 
カクワ ヨシタカ
所属
明治大学
部署
研究・知財戦略機構

論文

 
KAKUWA Yoshitaka
Sedimentary Geology   358 176-186   2017年   [査読有り]
Trace fossils of Ordovician radiolarian chert successions in the Southern Uplands of Scotland
KAKUWA Yoshitaka, FLOYD D, James
Earth and Environmental Science Transactions of the Royal Society of Edinburgh   107 13-22   2017年   [査読有り]
KANO A., MIYAHARA, R., YANAGAWA, K., MORI, T., OWARI S., TOMARU, H., KAKIZAKI, Y., SNYDER, G., SHIMONO, T., KAKUWA, Y., MATSUMOTO, R.
Chemical Geology   470 107-115   2017年   [査読有り]
Recovery of massive gas hydrate from gas chimney structure, eastern margin of Japan Sea: Japan Sea gas hydrate project
MATSUMOTO Ryo, TANAHASHI Manabu, KAKUWA Yoshitaka, SNYDER Glen, OHKAWA S., TOMARU Hitoshi, MORITA Sumito
Fire in the Ice   17(1) 1-6   2017年1月   [査読有り]
KAKUWA Yoshitaka, NAKAJIMA Takeshi, MATSUMOTO Ryo
Asian Journal of Earth Science   90 218-227   2014年   [査読有り]
NAKAJIMA Takeshi, KAKUWA Yoshitaka, YASUDOMI Yukihito, ITAKI Takuya, MOTOYAMA Isao, TOMIYAMA Takayuki, MACHIYAMA Hideaki, KATAYAMA Hajime, OKITSU Osamu, MORITA Sumito, TANAHASHI Manabu, MATSUMOTO Ryo
Asian Journal of Earth Science   90 228-242   2014年   [査読有り]
角和善隆, 中嶋健, 富山隆將, 町山栄章, 松本良
石油技術協会誌   78(2) 178-187   2013年3月
A large number of ice-rafted debris (IRD) have been found in the MD179 cores of the Japan Sea from off Joetsu to off Okushiri Island. The IRD appear in the MIS 5.4 when the last inter-glacial period passed, and occur most abundantly during the MIS...
角和善隆, 中嶋健, 公文富士夫, 松本良, 仲村祐哉, 大井剛志, 富山隆將, 町山栄章
石油技術協会誌   78(1) 104-112   2013年1月
Several long piston and gravity cores of the Japan Sea sediment are recovered during the cruise of the R/V Marione Dufresne in 2010 (MD179). Fundamental core description on-board and the images of multi-scanner and X-ray CT scanner is presented he...
角和善隆,中嶋健,公文富士夫,松本良,仲村祐哉,大井剛志,富山隆將,町山栄章
石油技術協会誌   78 97-103   2013年   [査読有り]
KAKUWA Yoshitaka and WEBB John
Australian Journal of Earth Sciences   57 615-625   2010年   [査読有り]
WIGNALL Paul B., BOND, D.P.G., KUWAHARA Kiyoko, KAKUWA Yoshitaka, NEWTON, R.J., POULTON, S.W.
Global and Planetary Change   71 109-123   2010年   [査読有り]
松本 良, 奥田 義久, 蛭田 明宏, 戸丸 仁, 竹内 瑛一, 山王 梨紗, 鈴木 麻希, 土永 和博, 石田 泰士, 石崎 理, 武内 里香, 小松原 純子, FREIRE Antonio Fernando, 町山 栄章, 青山 千春, 上嶋 正人, 弘松 峰男, SNYDER Glen, 沼波 秀樹, 佐藤 幹夫, 的場 保望, 中川 洋, 角和 善隆, 荻原 成騎, 柳川 勝則, 砂村 倫成, 後藤 忠則, 廬 海龍, 小林 武志
地學雜誌   118(1) 43-71   2009年3月
 A number of extensive methane plumes and active methane seeps associated with large blocks of methane hydrates exposed on the seafloor strongly indicate extremely high methane flux and large accumulations of methane hydrate in shallow sediments o...
KAKUWA Yoshitaka
Global and Planetary Change   63(1) 40-56   2008年   [査読有り]
荻原 成騎, 角和 善隆
Researches in organic geochemistry   22 19-29   2007年12月
Diamondoid hydrocarbons have been identified in Toarcian black shale alternated with bedded chert from Unuma-Hosekiji, Gihu, central Japan. The thickness of the black shale was 60cm, and seven samples were collected vertically. 73 adamantanes, 21 ...
GHARAIE M.H.M., RACKI G., MATSUMOTO R., KAKUWA Y.
Large Ecosystem Perturbations: Causes and consequences. Geological Society of America, Special Paper   424 109-125   2007年   [査読有り]
KAKUWA Yoshitaka, WEBB John
SEPM Special Publication No. 88, Ichnology at the Crossroads: A Multidimensional Approach to the Science of Organism-Substrate Interactions.   88 267-276   2007年   [査読有り]
KAKUWA Yoshitaka, MATSUMOTO Ryo
Palaeogeography Palaeoclimatology Palaeoecology   229(4) 335-344   2006年   [査読有り]
XIA Wencheng, ZHANG Ning, WANG Guoqing, KAKUWA Yoshitaka
Micropaleontology   50(1) 27-44   2005年   [査読有り]
Radiolarian and conodont biozonation in the pelagic Guadalupian-Lopingian boundary interval at Dachongling, Guangxi, South China, and mid-upper Permian global correlation.
XIA Wencheng, ZHANG Ning, KAKUWA Yoshitaka, ZHANG Li
Stratigraphy   2 217-238   2005年   [査読有り]
Trace fossils from the Triassic - Jurassic deep water, oceanic radiolarian chert successions of Japan.
KAKUWA Yoshitaka
Fossil and Strata   (51) 58-67   2004年   [査読有り]
Late Deovonian facies variety in Iran: volcanism as a possible trigger of environmental perturbation near the Frasnian-Famennian boundary.
MAHMUDY GHARAIE M.H., MATSUMOTO Ryo, KAKUWA Yoshitaka, MILROY Paul G.
Geological Quarterly   48 323-332   2004年   [査読有り]
丹波帯大森セクションにおけるペルム紀層状チャートの放散虫と海綿骨針の量比
角和 善隆、桑原希世子
大阪微化石研究会特別号   (13) 13-20   2004年   [査読有り]
南中国古生代後期の生物大量絶滅事件と含放散虫珪質岩の研究
角和 善隆、夏 文臣
古生物学トピックス   (2) 53-64   2001年   [査読有り]
NIKO Shuji, KAKUWA Yoshitaka, WATANABE Daisuke, MATSUMOTO Ryo
Bulletin of the National Science Museum. Series C, Geology & paleontology   26(1) 87-91   2000年6月
A new species of the favositid tabulate coral, Klaamannipora persiaensis, is described from the late Llandovery (or early Wenlock) unnamed formation in the Kerman area of southern East-Central Iran. This species represents the oldest record of Kla...
NIKO Shuji, KAKUWA Yoshitaka, WATANABE Daisuke, MATSUMOTO Ryo
Paleontological research   3(1) 41-48   1999年4月
Six species of uncoiled cephalopod, including the actinocerids Actinoceratidae, gen. and sp. indet., Armenoceras banestanense sp. nov., A. sp., Elrodoceras sp. and Huroniella iranica sp. nov., and an orthocerid Proteoceratidae?, gen. and sp. indet...
三畳紀古世の珪質粘土岩層中の放散虫, 有機物, 黄鉄鉱について.
角和 善隆
大阪微化石研究会特別号   (11) 71-80   1998年   [査読有り]
角和 善隆
月刊地球   19(3) 150-154   1997年3月
ペルム紀後期の層状チャートの特徴とペルム紀末の生物絶滅事件
角和 善隆
大阪微化石研究会特別号   (10) 77-86   1997年   [査読有り]
Early Carboniferous foraminifers from the Mobarak Formation of Shahmirzad, northeastrn Alborz Mountains, northern Iran.
UENO Kazumi, WATANABE Daisuke, IGO Hisaharu, KAKUWA Yoshitaka, MATSUMOTO Ryo
Foraminifera Research   36 149-152   1997年   [査読有り]
The Vendian-Cambrian d13C record, North Iran: evidence for overturning of the ocean before the Cambrian Explosion.
KIMURA Hiroto, MATSUMOTO Ryo, KAKUWA Yoshitaka, HAMDI B., ZIBASERESHT H.
Earth and Planetary Science Letters   147 1-7   1997年   [査読有り]
角和 善隆, 豊田 和弘
地質學雜誌   102(2) 139-142   1996年2月
KAKUWA Yoshitaka
Palaeogeography Palaeoclimatology Palaeoecology   121(1/2) 35-51   1996年   [査読有り]
Preliminary results of paleomagnetic study on the Cambrian to the Triassic rocks of the Alborz, Northeast Iran.
MATSUMOTO Ryo, ZHENG Z., KAKUWA Yoshitaka, HAMDI B., KIMURA Hiroto
Jour. Fac. Sci., Univ. Tokyo Sec. II   22 233-249   1995年   [査読有り]
Sedimentary petrographical, geochemical and sedimentological aspects of Triassic-Jurassic bedded cherts in Southwest Japan.
KAKUWA Yoshitaka
Siliceous, Phosphatic and Glauconitic Sediments of the Tertiary and Mesozoic   233-248   1994年   [査読有り]

主な調査地域

 
2018年5月   日本海北西部における海底調査
2018年5月に、ロシア太平洋研究所(POI)との共同研究で、日本海北西縁部の日本海盆北部からタタール海盆にかけて海底掘削を行い、コア試料を採取した。目的は、日本海東縁部にはメタンハイドレートが顕著に胚胎するが、反対側ではどのような地質状況かを知り、ハイドレートの集積要因についての考察を行うことである。多くの知見を得て、3週間の航海は無事終了した。成果については順次発表の予定。
2017年6月   日本海東縁部に胚胎するメタンハイドレートの調査
2008年から、毎年日本海東縁部に胚胎するメタンハイドレートの調査航海に参加し、海底堆積物を掘削し、コア試料を回収。メタンハイドレートの産状や堆積物の記載・分析を行い、日本海の環境変動についての研究も行っている。成果は、順次好評の予定。すでに公表したものは業績リスト参照。
2014年10月   カザフスタンのカンブリア系ーオルドビス系チャート
カザフスタン南部、バルハシ湖南端のブルバイタル周辺で、カンブリア紀後期からオルドビス紀中期の放散虫チャートの産状観察と、試料採取を行った。
2013年10月   カナダ、ニューファウンドランドのオルドビス系チャート
カナダ北東部、ニューファウンドランド島Exploit subzoneに分布するオルドビス紀放散虫チャートの産状観察と試料採取を行った。
2012年9月   オーストラリア南東部、オルドビス系チャート調査
オーストラリア南東部、Lachlan褶曲帯のカンブリア紀後期からオルドビス紀後期にかけての放散虫チャートの産状観察と試料採取を行った。またWollongong大学Fergusson教授と面会し情報交換を行った。
2009年9月   オーストラリア南東部、Tamworth地域オルドビス系ー石炭系チャート調査
オーストラリア東部のNew England 褶曲帯のオルドビス紀から石炭紀にかけてのさまざまな放散虫チャートの産状観察と、試料採取を行った。Mcquarie大学のJohn Talent名誉教授、Ruth Mawson教授、Terry Fure-Greig博士らとともに調査を行った。
2008年9月   スコットランド南部、オルドビス系チャート調査
スコットランド南部、Southern Uplandsに分布するオルドビス紀の放散虫チャートの産状観察と試料採取を行った。その際、英国地質調査所 Jim Floyd博士は調査地域の概要を現地で紹介していただき、試料送付などでお世話になった。
2007年9月   ネパール ジュラ系炭酸塩岩調査
ネパール中西部のJomsom周辺に分布するジュラ系の浅海に堆積した炭酸塩岩層について、特にT/J境界、Toarcian Anoxic Eventに注目して調査、試料の採取を行った。調査はTribhuvan大学との共同研究として行われた。
2007年3月   オーストラリア南東部Narooma地域、オルドビス系チャート調査
2000年からたびたび訪れているオーストラリア南東部のLachlan褶曲帯の調査を行った。2007年は南部のNarooma地域で行った。
2003年3月   オーストラリア南東部Malacoota地域、オルドビス系チャート調査
オーストラリア南東部、Lachlan褶曲帯の南部に相当するMalacoota地域Seal Creekにてオルドビス紀チャートの生痕化石を詳細に検討した。
1999年   南中国における古生代珪質岩の研究1
南中国に分布する、古生代の珪質岩、特にデボン紀後期のフラニアン・ファメニアン境界、ペルム紀・三畳紀境界に注目して、その当時の環境変動について考察することを目的とした。中国地質大学武漢の夏教授との共同研究として行った。
1999年3月と2001年1月に行った。
1993年   イランにおける炭素同位体比変動にもとづく顕生代の環境変動の研究
イランにおいて、プレカンブリアからジュラ紀に至る時代の炭酸塩岩層の岩相を調査し、特に炭素同位体比を分析して、特にプレカンブリア・カンブリア境界、顕生代における生物大量絶滅事件など環境変動のあった前後について原因の考察を行うことが目的である。1993年から2001年までの間で7回にわたって調査に参加した。イラン地質調査所、シスタンバルチスタン大学ほかとの共同研究であった。

Misc

 
大井剛志, 角和善隆, 秋葉文雄, 石浜佐栄子, 須貝俊彦
堆積学研究   74(1) 106   2015年6月
角和善隆, 中嶋健, 富山隆將, 町山栄章, 石濱佐栄子, 松本良
堆積学研究   72(1) 77   2013年7月
松本 良, 角和 善隆, 相沢 省一
立教大学原子炉利用共同研究成果報告書   (26) 44-48   1999年
松田 博貴, 藤澤 昭子, 藤代 典子, 角和 善隆, 狩野 彰宏, 川村 寿郎, 木田 進太郎, 木村 浩人, 松本 良, 沖村 雄二, 佐野 弘好
地質學雜誌   101(11) XXXV-XXXVIII   1995年11月
松本 良, 角和 義隆, 木村 浩人, HAMDI B.
地質學雜誌   101(8) XXI-XXII   1995年8月
松田 博貴, 藤澤 昭子, 藤代 典子, 角和 善隆, 狩野 彰宏, 川村 寿郎, 木田 進太郎, 木村 浩人, 松本 良, 沖村 雄二, 佐野 弘好
地質学雑誌   101(11) XXXV-XXXVIII   1995年

講演・口頭発表等

 
日本海東縁部の掘削コアから「初めて」発見されたikaiteの地質学的意義
角和 善隆
日本地質学会第125年学術大会   2018年12月1日   
Comparative study on chemical and mineralogical compositions of mud from methane hydrate-bearing core and methane hydrate-free core in the eastern margin of the Sea of Japan.
角和 善隆
International Sedimentological Congress 2018   2018年8月14日   
Significance of trace fossils in radiolarian chert during the Phanerozoic: with special reference to red chert problem
角和 善隆
The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists   2017年   
Occurrence of methane hydrate in Joetsu area, the eastern margin of Japan Sea
KAKUWA Yoshitaka, TANAHASHI Manabu, HIRUTA Akihir, MATSUMOTO Ryo
16th International Congress on Gas Hydrates   2017年   
日本海東縁、上越沖の海鷹海脚における表層ガスハイドレート「濃集層準」の認定
角和善隆、大川史郎、棚橋 学、大井剛志、松本 良
日本地球惑星科学連合   2017年   
日本海浅層ガスハイドレートはどこにどのように胚胎しているか
角和 善隆、棚橋 学、松本 良
鳥取国際メタンハイドレート・フォーラム   2017年3月15日   
The occurrence of macro- and mesoscopic methane hydrate in the eastern margin of Japan Sea
角和 善隆
American Geophysical Union   2016年11月   
最上トラフのガスチムニー構造掘削コアに見られるメタンハイドレート濃集層の周期性
角和 善隆、蛭田 明宏、棚橋 学、松本 良
日本地質学会   2016年9月   
日本海東縁の表層型メタンハイドレートの濃集帯形成に関する作業仮説
角和 善隆、蛭田 明宏、柿崎 喜宏、松本 良
日本惑星地球科学連合   2016年5月   
Lithology of Cambrian to Ordovician radiolarian chert in Kazakhstan with special reference to trace fossils
角和 善隆
日本惑星地球科学連合   2016年5月   
赤色チャートにおける生痕化石の問題
角和 善隆
日本堆積学会   2016年3月5日   
日本海東縁に分布する表層型メタンハイドレートの産状と分布 -「白嶺」によるガスチムニー掘削(HR14)の結果報告
角和 善隆、松本 良、白嶺乗船者一同
日本惑星地球科学連合   2015年5月   
カナダ北東部、ニューファウンドランド島に分布するオルドビス系チャート・珪質岩に発達する生痕化石
角和 善隆
日本惑星地球科学連合   2015年5月   
遠洋性チャートに記録された底生生物の進化 - スコットランドのオルドビス系珪質岩
角和 善隆
日本堆積学会   2015年3月26日   
日本海東縁上越海盆の表層ガスハイドレート分布域で掘削したMD179コアでの海底地すべりの研究
角和善隆・中嶋 健・松本 良
日本地球惑星科学連合   2012年5月   
最終氷期の日本海における流氷の盛衰とその意義
角和善隆・中嶋健・富山隆將・町山栄章・石浜佐栄子・松本良
日本堆積学会   2011年4月   
カンブリア紀からオルドビス紀の放散虫チャートに見られる生痕化石の変遷
角和 善隆, John Webb
日本堆積学会   2009年   
Origin of so-called thrombolite of the Permian/Triassic boundary, Abadeh, Iran.
角和 善隆、松本 良
17th International Sedimentological Congress   2006年   
Frasnian/Famennian and Devonian/Caroboniferous boundaries identified in the deep-sea chert of Bancheng, South China.
角和 善隆、XIA Wenchen, WANG Guoqing, ZHANG Ning
17th International Sedimentological Congress   2006年   
Deep-sea anoxia archived in radiolarian chert successions; Late Devonian, Permian/Triassic boundary and early Toarcian.
角和 善隆
17th International Sedimentological Congress   2006年   
δ13C Excursion across the Permian-Triassic boundary of two Iranian sections - revisited.
角和 善隆、松本 良
24th Regional meeting of the International Association of Sedimentologists   2005年   
Trace fossils of Ordovician Seal Creek Chert, Australia.
角和 善隆、WEBB John
First International Congress on Ichnology   2004年   
角和 善隆, 夏 文臣, 王 国慶
日本地質学会学術大会講演要旨   2003年9月10日   
Bioturbation of Permian to Jurassic radiolarian chert sequences, southwest Japan.
角和 善隆
1st Intenational Meeting of Paleontological Congress   2002年   
Gharaie M.Hosein Mahmudy, Matsumoto Ryo, Kakuwa Yoshitaka
日本地質学会学術大会講演要旨   2001年9月20日   
Evaluation of paleo-oxygenation of oceanic bottom across the Permo-Triassic boundary by ichnofabric analysis of radiolarian chert sequences.
角和 善隆
9th Meeting of International Associaction of Radiolarian Paleontologists   2000年   
角和 善隆, 上野 勝美, 松本 良
日本地質学会学術大会講演要旨   1999年10月5日   
Cerium negative excursion just before the Permian and Triassic boundary of Jolfa, northwest Iran.
角和 善隆
Internat. Conf. Pangea and the Paleozoic-Mesozoic Transition   1999年   
角和 善隆, 松本 良, 狩野 彰宏, 上野 勝美, 町山 栄章, 渡辺 大輔
日本地質学会学術大会講演要旨   1997年9月30日   
松本 良, 角和 善隆, 木村 浩人, 相沢 省一
日本地質学会学術大会講演要旨   1997年9月30日   
渡辺 大輔, 猪郷 久治, 上野 勝美, 角和 善隆, 松本 良
日本地質学会学術大会講演要旨   1996年3月20日   
角和 善隆
日本地質学会学術大会講演要旨   1996年3月20日   
木村 浩人, 松本 良, 角和 善隆, Hamdi Bahaeddin
日本地質学会学術大会講演要旨   1996年3月20日   
角和 善隆
日本地質学会学術大会講演要旨   1995年3月20日   
木村 浩人, 松本 良, 角和 善隆, Bahaeddin Hamido
日本地質学会学術大会講演要旨   1995年3月20日   
松本 良, 角和 義隆, 木村 浩人, Hamdi B.
日本地質学会学術大会講演要旨   1995年3月20日   
Extinction and recovery of radiolarians across the Permo-Triassic boundary in bedded chert formations of southwest Japan.
角和 善隆
7th meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists   1994年   
角和 善隆
日本地質学会学術大会講演要旨   1993年3月25日   
Permo-Triassic boundary event recorded in bedded chert formations of southwest Japan.
角和 善隆
Global Boundary Events - An Interdisciplinary Conference.   1993年   
Sedimentary petrographical, geochemical and sedimentological aspects of Triassic-Jurassic bedded cherts in Southwest Japan.
角和 善隆
Internatianal Geological Congress   1992年   
角和 善隆
日本地質学会学術大会講演要旨   1989年4月25日   
MnO content and sedimentation rate of radiolarian bedded chert.
飯島 東、角和 善隆
First International Conference on Radiolaria   1988年   
Sedimentary petrographical studies on the Triassic to Jurassic bedded chert in the Ashio, Mino and Tamba terranes in Japan.
角和 善隆
First International Conference on Radiolaria   1988年