Arai Hirokazu

J-GLOBAL         Last updated: Mar 13, 2019 at 15:52
 
Avatar
Name
Arai Hirokazu
URL
http://health.sports.coocan.jp/
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Letters, Department of Psychology
Job title
Professor
Other affiliation
Hosei UniversityHosei University
Research funding number
30419460
Twitter ID
hirokazuarai

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 1994
 - 
Mar 1998
Department of Psychology, Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities), Nihon University
 
Apr 1998
 - 
Mar 2000
健康科学専攻, Graduate School, Division of Human Science, Waseda University
 
Apr 2000
 - 
Mar 2003
健康科学専攻, Graduate School, Division of Human Science, Waseda University
 

Awards & Honors

 
Mar 2009
日本行動医学会「第10回内山記念賞」
 
Mar 2006
平成17年度社団法人全国大学体育連合「大学体育教育賞」
 
Mar 2004
平成15年度社団法人全国大学体育連合「大学体育奨励賞」
 
Dec 2003
平成15年度日本スポーツ心理学会「学会賞奨励賞」
 

Published Papers

 
Arai Hirokazu
Japanese Journal of Psychosomatic Medicine   59(1) 15-21   2019
<p>The popularity of sports in our country is nearing a peak as the Olympic and Paralympic Games will be held in Tokyo in 2020. However, athletes who are the central characters in sports often have psychosomatic problems. Therefore, it is necessar...
Kanazawa Junichiro, Enomoto Kyosuke, Suzuki Fumiya, Arai Hirokazu
Japanese Journal of Psychosomatic Medicine   59(1) 47-51   2019
<p>Neurodevelopmental Disorder in adult population is now drawing attention in Japan, and this tendency needs to be considered in the field of sports. In this study, university athletes answered the questionnaires about ADHD and concussion which w...
青柳 健隆, 荒井 弘和, 岡 浩一朗
関東学院大学経済経営研究所年報   40 7-12   Mar 2018
中学校および高等学校の運動部活動では,顧問の負担が大きいことが問題となっている。顧問の負担軽減のために,指導・運営力の向上が有効な可能性があるが,研究は不足している。そこで本研究では,顧問の指導・運営力と,指導および運営に対する負担感の関連を明らかにすることを目的とし,社会調査会社に登録している公立の中学校および高等学校の教員で運動部活動を指導している者211名に対し,Webによる質問紙調査を実施した。その結果,非専門で保健体育以外の顧問よりも専門で保健体育以外の顧問および保健体育担当の顧...
額賀 將, 鈴木 郁弥, 秋葉 茂季, 飯田 麻紗子, 荒井 弘和
スポーツ産業学研究   28(1) 1_75-1_84   2018   [Refereed]
青柳 健隆, 石井 香織, 柴田 愛, 荒井 弘和, 岡 浩一朗
スポーツ産業学研究 = Journal of Japan Society of Sports Industry   27(3) 245-256   Jul 2017   [Refereed]
AOYAGI Kenryu, ISHII Kaori, SHIBATA Ai, ARAI Hirokazu, OKA Koichiro
スポーツ産業学研究   27(3) 299-309   Jan 2017   [Refereed]
スポーツパフォーマンス向上のためのアクセプタンスおよびマインドフルネスに基づいた介入研究のシステマティックレビュー 
深町花子・荒井弘和・石井香織・岡浩一朗
行動療法研究   43 61-69   2017   [Refereed]
受傷アスリートとそのチームメイトが持つ認識の明確化
鈴木郁弥・荒井弘和
スポーツ産業学研究   27 37-47   2017   [Refereed]
深町 花子, 灰谷 知純, 石井 香織, 荒井 弘和, 熊野 宏昭, 岡 浩一朗
人間科学研究   29(2) 173-180   2016
中高年期・高齢期を対象とした夫婦関係における効力感と主観的幸福感との関連
荒井弘和・中原純・塩崎麻里子・藤田綾子
老年精神医学雑誌   27 92-96   2016   [Refereed]
大学生アーチェリー選手のパフォーマンス向上へのアクセプタンス&コミットメントセラピーの適用事例
深町花子・石井香織・荒井弘和・岡浩一朗
行動療法研究   42 413-423   2016   [Refereed]
フィギュアスケート観戦のプロダクト構造: 競技的要素に着目して
井上尊寛・松岡宏高・竹内洋輔・荒井弘和
スポーツマネジメント研究   8 3-15   2016   [Refereed]
Aoyagi, K., Ishii, K., Shibata, A., Arai, H., Fukamachi, H., & Oka, K.
Journal of Physical Education and Sport   16 806-815   2016   [Refereed]
Characteristics of Japanese collegiate athletes with motivation and feasibility for coaching in junior high and high school extracurricular sports activities
Aoyagi, K., Arai, H., Ishii, K., Shibata, A., & Oka, K.
International Journal of Coaching Science   10 115-126   2016   [Refereed]
障がいを持つトップアスリートの心理的競技能力と心理的well-beingの関連 
山﨑将幸・内田若希・荒井弘和・橋口泰一・吉田聡美
アダプテッド・スポーツ科学   14 25-32   2016   [Refereed]
Potential external coaches’ perceptions of facilitators and barriers for engaging in school-based extracurricular sports activities
Aoyagi, K., Ishii, K., Shibata, A., Arai, H., & Oka, K.
International Journal of Coaching Science   10 65-79   2016   [Refereed]
Perception of Japanese collegiate athletes about the factors related to mentoring support
Arai, H., Suzuki, F., & Akiba, S.
Journal of Physical Education Research   3(4) 12-24   2016   [Refereed]
競技スポーツの試合場面における円陣行動に対する実践者の認識―大学女子バスケットボールチームを事例として―
日比千里・青柳健隆・荒井弘和・守屋志保・岡浩一朗
スポーツ産業学研究   25 11-24   Mar 2015   [Refereed]
大平 誠也, 荒井 弘和
発育発達研究   2015(68) 10-16   2015   [Refereed]
The aim of this study was to develop an affect scale using simple words and facial images in exercise, which can be used in children and people with disabilities to understand verbal expression. This scale consists of simple words and facial image...
The relationship between obtaining fecal occult blood test and beliefs regarding testing among Japanese
Taniguchi, T., Hirai, K., Harada, K., Ishikawa, Y., Nagatsuka, M., Fukuyoshi, J., Arai, H., Mizota, Y., Yamamoto, Y., Saito H., & Shibuya, D.
Health Psychology and Behavioral Medicine   3 251-262   2015   [Refereed]
Expected qualifications for external coaches in school-based extracurricular sports activities
Aoyagi, K., Ishii, K., Shibata, A., Arai, H., & Oka, K.
Journal of Educational and Social Research   5 53-60   2015   [Refereed]
青柳 健隆, 石井 香織, 柴田 愛, 荒井 弘和, 深町 花子, 岡 浩一朗
体育学研究   60(1) 267-282   2015   [Refereed]
青柳 健隆, 石井 香織, 柴田 愛, 荒井 弘和, 深町 花子, 岡 浩一朗
体育学研究   60(2) 783-792   2015
Journal of Physical Education and Sport   15 64-69   Mar 2015   [Refereed]
運動部活動における潜在的外部指導者の社会人口統計学的特徴
青柳健隆・石井香織・柴田愛・荒井弘和・岡浩一朗
スポーツ産業学研究   24 185-194   Sep 2014   [Refereed]
スポーツチームの一体感と組織風土との関係性―コミュニケーションを起点とした一体感向上へのアプローチ方法の検討―
山田快・荒井弘和・中澤史・川田裕次郎・上村明・北村薫・広沢正孝
スポーツ産業学研究   24 113-128   Sep 2014   [Refereed]
How to outsource coaching in school-based extracurricular sports activities: Evaluating perceptions of external coaches
Aoyagi, K., Ishii, K., Shibata, A., Arai, H., & Oka, K.
International Journal of Education   6 101-118   Sep 2014   [Refereed]
小学校体育授業に伴う一過性の感情が長期的な感情に与える影響
大平誠也・山村優介・荒井弘和
子どもと発育発達   12 66-69   Apr 2014   [Refereed]
Relationships between self-efficacy and collective efficacy at the family/community level and mental health among families of Special Olympics athletes
International Journal of Sport and Health Science   12 11-16   Feb 2014   [Refereed]
Involvement of college athletes in sports for people with disabilities
Arai, H
International Journal of Sport and Health Science   11 101-108   Nov 2013   [Refereed]
Harada, K., Hirai, K., Arai, H., Ishikawa, Y., Fukuyoshi, J., Hamashima, C., Saito, H., & Shibuya, D.
Health Communication   28 709-717   Oct 2013   [Refereed]
Hirai, K., Harada, K., Seki, A., Nagatsuka, M., Arai, H., Hazama, A., Ishikawa, Y., Hamashima, C., Saito, H., & Shibuya, D.
Psycho-Oncology   22 2339-2346   Oct 2013   [Refereed]
スペシャルオリンピックスのボランティアコーチの活動に関連する要因
志賀真珠美・荒井弘和
スポーツ産業学研究   23 241-247   Sep 2013   [Refereed]
心理的パフォーマンスに対するコレクティブ・エフィカシーの関連要因と増強方略 
荒井弘和
スポーツ産業学研究   23 165-175   Sep 2013
Aoyagi, K., Ishii, K., Shibata, A., Arai, H., Hibi, C., & Oka, K.
Journal of Physical Education and Sport   13 127-134   Aug 2013   [Refereed]
Facilitators and barriers of external coaches' involvement into school-based extracurricular sports activities: A qualitative study
Aoyagi, K., Ishii, K., Shibata, A., Arai, H., Hibi, C., & Oka, K.
Advances in Physical Education   3 116-124   Aug 2013   [Refereed]
Factors associated with teachers' recruitment and continuous engagement of external coaches in school-based extracurricular sports activities: A qualitative study
Aoyagi, K., Ishii, K., Shibata, A., Arai, H., Hibi, C., & Oka, K.
Advances in Physical Education   3 62-70   May 2013   [Refereed]
大学生陸上競技選手を対象とした一体感向上のための短期ワークショップ型ファシリテーションプログラムの効果
荒井弘和・青柳健隆・日比千里
スポーツ産業学研究   23(1) 101-106   Mar 2013   [Refereed]
原田和弘・平井啓・荒井弘和・所昭宏
行動医学研究   19(1) 17-24   Mar 2013   [Refereed]
障害者の運動とメンタルヘルス
体育の科学   63(1) 27-31   Jan 2013
肺がん患者への身体活動支援の実際
荒井弘和・原田和弘・平井啓・所昭宏
体育の科学   62 125-129   Feb 2012
栄養教諭の食育指導の現状と今後の実践活性化への糸口
大平誠也・荒井弘和
保健の科学   53 849-855   Dec 2011   [Refereed]
競技者における心理的パフォーマンスに対するコレクティブ・エフィカシーとその関連要因
体育学研究   56 229-238   Jun 2011   [Refereed]
乳がん検診に対する態度の測定
関愛子・平井啓・長塚美和・原田和弘・荒井弘和・狭間礼子・石川善樹・濱島ちさと・斉藤博・渋谷大助
厚生の指標   58(2) 14-20   Feb 2011   [Refereed]
荒井弘和・小嶋宏子・山崎由美
日本健康教育学会誌   19 15-25   Feb 2011   [Refereed]
荒井弘和・所昭宏・平井啓・野長さおり・小林博美・井上亜由美・上砂陽子・田中孝浩
心身医学   50 667-673   Jul 2010   [Refereed]
荒井弘和・竹中晃二
体育学研究   55 111-124   Jun 2010   [Refereed]
Arai, H., Hirai, K., Harada, K., & Tokoro, A.
International Journal of Sport and Health Science   8 15-21   Jun 2010   [Refereed]
大学初年次生の生活習慣と取得単位数の関係
木内敦詞・中村友浩・荒井弘和・浦井良太郎・橋本公雄
大学体育学   7 69-76   Mar 2010   [Refereed]
中高年を対象とした健康不安感尺度作成と信頼性・妥当性の検討
鈴木宏和・長塚美和・荒井弘和・平井啓
厚生の指標   57(1) 21-27   Jan 2010   [Refereed]
運動行動の変容ステージに対応した体育授業プログラムが大学生の運動習慣に与える効果
荒井弘和・木内敦詞・浦井良太郎・中村友浩
体育学研究   54 367-379   Dec 2009   [Refereed]
長塚美和・荒井弘和・平井啓
行動医学研究   15 61-68   Aug 2009   [Refereed]
家族で参加するアダプテッド・スポーツプログラムに伴う精神的健康の変化: 知的障害者の親を対象として 
荒井弘和・中村友浩
障害者スポーツ科学   7 55-60   Jun 2009   [Refereed]
荒井弘和・中村友浩
体育学研究   54 213-219   Jun 2009   [Refereed]
木内敦詞・荒井弘和・浦井良太郎・中村友浩
体育学研究   54 145-159   Jun 2009   [Refereed]
体育実技終了時のセルフ・モニタリングが運動の意思決定バランスと身体活動量に及ぼす効果
木内敦詞・荒井弘和・浦井良太郎・中村友浩・橋本公雄
大学体育学   6 3-11   Mar 2009   [Refereed]
Arai, H., Nagatsuka, M., & Hirai, K.
International Journal of Sport and Health Science   6 188-193   Mar 2009   [Refereed]
Hirai, K, Arai, H., Tokoro, A., & Naka, N.
Psychology and Health   24 149-160   Feb 2009   [Refereed]
Hirai, K., Shiozaki, M, Motooka, H, Arai, H., Koyama, A., Inui, H., & Uchitomi, Y.
Psycho-Oncology   17 1172-1179   Feb 2009   [Refereed]
木内敦詞・荒井弘和・浦井良太郎・中村友浩
体育学研究   53 329-342   Dec 2008   [Refereed]
Arai, H., Nagatsuka, M., & Hirai, K.
BioPsychoSocial Medicine   2 17   Dec 2008   [Refereed]
知的障害のある者とその親が参加したアダプテッド・スポーツプログラムの恩恵と負担の探索的検討
荒井弘和・上田暁史
障害者スポーツ科学   6 33-39   Aug 2008   [Refereed]
荒井 弘和
The Japanese journal of stress sciences   22(4) 274-282   Mar 2008
傷害をおった学生を対象とした大学体育授業の実践研究
荒井弘和
大学体育学   5 35-44   Mar 2008   [Refereed]
知的障害のある者の家族介護者におけるストレス・マネジメントおよび運動行動の変容ステージ
荒井弘和
ストレス科学   22 274-282   Mar 2008   [Refereed]
荒井弘和・岡浩一朗・竹中晃二
行動医学研究   14 30-35   Mar 2008   [Refereed]
原田和弘・平井啓・荒井弘和・岡浩一朗・中村好男
行動医学研究   14 21-29   Mar 2008   [Refereed]
運動がメンタルヘルスに与える影響
荒井弘和
保健の科学   50 100-104   Feb 2008
大学生アスリートのメンタルヘルスとスポーツ集団の組織風土
小室啓子・荒井弘和・竹中晃二
体育の科学   58 127-132   Feb 2008   [Refereed]
小学校教員を対象とした「基本の運動」指導に関する調査研究: 指導の困難さおよび指導阻害要因の検討
荒井弘和・大平誠也・上田暁史・梅田幸博・江上知男
体育の科学   57 782-788   Oct 2007   [Refereed]
荒井弘和・堤俊彦
行動医学研究   13 6-13   Aug 2007   [Refereed]
大学生競技者における心理的パフォーマンスに対するセルフ・エフィカシー
荒井弘和・大場ゆかり・岡浩一朗
体育測定評価研究   6 31-38   Mar 2007   [Refereed]
一過性運動研究における代表的な感情測定尺度:STAIとPOMSの特徴と限界
荒井弘和・中村菜々子・竹中晃二
ストレス科学   26 172-178   Dec 2006   [Refereed]
Arai Hirokazu, Nakamura Tomohiro
Research of physical education   51(6) 793-799   Nov 2006
The purpose of this study was to examine the influences on the affect of parents of individuals with intellectual disabilities through participation in an intensive sport program. Six parents of individuals with intellectual disabilities who parti...
知的障害のある者の親がアダプテッド・スポーツプログラムに参加することによる感情の変化
荒井弘和・中村友浩
体育学研究   51 793-799   Nov 2006   [Refereed]
子どもにとっての心地よい走運動―心地よさはくり返されるのか―
大平誠也・荒井弘和・渡辺泰生
子どもと発育発達   4 184-188   Oct 2006
塩崎麻里子・平井啓・所昭宏・荒井弘和・中宣敬
心身医学   46 883-890   Oct 2006   [Refereed]
荒井弘和・平井啓・所昭宏・中宣敬
行動医学研究   12 1-7   Sep 2006   [Refereed]
走塁セルフ・エフィカシー尺度の開発およびその有効性の検討
木内敦詞・荒井弘和
体育学研究   51 677-688   Sep 2006   [Refereed]
The effects of an intervention program aimed at lifestyle modification on sedentary behavior in male students of a Japanese university
Arai, H., Kiuchi, A., Ishii, T., Urai, R., & Nakamura, T.
School Health   2 9-16   Aug 2006   [Refereed]
Evaluation of the relationship between sedentary behavior and physical activity and the correlation factor of sedentary behavior in male university students
Arai, H., Kiuchi, A., Ishii, T., Urai, R., & Nakamura, T.
School Health   2 1-8   Aug 2006   [Refereed]
荒井弘和・中村友浩・木内敦詞・浦井良太郎
心身医学   46 667-676   Jul 2006   [Refereed]
スポーツによるこころの発達と健康
荒井弘和
体育の科学   56 447-450   Jun 2006
Arai Hirokazu, Nakamura Tomohiro
Research of physical education   51(3) 341-350   May 2006
This study was conducted to examine the influence of a university physical education program on the volume of physical activity in male university students with disabilities. Three university freshmen who attended a health-related physical activit...
知的障害のある者の親における定期的な運動習慣とメンタルヘルスの関連
荒井弘和・中村友浩
障害者スポーツ科学   4 47-52   May 2006   [Refereed]
荒井弘和・中村友浩
体育学研究   51 341-350   May 2006   [Refereed]
荒井弘和・中村友浩・木内敦詞・浦井良太郎
心身医学   46 369-375   May 2006   [Refereed]
行動科学に基づいた体育授業プログラムが男子大学生の不安・抑うつ傾向に与える影響
荒井弘和・中村友浩・木内敦詞・浦井良太郎
体育測定評価研究   5 21-25   May 2006   [Refereed]
身体活動ピラミッドの概念と行動変容技法による大学生の身体活動増強
木内敦詞・荒井弘和・浦井良太郎・中村友浩
大学体育学   3 3-14   Mar 2006   [Refereed]
荒井 弘和, 大場 ゆかり, 岡 浩一朗
Japan journal of test and evaluation of physical education and sports   6 31-38   2006
Shiozaki Mariko, Hirai Kei, Tokoro Akihiro, Arai Hirokazu, Naka Nobuyuki
Japanese Journal of Psychosomatic Medicine   46(10) 883-890   2006
We conducted a questionnaire survey for 98 lung cancer patients to examine perceived support network size and to explore variables predicting the support size. As a result, the median of support size is 3, the average of support size is 4.3±2.8 (m...
心地よい走運動中に用いる認知的方略の違いが児童の感情に与える影響
大平誠也・荒井弘和・信國満徳
体育の科学   55 955-960   Dec 2005   [Refereed]
荒井弘和・中村友浩・木内敦詞・浦井良太郎
心身医学   45 865-871   Nov 2005   [Refereed]
荒井弘和・岡浩一朗・堤俊彦・竹中晃二
行動医学研究   11 1-6   Sep 2005   [Refereed]
心理的競技能力を増強する方略の探索的検討: 特定の大学野球選手を対象として
荒井弘和・木内敦詞・大室康平・岡浩一朗・大場ゆかり
スポーツ心理学研究   32(1) 39-49   Sep 2005   [Refereed]
体育の宿題が大学生の日常身体活動量と健康関連体力に及ぼす効果
木内敦詞・荒井弘和・中村友浩
スポーツ教育学研究   25 1-9   Jul 2005   [Refereed]
荒井弘和・木内敦詞・中村友浩・浦井良太郎
体育学研究   50 459-466   Jul 2005   [Refereed]

Misc

 
村上 貴聡, 宇土 昌志, 平木 貴子, 崔 回淑, 荒井 弘和, 立谷 泰久
健康科学 = Journal of health science   40 65-74   2018
大平 誠也, 中家 良太, 鈴木 郁弥, 荒井 弘和
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (35) 79-84   Mar 2017
本研究の目的は、児童を対象にキャッチバレーボール教材において、モチベーションビデオ(以下、MV)視聴による実践に取り組むことで集団効力感の向上を図ることであった。対象は、兵庫県尼崎市A小学校の5年生児童38名(男子18名、女子20名)であり、本研究は、平成27年11月―12月に8時限構成で実施された。集団効力感の測定には、児童を対象に開発された集団効力感尺度を用いた。MV視聴を通して集団効力感が向上したかどうか確認するため、授業実施前後の集団効力感の平均値に差があるかどうか、対応のあるt検...
大平 誠也, 荒井 弘和
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (34) 35-39   Mar 2016
本研究の目的は,快適な走りを求める運動における強度設定方法の相違が感情変化に与える影響を同一尺度で,比較・検討することであった。本研究の対象は,熊本県上益城郡に在住する小学校6年生児童109名であった。運動強度の設定方法は,自己の心地よさに基づくもの(以下,心地よい走運動)と個人の60%HRmax を計算式で求めて目標とするもの(以下,ニコニコペース走)で,どちらも10分間実施した。測定項目は,心拍数,感情測定,内省報告であった。その結果,快適な走りを求める運動は異なる方法を用いても最高心...
荒井 孝行, 鈴木 郁弥, 荒井 弘和
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (34) 11-15   Mar 2016
本研究の目的は,大学生競技者を対象として,質問紙を用いてスポーツチームの「問題児」とされている選手に対するコミュニケーションについて検討を行うことであった。4年制大学の体育会運動部に在籍する大学生競技者を対象に,横断的調査を行った。重回帰分析を行った結果,ネガティブコーピングを従属変数とした場合の重回帰分析の結果は,Big Five尺度の誠実性のみが有意に寄与していた。ポジティブコーピングを従属変数とした場合の重回帰分析では,これもネガティブコーピングと同じ誠実性が有意に寄与していた。これ...
榎本 恭介, 荒井 弘和, 吉村 浩一, 金城 光
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (35) 11-14   Mar 2017
本研究は、スポーツ経験(経験年数やスポーツを通した成長感など)とレジリエンス(困難を克服する能力)の関連性を明らかにすることを目的としている。レジリエンスの測定については平野(2010)が提案した、持って生まれた気質と関連の強い資質的レジリエンスと、後天的に身につけやすい獲得的レジリエンスに分けて検討することのできる二次元レジリエンス要因尺度を用いた。研究は、大学生と大学院生を対象にweb質問紙調査により行った。175名(男性89名、女性86名、平均年齢は21.37±1.26)のデータの分...
鈴木 尚幸, 鈴木 郁弥, 荒井 弘和
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (34) 17-23   Mar 2016
本研究では,5つの集団エンターテイメント (スポーツバー・複合スポーツアトラクション施設・ロックフェスティバル・ビアガーデン・サバイバルゲーム) への参加に,行動の変容ステージを適用して研究を行った。5つの集団エンターテインメントごとに行動の変容ステージを設定し,それぞれの集団エンターテインメントに関連する要因(メリットとデメリット)に関するデータを収集した。メリット因子・デメリット因子を各エンターテイメントの参加行動の変容ステージごとに比較した結果,メリット因子については,全ての集団エン...
平木 貴子, 村上 貴聡, 宇土 昌志, 荒井 弘和, 立谷 泰久
研究紀要. 一般教育・外国語・保健体育 = Research bulletin. 日本大学経済学部 編   (83) 43-53   Jan 2017
堀川 杏奈, 鈴木 郁弥, 荒井 弘和
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (34) 25-33   Mar 2016
本研究では,艇のパフォーマンスがより高まるように,舵手が漕手に対してどのような声がけを行っているのかを明らかにした。参加者は,大学体育会ボート部に所属している,または,同部を引退した大学1―4年生の16名(男子10名,女子6名)であった。一対一の半構造化面接を行い,舵手の競技意欲を高めるための声がけ,舵手の一体感を高めるための声がけ,気候等の外的要因に対応するための声がけの3つの質問を行った。その結果,艇のパフォーマンス向上のために,舵手が漕手を大事にしていることがうかがえた。例えば,普段...
村上 貴聡, 平木 貴子, 宇土 昌志, 荒井 弘和, 立谷 泰久
東京理科大学紀要. 教養篇   (49) 69-85   2017
大平 誠也, 渡辺 薫, 遠藤 拓至, 鈴木 郁弥, 荒井 弘和
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (33) 21-25   Mar 2015
本研究では、小学校の昼休み時間(45分間)を利用したウォーキングにおいて、歩数のセルフモニタリングを課題として実施し、歩数と運動有能感の変化を検討することであった。対象は、6年生児童 30名(男14名、女16名)であった。データは、繰り返しのある分散分析で処理された。その結果、①平均歩数は約 2,000 歩で、交互作用は認められなかったが、性の主効果が認められた。②運動有能感を構成する ③要因(統制感、身体的有能さ、受容感)全てで交互作用は認められなかった。統制感・受容感については、時間の...
津野 千尋, 鈴木 郁弥, 荒井 弘和
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (33) 27-31   Mar 2015
本研究では、男女の月経前症候群に関するコミュニケーションを改善するための基礎的データを収集することを目的とした。関東圏にある四年制私立大学の大学生 93 名を対象に質問紙調査を実施した。分析の結果、症状の出現頻度が高い女性ほど、理解して欲しいと思っており、話しやすいと感じていることや、理解して欲しいと思っている女性ほど、話しやすいが、自責的萎縮感を感じていた。理解に対する意図では、「眠くなる」と「おりものが増える」の項目において、話しやすさでは、「腹痛がする」、「肌が荒れる」、および「月経...
大平 誠也, 山本 達朗, 榎本 恭介, 荒井 弘和
信愛紀要 = Journal of Wakayama Shin-ai Women's Junior College   (58) 49-55   2017
鈴木 郁弥, 荒井 弘和
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (33) 33-36   Mar 2015
本研究は、大学生競技者における栄養摂取行動の変容ステージを調査することを目的とした。3つの項目を用意し、大学生競技者を対象にインターネット調査を行った。248名(平均年齢は21.30±1.47歳、男性161名・女性87名)を対象に分析を行ったところ、食生活改善に対する変容ステージの度数分布は、無関心期12名、関心期78名、準備期96名、実行期62名となっていた。補給食摂取行動の変容ステージの度数分布は、無関心期41名、関心期90名、準備期34名、実行期21名、維持期62名であった。サプリメ...
清雲 栄純, 山本 浩, 杉本 龍勇, 荒井 弘和, 井上 尊寛
Japanese Journal of Sport Management   9(1) 39-40   2017
大平 誠也, 鈴木 郁弥, 中家 良太, 荒井 弘和, 辻 延浩
パイデイア : 滋賀大学教育学部附属教育実践総合センター紀要 : memoirs of the Center for Educational Research and Training, Shiga University   23 9-15   2015
本研究の目的は,体育授業を通した仲間づくりのための短期ワークショップ型ファシリテーションプログラムの効果をソーシャル・キャピタルの高まりから検討することである。児童の学級内SCの測定については,ソーシャル・キャピタルの3要素(ネットワーク・規範・信頼)を具体化した12項目で構成された尺度によって行った。さらに,ワークショップについて,①よかったところ,②わかったこと③こうしていれば良かったな(反省)についての自由記述を求めた。自由記述の内容についてはKJ法で整理された。結果は,F(2,70...
佐野 萌子, 鈴木 郁弥, 佐野 信, 荒井 弘和
地域イノベーション = Journal for regional policy studies : JRPS   (8) 47-59   2015
研究の概要(和文):本論文の目的は、NPO 法人川崎市法政トマホークス倶楽部に子どもを通わせる親を対象に、子どものスポーツ活動への参加度合いと地域コミュニティにおけるソーシャル・キャピタルとの関連を検討することである。対象者は、NPO 法人川崎市法政トマホークス倶楽部に所属する小学校1 - 6 年生の親57 名(男性29 名・女性28 名)であり、質問紙を用いた横断的調査を実施した。その結果、「地域交流」因子と「一般的な人への信頼」、「家族交流」因子と「友人とのつきあい」、「健康・楽しみ」...
中野 陽太, 鈴木 郁弥, 荒井 弘和
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (33) 37-39   Mar 2015
本研究の目的は、大学体育会運動部を対象として、性差に着目して、リーダー(キャプテン・主将)とサブリーダー(副キャプテン・副将)について詳細な検討を行うことであり、「大学生競技者は性別によって求めるリーダー像、サブリーダー像が異なる」という仮説を検証した。体育会運動部に所属する大学1~ 4年生87名を対象として、主将のリーダーシップ尺度を用いて、理想のリーダー像と理想のサブリーダー像を調査した。その結果、主将の「人間関係調整」のみにおいて、女子の方が有意に高いという結果が得られた。よって、仮...
島村 亜弓, 鈴木 郁弥, 荒井 弘和
地域イノベーション = Journal for regional policy studies : JRPS   (8) 61-73   2015
研究の概要(和文):本研究では、研究Ⅰとして、大学生を対象として半構造化面接を行い、お土産に対する認知(ポジティブ面やネガティブ面)を明らかにする。そして、得られた結果から尺度を作成する。その後、研究Ⅱで、大学生を対象とした質問紙調査によって、お土産購入頻度に関連する要因を明らかにする。具体的には、ポジティブな認知とネガティブな認知が購買行動にどのように影響するかどうかを検討する。その際、トポフィリアとコミュニティ・アイデンティティとの関連性も検討する。研究Ⅰは、大学生14 名として、個人...
リー アレクセイ・セルゲエビッチ, 鈴木 郁弥, 荒井 弘和
法政大学スポーツ研究センター紀要 = Bulletin of Sports Research Center, Hosei University   (32) 1-4   Mar 2014
This study included two surveys that investigated the susceptibility of collegiate athletes to mental pressure during competition. In Study 1, two focus groups (15 collegiate athletes, 6 males and 9 females) were investigated with the aim of estab...
青柳 健隆, 石井 香織, 柴田 愛, 荒井 弘和, 岡 浩一朗
笹川スポーツ研究助成研究成果報告書 = Sasakawa sports research grants   295-301   2015