YOSHIHIRO Takuya

J-GLOBAL         Last updated: Aug 28, 2019 at 22:29
 
Avatar
Name
YOSHIHIRO Takuya
Affiliation
Wakayama University
Section
Faculty of Systems Engineering, Department of Computer and Communication Sciences
Degree
Ph.D informatics(Kyoto University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2012
 - 
Today
Associate Professor, Faculty of Systems Engineering, Wakayama University
 
Apr 2009
 - 
Mar 2012
Lecturer, Faculty of Systems Engineering, Wakayama University
 
Apr 2003
 - 
Mar 2009
Assistant Professor, Faculty of Systems Engineering, Wakayama University
 

Published Papers

 
Takuya Yoshihiro,Yuji Kitamura,Anup Kumar Paul,Atsuo Tachibana,Teruyuki Hasegawa
2018 IEEE Wireless Communications and Networking Conference, WCNC 2018, Barcelona, Spain, April 15-18, 2018   1-6   2018   [Refereed]
Daichi Araki,Takuya Yoshihiro
32nd IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications, AINA 2018, Krakow, Poland, May 16-18, 2018   47-54   2018   [Refereed]
Takuya Yoshihiro,Daichi Araki,Hiroki Sakaguchi,Naoki Shibata
MONET   23(5) 1376-1393   2018   [Refereed]
Akihiro Fujimoto,Yukari Masui,Takuya Yoshihiro
International Journal on Information Processing (JIP)   26 140-147   2018   [Refereed]
Kiyotaka Kaji,Takuya Yoshihiro
International Journal on Information Processing (JIP)   26 116-123   2018   [Refereed]

Misc

 
Kiyotaka Kaji, Takuya Yoshihiro
IPSJ SIG technical reports   2014(13) 1-9   Nov 2014
モバイルアドホックネットワーク (MANET) は,モバイル端末を用いた無線マルチホップネットワーク構築技術として盛んに研究されている.しかし,通信が局所集中すると,深刻な輻輳が発生し,通信性能が低下することが一つの課題である.通信性能を向上するためには,輻輳領域を適応的に迂回するマルチパスルーティングが有効である.しかしながら,OLSR に代表されるプロアクティブ型ルーティングプロトコルでは,輻輳領域を柔軟に迂回できる予備経路の構築は,まだ実現されていない.そこで著者らはこれまでに,OL...
黒木 理佳, 吉廣 卓哉
情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT)   2008(15) 7-12   Mar 2008
無線通信網では、リンク品質の変動があるため、常に安定リンクを用いて通信することが望まれる。本稿では、リンクの安定度はそのリンクの通信継続時間で表されると考え、これに応じて動的にリンクコストを変動させることで、安定リンクを優先的に利用する経路制御方式を提案する。動的なコスト変更に際しては、経路ループ問題、及び経路反復問題を生じる。本稿ではこれらの問題に対する解決手法を提案し、その効果の検証を行った。It is known that the communication quality of w...
YOSHIHIRO Takuya, SHIMADA Masayuki, OKABE Yasuo, IWAMA Kazuo
IASTED Proc. of CCN 2002   15(6) 294-301   Jun 2002
We propose a new framework for stateless auto-configuration of IPv6 site-local addresses with “zero configuration.” When a router is connected to a link as the first router, it becomes the link leader and generates an address prefix wi...
YOSHIHIRO Takuya, ITO Hiro, OKABE Yasuo, IWAMA Kazuo
Carleton Scientific Proc. of SIROCCO 2002   102(140) 25-32   Jun 2002
Suppose that some particular link in the Internet is currently congested. Then a natural idea is to try to make packets bypass that link. This can be done by increasing the cost of that link intentionally, say from a_1 to a_2, since the Internet u...
Kiyotaka Kaji, Takuya Yoshihiro
研究報告高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)   2014(13) 1-9   Nov 2014
モバイルアドホックネットワーク (MANET) は,モバイル端末を用いた無線マルチホップネットワーク構築技術として盛んに研究されている.しかし,通信が局所集中すると,深刻な輻輳が発生し,通信性能が低下することが一つの課題である.通信性能を向上するためには,輻輳領域を適応的に迂回するマルチパスルーティングが有効である.しかしながら,OLSR に代表されるプロアクティブ型ルーティングプロトコルでは,輻輳領域を柔軟に迂回できる予備経路の構築は,まだ実現されていない.そこで著者らはこれまでに,OL...