OGAWA Tomoyuki

J-GLOBAL         Last updated: Apr 6, 2018 at 09:55
 
Avatar
Name
OGAWA Tomoyuki
E-mail
tomoyukiecei.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/b132d052cf5e30ccd44fbb87c9dbace3.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Department of Electronic Engineering Materials Engineering Solid State Physics
Job title
Assistant Professor
Degree
Ph.Dr.(Keio University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Jan 2008
 - 
Dec 2008
IEEE Magnetics Society Sendai Chapter, IEEE Sendai Section,  Treasurer
 
Apr 2008
 - 
Today
映像情報メディア学会 編集委員会 論文部門委員会  査読委員
 
May 2013
 - 
Apr 2017
日本磁気学会 企画委員会  企画委員
 
Jan 2016
 - 
Dec 2016
IEEE Magnetics Society Sendai/Sapporo Chapter  Treasurer
 

Awards & Honors

 
Sep 2001
MOCVD法を用いて合成したアナターゼ薄膜の容量過渡応答法による深い準位の評価, 応用物理学会講演奨励賞, 日本応用物理学会
 
May 2007
Static and dynamic properties of magnetic nanoparticles with positive and negative uniaxial magnetic anisotropy, Best Poster Award of ISAMMA 2007, The 1st International Symposium on Advanced Magnetic Materials and Applications (ISAMMA 2007)
 
Jun 2008
超常磁性ナノ粒子の化学合成とその高周波磁気特性, みやぎ産業科学振興基金 研究奨励賞, (財)みやぎ産業科学振興基金
 
Apr 2011
5 excellent reviewers of Acta/Scripta Materialia, The Board of Governors of Acta Materialia Inc.
Winner: Tomoyuki Ogawa
 
Feb 2017
表面修飾金属鉄ナノ粒子の低温合成と応用, 平成28年度京都SMI中辻賞, NPO法人京都SMI
Winner: 山本真平、小川智之
 

Published Papers

 
MAGNETIC ANISOTROPY OF NiMn/Ni AND NiMn/Cu/Ni THIN FILMS
T. Ogawa and T. Sato
Acta Physica Polonica A   97 491-494   2000   [Refereed]
Spin freezing and the ferromagnetic and reentrant spin-glass phases in a reentrant
T. Sato, T. Ando, T. Ogawa, S. Morimoto and A. Ito
Physical Review B   64 184432-1-184432-8   2001   [Refereed]
Size dependent magnetic phase transition in reentrant ferromagnet NiMn
T. Ogawa, H. Nagasaki and T. Sato
Physical Review B   65 024430-1-024430-6   2001   [Refereed]
T. MIYAGI, T. OGAWA, M. KAMEI, Y. WADA, T. MITSUHASHI, A. YAMAZAKI, E. OHTA and T. SATO
Japanese Journal of Applied Physics   40 L404-L406   2001   [Refereed]
T. Ogawa, H. Nagasaki and T. Sato
Physica Status Solidi A   189 1019-1022   2002   [Refereed]

Misc

 
トピックス:高保磁力ナノ粒子の化学合成-酸化物および金属ナノ粒子について-
B. ジャヤデワン、佐藤王高、小川智之、久野誠一、田路和幸、高橋研
日本応用磁気学会誌   28(8) 896-905   2004
トピックス:超常磁性ナノ粒子集合体の形成とその高周波磁気特性
小川智之、高橋研
まぐね   1(12) 594-600   Dec 2006
トピックス:高周波デバイス対応磁性ナノ粒子/ポリマー複合材料
長谷川大二、小川智之、高橋研
まぐね   4(4) 180-185   Apr 2009
純鉄ナノ粒子の低温化学合成の現状と展望
小川智之
機能材料   33(1) 11-16   Jan 2013
トピックス:鉄基ナノ粒子集合体の作製と高周波磁気特性
小川智之
まぐね   12(3) 115-120   Jun 2017

Books etc

 
自己組織化ハンドブック
高橋研、小川智之 (Part:Joint Work, 第2編 第2章 第1節 第3項 p607-610)
株式会社エヌ・ティー・エス   Nov 2009   

Conference Activities & Talks

 
外部磁界を用いた窒化鉄ナノ粒子柱状集合体の作製とその高周波磁気特性
本波 優介,小川 智之
第40回日本磁気学会学術講演会   5 Sep 2016   
Rotational hysteresis loss analysis for randomly oriented alpha”-Fe16N2 nanoparticles assembly
Masahiro Tobise, Tomoyuki Ogawa and Shin Saito
2016 International Conference of Asian Union of Magnetics Societies (ICAUMS 2016)   1 Aug 2016   
Core loss properties of chemically synthesized Fe nanoparticle assembly
M. Kin, H. Kura, H. Watanabe, Y. Hayashi, T. Ogawa
2016 Joint MMM-Intermag Conference   11 Jan 2016   
Size control and reaction dynamics of monodisperse Fe nanoparticles synthesized by thermolysis of Fe(CO)5 with slow injection for high frequency soft magnetic materials
T. Ogawa and H. Kura
2016 Joint MMM-Intermag Conference   11 Jan 2016   
Challenge to the Synthesis of ”-Fe16N2 Compound Nanoparticle with High Saturation Magnetization for Rare Earth Free New Permanent Magnetic Material
Tomoyuki Ogawa, Yasunobu Ogata, Ruwan Gallage, Naoya Kobayashi, Naoaki Hayashi, Yoshihiro Kusano, Shinpei Yamamoto, Kaori Kohara, Masaaki Doi, Mikio Takano, and Migaku Takahashi
第76回応用物理学会秋季学術講演会   13 Sep 2015   

Research Grants & Projects

 
Fabrication of spin-nano-cluster hybrid material for electromagnetic wave absorber in ultra-wide-band
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017
次世代自動車向け高効率モーター用磁性材料技術開発
The Other Research Programs
Project Year: Oct 2012 - Mar 2017
純鉄スピンナノクラスター三次元自己組織化バルク材料の創製と超軟磁気特性の発現
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014
鉄-窒素系化合物を活用した新規永久磁石材料の開発
The Other Research Programs
Project Year: Mar 2010 - Sep 2012
強磁性窒化鉄ナノマグネットを活用した脱レアアース型新規磁石用材料の開発
The Other Research Programs
Project Year: Aug 2011 - Sep 2011

Social Contribution

 
サイエンス&テクノロジー株式会社 技術セミナー「小型アンテナ対応材料・部材の設計、開発と技術動向」
[Others]  21 May 2009
サイエンス&テクノロジー株式会社 技術セミナーにおいて「高周波小型アンテナ対応磁性金属ナノ粒子分散型磁性誘電部材の現状 」と題してセミナーを行った。
慶應義塾大学理工学部物理情報工学科 特別講義
[Others]  11 Jun 2008
慶應義塾大学理工学部物理情報工学科において「磁性ナノ粒子が切り拓く新たな世界」と題して特別講義を行った。
世界初、レアアースレス磁石(強磁性窒化鉄)粉末の単相分離・生成に成功
[TV or radio appearance, Contribution]  独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構  3 Mar 2011
NEDOの「希少金属代替材料開発プロジェクト」に取り組んでいる東北大学大学院電子工学専攻の高橋研教授、小
川智之助教と戸田工業(株)などの研究グループは、これまで粉末として単相を分離・生成することができなかった強磁
性窒化鉄(*1)を合成する手法を世界で初めて確立しました。
レアアース使わない磁石開発
[TV or radio appearance, Contribution]  3 Mar 2011
希少な資源「レアアース」を使わなくても、電気自動車のモーターなどに使われる強力な磁石を製造できる技術が、東北大学大学院などの研究グループによって開発され、実用化を目指すことになりました。
レアアース使わず強力磁石、モーター4割小さく
[TV or radio appearance, Contribution]  4 Mar 2011
レアアース(希土類)を使わない永久磁石の原料となる金属粉末を大量生産する技術を東北大学と金属製造会社「戸田工業」(広島県)のチームが開発した。粉末を固形に加工すれば、電気自動車用のモーターなどを安価に製造できると期待される。2020年代の実用化を目指す。

Others

 
Jul 2005   スピンナノクラスターを用いた高性能高周波電子部品材料の開発
 ユビキタスネットワーク社会に対応した、GHzバンドの高周波帯域において低消費電力化および広帯域化を兼ね備えた電子デバイスの実現が不可欠であり、それを実現するための新たな材料の開発が急務である。本提案では、磁性材料のナノサイズ化することにより初めて発現する超常磁性に着目し、その高い透磁率ならびに磁気的等方性を用いた次世代プリント基板、高周波対応アンテナの応用を念頭に、化学合成法で作製した磁性ナノ粒子および自己組織化法で作製した磁性ナノ粒子/誘電体複合材料の構造・物性評価を通し、高周波帯域での低消費電力化および広帯域化を可能にする従来にはない新概念の磁性体/誘電体複合材料の開発を行う。
Nov 2006   高周波アンテナ対応超常磁性金属ナノ粒子分散型新規磁性誘電部材の開発
GHz帯域に対応したワイドバンド/マルチバンドな小型アンテナ材料への応用を念頭に、Fe、Coおよびそれらの合金、Co-貴金属合金を中心とした均一粒径超常磁性金属ナノ粒子の液相合成プロセスの確立を行うとともに、誘電体中に超常磁性金属ナノ粒子を高密度かつ均一に分散させた超常磁性金属ナノ粒子/誘電体の新規ハイブリッド磁性誘電部材の作製手法を確立する。最終的に、これらハイブリッド磁性誘電部材を用いてアンテナの試作を行い、高周波帯域における特性評価を行うことで実用化に向けた材料設計指針ならびにデバイス設計指針を得る。
Jan 2007   磁性ナノ粒子の合成・評価とその応用
 本研究では、ナノサイズ化することで発現する新たな材料物性・磁気物性の解明を念頭として、①3d遷移金属を中心とした磁性金属ナノ粒子および磁性酸化物ナノ粒子の化学的合成手法の構築、②ナノ粒子の2次元的あるいは3次元的に分散させた集合体の形成技術の構築、および③作製したナノ粒子の構造評価技術および磁気物性評価技術の構築を行う。また、④磁性金属ナノ粒子・磁性酸化物ナノ粒子集合体を用いて、将来の高周波デバイスを中心とした電子デバイス用材料や永久磁石用材料としての応用展開の可能性を検討する。
Apr 2008   有機薄膜太陽電池高効率化用材料の高純度化
リチウム内包フラーレンLi@C60の単離精製物の単離証明と品質保証法開発
Apr 2008   新規ナノマテリアルを用いた超フレキシブル有機太陽電池の開発
粒径分散値の小さい均一粒径を有するナノ粒子材料の一つとしてフラーレン、ならびに原子内包フラーレンに着目し、X線回折(XRD)や電子スピン共鳴法(ESR)、TOF-MS法を駆使し、原子内包フラーレンやフラーレン集合体の構造評価を中心に行う。