鈴木 貞夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/13 11:41
 
アバター
研究者氏名
鈴木 貞夫
 
スズキ サダオ
eメール
ssuzukimed.nagoya-cu.ac.jp
URL
https://www.nagoya-cu.ac.jp/med/labo/kouei/index.html
所属
名古屋市立大学
部署
医学研究科 公衆衛生学分野
職名
教授
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0001-5988-4849

プロフィール

名古屋大学大学院(予防医学講座)博士課程在学中に,JACC Studyの立ち上げに参画して以来,一貫してコホート研究に取り組んでいます.JACC(北海道八雲町),J-MICC(岡崎市)の大規模コホートで仕事をしてきましたが,最終的なデータ解析や論文作成だけでなく,コホートの立ち上げ,現場や関係省庁との折衝などの運営に関することや,データの流れとデータベース構築に関すること,データの使用範囲や論文作成者の優先順位のことなど,色々経験してきました.あと,コホート研究は長い時間がかかるので,担当者の入れ替わりで事情が分からなくなること,時代とともに倫理観や指針が変化することなど,固有の難しさもあります.

今までの経験を生かして,岐阜県を中心とした比較的広域のコホート(GCOP)を立ち上げました.これは「心理的要因」を含む要因が,様々なアウトカムとどのように関連するかを調査するコホートです.各地で進行中のコホート研究で,心理的要因に興味のある方は,ご連絡をいただければ幸いです.

自分としては,これが最後のコホート研究になるかもしれません.今までに得たノウハウを次代につなげていくこともこれからの課題としたいと思います.

コホート以外では,名古屋市から依頼された「HPVワクチンと接種後症状の関連」についての研究があります.疫学的,科学的な内容だけでなく,社会とのつながりのあり方や結果の伝え方,また,最終的な目標を達成するための戦略,他分野との協力体制など,たくさん学ぶことがありました.こちらも現在進行中ですが,最大限の努力をしたいと考えています.

教育は疫学の方法論的,数理的なところを担当しています.分母を意識することは広く「公衆衛生マインド」ともいえることで,臨床でも必要な考え方です.エビデンス,臨床疫学などを通じ,このような考え方を伝えていきたいと思います.

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
名古屋市立大学大学院医学研究科 公衆衛生学分野 教授
 
2003年1月
 - 
2010年3月
名古屋市立大学大学院医学研究科 公衆衛生学分野 講師
 
1996年9月
 - 
2002年12月
Harvard School of Public Health Dept. of Nutrition Visiting Scientist
 
1994年4月
 - 
1996年8月
愛知医科大学医学部 公衆衛生学 講師
 
1990年4月
 - 
1994年3月
名古屋大学大学院医学系研究科 予防医学教室 助手
 

学歴

 
2000年9月
 - 
2001年6月
ハーバード大学公衆衛生学部 疫学学科 修士課程 修了
 
1986年4月
 - 
1990年3月
名古屋大学大学院医学研究科  博士課程 修了 
 
1980年4月
 - 
1986年3月
名古屋大学 医学部 医学科 卒業
 

受賞

 
2006年
日本疫学会奨励賞
 

論文

 
Nishida Y, Hachiya T, Hara M, Shimanoe C, Tanaka K, Sutoh Y, Shimizu A, Hishida A, Tsukamoto M, Kadomatsu Y, Oze I, Koyanagi YN, Kuriyama N, Koyama T, Ibusuki R, Takezaki T, Ikezaki H, Furusyo N, Takashima N, Kadota A, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Suzuki S, Nakagawa-Senda H, Kuriki K, Mikami H, Nakamura Y, Momozawa Y, Kubo M, Nakatochi M, Naito M, Wakai K
J Lipid Res      2019年11月   [査読有り]
Ebara T, Yamada Y, Shoji N, Ito Y, Nakagawa A, Miyachi T, Ozaki Y, Omori T, Suzuki S, Kojima M, Ueyama J, Tomizawa M, Kato S, Oguri T, Matsuki T, Sato H, Oya N, Sugiura-Ogasawara M, Saitoh S, Kamijima M
BMJ Open   9(11) e028105   2019年11月   [査読有り]
Okada R, Kadomatsu Y, Tsukamoto M, Sasakabe T, Kawai S, Tamura T, Hishida A, Ikezaki H, Furusho N, Tanaka K, Hara M, Suzuki S, Watanabe M, Takezaki T, Nishimoto D, Matsui D, Watanabe I, Kuriki K, Takashima N, Nakamura Y, Katsuura-Kamano S, Arisawa K, Mikami H, Nakamura Y, Oze I, Koyanagi YN, Natio M, Wakai K, Japan Multi-institutional collaborative Cohort Study Group
J Hum Hypertens      2019年9月   [査読有り]
Uemura H, Katsuura-Kamano S, Iwasaki Y, Arisawa K, Hishida A, Okada R, Tamura T, Kubo Y, Ito H, Oze I, Shinanoe C, Nishida Y, Nakamura Y, Takashima N, Suzuki S, Nakagawa-Senda H, Nishimoto D, Takezaki T, Mikami H, Nakamura Y, Furusyo N, Ikazaki H, Ozaki E, Koyama T, Kuriki K, Endoh K, Naito M, Wakai K, Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (J-MIC) Study Group
Endocrine   64(3) 552-563   2019年6月   [査読有り]
Fujii R, Hishida A, Nakatochi M, Furusyo N, Murata M, Tanaka K, Shimanoe C, Suzuki S, Watanabe M, Kuriyama N, Koyama T, Takezaki T, Shimoshikiryo I, Arisawa K, Katsuura-Kamano S, Takashima N, Turin TC, Kuriki K, Endoh K, Mikami H, Nakamura Y, Oze I, Ito H, Kubo M, Momozawa Y, Kondo T, Naito M, Wakai K
Nephrology   24(6) 670-673   2019年4月   [査読有り]
Iwasaki Y, Arisawa K, Katsuura-Kamano S, Uemura H, Tsukamoto M, Kadomatsu Y, Okaka R, Hishida A, Takaka K, Hara M, Takezaki T, Shimatani K, Ozaki E, Koyama T, Suzuki S, Ito H, Mikami H, Nakamura Y, Wakai K
Nutrients   11(5) pii: E990   2019年4月   [査読有り]
Hishida A, Ugai T, Fujii R, Nakatochi M, Wu MC, Ito H, Oze I, Masahiro T, Yasumasa N, Nishiyama T, Nakagawa-Senda H, Suzuki S, Koyama T, Matusui D, Watanabe Y, Kawaguchi T, Matsuda F, Momozawa Y, Kubo M, Naito M, Matsuo K, Wakai K
Carcinogenesis      2019年2月   [査読有り]
Nishiyama T, Nakatochi M, Goto A, Iwasaki M, Hachiya T, Sutoh Y, Shimizu A, Wang C, Tanaka H, Watanabe M, Hosono A, Tamai Y, Yamada T, Yamaji T, Sawada N, Fukumoto K, Otsuka K, Tanno K, Tomita H, Kojima K, Nagasaki M, Hozawa A, Hishida A, Sasakabe T, Nishida Y, Hara M, Ito H, Oze I, Nakamura Y, Mikami H, Ibusuki R, Takezaki T, Koyama T, Kuriyama N, Endoh K, Kuriki K, Turin TC, Naoyuki T, Katsuura-Kamano S, Uemura H, Okada R, Kawai S, Naito M, Momozawa Y, Kubo M, Sasaki M, Yamamoto M, Tsugane S, Wakai K, Suzuki S.
Sleep   42(6)    2019年2月   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究支援基盤形成「コホート・生体試料支援プラットフォーム」
日本学術振興会科学研究費(新学術領域研究): 
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 今井 浩三、村上 善則
飲酒が心理社会的アウトカムに及ぼす因果効果を確証する網羅的メンデルランダム化研究
日本学術振興会研究費(基盤研究C): 
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 西山 毅
生活習慣・病態・遺伝的多型に基づく、個人のがんリスク評価:大規模ゲノムコホート研究データの解析
日本医療研究開発機構受託研究費: 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 若井 建志
大腸がん超高危険度群におけるがんリスク低減手法の最適化に関する研究
革新的がん医療実用化研究事業受託研究: 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 武藤 倫弘
精神、心理、社会的要因に焦点を当てたゲノムコホート研究
日本学術振興会科学研究費(基盤研究B): 
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 鈴木 貞夫
地域住民の慢性萎縮性胃炎の記述疫学とその肥満や生活習慣病との関連についての研究
日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究C): 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 鈴木 貞夫
インスリン抵抗性とメタボリックシンドロームに関する疫学研究
日本学術振興会科学研究費(基盤研究C): 
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 鈴木 貞夫
集団検診での糖尿病の効率的な発見のための指標についての検討
日本学術振興会科学研究費(基盤研究C): 
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 鈴木 貞夫