UNO Katsuhiro

J-GLOBAL         Last updated: Sep 28, 2019 at 02:45
 
Avatar
Name
UNO Katsuhiro
Affiliation
Ibaraki University
Section
Graduate School of Science and Engineering (Engineering), Department of Electrical and Electronic Engineering
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor (Engineering)(Hokkaido University)
Other affiliation
Ibaraki University
Research funding number
10280710

Profile

(教員からのメッセージ)
Now, I'm devonted to the studies in terms of "optical object recognition and defect detection", "generation of non-diffracting beams and its applications", and "superresolution imaging by means of wavefront control".

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1995
 - 
Mar 1998
Institute for Life Support Technology Yamagata Technopolis Foundation, Researcher
 
Apr 1998
 - 
May 2002
Ibaraki University, Lecturer
 
Jun 2002
   
 
Ibaraki University, Assistant Professor
 

Education

 
 
 - 
1995
Major in Electronic Engineering, Graduate School, Division of Engineering, Hokkaido University
 
 
   
 
Department of Electronic Engineering, Faculty of Engineering, Hokkaido University
 

Published Papers

 
Focal depth extension owing to the pupil filter calculated from the iterative phase retrieval algorithm
Katsuhiro Uno
2018 Joint Symposia on Optics   30pAJ6   2018   [Refereed]
The pupil plane was divided into several regions with different focal points, and the optimum phase distribution at the pupil plane was calculated for each region using the iterative phase retrieval method.
Katsuhiro Uno, Hoang Hoa Tien Dung
Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers   5(2) 53-58   Apr 2017   [Refereed][Invited]
Novel technique for image encryption, which is based on a phase decomposition of the optical wave, and for decryption with an interferometric technique, was proposed. The phase decomposition was successfully performed by splitting pixel brightness...
Image Encryption Based on Phase Decomposition Technique
Katsuhiro Uno, Hoang Hoa Tien Dung
Proceedings of the 4th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2016   192-198   Sep 2016   [Refereed]
Novel techniques for image encryption, which is based on a phase decomposition of the complex amplitude, and for ecryption with an interferometry were proposed. The phase decomposition was successfully performed by retarding or progressing the ran...
Katsuhiro Uno, Hoan Hoa Tien Dung
Jounal of the Institute of Industrial Applications Engineers   4(1) 26-32   Jan 2016   [Refereed]
We used for the first time the speckle pattern created by the scattered laser beam from rough surfaces
in order to perform the visual secret sharing (visual cryptography), which is alternative material for random grid
pattern. Segmentation and bin...
Visual Secret Sharing by Speckle Pattern Illumination
Katsuhiro Uno, Hoang H. T. Dung
Proceedings of the 3rd IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2015   100-105   Sep 2015   [Refereed]
レーザーを粗面に照射することにより発生するスペックルを用いて、画像の暗号化を行い、同じスペックルパターンで複合できることを示した。

Misc

 
ウェハ汚染粒子等の大視野検査法の開発
鵜野克宏
茨城大学研究情報集   (3) 83   Nov 2006
シート状にしたレーザー光をウェハの検査面すれすれに入射することにより,表面に付着した汚染粒子を計測した。ウェハの非接触,大視野計測を目指した実験である。
超解像顕微鏡の研究―回折限界を超えて―
鵜野克宏
茨城大学研究情報集   (3) 82   Nov 2006
レーザー光を特殊な位相フィルターに通して,回折限界を超える微小スポットを発生する研究の報告である。この微小スポットを用いて,回折限界を超える解像力をもつ顕微鏡の実現可能性を示唆している。
欠陥の光学的検出に関する研究―プリント基板の欠陥検査への応用をめざして―
鵜野克宏
茨城大学研究情報集   (3) 81   Nov 2006
プリント基板の欠陥検査などに応用可能な,欠陥の光学的自動検査装置の開発研究について報告している。DMD(Deformable Mirror Device)を用いて,二つの画像の差異を瞬時に検出するシステムを構築した。
白色光レーザホログラフィック干渉計測の研究
鵜野克宏,藤井寛一
茨城大学研究情報集   2 73   Nov 2004
物体の変位や変形を計測する方法であるホログラフィック干渉計測に白色光レーザーを用いた研究を紹介している。白色光レーザーを用いることにより,波長の整数倍ごとの位相の不確定性を解消できることを示した。
白色光レーザーホログラムの記録と再生に関する研究
鵜野克宏,藤井寛一
茨城大学研究情報集   2 72   Nov 2004
光導電プラスチックと白色光レーザーを用いたカラーホログラムの記録・再生の研究について紹介し,参照光にランダムな位相変調を加えることにより,クロストーク像を除去できたことを報告した。

Conference Activities & Talks

 
Focal Depth Extension Owing to Annular Pupil Phase Mask Derived from Iterative Phase Retrieval Algorithm
Katsuhiro UNO
The 79th JSAP Autumn Meeting, 2018   18 Sep 2018   Japan Society of Applied Physics
反復位相回復法を用いて、焦点深度を拡大する瞳位相フィルタの設計を行なった。瞳面を複数の同心円状円環領域に分割し、それぞれの領域ごとに異なる焦点距離を割り当て、領域ごとに焦点面で所望のスポット径が得られるまで位相推定の反復アルゴリズムを適用した。最後にそれらの位相分布を統合してガウス型入射ビームに対する焦点面付近のスポット径を計算したところ、広範囲にわたり微小なスポット径が維持された。
フラクタルとフィボナッチ数列を利用した画像暗号化
重田直樹、鵜野克宏
第25回電気学会東京支部茨城支所研究発表会   18 Nov 2017   
フラクタルとフィボナッチ数列を利用した画像暗号化
重田直樹、鵜野克宏
Optics & Photonics Japan   30 Oct 2017   
マルチフラクタルを利用した画像暗号化
重田直樹、鵜野克宏
第24回電気学会東京支部茨城支所研究発表会   17 Dec 2016   電気学会
Matched Spatial Filtering of Phase Objects with Liquid Crystal on Silicon (LCoS) Device
Yuta Kamikozawa, Isao Shimizu, Katsuhiro Uno
第22回電気学会東京支部茨城支所発表会   22 Nov 2014   電気学会

Patents

 
H10-104181 : 電子スピン共鳴の測定法および電子スピン共鳴測定装置