黒澤 馨

J-GLOBALへ         更新日: 16/02/03 03:07
 
アバター
研究者氏名
黒澤 馨
 
クロサワ カオル
URL
http://kurosawa.cis.ibaraki.ac.jp/KuroIwa.html
所属
茨城大学
部署
工学部 情報工学科
職名
教授,工学野情報工学領域長
学位
工学博士(東京工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1982年
 - 
1985年
:東京工業大学 工学部 助手
 
1985年
 - 
1989年
:東京工業大学 大学院 総合理工学研究科 講師
 
1989年
 - 
1997年
:東京工業大学 工学部 助教授
 
1997年
 - 
2001年
:東京工業大学 工学部 教授
 
2001年
   
 
-:茨城大学 工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
東京工業大学大学院 理工学研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
1977年
東京工業大学 工学部 電子工学科
 

委員歴

 
2014年4月
   
 
から2016年3月 電子情報通信学会
 
 
   
 
            ICTスマートグリッド技術研究会 専門委員会委員
 
2013年11月
   
 
から2015年10月 電子情報通信学会のフェロー推薦委員およびシニア推薦委員
 
2013年7月
   
 
から2015年3月 電子情報通信学会
 
 
   
 
            安全・安心な生活のための情報通信システム時限研究専門委員会委員
 

受賞

 
2013年
電子情報通信学会フェロー
 
2009年
電子情報通信学会シニア会員
 
2009年
情報セキュリティ文化賞
 
2007年
電子情報通信学会 業績賞
 
2006年
第21回電気通信普及財団テレコムシステム技術賞
 

Misc

 
Generic Fully Simulatable Adaptive Oblivious Transfer
Kaoru KUROSAWA, Ryo NOJIMA, Le Trieu PHONG
IEICE Transactions on Fundamentals   E98-A(1) 232-245   2015年
Garbled Searchable Symmetric Encryption
Kaoru Kurosawa
Financial Cryptography 2014   LNCS(8438) 234-251   2014年
Garbled searchable symmetric encryption方式の計算機シミュレーション
佐々木圭佑、黒澤 馨
電子情報通信学会 信学技報   ISEC2014(51) 27-34   2014年
Kurosawa-Desmedt Key Encapsulation Mechanism, Revisited
Kaoru Kurosawa, Le Trieu Phong
AFRICACRYPT 2014   LNCS 51-68   2014年
鍵漏洩に対し安全なIBEとIPEの計算機シミュレーション
硯見一磯、レ トレ フォン、黒澤 馨
情報セキュリティ研究会   ISEC2013 95-100   2014年

書籍等出版物

 
Encyclopedia of Cryptography and Security (2nd Ed.)
Springer   2011年   
現代暗号への招待
サイエンス社   2010年   
工学のための離散数学
数理工学社   2008年   ISBN:4901683543
岩波数学辞典第4版
岩波書店   2007年   ISBN:978-4-00-080309-0
現代暗号の基礎数理
電子情報通信学会   2004年   

講演・口頭発表等

 
UC-Secure Searchable Symmetric Encryption
Financial Cryptography and Data Security 2012   2012年   
Improved Reconstruction of RSA Private Keys From Erasure
CHES 2011   2011年   
New Lower Bound on Oblivious Transfer Reduction
Workshop on Cryptographic Protocols   2007年   
暗号学から見たY-00プロトコル
ランダム暗号とその応用としての光通信量子暗号 シンポジューム   2006年   
An Efficient Compiler from Σ -Protocol to 2-move Deniable Zero-Knowledge
2006年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2006)   2006年   

Works

 
Member of Program Committees: SAC, ICISC, CANS, DRMTICS, CNIS, IJWMC, Indocrypt
2005年
Member of Program Committees: ACISP, CT-RSA, DRM, PKC
2004年
Member of Program Committees: ACISP, ESORICS, Indocrypto, IASTED, FSE
2003年
Member of Program Committees: ACISP, ESORICS, Indocrypto, PKC
2002年
ユビキタスビジネス環境での暗号技術に関する研究

競争的資金等の研究課題

 
MIXネットの開発と応用に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2003年
MIXネットの開発と応用を行った。
ハイブリッド暗号の新しい構成法とその拡張に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年
ハイブリッド暗号の新しい構成法とその拡張に関する研究を行った。
ハイブリッド暗号の開発
デジタル署名方式の開発
否認不可署名方式の開発