黒澤 馨

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/29 03:19
 
アバター
研究者氏名
黒澤 馨
 
クロサワ カオル
URL
http://kurosawa.cis.ibaraki.ac.jp/KuroIwa.html
所属
茨城大学
部署
理工学研究科(工学野)情報科学領域
職名
教授
学位
工学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
60153409

プロフィール

(研究経歴)
多種フロー問題、通信プロトコル、適応デジタル信号処理、情報セキュリティ等の研究に従事。
現在の専門は、情報セキュリティ。

研究分野

 
 

経歴

 
1982年4月
 - 
1985年10月
東京工業大学 工学部 助手
 
1985年11月
 - 
1989年10月
東京工業大学 大学院 総合理工学研究科 講師
 
1989年11月
 - 
1997年3月
東京工業大学 工学部 助教授
 
1997年4月
 - 
2001年3月
東京工業大学 工学部 教授
 
2001年4月
   
 
茨城大学 工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1977年
東京工業大学 工学部 電子工学科
 
 
 - 
1982年
東京工業大学大学院 理工学研究科 電気工学専攻
 

委員歴

 
2007年4月
 - 
2008年3月
IEEE  IEEE 東京セクション Nominations 委員会の副委員長
 
2006年4月
 - 
2006年10月
ACM  DRM workshop 2006のプログラム委員長
 
2005年8月
 - 
2007年12月
IACR  Asiacrypt 2007のプログラム委員長
 
1998年4月
 - 
2001年3月
電子情報通信学会  英文誌編集委員
 
1997年4月
 - 
1998年3月
電子情報通信学会  情報セキュリティ研究専門委員会副委員長
 

受賞

 
2013年9月
電子情報通信学会フェロー
 
2009年5月
電子情報通信学会 電子情報通信学会シニア会員
 
2009年3月
情報セキュリティ大学院大学 情報セキュリティ文化賞
 
2007年5月
電子情報通信学会 電子情報通信学会 業績賞 ブロック暗号に基づく認証技術の理論的研究と国際標準化への貢献
受賞者: 岩田哲、黒澤馨
 
2006年
第21回電気通信普及財団テレコムシステム技術賞
 

論文

 
How to Prove KDM Security of BHHO
Hayato Tada, Akinaga Ueda, Kaoru Kurosawa
IWSEC 2018   LNCS 11049 281-296   2018年9月   [査読有り]
How to Solve DLOG Problem with Auxiliary Input
Akinaga Ueda, Hayato Tada, Kaoru Kurosawa
IWSEC 2018,   LNCS 11049 104-113   2018年9月   [査読有り]
IBE and function-private IBE under linear assumptions with shorter ciphertexts and private keys, and extensions
Kaoru Kurosawa, Le Trieu Phong
International Journal of Applied Cryptography   3(3) 210-224   2017年   [査読有り]
Efficient No-dictionary Verifiable Searchable Symmetric Encryption
Wakaha Ogata, Kaoru Kurosawa
Financial Cryptography 2017   LNCS 10322 498-516   2017年   [査読有り]
Fully Secureな紛失キーワード検索
黒澤 馨、根本雄輝
情報セキュリティ(ISEC)研究会   ISEC2017-2 7-14   2017年

Misc

 
クラウドストレージサービスにおける安全なキーワード検索
黒澤馨
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ、Fundamentals Review   9(1) 47-57   2015年7月   [査読有り][依頼有り]
Garbled searchable symmetric encryption方式の計算機シミュレーション
佐々木圭佑、黒澤 馨
電子情報通信学会 信学技報   ISEC2014(51) 27-34   2014年9月
鍵漏洩に対し安全なIBEとIPEの計算機シミュレーション
硯見一磯、レ トレ フォン、黒澤 馨
情報セキュリティ研究会   ISEC2013 95-100   2014年3月
IDベースDHプロトコルについて
黒澤馨、菅野翔太
暗号と情報セキュリティシンポジウム   3F3-1   2014年1月
p_1=p_2 mod 2^tの時にN_1,N_2を素因数分解する方法について
黒澤馨、上田拓真
暗号と情報セキュリティシンポジウム   2B3-1   2014年1月

書籍等出版物

 
Encyclopedia of Cryptography and Security (2nd Ed.)
Hybrid Encryption担当、黒澤馨 (担当:共著)
Springer   2011年   
現代暗号への招待
サイエンス社   2010年9月   
工学のための離散数学
黒澤 馨
数理工学社   2008年1月   ISBN:4901683543
岩波数学辞典第4版
日本数学会 編集 (担当:共著)
岩波書店   2007年3月   ISBN:978-4-00-080309-0
現代暗号の基礎数理
黒澤馨、尾形わかは (担当:共著)
電子情報通信学会   2004年3月   

講演・口頭発表等

 
UC/Garbled Searchable Symmetric-key Encryption [招待有り]
Kaoru Kurosawa
Workshop on Encryption for Search and other Algorithms   2015年6月   
How to Keyword-Search Securely in Cloud Storage Service [招待有り]
Kaoru Kurosawa
ICISC 2014   2014年12月   
UC-Secure Searchable Symmetric Encryption
Kaoru Kurosawa and Yasuhiro Ohtaki
Financial Cryptography and Data Security 2012   2012年2月   
Improved Reconstruction of RSA Private Keys From Erasure
Shigeyoshi Imai and Kaoru Kurosawa
CHES 2011   2011年9月30日   IACR
New Lower Bound on Oblivious Transfer Reduction [招待有り]
Kaoru Kurosawa
Workshop on Cryptographic Protocols   2007年3月5日   

Works

 
Member of Program Committees: SAC, ICISC, CANS, DRMTICS, CNIS, IJWMC, Indocrypt
その他   2005年
Member of Program Committees: ACISP, CT-RSA, DRM, PKC
その他   2004年
Member of Program Committees: ACISP, ESORICS, Indocrypto, IASTED, FSE
その他   2003年
Member of Program Committees: ACISP, ESORICS, Indocrypto, PKC
その他   2002年

競争的資金等の研究課題

 
MIXネットの開発と応用に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2003年
MIXネットの開発と応用を行った。
ハイブリッド暗号の新しい構成法とその拡張に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年
ハイブリッド暗号の新しい構成法とその拡張に関する研究を行った。
ハイブリッド暗号の開発
デジタル署名方式の開発
否認不可署名方式の開発

特許

 
特願2013-255286 : 検索システム、検索方法および検索プログラム
特願2013-45246 : 検索システム、検索方法および検索プログラム
黒澤馨、大瀧保広
特願2012-20691 : 検索システム、検索方法および検索プログラム
黒澤馨、大瀧保広
特願2004-214726号 : 情報提供装置、情報提供システム、情報提供装置用プログラム、及び情報提供方法
特願2004-056613 : 暗号化データ保管サーバシステム、暗号化データ保管方法及び再暗号化方法