FUCHI Masaki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 13, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
FUCHI Masaki
Affiliation
Kobe University
Section
Graduate School of Maritime Sciences International Maritime Research Center
Job title
Associate Professor

Awards & Honors

 
Mar 2009
発表「許容する船間距離の経験による差異について」, 日本人間工学会関西支部優秀発表賞, 日本人間工学会関西支部
Winner: Masaki FUCHI
 

Published Papers

 
Situational Awareness of Ship Navigators for Collision Avoidance
FUCHI MASAKI
Journal of Sciety of Automotive Engineers of japan   72 60-66   Mar 2018   [Invited]
船舶の衝突事故の背景として、操船する船長や航海士のヒューマンエラーが着目されており、ヒューマンエラーの背景にあるヒューマンファクタ分析からは、背景要因として思い込みや見張り不十分が指摘されている。
このような背景から船舶の衝突を要望する観点として、船長や航海士の判断の特徴を分析し、その知見を安全研修や船員養成教育にフィードバックする必要があることから、
まず海上交通ルールと船舶の衝突回避の実際について説明し、操船者の状況認識について論じた。
Characteristics of Collision Avoidance Judgment Using Landscape and Radar Information in Simulator-based Experiments
KATO Yuki, MURAI Koji, HORIGUCHI Tomoya, MORISHITA Namiko, FUCHI Masaki
Proceedings of 16th World Congress of the International Association if Institutes of Navigation (IAIN2018)      2018   [Refereed]
The influence of information sources on collision avoidance judgement at sea
KATO YUKI, FUCHI MASAKI, FUJII MICHIO, KUBONO MASATAKA
日本航海学会論文集   136 50-56   Jul 2017   [Refereed]
The purpose of this study was to examine whether the collision avoidance judgment of seafarers is affected by each information sources, radar and visual.
22 seafarers who had onboard experience participated in the experiments using ship-handling ...
Shiho KOBAYASHI, Satoshi NAKADA, Masaki NAKAJIMA, KeigoYAMAMOTO, Satoshi AKIYAMA, Masaki FUCHI, Masataka HAYASHI, Joji ISHIZAKA
Journal of Water and Environment Technology   15(2) 55-64   Apr 2017   [Refereed]
Judging Vessel Courses via the Horizontal Distance Between Two Masthead Lights
FUJIMOTO SHOJI, KONDO AKARI, FUCHI MASAKI, KONISHI TSUKASA, MATSUMOTO HIROYUKI, NISHIMURA TOMOHISA
Transactions of Navigation   Vol.1(No.2) 1-13   Mar 2017   [Refereed]
The authors' previous study demonstrated that vessels which had an extremely short horizontal distance between two masthead lights, even in crossing situations, judged their own “Head-on situation” course by observing other vessels at night.
In li...

Books etc

 
概説 海事法規
OKADA JUNKO, FURUSHO MASAO, FUJIMOTO SHOJI, FUCHI MASAKI, NEMOTO ITARU, OHARA TOMOHISA (Part:Joint Work)
株式会社成山堂書店   Oct 2010   ISBN:978-4-425-26142-0

Conference Activities & Talks

 
Production of phytoplankton-derived organic matter in the mouth of Yodo River and its impact on oxygen-depleted water masses in the head of Osaka Bay
Kaho WATANABE, Shiho KOBAYASHI, Satoshi NAKADA, Masaki FUCHI, Satoshi ASAOKA, Mitsuru HAYASHI
Japan Geoscience Union Meeting 2018   May 2018   
Surveying the topography for marine traffic
AKASAKA YUZU, FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, 小西 宗
平成29年度日本人間工学会関西支部大会   Dec 2017   
海上交通における認知地図形成について、個人の方向感覚、および航海計画の策定の観点から、探索的に検討した。
その結果、方向感覚の良い学生ほど、ある海域を移動するために重要となる地形のポイントをよく把握しいた。
また、航海計画を策定した学生は、海上での認知地図の形成が良い可能性が考えられた。
学生への教育・訓練方法として、航海計画の策定が有効であることが示唆された。
Investigation of the teaching effectiveness by ship handling simulator
KATAYAMA YUUKI, FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, USUI SHINNOSUKE, KONISHI TSUKASA
平成29年度日本人間工学会関西支部大会   Dec 2017   
知覚及び現状理解ができている状況において、学生の将来予測およびその後どのように衝突を回避するかという操船方略を比較し特徴を明らかにすると共に、学生に対し教育を行い効果を検討するために実験を行った。
その結果、学生は自ら危険な状況を回避する動作を行わない傾向があり、その原因として学生は予定針路にこだわりすぎること、熟練者より危険を感じないことが考えられた。
このことについて、後日調査から教育効果が示唆された。
High-resolution observation of river plume by using geostationary ocean color satellite.
Satoshi NAKADA, Shiho KOBAYASHI, Joji ISHIZAKA, Masataka HAYASHI, Masaki FUCHI, Masaki NAKAJIMA, Satoshi AKIYAMA
Japan Geoscience Union Meeting 2017   May 2017   
The change of the other ship's situational awareness of the trainees by the easiness ship handling simulator
TANABE SHINGO, FUCHI MASAKI, FUJIMOTO SHOJI, HIRONO KOHEI, KONISHI TSUKASA
平成28年度日本人間工学会関西支部大会   Dec 2016   日本人間工学会関西支部
先行研究では状況認識の各フェーズにおける状況認識の特徴が指摘されているが、それらがどのように変化しているか明らかにされていない。
そこで簡易操船シミュレータを用いて訓練生の状況認識を測定し、その時間的変化について調査を行った。
その結果、訓練生は熟練者と比較して現状理解が劣っていることも相俟って知覚した他船を常に気にしていると考えられた。
ただし、衝突リスクが生じる可能性を予測し気にしているというよりも、ただ漠然と気にしていると推察された。