基本情報

所属
上智大学 文学部英文学科 教授
学位
経済学士(早稲田大学)
文学士(上智大学)
修士(文学)(上智大学)
博士(文学)(上智大学)
MA in ELT & Applied Linguistics(King's College London)
修士(英語教育・応用言語学)(ロンドン大学)

連絡先
makoto-isophia.ac.jp
研究者番号
10317498
J-GLOBAL ID
200901096826046479
researchmap会員ID
5000064304

1996年~ 英文法の成立、社会的役割、教育法について研究
2011年~ CLIL(内容言語統合型学習)の理論、実践、効果について研究中

専門は、英語学(特に英文法史)と英語教育(特にCLIL=内容言語統合型学習)。現在の研究テーマは、日本におけるCLILの教育技法、教材開発、教員研修の導入と実践である。教育活動としては、学部・大学院での専門科目(英語史、文法論、音声学、談話分析、第二言語習得論、英語科教育法、教材開発論など)を担当している他、教職課程での中高英語の教員養成や、CLILを使った新英語プログラムのカリキュラム開発や教員研修企画を行っている。

(研究テーマ)
日本におけるCLIL (Content and Language Integrated Learning)の教育技法、教材開発、教員研修の導入と実践


経歴

  13

論文

  37

MISC

  13

書籍等出版物

  21

講演・口頭発表等

  18

その他

  13
  • 2011年4月
    専門教育と語学教育を融合したCLILの原理による全学共通科目「アカデミック・イングリッシュ」のプログラム開発と運営に携わり、また教職課程科目「英語科教育法」「英語学概説」「第二言語習得論」で自ら実践している。
  • 2009年4月
    本学における教員免許更新講習の英語科責任者として、講習全体の企画運営と自らの講座「ワークショップで学ぶ最新英語教育技法」を担当
  • 2009年4月
    本学と日本英語検定協会の共同事業であるTEAPの開発と活用に携わっている。
  • 2001年4月
    課程委員会副委員長(教職課程担当)として、英文学科生および英語を専門としない学生の英語教員免許取得カリキュラムの企画と運営に携わり、自らも「英語科教育法」「英語学概説」「第二言語習得論」「教職英語基礎」などを担当。
  • 千早高校の特色ある英語の到達点と課題:CLILからの示唆(「東京都立千早高等学校」における教員研修) 2011
  • CLILの原理、授業例、教材作成法(「E-EGG:グローバル時代の英語教育を考える会」における講演とワークショップ) 2011
  • 効果的なCLIL教材の作成法(上智大学国際言語情報研究所・ブリティッシュカウンシル共催「新しい英語学習方法:CLILの方法論と実践」におけるワークショップ) 2011
  • CLIL (Content and Language Integrated Learning) の方法論(上智大学国際言語情報研究所・ブリティッシュカウンシル共催「新しい英語学習方法:CLILの方法論と実践」における講演) 2011
  • 千早高校の特色ある英語の到達点と課題:CLILからの示唆(「東京都立千早高等学校」における教員研修) 2011
  • CLILの原理、授業例、教材作成法(「E-EGG:グローバル時代の英語教育を考える会」における講演とワークショップ) 2011
  • 効果的なCLIL教材の作成法(上智大学国際言語情報研究所・ブリティッシュカウンシル共催「新しい英語学習方法:CLILの方法論と実践」におけるワークショップ) 2011
  • CLIL (Content and Language Integrated Learning) の方法論(上智大学国際言語情報研究所・ブリティッシュカウンシル共催「新しい英語学習方法:CLILの方法論と実践」における講演) 2011