石森 大知

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/27 02:59
 
アバター
研究者氏名
石森 大知
 
イシモリ ダイチ
所属
神戸大学
部署
大学院国際文化学研究科 文化相関専攻
職名
准教授
学位
修士(学術)(神戸大学), 博士(学術)(神戸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
旧所属 神戸大学 大学院総合人間科学研究科 人間文化科学専攻 大学院生(博士課程)
 

学歴

 
 
 - 
2006年3月
神戸大学 大学院総合人間科学研究科博士課程人間文化科学専攻修了  
 

受賞

 
2017年4月
武蔵大学 「学生が選ぶベストティーチャー賞」 平成28年度 武蔵大学 中規模授業の部
 
2012年3月
日本オセアニア学会 第11回日本オセアニア学会賞 石森大知著『生ける神の創造力――ソロモン諸島クリスチャン・フェローシップ教会の民族誌』(世界思想社、2011年2月刊行)
 
2012年2月
(財)国際宗教研究所 第7回(財)国際宗教研究所賞 石森大知著『生ける神の創造力――ソロモン諸島クリスチャン・フェローシップ教会の民族誌』(世界思想社、2011年2月刊行)
 

論文

 
ソロモン諸島におけるリバイバル運動と宗教的分裂――社会宗教運動論からの再検討
石森 大知
『ソシオロジスト』   19 1-23   2017年3月   [査読有り]
信仰から開発へ――ソロモン諸島の独立教会における「新しい生活」の変遷
石森 大知
大谷裕文・塩田光喜編『海のキリスト教-太平洋島嶼諸国における宗教と政治・社会変容』   261-294   2016年7月
「カストム論再考」からの再始動
石森 大知
白川千尋・石森大知・久保忠行編『多配列思考の人類学――差異と類似を読み解く』   135-156   2016年3月
紛争下の日常を生きる人々――ソロモン諸島ガダルカナル島北東部における紛争経験
石森 大知
丹羽典生編『<紛争>の比較民族誌――グローバル化におけるオセアニアの暴力・民族対立・政治的混乱』   171-204   2016年3月   [査読有り]
ソロモン諸島の『民族紛争』と現代的諸問題
石森 大知
丹羽典生・石森大知編『現代オセアニアの<紛争>――脱植民地期以降のフィールドから』   99-122   2013年3月   [査読有り]

Misc

 
石森研究プロジェクト実施報告書(研究テーマ:ソロモン諸島におけるキリスト教の革新―ペンテコステ派への改宗と社会変容)
石森 大知
武蔵大学総合研究所紀要   (26) 146-147   2017年7月
異質な他者とのつきあい方――異文化コミュニケーションから考える共生社会
石森 大知
大屋幸恵・内藤暁子・石森大知編『文化とコミュニケーション』   16-31   2016年7月
日常生活のなかの宗教――超自然的存在とのコミュニケーション
石森 大知
大屋幸恵・内藤暁子・石森大知編『文化とコミュニケーション』   66-80   2016年7月
はじめに
久保 忠行・石森 大知
白川千尋・石森大知・久保忠行編『多配列思考の人類学――差異と類似を読み解く』   1-13   2016年3月
宗教・開発・国家をめぐる新動向へのアプローチ
石森 大知
『民博通信』   145 26-27   2014年

書籍等出版物

 
はじめて学ぶ文化人類学―人物・古典・名著からの誘い
岸上伸啓(編), 石森大知, ほか
ミネルヴァ書房   2018年4月   
海のキリスト教――太平洋島嶼諸国における宗教と政治・社会変容
大谷 裕文(編), 塩田 光喜(編), 石森 大知, ほか
明石書店   2016年7月   
文化とコミュニケーション
大屋 幸恵(編), 内藤 暁子(編), 石森 大知(編), 石森 大知, ほか (担当:共著)
北樹出版   2016年7月   
多配列思考の人類学――差異と類似を読み解く
白川 千尋(編), 石森 大知(編), 久保 忠行(編), 石森大知, ほか (担当:共著)
風響社   2016年3月   
<紛争>の比較民族誌――グローバル化におけるオセアニアの暴力・民族対立・政治的混乱
丹羽 典生(編), 石森大知, ほか
春風社   2016年3月   

Works

 
ソロモン諸島・ニュージョージア島における人類学的調査
2001年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 石森 大知
メラネシアにおける近代性と新宗教運動に関する人類学的研究
研究期間: 2000年 - 2005年