中静 裕之

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/02 02:58
 
アバター
研究者氏名
中静 裕之
 
ナカシズカ ヒロユキ
通称等の別名
NAKASHIZUKA HIROYUKI
eメール
nakashizuka.hiroyukinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
医学部医学科眼科学
職名
准教授
学位
医学博士(日本大学)
科研費研究者番号
10372997

研究分野

 
 
  • 外科系臨床医学 / 眼科学 / 眼科学

経歴

 
1994年4月
 - 
1995年6月
日本大学医学部附属板橋病院眼科助手勤務
 
1995年7月
 - 
1995年12月
日本大学医学部附属練馬光が丘病院眼科助手勤務
 
1996年1月
 - 
1996年6月
横須賀市立市民病院眼科勤務
 
1997年1月
 - 
1997年6月
日本大学医学部附属板橋病院眼科助手勤務
 
1997年7月
 - 
1998年4月
江口眼科病院(函館市)勤務
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1994年3月
日本大学 医学部 医学部
 

受賞

 
2014年11月
2014 Ophthalmic Surgery Film Award Grand Prix 眼瞼付き豚眼を用いたウェットラボ
 

論文

 
Proteolytic Degradation and Inflammation Play Critical Roles in Polypoidal Choroidal Vasculopathy.
68.Kumar S, Nakashizuka H, Jones A, Lambert A, Zhao X, Shen M, Parker M, Wang S, Berriochoa Z, Fnu A, VanBeuge S, Chévez-Barrios P, Tso M, Rainier J, Fu Y.
Am J Pathol      2017年1月   [査読有り]
加齢黄斑変性の診断治療の最近の進歩 2.加齢黄斑変性とポリープ状脈絡膜血管症の病理所見
Geriat.Med   49(4) 389-393   2011年4月
豚眼を用いたレーザー治療ウェットラボ
原 雄将、島田宏之、服部隆幸、篠島亜里、湯澤美都子
眼科   53(2) 269-274   2011年2月   [査読有り]
Reply to "Povidone-Iodine Antisepsis for Cataract Surgery and Ophthalmic Procedures".
Shimada H,Arai S, Hattori T,Yuzawa M
Am J Ophthalmol   151 914-915   2011年1月
Depiction of the vitreous pocket by optical coherence tomography
Shimada H, Hirose T, Yamamoto A, Hattori T,Yuzawa M
Am J Ophthalmol   31 51-53   2011年1月   [査読有り]

Misc

 
Wet laboratory training using porcine eyes with eyelids
Can J Ophthalmol      2017年1月   [査読有り]
Postoperative roll cake-like macular fold after retinal detachment surgery
Int Ophthalmol      2017年1月   [査読有り]
Experimental visualization and quantification of vitreous contamination following intravitreal injections
Retina   36 1882-1887   2016年1月   [査読有り]
黄斑疾患に対する25ゲージ硝子体手術後網膜剥離頻度
日眼会誌   119 402-409   2016年1月   [査読有り]
Vitrectomy using 0.025% povidone-iodine in balanced salt solution plus for the treatment of postoperativeendophthalmitis.
Retina   35 1087-1094   2016年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
術後眼内炎パーフェクトマネージメント
中静裕之 (担当:共著)
日本医事新報社   2017年1月   
右目の黄斑に膜ができました.きょうの健康 5月号
日本放送出版協会   2009年5月   
硝子体黄斑牽引症候群に対する硝子体手術.眼科診療のコツと落とし穴2 手術ー後眼部・眼窩付属器,樋田哲夫・江口秀一郎編
中山書店,東京   2008年11月   
どう診る?どう治す?中高年の眼疾患,黄斑疾患,湯澤美都子編
メジカルビュー,東京   2008年11月   
脈絡膜新生血管,眼科診療プラクティスシリーズ責任編集者編,眼科プラクティス 2 黄斑疾患の病態理解と治療
文光堂,東京   2005年4月   

講演・口頭発表等

 
脈絡膜新生血管
第45回日本網膜硝子体学会総会   2006年12月1日   
シンポジウム
特発性脈絡膜新生血管と加齢黄斑変性における脈絡膜新生血管の免疫組織化学的所見
中静裕之,島田宏之,服部隆幸,風戸陽子,湯沢美都子,桂義久
第110回日本眼科学会総会   2006年4月13日   
難治網膜疾患に対し前嚢・後嚢移植が有用であった2症例
2017年4月7日   第121回日本眼科学会総会
黄斑疾患に対する27ゲージ硝子体手術後網膜剥離の頻度
2016年11月4日   第70回日本臨床眼科学会
大型黄斑円孔に対するfloating inverted ILM flap法を用いた硝子体手術
2016年4月8日   第120回日本眼科学会総会

競争的資金等の研究課題

 
早期黄斑上膜手術の有効性と発症機序の解明
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月