平川 均

J-GLOBALへ         更新日: 13/07/18 19:05
 
アバター
研究者氏名
平川 均
 
ヒラカワ ヒトシ
所属
国士舘大学
部署
21世紀アジア学部 21世紀アジア学科
学位
経済学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
名古屋大学 大学院経済学研究科 附属国際経済政策研究センター 大学院経済学研究科・経済学部 附属国際経済政策センター 教授
 

委員歴

 
 
   
 
アジア政経学会  編集委員
 

受賞

 
1988年
沖永賞(共同研究図書森田桐郎編『国際労働力移動』東京大学出版会)
 

Misc

 
Development of Japan's East Asian Regional Integration Policy and Problems
The Journal of East Asian Affairs   21(1) 163-193   2007年
一外交研究者とアジア主義-鹿島守之助パン・アジア論への一試論
近代化過程中東亜三国的相互認識   1-16   2007年
日本の東アジア地域統合政策の展開とその課題
中国・南開大学日本研究院国際学術研討会「東亜一体化的発展趨勢与区域合作」   113-116   2006年
経済統合と東アジア共同体構想
紀要(愛知大学国際問題研究所)   (126)    2005年
経済科学   52(4) 35-49   2005年

書籍等出版物

 
Co-design for a New East Asia after the Crisis
Tokyo and Belrin: Springer Verlag   2004年   
Newly Industrializing Countries after the Crisis (East Asia's Currency and Economic Crisis and a New Financial and Cooperation Order -- A View from Japan)
B.R. Pub, Delhi   2006年   
Japan and Singapore in the World Economy: Japan's Economic Advance into Singapore 1870-1965 (Collaboration with Dhil.Hiroshi Shimizu)
London and New York:Routledge   1999年   
日本研究論集
天津人民出版社   2006年   
東亜区域経済合作的現状与課題
天津人民出版社   2004年   

Works

 
視点 東アジアの経済統合と日本のイニシアティブ
2004年
東アジア地域協力の時代と北東アジア地域開発-日本は北東アジアのマーシャルプランに積極参与を-
2003年
対談 渡辺利夫教授のアジア塾[対談]東アジアの枠組みの中で日本のイニシアチブは
2003年
視点 中国脅威論から地域協力論への転換を-東アジアの枠組みで共同繁栄の道を設計せねば-
2002年
鹿島守之助とパン・アジア主義
2007年

競争的資金等の研究課題

 
東アジアの産業クラスターの国際比較研究
研究期間: 2006年 - 2010年
東アジア共同体論
研究期間: 2004年   
東アジアにおける中小企業
研究期間: 2002年 - 2005年
東アジアの経済統合
研究期間: 2000年