Hiyoshi Akihiko

J-GLOBAL         Last updated: Nov 21, 2018 at 05:06
 
Avatar
Name
Hiyoshi Akihiko
E-mail
hiyoshishonan.bunkyo.ac.jp
URL
http://www.note-to-tone.tv/hiyoshi/
Affiliation
Bunkyo University
Section
Faculty of Information & Comunications, Department of Media and Communications
Job title
Associate Professor
Research funding number
80383313

Profile

大学時代は、マスコミ論を専攻し、テレビドラマを記号論的なアプローチによって分析する卒論で卒業しました。
大学卒業後は、マーケティング・リサーチの会社で修業し、統計調査に目覚めました。
以降、大学院に進学してからは、統計調査を用いてメディア・メッセージを分析する方法を探求しています。
また、大学院生時代に、エスニック・メディアの編集者たちと共に阪神淡路大震災後の神戸で取材を行ってから、地域メディアに役割を考えるフィールドワークも始めました。特に在日ベトナム人の方々の制作するメディアについてのフィールドワークは20代から30代にかけて続けた活動の一つでした。
博士課程の後期課程の頃から、大学で非常勤講師をはじめ、主に関東の大学で教鞭をとりました。非常勤で教えた大学は9大学になります。

http://www.note-to-tone.tv/hiyoshi/self/personahistory.html


上のURLで非常勤で教えた大学について紹介しています。
2004年より埼玉の大学で専任教員、2008年からはここ湘南キャンパスで教えています。
担当科目は、講義科目として「メディア社会学」や「メディア効果論」「社会調査論」「社会学概論」を、また演習科目として「メディアの内容分析法」や社会調査士資格の取得のための演習「メディア調査研究法Ⅲ(総合演習)」を担当しています。一年生向けのゼミの基礎演習、もちろん専門ゼミのゼミナール&卒業研究、大学院の科目も一科目「質的調査特論」を担当しています。
委員会活動で思い出に残っているのは、国際交流委員としてベトナム・ハノイにあるFPT大学に海外研修の引率に行ったこと。多くの学生さんと熱気溢れる異文化体験はもっとも楽しい仕事の一つで、現在も毎年、引率を続けています。FPT大学との交流のための授業「ベトナムの言語・文化・産業」という授業も担当科目です。

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 1989
 - 
Mar 1993
マス・コミュニケーション学科, 文芸学部, 成城大学
 
Apr 1996
 - 
Mar 2002
コミュニケーション学専攻, 文学研究科, Seijo University
 

Published Papers

 
A Content Analysis of Japanese Television News Coverage during the London Olympics
Masaki, NAKA, Akihiko, HIYOSHI, Naomi KOBAYASHI
Sociologist   17(1) 147-182   2015   [Refereed]
2012年のロンドンオリンピック期間中に地上波で放映された夜のテレビニュース番組(NHKニュース7(NHK)、NEWS ZERO(日本テレビ)、NEWS 23X(TBS)、NEWS Japan+すぽると!(フジテレビ)、報道ステーション(テレビ朝日))の内容分析調査です。開催期間中+前後4日の24日分の全ての放映内容を「ニュースの発生地」「ニュースの分野」などの項目でコーディングした数量的結果を報告したもの
News Coverage of London Olympics
Masaki, NAKA, Akihiko, HIYOSHI, Naomi, KOBAYASHI
Japanese Television News Coverage during the London Olympics Period : A Comparison with the Beijing Olympic Period   7-20   May 2015
A Study of Diversity in Broadcasting in the Multichannel Age : Content Analysis of TV Programming
Akihiko, HIYOSHI
Information and Communication Studies   50 29-56   Dec 2014
In the latest issue of this bulletin, we reported the results of quantitative content analysis which examined "diversity" in Japanese broadcasting. In this paper, we'll report the data from the same survey more in detail. Content analysis was cond...
Evaluation on Television Content in the Multichannel Age
AKIHIKO HIYOSHI
Information and Communication Studies   51 1-27   Jul 2014
Diversity in Broadcasting and the Content of Television Programming(3): Cantent Analysis of TV Prpgramming: Terrestrial Broadcasting, Satellite Broadcasting, Communication Satellite Broadcasting
Akihiko HIYOSHI, Yoshihiro OTO
Information and Communication Studies   49 19-42   Jul 2013

Misc

 
テレビの中のダイバーシティ ~そのルーツと現況~
日吉昭彦
GALAC      Oct 2017

Books etc

 
News Agencies: Challenges in the New Digital Era
世界の通信社研究会編
Japan Press Research Institute   Mar 2017   ISBN:978-4-907087-10-4
Encoding the Olympics: The Beijing Olympic Games and the Communication Impact Worldwide (Sport in the Global Society - Historical perspectives)
Luo Qing, Chwen Chwen Chen, Cinzia Colapinto, Hiyoshi Akihiko, Hwang Yun'il, Kodama Miiko
Routledge   2012   
日本発 外国ニュースに関する研究
東京経済大学国際メディアコミュニケーション研究所編 (Part:Joint Work, アジア地域の新聞のニュースフロー ~インタビューからの考察)
財団法人 新聞通信調査会   Sep 2009   
プロセスが見えるメディア分析入門 ~コンテンツから日常を問い直す~
藤田真文、岡井崇之編 (Part:Joint Work, エスニシティの表象と"外国人"イメージ ~CMの世界の人口統計学)
世界思想社   Apr 2009   ISBN:978-4-7907-1405-7
質的調査ガイドブック
立正大学文学部社会学科   Mar 2008   

Conference Activities & Talks

 
巡島 ~佐渡に逢う
Mar 2016   文教大学情報学部メディア表現学科
ゼミナール活動報告書
Masaki, NAKA, Akihiko, HIYOSHI, Naomi, KOBAYASHI
European Association for Sport Management, 23rd Conference   10 Sep 2015   European Association for Sport Management
「最後から二番目の恋」と観光地・鎌倉 ~「ドラマ」と「地域」の関係に迫る~
Mar 2015   文教大学情報学部広報学科
ゼミナール活動報告書
SURVEY RESEARCH
Mar 2015   文教大学情報学部広報学科
社会調査士資格のための報告書
Content Analysis of Television News Coverage during London Olympic Period
Masaki, NAKA, Akihiko, HIYOSHI, Naomi, KOBAYASHI
武蔵社会学会   19 Jul 2014   武蔵社会学会
2012年のロンドンオリンピックの開催期間中に、地上波で放映された夜のテレビニュース番組の内容分析結果を報告するものである。

Research Grants & Projects

 
国際的スポーツイベントに関するメディア報道が外国人イメージに及ぼす影響
Project Year: 2014 - 2017    Investigator(s): Isao Sakuma
ロンドン五輪報道をめぐる国際ニュース・フレームの分析:北京五輪との比較から
学術研究助成基金助成金
Project Year: 2013 - 2015    Investigator(s): 中 正樹
ロンドン五輪開催期間に日本のキー局が提供する代表的なニュース番組が報道したニュースの内容分析である。
テレビ番組の内容分析研究方法の開発と放送の多様性の検討
公益信託 高橋信三記念放送文化振興基金: 公益信託 高橋信三記念放送文化振興基金
Project Year: 2010 - 2011    Investigator(s): 日吉昭彦
CS放送を含めた「放送の多様性」に関する指標化のための、基礎的な方法の検討と試験的な調査の実施を通じて、多チャンネル時代にふさわしい「放送の多様性」の研究を行う上での研究方法の開発を行う。