川島 大輔

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 14:08
 
アバター
研究者氏名
川島 大輔
 
カワシマ ダイスケ
URL
http://psychology-of-death.jimdo.com
所属
中京大学
部署
心理学部
職名
准教授
学位
学士(総合科学)(徳島大学), 修士(教育学)(京都大学), 博士(教育学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
中京大学心理学部 准教授
 
2011年4月
 - 
2014年3月
北海道教育大学 大学院教育学研究科 高度教職実践専攻 旭川校 准教授
 
2007年4月
 - 
2011年3月
国立精神・神経センター精神保健研究所 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2007年
京都大学 教育学研究科 教育科学専攻博士後期課程
 
 
 - 
2004年
京都大学 教育学研究科 教育科学専攻博士前期課程
 
 
 - 
2001年
徳島大学 総合科学部 人間社会学科
 

委員歴

 
2018年3月
 - 
現在
日本老年臨床心理学会  評議員
 
2017年9月
 - 
現在
名古屋市  自殺対策計画策定検討会構成員
 
2017年4月
 - 
現在
浜松市精神保健福祉センター  遺族相談スーパーバイザー
 
2015年4月
 - 
現在
日本質的心理学会  『質的心理学研究』編集委員会委員
 
2016年2月
 - 
2018年1月
日本発達心理学会  『発達心理学研究』編集委員会委員
 

論文

 
Parental grief after offspring suicide and adaptation to the loss in Japan
KAWASHIMA Daisuke, KAWANO Kenji
Omega: Journal of Death and Dying      2019年   [査読有り]
「死別における意味」の意味─意味再構成理論の観点と今後の展望
川島 大輔
質的心理学フォーラム   10 16-23   2018年   [査読有り][招待有り]
Comparing facilitator priorities of suicide survivor support groups: A cross-cultural comparison between Japanese and American groups
Feigelman, W., Feigelman, B., Kawashima, D., Shiraga, K., & Kawano, K
Omega: Journal of Death and Dying   75(3) 219-229   2017年   [査読有り]
Meaning reconstruction process after suicide: Life-story of a Japanese woman who lost her son to suicide
KAWASHIMA Daisuke, KAWANO Kenji
Omega: Journal of Death and Dying   75(4) 360-375   2017年   [査読有り]
聾学校乳幼児教育相談における母子コミュニケーション支援に関する一考察―意味ある他者との関わりを足場として
三浦麻依子・川島大輔・竹本克己
質的心理学研究   15 47-64   2016年   [査読有り]

書籍等出版物

 
GRIPの構成 (川野健治・勝又陽太郎 (編), 子どもの自殺予防教育プログラム-GRIP)
川島 大輔 (担当:分担執筆, 範囲:pp.10-22.)
新曜社   2018年   
Priorities for suicide survivor support groups in Japan and the United States. In K. Andriessen, K. Krysinska, & O. T. Grad, Postvention in Action: The international handbook of suicide bereavement support.
Feigelman, W., Feigelman, B., Kawashima, D., Shiraga, K., & Kawano, K. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 131–138)
Hogrefe Publishing Corporation.   2017年   
Japan – Research-informed support for suicide survivors. In K. Andriessen, K. Krysinska, & O. Grad (Eds.), Postvention in Action: The international handbook of suicide bereavement support
Kawashima, D., & Kawano, K. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 396–401)
Hogrefe Publishing Corporation.   2017年   
質的研究1(KJ法) (田島信元・岩立志津夫・長崎 勤 (編), 新・発達心理学ハンドブック)
川島 大輔 (担当:分担執筆, 範囲:pp.881-885)
福村出版   2016年   
宗教を心理学する―データから見えてくる日本人の宗教性
松島公望・川島大輔・西脇 良 (担当:共編者)
誠信書房   2016年   

競争的資金等の研究課題

 
高齢者のエンド・オブ・ライフへの態度構造の探索と実践的ツールの開発
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 川島 大輔
自殺への許容性についての心理学的検討と予防的介入(研究分担者)
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 川野 健治
宗教性/スピリチュアリティと精神的健康の関連-苦難への対処に関する実証的研究(研究分担者)
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 松島 公望
自死遺族ケアのためのナラティヴ・ワークブック開発の試み
日本学術振興会: 若手研究 (B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 川島 大輔
生涯発達における死の意味づけと宗教―ナラティヴ死生学に向けて
日本学術振興会: 研究成果公開促進費
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 川島 大輔