中村 美知夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/16 21:57
 
アバター
研究者氏名
中村 美知夫
 
ナカムラ ミチオ
URL
http://jinrui.zool.kyoto-u.ac.jp/nakamura/
所属
京都大学
部署
大学院理学研究科
職名
准教授
学位
博士(理学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
Associate Professor, Graduate School of Science, Kyoto University
 
1999年
 - 
2004年
日本モンキーセンター リサーチフェロー
 
2004年
 - 
2007年
京都大学大学院理学研究科 助手
 
2007年
 - 
2008年
京都大学大学院理学研究科 助教
 
2008年
 - 
2016年
京都大学野生動物研究センター 准教授
 

委員歴

 
 
   
 
日本霊長類学会  理事
 
 
   
 
生態人類学会  理事
 

受賞

 
2003年
日本霊長類学会高島賞
 

論文

 
Nishie Hitonaru, Nakamura Michio
AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY   165(1) 194-199   2018年1月   [査読有り]
NAKAMURA Michio, NAKAZAWA Nobuko, NYUNDO Butati R., ITOH Noriko
African Study Monographs   38(4) 221-242   2017年12月
Indigenous knowledge is nowadays considered essential in regard to understanding and conservation of wildlife, especially where biological diversity is high. The Mahale region in western Tanzania is included in one of the biodiversity hotspots and...
Nakamura M, Sakamaki T, Zamma K
Primates; journal of primatology   58(1) 13-17   2017年1月   [査読有り]
Matsumoto Takuya, Itoh Noriko, Inoue Sana, Nakamura Michio
PRIMATES   57(1) 3-7   2016年1月   [査読有り]
Nakamura Michio, Itoh Noriko
JOURNAL OF TROPICAL ECOLOGY   31 183-186   2015年3月   [査読有り]
Wilson Michael L., Boesch Christophe, Fruth Barbara, Furuichi Takeshi, Gilby Ian C., Hashimoto Chie, Hobaiter Catherine L., Hohmann Gottfried, Itoh Noriko, Koops Kathelijne, Lloyd Julia N., Matsuzawa Tetsuro, Mitani John C., Mjungu Deus C., Morgan David, Muller Martin N., Mundry Roger, Nakamura Michio, Pruetz Jill, Pusey Anne E., Riedel Julia, Sanz Crickette, Schel Anne M., Simmons Nicole, Waller Michel, Watts David P., White Frances, Wittig Roman M., Zuberbuehler Klaus, Wrangham Richard W.
NATURE   513(7518) 414-+   2014年9月   [査読有り]
Nakamura Michio, Hayaki Hitoshige, Hosaka Kazuhiko, Itoh Noriko, Zamma Koichiro
AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY   153(1) 139-143   2014年1月   [査読有り]
Nakazawa Nobuko, Hanamura Shunkichi, Inoue Eiji, Nakatsukasa Masato, Nakamura Michio
JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION   65(3) 334-337   2013年9月   [査読有り]
Nakamura Michio, Corp Nadia, Fujimoto Mariko, Fujita Shiho, Hanamura Shunkichi, Hayaki Hitoshige, Hosaka Kazuhiko, Huffman Michael A., Inaba Agumi, Inoue Eiji, Itoh Noriko, Kutsukake Nobuyuki, Kiyono-Fuse Mieko, Kooriyama Takanori, Marchant Linda F., Matsumoto-Oda Akiko, Matsusaka Takahisa, McGrew William C., Mitani John C., Nishie Hitonaru, Norikoshi Koshi, Sakamaki Tetsuya, Shimada Masaki, Turner Linda A., Wakibara James V., Zamma Koichiro
PRIMATES   54(2) 171-182   2013年4月   [査読有り]
Nakamura Michio, Nishida Toshisada
AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY   75(2) 186-196   2013年2月   [査読有り]
伊藤 詞子, 中村 美知夫, 座馬 耕一郎, 五百部 裕, 保坂 和彦
日本生態学会誌   62(1) 83-88   2012年
Rates of lethal aggression in chimpanzees depend on the number of adult males rather than measures of human disturbance
Wilson Michael L., Boesch Christophe, Furuichi Takeshi, Gilby Ian C., Hashimoto Chie, Hohmann Gottfried, Itoh Noriko, Matsuzawa Tetsuro, Mitani John, Mjungu Deus C., Morgan David, Nakamura Michio, Pruetz Jill, Pusey Anne E., Sanz Crickette, Simmons Nicole, White Frances, Watts David P., Zuberbuhler Klaus, Wrangham Richard W.
AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY   147 305   2012年   [査読有り]
中村 美知夫, 小川 秀司, 花村 俊吉
霊長類研究 = Primate research   26(2) 205-219   2010年12月
中村 美知夫
霊長類研究 = Primate research   26(2) 131-142   2010年12月
When we say something is ‘complex,’ we may define its complexity in terms of 1) the number of its components, 2) the number of kinds of components, 3) the number of connections among components, 4) the number of kinds of connections, o...
読解:ほかのやり方.
中村美知夫
「インタラクショ ンの境界と接続―サル・人・会話研究から」 木村大 治, 中村美知夫, 高梨克也 (編), 昭和堂, pp. 252-253.      2010年   [査読有り]
霊長類学におけるインタラクション 研究―その独自性と可能性.
中村美知夫
「インタラクションの境 界と接続―霊長類とヒトの事例から」 木村大治, 中 村美知夫, 高梨克也 (編), 昭和堂, pp. 19-26.      2010年   [査読有り]
リプライ―全体性と歴史性と分からなさ.
中村美知夫
「霊長類研究」 26: 205–209.      2010年   [査読有り]
「接触」という相互行為―原初的対称性から考える社会性の進化
中村美知夫
「人間文化」 27:8–12.      2010年   [査読有り]
Nakamura Michio
PRIMATES   50(2) 142-152   2009年4月   [査読有り]
Corp Nadia, Hayaki Hitoshige, Matsusaka Takahisa, Fujita Shiho, Hosaka Kazuhiko, Kutsukake Nobuyuki, Nakamura Michio, Nakamura Miho, Nishie Hitonaru, Shimada Masaki, Zamma Koichiro, Wallauer William, Nishida Toshisada
PRIMATES   50(2) 184-189   2009年4月   [査読有り]
中村美知夫
霊長類研究   24 229-240   2009年3月
More than half a century has passed since Imanishi (1952) proposed ‘culture’ to nonhuman animals. Now, although there is still some skepticism, the discussion of nonhuman cultures is widely accepted in the international academic world....
「チンパンジー―ことばのない彼らが語ること」
中村美知夫
中公新書.(2009)      2009年   [査読有り]
チンパンジーの暮らす森.
中村美知夫
「森発 見」 15: 15.      2009年   [査読有り]
社会の学としての霊長類学 : 特集の趣旨説明
中村 美知夫;田代 靖子;伊藤 詞子
霊長類研究 = Primate research   24(2) 69-71   2008年12月   [査読有り]
Kaur Taranjit, Singh Jatinder, Tong Suxiang, Humphrey Charles, Clevenger Donna, Tan Wendy, Szekely Brian, Wang Yuhan, Li Yan, Muse Epaphras Aux, Kiyono Mieko, Hanamura Shunkichi, Inoue Eiji, Nakamura Michio, Huffman Michael A., Jiang Baoming, Nishida Toshisada
AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY   70(8) 755-765   2008年8月   [査読有り]
Hanamura Shunkichi, Kiyono Mieko, Lukasik-Braum Magdalena, Mlengeya Titus, Fujimoto Mariko, Nakamura Michio, Nishida Toshisada
PRIMATES   49(1) 77-80   2008年1月   [査読有り]
自由集会4:社会の学としての霊長類学―順位・権力・平等性.
西江仁徳, 中村美知夫, 伊藤詞子
(2008) 「霊長類研究」24(2): 159‒160.      2008年   [査読有り]
社会の学としての霊長類学:あとがき.
田代靖子, 中村美知夫, 伊藤詞子
(2008) 「霊長類研究」 24(2):151.      2008年   [査読有り]
Matsusaka T, Nishie H, Shimada M, Kutsukake N, Zamma K, Nakamura M, Nishida T
Primates; journal of primatology   47(2) 113-122   2006年4月   [査読有り]
Nakamura M, Nishida T
Primates; journal of primatology   47(1) 35-42   2006年1月   [査読有り]
中村 美知夫
霊長類研究 = Primate research   21(1) 27-46   2005年7月
Papers (articles and short communications) on wild chimpanzee studies published during 2000-2004 in scientific journals were searched comprehensively using PrimateLIT (http://primatelit.library.wisc.edu/). A total of 145 papers were found, and wer...
中村 美知夫, 西田 利貞
霊長類研究 = Primate research   20(1) 57-61   2004年6月
中井 將嗣, 伊藤 詞子, 中村 美知夫, HUFFMAN Michael A., 西田 利貞
霊長類研究 = Primate research   20(1) 1-9   2004年6月
The skeletal remains of five adult wild chimpanzees (Pan troglodytes schweinfurthii) stored at the Kansyana Research Camp in the Mahale Mountains National Park, Tanzania, were examined in order to identify the skeletons and to find patholog...
中村 美知夫
大航海   (52) 100-108   2004年
特にその骨や歯からの個体識別についてータンザニア, マハレ国立公園における野生チンパンジーの実例からー
中井將嗣, 伊藤詞子, 中村美知夫, Huffman M.A.,西田利貞
霊長類研究 20: 1-9.      2004年   [査読有り]
マハレでのチンパンジー長期研究と保護
中村 美知夫
国立科学博物館ニュース,424/ , 10-11      2004年   [査読有り]
霊長類の毛づくろいと言語の起源 (特集 言語と人類の起源)
中村 美知夫
大航海   (52) 100-108   2004年   [査読有り]
Nishida T, Corp N, Hamai M, Hasegawa T, Hiraiwa-Hasegawa M, Hosaka K, Hunt KD, Itoh N, Kawanaka K, Matsumoto-Oda A, Mitani JC, Nakamura M, Norikoshi K, Sakamaki T, Turner L, Uehara S, Zamma K
American journal of primatology   59(3) 99-121   2003年3月   [査読有り]
Nakamura M
Journal of human evolution   44(1) 59-71   2003年1月   [査読有り]
チンパンジー文化研究を問う (特集2 文化と社会性の起源--進化の隣人に探る--私たち現代人が見失った何かが見つかるかもしれない)
中村 美知夫
エコソフィア   55-61   2003年
Nakamura Michio, McGrew William C., Nishida Toshisada, NISHIDA TOSHISADA
Primates : journal of primatology   41(3) 237-248   2000年7月
Nakamura M, McGrew WC, Marchant LF, Nishida T
Primates; journal of primatology   41(3) 237-248   2000年7月   [査読有り]

Misc

 
保坂和彦, 早石周平, 中島朋紀, 土門容子, 清水貴史, 中村美知夫
鎌倉女子大学学術研究所報   13(13) 23-28   2013年3月
保坂和彦, 早石周平, 中島朋紀, 土門容子, 清水貴史, 中村美知夫
鎌倉女子大学学術研究所報   14(14) 11-21   2014年3月
中村美知夫, ナカムラ ミチオ, NAKAMURA Michio
Field+ : フィールドプラス : 世界を感応する雑誌 / 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 [編]   (15) 4-5   2016年1月
中村 美知夫, ナカムラ ミチオ, NAKAMURA Michio
Field+ : フィールドプラス : 世界を感応する雑誌 / 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 [編]   (8) 14-15   2012年7月
中村 美知夫
Pan Africa News   18(0) 9-10   2011年9月
マハレのチンプ( ん?)紹介一第17回 ダーウィン.
中村美知夫
「マハレ珍聞」17: 9.      2011年   [査読有り]
マハレの森の動物たち
中村美知夫
「生き物たちのつづれ織り」5:128-132.      2011年   [査読有り]
チンパンジーってどんな生き物?
中村美知夫
タンザニア日本人補習校特別講師 (2009/05, ダル エスサラーム)      2009年   [査読有り]
日本大使がマハレを訪問.
中村美知夫
「マハレ 珍聞」 14: 1.      2009年   [査読有り]
中村 美知夫, 田代 靖子, 伊藤 詞子
霊長類研究 = Primate research   24(2) 69-71   2008年12月
田代 靖子, 中村 美知夫, 伊藤 詞子
霊長類研究 = Primate research   24(2)    2008年12月
書評:「人類が消えた世界」アラン・ワイズマン著, 鬼沢忍訳.
中村美知夫
(2008) 書評:「人類が消えた世界」アラン・ワイズマン著, 鬼沢忍訳. 「共同通信の配信する地方紙」 5 月11 日版または5 月18 日版.      2008年   [査読有り]
西江 仁徳, 中村 美知夫, 伊藤 詞子
霊長類研究 Supplement   24(0) 4-4   2008年
昨年に引き続き、人間を含めた霊長類の社会について、より幅広く豊かな理解を目指して議論をおこなう。今回はテーマを絞り、「順位・権力・平等性」に関する話題提供をしていただく。現在の霊長類学の標準的な理解では、優劣順位や平等性といった問題は主に社会生物学的背景から、「個体にとってのコストの最小化と利益の最大化」といった問題として一面的に捉えられることが多いと思われる。一方で、人類学や社会学といった学問領域では、古くから平等性や権力の問題は現代霊長類学とはまったく異なる理論的基盤の上に幅広い理解を...
夜のカンシアナ.
中村美知夫
(2008)「マハレ珍聞」12:5‒6.      2008年   [査読有り]
中村 美知夫, 田代 靖子, 伊藤 詞子
霊長類研究 Supplement   23(0) 7-7   2007年
霊長類が「社会的」な存在であることは、霊長類の研究をおこなうすべての人が認めるところであろう。日本霊長類学の初期においては、社会の理解を目指していたと言っても過言ではない。しかしながら、その後の社会生物学の勃興と発展の中で、霊長類社会の限られた側面しか語られなくなってしまった。言い換えれば、社会の多様で複雑な側面はある意味で置き去りにされてきたと言えるのではなかろうか。<br> たとえば、個体に分解してしまっては理解しきれない社会をどう捉えるべきか、という初期日本霊長類学が提示した問題は、...
中村 美知夫, 木村 大治, 池谷 和信, 今村 薫, 曽我 亨, 河合 香吏, 真島 一郎
アフリカ研究   2006(68) 75-92   2006年
中村 美知夫
霊長類研究   19(2) 175-176   2003年
中村 美知夫
霊長類研究   17(2) 85-86   2001年
中村 美知夫, 伊藤 詞子, 坂巻 哲也
霊長類研究 = Primate research   15(2) 93-99   1999年10月
More than 30 years have passed since chimpanzee research camp was set up at the Mahale Mountains in Tanzania. Besides the continuous long-term research on chimpanzees, various research and descriptions on climate, plants, vegetation and animals ha...

書籍等出版物

 
河合 香吏, 黒田 末寿, 中村 美知夫, 曽我 亨, 北村 光二, 早木 仁成, 西江 仁徳, 伊藤 詞子, 花村 俊吉, 大村 敬一, 杉山 祐子, 西井 凉子, 田中 雅一, 内堀 基光, 山越 言, 足立 薫, 竹ノ下 祐二, 床呂 郁哉, 船曳 建夫
京都大学学術出版会   2016年   ISBN:9784814000029
山極 寿一, 古市 剛史, 中川 尚史, 中村 美知夫, 久保 明教
青土社   2016年   ISBN:9784791713332
中村 美知夫, 保坂 和彦, 伊藤 詞子, Zamma Koichiro
Cambridge University Press   2015年   ISBN:9781107052314
中村 美知夫
中央公論新社   2015年   ISBN:9784120047565
木村 大治, 中村 美知夫, 高梨 克也
昭和堂   2010年   ISBN:9784812210086

講演・口頭発表等

 
中村美知夫, 山上昌紘
霊長類研究   2017年7月1日   
<p>タンザニアのマハレで,チンパンジーが「対峙的屍肉食」をした事例を報告する。人類進化を考える上でかつて一世を風靡した「狩猟仮説」は,現在では「屍肉食仮説」に置き換わっている。初期人類が,屍肉食をしていただろうという点では概ね合意が得られているが,それが「消極的」だったのか「対峙的」だったのかについては,論争が続いている。前者は肉食獣が完全に放棄した後に骨髄などを利用していたとするもの,後者は肉食獣を追い払って獲物を奪っていたとするものである。こうした議論の中で現生類人猿が参照されること...
大谷ミア, 仲澤伸子, 中村美知夫
日本動物行動学会大会発表要旨集   2015年11月   
島田将喜, 西江仁徳, 中村美知夫
霊長類研究   2015年6月20日   
対角毛づくろい(以下GHC)は,チンパンジーの社会的慣習の一つである。マハレでは,手のひら同士を合わせる「手のひら型」のGHCはK集団に特有であると報告されたが,その後,M集団においてもK集団から移籍したメス(GW)を含むダイアドで低頻度行なわれていることがわかった。本発表では,その後のM集団内におけるGHCの型の変化を分析した。タンザニア・マハレM集団のチンパンジーを対象に,2002年から2014年まで断続的に観察を行った。前半の6年間を第Ⅰ期(3,263.6時間),後半の7年間を第Ⅱ期...
中村 美知夫
霊長類研究 Supplement   2015年   
開催日時:2015年7月18日(土)15:45-18:15<br>会場:ホールA(国際交流ホールI)<br><br>タンザニア、マハレ山塊での野生チンパンジーの研究が開始されてから今年で50年を迎える。本自由集会では、この記念すべき機会に、マハレでの50年間の研究成果を紹介するとともに、長期研究でこそ見えるものと今後の長期研究の展望について議論したい。<br>多くの霊長類は成長が遅く寿命が長い。このため、成長に関するパラメータや繁殖成功、社会変動などを知るためには長期研究が欠かせない。たと...

Works

 
野生チンパンジーの調査

競争的資金等の研究課題

 
野生チンパンジーの社会の研究