TANAKA Michihiro

J-GLOBAL         Last updated: Jun 16, 2019 at 11:00
 
Avatar
Name
TANAKA Michihiro
Affiliation
Saitama Gakuen University
Job title
Part-time Lecturer

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1997
Graduate School, Division of Human Science, Tokiwa University
 
 
 - 
1994
Tokiwa University
 

Published Papers

 
Low self-affirmation of Japanese youth and education problem to bring up self-affirmation.――Types of positive thinking and negative thinking――
TANAKA Michihiro
THE JAPANESE JOURNAL OF SELF PSYCHOLOGY   7 11-22   Dec 2017   [Refereed]
Influence of Locus of Control on mental health. - Focusing on self-affirmation and pathological narcissism.
TANAKA Michihiro
The Japanese Jornal of Slef Psychology   6 53-56   Dec 2014   [Refereed]
A Comment on YAMAKAGE's Article "Situation Providing Adolescents with Psychological Growth, Resulting Emotions and Behaviors Leading to Growth: Their Relationship to Attachment Styles"
TANAKA Michihiro
Adolescent Psychology   23(2) 199-203   Dec 2011   [Refereed]
TANAKA Michihiro, TAKIZAWA Machiko
Bulletin of Saitama Gakuen University. Faculty of Humanities   10 341-346   Dec 2010
人間は、過去、現在、未来という時間軸とその広がりの中で、自己を捉えることが可能である。さらに、過去や現在、未来をいかに捉えるかによって、自己評価や将来展望などが変化する。これまでの時間的展望に関する研究では、主に現在から未来に視点を向けた研究が中心であり、過去に対する視点の研究が少なかった。その一方で、過去のとらえ方と精神的健康との関係では、主に自己受容に関する研究から行われてきた。しかし、人間は、自分の過去についてすべて自己受容できなくとも、人は前向きに生きることができるのではないだろう...
榎本 博明, 田中 道弘
Meijo University, human studies   (4) 41-51   Dec 2006
TANAKA Michihiro
Bulletin of Saitama Gakuen University. Faculty of Humanities   6 135-139   Dec 2006
本研究では、Rosenbergの自尊心尺度(注1)として、まず(1)自尊心尺度の項目で低得点郡に分類される向上心郡は、他の自尊心低群(自己嫌悪郡)と異質とみなせるかどうかを確認し、さらに(2)向上心郡は、Rosenbergの想定した自尊心概念に沿っているものであるかどうかを確認することを目的とした。調査協力者は、大学生400名(男性145名、女性255名)、年齢は18歳から26歳の男女(平均年齢 男性:19.7歳 女性:19.6歳)であった。分析の結果、自尊心項目において"自尊心低得点郡"...
TANAKA Michihiro
Bulletin of Saitama Gakuen University. Faculty of Humanities   5 173-181   Dec 2005
本研究では、大学生のインターネット利用と精神的健康との関連について検討した。従来の研究では、インターネットの利用時間による問題が重要視されてきたが、本研究では、インターネット上でのモラル(インターネット・モラル尺度)という新たな基準とを合わせて検討を行った。精神的健康の基準としては、病理的傾向に基づく自己愛(病理的自己愛)、時間的展望、自己肯定感の3つの尺度を用いた。 対象は、茨城県内の大学3校(国立大学2校、私立大学1校)と埼玉県内の大学1校(私立大学)の合計4校の学生、405名に調査協...

Misc

 
Examination of self-affirmation scales(1)
TANAKA Michihiro
21   2012
Positive veiw of self-change from the perspectives of self-affirmation, aspiration, time perspective, and generalized self-efficacy.
Michihiro Tanaka
The Japanese Jaurnal of Microcounseling   6(1) 12-23   2011
渥美純子, 三保紀裕, 大西将史, 中谷陽輔, 田中道弘, 並川努, 谷伊織, 福井斉, 亀田研, 榎本博明, 浦田悠
日本心理学会大会発表論文集   74th 49   Aug 2010
田中道弘
埼玉学園大学紀要 人間学部篇   (6) 135-139   Dec 2006

Research Grants & Projects

 
The study of measurement about positive self-evaluation.
Project Year: 2000 - 2005
-
Project Year: 2004 - 2005
-
Project Year: 2004 - 2006