共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年4月 - 2019年3月

神経ネットワーク障害仮説に着目した自閉性障害におけるオキシトシン作用機序の解明

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 高橋 哲也
  • ,
  • 菊知 充
  • ,
  • 平石 博敏
  • ,
  • 山西 輝也

課題番号
16K10206
配分額
(総額)
4,810,000円
(直接経費)
3,700,000円
(間接経費)
1,110,000円

GABA神経伝達の障害は,自閉症スペクトラム障害(ASD)における神経ネットワーク障害仮説の神経基盤として重要な役割を担う.周産期にオキシトシンはGABA神経を興奮性から抑制性にシフトし,その欠如がASDの発症に関連するとされ,近年オキシトシンはASDの治療薬として注目されている.一方,γ帯域律動はGABA神経活動を,また複雑ネットワーク理論は神経ネットワーク活動を探る手段として注目されている.
本研究では,新規複雑ネットワーク解析を開発し、それらを駆使した脳磁図解析によってASDにおけるGABA神経活動および神経ネットワークの障害を浮き彫りにし,さらにオキシトシンの治療効果を踏まえて検討した.

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-16K10206/16K10206seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 16K10206