共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年4月 - 2015年3月

高機能自閉症成人例におけるオキシトシンの効果と生物学的背景の検討

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 三辺 義雄
  • ,
  • 棟居 俊夫
  • ,
  • 菊知 充
  • ,
  • 尾内 康臣

課題番号
24390282
配分額
(総額)
17,420,000円
(直接経費)
13,400,000円
(間接経費)
4,020,000円

知能障害を有しない自閉症スペクトラム障害者へのオキシトシンの経鼻長期投与による、セロトニン系への影響や、社会的認知機能への影響を調査し、改善する個体の大脳生理学的特徴を検討した。薬剤10週間投与前後のセロトニントランスポーター密度の変化をPETを用いて調べた。試験のデザインは、非ランダム化無対象オープンデザインを用いた。11C-DASB PETの解析においては、10人中3名において、明らかに、オキシトシン投与後の上昇を認めていた。これらの3名については、STAIの不安症状が軽減していた。オキシトシン投与により、脳内セロトニン系の変化を介して、抗不安効果が表れている可能性が示唆された。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-24390282/24390282seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 24390282