田熊 一敞

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/14 02:40
 
アバター
研究者氏名
田熊 一敞
 
タクマ カズヒロ
通称等の別名
戸籍名は「一浩」
所属
大阪大学
部署
歯学研究科 口腔科学専攻
職名
教授
学位
博士(薬学)(大阪大学)
その他の所属
大学院薬学研究科 創成薬学専攻大学院連合小児発達学研究科 小児発達学専攻
科研費研究者番号
90289025
ORCID ID
0000-0001-6484-1122

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
大阪大学大学院 連合小児発達学研究科 教授 (兼任)
 
2014年7月
 - 
現在
大阪大学大学院 歯学研究科 教授
 
2014年7月
 - 
現在
大阪大学大学院 薬学研究科 教授 (兼任)
 
2008年4月
 - 
2014年7月
大阪大学大学院 薬学研究科 准教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
金沢大学大学院 自然科学研究科 准教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
金沢大学大学院 自然科学研究科 助教授
 
2001年10月
 - 
2002年9月
米国コロンビア大学 医学部 博士研究員
 
1996年4月
 - 
2004年3月
神戸学院大学 薬学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1996年
大阪大学 薬学研究科 応用薬学専攻
 
 
 - 
1993年
大阪大学 薬学研究科 応用薬学専攻
 
 
 - 
1991年
大阪大学 薬学部 製薬化学科
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本薬理学会  評議員
 

受賞

 
2006年
日本神経化学会奨励賞
 
2006年
日本薬理学会学術奨励賞
 
2001年
日本薬学会近畿支部奨励賞
 

論文

 
Takuma K, Maeda Y, Ago Y, Ishihama T, Takemoto K, Nakagawa A, Shintani N, Hashimoto H, Baba A, Matsuda T
Behavioural brain research   272 269-278   2014年10月   [査読有り]
Takuma K, Hara Y, Kataoka S, Kawanai T, Maeda Y, Watanabe R, Takano E, Hayata-Takano A, Hashimoto H, Ago Y, Matsuda T
Pharmacology, biochemistry, and behavior   126C 43-49   2014年9月   [査読有り]
Ago Y, Tanaka T, Ota Y, Kitamoto M, Imoto E, Takuma K, Matsuda T
Behavioural brain research   270 37-46   2014年8月   [査読有り]
Araki R, Ago Y, Hasebe S, Nishiyama S, Tanaka T, Oka S, Takuma K, Matsuda T
The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP)   17 883-893   2014年6月   [査読有り]
Ago Y, Umehara M, Higashino K, Hasebe S, Fujita K, Takuma K, Matsuda T
Neurochemical research   39 825-832   2014年5月   [査読有り]

Misc

 
ABAD enhances AΒ-induced cell stress via mitochondrial dysfunction
FASEB JOURNAL   19(5) 97-98   2005年
JAPANESE JOURNAL OF PHARMACOLOGY   97(3) 312-316   2005年
LUSTBADER J W, CIRILLI M, LIN C, CHEN X, GUNN‐MOORE F, LUE L‐F, KUPPUSAMY P, STERN D, WU H
Science   304(5669) 448-452   2004年
Prog. Neurobiol.   72(2) 111-127   2004年

Works

 
創薬を目指した環境要因誘発精神疾患動物でのエピジェネティクス研究
2009年
糖尿病、神経変性疾患等の病態発現における抗酸化の創薬的意義に関する研究
2009年
糖尿病、神経変性疾患等の病態発現における抗酸化の創薬的意義に関する研究
2008年
SEA0400の中枢作用に関する研究
2008年

競争的資金等の研究課題

 
アルツハイマー病の発症分子機序ならびに情動行動障害に関する研究
研究期間: 2001年   
神経変性疾患におけるミトコンドリアの機能的役割に関する研究
研究期間: 2004年   
児童青年期の精神疾患の分子機序に関する研究
研究期間: 2004年   
更年期の精神障害の分子機序に関する研究
研究期間: 2004年   
脳グリア細胞の遅発性アポトーシスの発現機構に関する研究
研究期間: 1996年