論文

査読有り
2015年

金沢駅「鼓門」プロジェクションマッピング:ICTを活用し人と場をつなぐ付加価値創出

デザイン学研究作品集
  • 出原 立子
  • ,
  • 前田 祐太朗
  • ,
  • 藤井 朝比

20
1
開始ページ
1_20
終了ページ
1_23
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11247/adrjssd.20.1_20
出版者・発行元
日本デザイン学会

平成27年北陸新幹線金沢開業に向けて、新しい金沢のイメージを表現し、開業に向けての気運を市民と共に高めることを目的として、金沢駅もてなしドーム正面に位置する「鼓門」におけるプロジェクションマッピングのイベントを2013年10月12、13日に開催した(図1)。「鼓門」は、金沢の伝統文化を象徴した構造物であり、それに対しプロジェクションマッピングを行うことで、伝統の上に最先端の技術と感性により新しい金沢のイメージを表現し、さらにICTを活かし人々と街(場)をつなぐ付加価値を創出するデザインを実践的に追求した。<br> イベントは2種類のプロジェクションマッピングのコンテンツで構成し、一つは、新しい金沢のイメージを表現するための映像投影による"鑑賞型プロジェクションマッピング"。もう一つは、市民と共に創り上げる"参加型プロジェクションマッピング"で構成した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11247/adrjssd.20.1_20
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130005073989
ID情報
  • DOI : 10.11247/adrjssd.20.1_20
  • ISSN : 1341-8475
  • CiNii Articles ID : 130005073989

エクスポート
BibTeX RIS