平山 喜彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/13 19:19
 
アバター
研究者氏名
平山 喜彦
 
ヒラヤマ ヨシヒコ
所属
奈良県農業研究開発センター
部署
環境科
職名
指導研究員
学位
博士(応用生命科学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 
 
 
 - 
1995年
大阪府立大学大学院 農学研究科 
 
 
 - 
1993年
大阪府立大学 農学部 園芸農学科
 

論文

 
Weeds as the potential inoculum source of Colletotrichum fructicola responsible for strawberry anthracnose in Nara, Japan
HirayamaY, Asano S, Okayama K, Ohki ST, Tojo M.
Journal of General Plant Pathology   84 12-19   2018年   [査読有り]
Distribution of Tomato spotted wilt virus in dahlia plants
S. Asano, Y. Hirayama, Y. Matsushita
Letters in Applied Microbiology   64(4) 297-303   2017年   [査読有り]
Control of Colletotrichum fructicola on strawberry with a foliar spray of neutral electrolyzed water through an overhead irrigation system
HirayamaY, Asano S, Watanabe K, Sakamoto Y, Ozaki M, Okayama K, Ohki ST, Tojo M.
Journal of General Plant Pathology   82 186-189   2016年   [査読有り]
Effects of ozonated-water foliar spray on Colletotrichum fructicola on strawberry.
HirayamaY, Asano S, Watanabe K, Sakamoto Y, Ozaki M, Okayama K, Ohki ST, Tojo M.
International Journal of Agriculture and Crop Sciences   9(1) 61-65   2016年   [査読有り]
Simultaneous detection of Tomato spotted wilt virus, Dahlia mosaic virus and Chrysanthemum stunt viroid by multiplex RT-PCR in dahlias and their distribution in Japanese dahlias
S. Asano, Y. Matsushita, Y. Hirayama and T. Naka
Letters in Applied Microbiology   61(2) 113-120   2015年   [査読有り]
A practical method for forecasting strawberry anthracnose caused by Glomerella cingulata
Hirayama Y, Asano S, Kubota M, Tojo M, Ohki ST.
関西病虫害研究会報   57 25-29   2015年   [査読有り]
イチゴ苗の長期冷蔵処理による炭疽病菌(Glomerella cingulate)潜在感染株の低減
岡山健夫、平山喜彦
日本植物病理学会報   79(4) 269-274   2013年   [査読有り]
Development of PCR Primers to Identify Fusarium Oxysporum f. sp. fragariae
Suga ,H., Hirayama, Y., Morishima, M., Suzuki, T., Kageyama, K., Hyakumachi,M.
Plant Disease   97 619-625   2013年   [査読有り]
イチゴ炭疽病の育苗培養土汚染による発生と薬剤防除効果
岡山健夫、平山喜彦
日本植物病理学会報   77(2) 83-87   2011年   [査読有り]
平山喜彦、川本優理子、松谷幸子、西崎仁博、岡山健夫
関西病虫害研究会報   50(50) 93-94   2008年   [査読有り]

Misc

 
炭疽病菌による病害の発生生態と防除
平山喜彦、杉村輝彦、浅野峻介
植物防疫   73(4) 243-248   2019年4月
奈良県におけるエタノール噴霧法によるイチゴ炭疽病の発生予察
平山喜彦、浅野峻介
植物防疫   71(5) 17-21   2017年
PCRによるイチゴ萎黄病菌検出技術の生産現場での活用
平山喜彦
植物防疫   70(1) 50-52   2016年
奈良県における薬剤耐性イチゴ炭疽病菌対策の取り組み
平山喜彦
殺菌剤耐性菌研究会要旨集   25    2015年
薬剤体系散布によるイチゴ炭疽病(Glomerella cingulata)の防除
平山喜彦・西崎仁博・岡山健夫
奈良農総セ研報   41(41) 17-21   2010年3月
イチゴ新品種‘古都華’の育成とその特性
西本登志、信岡 尚、前川寛之、後藤公美、東井君枝、泰松恒男、木矢博之、吉村あみ、平山喜彦、峯岸正好、佐野太郎、米田祥二
奈良農総セ研   41 1-10   2010年
イチゴ土壌病害の診断と防除
平山喜彦、岡山健夫、西崎仁博
土壌伝染病談話会レポート   25 39-47   2010年
アゾキシストロビン系薬剤耐性イチゴ炭疽病菌の発生状況と防除対策
平山喜彦
植物防疫   63(8) 26-30   2009年8月
リーフディスクと選択培地を用いたイチゴ炭疽病の有効殺菌剤の検索および展着剤の影響
平山喜彦・吉村あみ・西崎仁博・岡山健夫
奈良農総セ研報   39(39) 25-30   2008年3月
イチゴ‘アスカルビー’における果実の成熟に関する研究(第2報)果実の着色および品質成熟機関と温度との関係
東井君枝、信岡 尚、平山喜彦
奈良農試研報   31 17-24   2000年

書籍等出版物

 
イチゴ大事典
平山喜彦 (担当:分担執筆, 範囲:炭疽病の総合防除、萎黄病の総合防除)
農山漁村文化協会   2016年1月   
農業技術体系 野菜編 第3巻「イチゴ」
平山喜彦 (担当:分担執筆, 範囲:炭疽病の総合防除、萎黄病の総合防除)
農山漁村文化協会   2014年10月   

講演・口頭発表等

 
日本のダリア産地におけるトマト黄化えそウイルス,ダリアモザイクウイルス,キク矮化ウイロイドの感染状況
浅野峻介、松下陽介、平山喜彦、仲 照史、印田清秀
平成27年度日本植物病理学会関西部会   2015年9月   
Simultaneous detection of two viruses and one viroid infectiong dahlias by multiples RT-PCR and their distribution in Japanese dahlias
S. Asano, Y. Matsushita, Y. Hirayama and T. Naka
2015APS Annual Meeting PROGRAM BOOK66   2015年8月   
ダリアにおけるトマト黄化えそウイルスの主要な伝染方法の特定
浅野峻介、平山喜彦、倉田 淳、印田清秀
関西病虫害研究会第97回大会   2015年5月   
ダリアにおけるトマト黄化えそウイルスの主要な伝染方法の特定
浅野峻介、松下陽介、平山喜彦、仲 照史
平成27年度日本植物病理学会大会   2015年3月   
奈良県における薬剤耐性イチゴ炭疽病菌対策の取り組み
平山喜彦
第25回殺菌剤耐性菌研究会   2015年1月15日   
奈良県内の在来品種と育成系統からのキク矮化ウイロイド(CSVd)抵抗性素材の探索
浅野峻介、仲 照史、平山喜彦、渡邊武志、河合 哉、松下陽介
平成26年度園芸学会大会秋季大会   2014年9月   
奈良県におけるレース10抵抗性品種でのホウレンソウべと病の発生と代替品種の探索
平山喜彦、浅野峻介、小林 甫、安川人央、窪田昌春
平成26年度日本植物病理学会関西部会   2014年9月   
マルチプレックスRT-PCR によるダリアからのトマト黄化えそウイルス、ダリアモザイクウイルス、キク矮化ウイロイドの同時検出
浅野峻介、松下陽介、平山喜彦、仲 照史、印田清秀
平成26年度日本植物病理学会大会   2014年6月   
キクのキク矮化ウイロイドの検出方法の検討および奈良県内における感染状況
浅野峻介、平山喜彦、仲 照史、印田清秀、松下陽介
平成25年度日本植物病理学会関西部会   2013年9月   
イチゴ育苗ほの萎黄病菌による土壌汚染を防ぐために有効な消毒剤
平山喜彦、浅野峻介、玉田勝也、須賀晴久
平成25年度日本植物病理学会大会   2013年3月   

競争的資金等の研究課題

 
イチゴ健全種苗生産のための病害検査プログラムの構築
新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
研究期間: 2009年 - 2011年

特許

 
品種登録 第21164号 : イチゴ「古都華」
西本登志 信岡尚 前川寛之 後藤公美 東井君枝 泰松恒男 木矢博之 吉村あみ 平山喜彦 峯岸正好