基本情報

所属
放送大学 情報コース 准教授
オンライン教育センター
学位
博士(工学)(徳島大学)

J-GLOBAL ID
200901096129997678

外部リンク

放送大学は,皆さまご存じのとおり,放送(テレビやラジオ),オンラインで大学教育を行う大学です。

私は,放送教材の制作はもちろん,オンライン授業の立ち上げにシステムと教材制作の両面から携わった経験があります。NIME時代はK-tai Campusというガラケーを対象とした情報配信システムの設計・開発・運用を行い,日本の高等教育機関に提供した経験もあります。サポートもなく,ひとりで対応せざるを得なく,研究時間の確保に苦労してきました。

現在は学習解析に興味を持っています。
専門は,情報工学と教育工学の2つの柱を持ちます。近年ではIoT (Internet of Things),クラウドコンピューティングを意識し,さまざまなモノから得られるデータの分析による改善に興味があり,教育分野への応用として学習解析に注目しています。放送大学では情報工学(コンピューターやネットワークの分野)に関する授業を主に提供していますが,書籍(印刷教材)と放送(テレビやラジオ)を一セットとして,教育効果を意識してメディアの特性を踏まえた教材設計(書籍執筆,台本作成,ディレクション,授業運営)を実践しています。

これまで諸事情によってK-tai Campusの開発運営管理,授業制作やオンライン授業の支援に時間を取られてきた分,テキスト(単著5冊,共著1冊),放送(テレビ5科目,ラジオ1科目)と制作経験は豊富となりました。スライド,台本づくりなど一人で対応しているために多忙ですが,さまざまな整理を推進しつつ,これまでの経験をデータ解析に生かし,自分が関わった学習が本当に学生に効果的に伝わっているか,教材の作りが適切なのか,そして,どのような学習を学生が必要としているのかなど,統計解析や人工知能などを用いてデータにより明らかにするシステム(プラットフォーム)や分析手法の開発を進めています。

放送大学は学生が研究テーマを持って入学されるケースがほとんどですが,共同研究や大学院(修士,博士)の学生も募集しています。関心のある方はご相談ください。

なお,これまでを鑑み,査読依頼などは研究者としての対応でよければお受けいたします。
これまでのように都合よくは動けませんので,教育研究開発の業務範囲内とさせて頂いております。


経歴

  9

論文

  15

MISC

  22

書籍等出版物

  8

講演・口頭発表等

  68

所属学協会

  5

Works(作品等)

  1

共同研究・競争的資金等の研究課題

  9

社会貢献活動

  22