基本情報

所属
国立極地研究所 国立極地研究所 研究教育系地圏研究グループ 准教授、極域情報系極域科学資源センター
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学(総研大))
修士(理学)(京都大学)
博士(理学)、1999年(総合研究大学院大学極域科学専攻)

J-GLOBAL ID
200901040682741112

研究課題と活動状況: 南極およびその周辺地域の地質学的・岩石学的・地球化学的・地球年代学的研究をおこなっている。現在進めている具体的な研究テーマとしては、(1)深部地殻での高温~超高温変成作用、流体活動、および、地殻溶融プロセスの研究。(2)高温変成岩・火成岩中の副次鉱物の挙動と年代論と地球化学とのリンク、(3)原生代~古生代にかけての南極を中心とするゴンドワナ大陸の形成発達史の研究、(4)始生代(太古代)の地殻形成史の研究、等。極域観測歴: 南極域:第38次南極地域観測隊(夏隊同行者)(1996-1997)、第39次南極地域観測隊(夏隊同行者)(1997-1998)、オーストラリア隊(2006-2007)、第49次南極地域観測隊・夏隊(2007-2008)

経歴

  5

論文

  59

書籍等出版物

  4

講演・口頭発表等

  25

共同研究・競争的資金等の研究課題

  9

社会貢献活動

  10

その他

  1
  • 放射年代測定のターゲットである岩石中の副次鉱物の挙動を明らかにするために、その共生関係、鉱物組織、化学組成の解析をすすめてきた。南極産超高温変成岩試料を用いたジルコンとモナザイトのU-Pb年代測定データと共存するザクロ石との間の元素分配の解析によって、高温変成作用における副次鉱物の化学的特徴ならびに年代測定で得られた年代値と地質イベントとの対応関係への理解が進展した。また、南極、南アフリカ、スリランカでの野外地質調査で採集した岩石試料の解析、ならびに、国内外の研究者との様々な地域の変成岩・火成岩試料を用いた共同研究によって、高温変成作用と岩石の融解プロセスならびに放射年代測定とを組み合わせた研究を今後も継続していく。2007年からは、南極セールロンダーネ山地をターゲットとして、ドロンイングモードランドにおける火成・変成プロセスの解明を目指した研究をおこなっている。2010年からは、南極との連続性も視野に入れながら、始生代の地殻進化プロセスの解明を目的にインド南部の始生代ダールワール岩体の地質・変成・年代研究をおこなっている。