今井 剛

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/04 15:45
 
アバター
研究者氏名
今井 剛
eメール
imaiprc.tsukuba.ac.jp
URL
http://www.prc.tsukuba.ac.jp/wp/
所属
筑波大学
部署
数理物質系
職名
教授
学位
博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年10月
 - 
2002年3月
日本原子力研究所 核融合工学部 RF加熱研究室 室長
 
2001年4月
 - 
2004年4月
日本原子力研究所 核融合工学部 次長
 
2006年5月
   
 
筑波大学 大学院数理物質科学研究科物理学専攻 教授
 
2008年3月
 - 
2013年3月
筑波大学 プラズマ研究センター センター長
 
2013年4月
   
 
筑波大学 プラズマ研究センター 副センター長
 

学歴

 
 
 - 
1974年3月
大阪大学 基礎工学部 電気工学
 
 
 - 
1976年3月
大阪大学大学院 基礎工学研究科 物理系
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本原子力研究開発機構  炉心プラズマ共同企画委員会JT-60SA専門委員会/委員
 
2013年6月
 - 
2014年12月
核融合エネルギー連合講演会   核融合エネルギー連合講演会組織委員会/委員
 
2005年9月
 - 
2007年8月
日本電気学会  「魅力的核融合炉技術」調査専門委員会
 
2007年6月
 - 
2009年6月
プラズマ・核融合学会  理事
 
2007年8月
 - 
2009年7月
日本電気学会  「核融合エネルギーー実証技術」調査専門委員会
 

受賞

 
2013年12月
プラズマ・核融合学会 プラズマ核融合学会賞 技術進歩賞 ジャイロトロンの高効率化運転によるマルチメガワットECRHシステムの構築とプラズマの高電子温度化への貢献
受賞者: 下妻 隆,高橋裕己,久保 伸,吉村泰夫,伊神弘恵,小林策治,伊藤 哲,今井 剛、徳沢季彦
 
筑波大学が開発したジャイロトロンのLHDでの高効率化運転によるマルチメガワットECRHシステムの構築し、その高パワーのミリ波によりプラズマの高電子温度化へ貢献した。
1999年6月
日本原子力研究所 日本原子力研究所有効賞
 
超高次モード共振器とダイヤモンド窓んいよるITERジャイロトロンの技術開発
1996年4月
プラズマ核融合学会第1回技術進歩賞受賞
 
1993年3月
プラズマ核融合学会第1回論文賞受賞
 
1987年6月
日本原子力研究所 日本原子力研究所有効賞特賞
 
JT-60加熱装置の開発

論文

 
DEVELOPMENT OF THOMSON SCATTERING SYSTEM IN GAMMA 10
Yoshikawa, Masayuki; Wang, Xiaolong; Morishita, Masahiro; Shima, Yoriko; Chikatsu, Masayuki; Kohagura, Junko; Sakamoto, Mizuki; Minami, Ryutaro; Iso, Masaki; Nakashima, Yousuke; Imai, Tsuyoshi; Ichimura, Makoto; Yasuhara, Ryo; Yamada, Ichihiro; Funaba, Hisamichi; Minami, Takashi
FUSION SCIENCE AND TECHNOLOGY   68(1) 99-104   2015年7月   [査読有り]
OGASAWARA, Shinya; KUBO, Shin; NISHIURA, Masaki; TATEMATSU, Yoshinori; SAITO, Teruo; TANAKA, Kenji; SHIMOZUMA, Takashi; YOSHIMURA, Yasuo; IGAMI, Hiroe; TAKAHASHI, Hiromi; ITO, Satoshi; MAKINO, Ryohei; KOBAYASHI, Sakuji; MIZUNO, Yoshinori; OKADA, Kohta; MINAMI, Ryutaro; KARIYA, Tsuyoshi; IMAI, Tsuyoshi
Plasma and Fusion Research   8(0) 2402069-2402069   2013年
To establish a method for suppressing the spurious radiation that interferes with collective Thomson scattering measurements with less degradation of the main mode output power, the frequency evolution, and the output power of the megawatt 77-GHz ...
高周波非誘導電流駆動における自発高ポロイダルベータ配位の形成(28aAE 核融合プラズマ(球状トカマク,電流駆動),領域2(プラズマ))
図子, 秀樹; MISHRA, KISHORE; 出射, 浩; 花田, 和明; 假家, 強; 今井, 剛; 長谷川, 真; 山口, 隆史; 江尻, 晶; 高瀬, 雄一; 恩地, 拓己; 鈴川, 槙一郎; 三浦, 弘貴; 中村, 一男; 松岡, 啓介; 藤澤, 彰英; 永島, 芳彦; 渡邉, 理; 東島, 亜紀; 川崎, 昌二; 中島, 寿年; 福山, 淳; 御手洗, 修; 前川, 孝; QUESTグループ
日本物理学会講演概要集   69(1) 248   2014年3月
QUEST装置における28GHz ECHシステムを用いた電流立ち上げ実験(28aAE 核融合プラズマ(球状トカマク,電流駆動),領域2(プラズマ))
出射, 浩; 図子, 秀樹; 花田, 和明; 假家, 強; 今井, 剛; MISHRA, KISHORE; 渡邉, 理; 山口, 隆史; 江尻, 晶; 高瀬, 雄一; 恩地, 拓己; 鈴川, 槙一郎; 三浦, 弘貴; 中村, 一男; 長谷川, 真; 松岡, 啓介; 藤澤, 彰英; 永島, 芳彦; 吉田, 直亮; 渡辺, 英雄; 徳永, 和俊; 東島, 亜紀; 川崎, 昌二; 中島, 寿年; 福山, 淳; 御手洗, 修; 前川, 孝; QUESTグループ
日本物理学会講演概要集   69(1) 249   2014年3月
HOSOI, Katsuhiro; NAKASHIMA, Yousuke; KOBAYSHI, Shinji; NISHINO, Nobuhiro; MIZUUCHI, Tohru; ISHII, Takashi; ICHIMURA, Kazuya; TAKEDA, Hisato; UEDA, Hideaki; KIGURE, Satoru; TAKAHASHI, Shigehito; HOTAKA, Satoru; IMAI, Tsuyoshi
Plasma and Fusion Research   7(0) 2402126-2402126   2012年
Results of supersonic molecular beam injection (SMBI) into GAMMA 10 are described. By analyzing the two-dimensionalimage of the emission captured by a high-speedcamera, we investigated neutral transport during SMBI. The experimental results show t...

書籍等出版物

 
ミリ波帯の強力な電磁波発 振装置ジャイロトロン
今井, 剛 (担当:監修)
電磁環境工学情報 電磁環境工学情報    1998年1月   
核融合炉工学概論
今井, 剛 (担当:分担執筆)
  日刊工業新聞社   2001年9月   
ITERにおける高周波加熱・電流駆動の計画と展望
今井, 剛 (担当:監修)
Journal of Plasma and Fusion Research Journal of Plasma and Fusion Research    2005年3月   

講演・口頭発表等

 
Numerical Calculation of the Gyrotron Oscillator in ECH Systems in GAMMA 10 by the use of Parallel Algorithms
T.,Numakura;Imai,T.;Kariya,Tsuyoshi;Minami,R.;Nakabayashi,H.;Eguchi,T.;Kawarasaki,R.;Nakazawa,Y.
Joint Conference of 9th international Conference on Open Systems for Plasma Confinement (OS2012) and 3rd International Workshop on Plasma Material Interaction Facilities for Fusion (PMIF2012)   2012年8月27日   
Development of 28 GHz / 35 GHz Dual-Frequency Gyrotron for Fusion Research
Eguchi,T.;Kariya,T.;Imai,T.;Nakabayashi,H.;南,龍太郎;Numakura,T.;Kawarasaki,R.;Nakazawa,K.
Joint conference of 9th International Conference on Open Magnetic Systems for Plasma Confinement (OS2012) and 3rd Internationala Workshop on Plasma Material Interaction Facilities for Fusion (PMIF2012)   2012年8月27日   
The improvement of the ECH antenna system in the GAMMA 10
Nakazawa,K.;Imai,T.;Kariya,T.;Minami,Ryutaro;Numakura,T.;Nakabayashi,H.;Eguchi,T.;Kawarasaki,R.
Joint conference of 9th International Conference on Open Magnetic Systems for Plasma Confinement (OS2012) and 3rd Internationala Workshop on Plasma Material Interaction Facilities for Fusion (PMIF2012)   2012年8月27日   
THE PERFORMANCE TEST AND THE IMPROVED DESIGN OF 28 GHz 1 MW GYROTRON
H.,Nakabayashi;Kariya,Tsuyoshi;Imai,T.;Minami,R.;Numakura,T.;Eguchi,T.;Kawarasaki,R.;Nakazawa,H.;Sakamoto,K.
Joint Conference of 9th international Conference on Open Systems for Plasma Confinement (OS2012) and 3rd International Workshop on Plasma Material Interaction Facilities for Fusion (PMIF2012)   2012年8月27日   
RESULTS OF ECH POWER MODULATION EXPERIMENTING HIGH AND ELM-LIKE HEAT FLUX IN GAMMA 10 TANDEM MIRROR
R.,Minami;Imai,T.;Kariya,Tsuyoshi;Numakura,T.;Nakabayashi,H.;Eguchi,T.;Kawarasaki,R.;Nakazawa,K.;Endo,Y.
Joint Conference of 9th international Conference on Open Systems for Plasma Confinement (OS2012) and 3rd International Workshop on Plasma Material Interaction Facilities for Fusion (PMIF2012)   2012年8月27日   

競争的資金等の研究課題

 
大電力ジャイロトロン、高周波数ジャイロトロンの実証化研究
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 核融合科学研究所: 国内共同研究
研究期間: 2014年6月 - 2015年3月    代表者: 今井 剛
大電力ジャイロトロンの周波数を、高密度加熱用に2倍の154GHz としたジャイロトロンの高パワー化と長時間化の研究を行う。
高エネルギー電磁ビームに誘起される放電とその工学的応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(S)
研究期間: 2015年6月 - 2020年3月    代表者: 小紫 公也
レーザやミリ波の放電により空気中に誘起される爆轟波の物理の解明をおこない、その工学的応用の基礎を研究する。
原型炉ECHに向けたマルチMWジャイロトロン発振の研究
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 今井 剛
核融合原型炉に必要なマルチMWジャイロトロンの開発を行うことを目的とする。原型炉では、大型高密度のプラズマのコア部での加熱・電流駆動制御が不可欠であり、その方式としてジャイロトロンを用いた電子サイクロトロン加熱(ECH)が、唯一の信頼できるプラズマ内部制御可能な加熱・電流駆動手法と言われている。しかし、現状ではITERに見られるように、1MWのジャイロトロンを用いており、原型炉で必要な100 MW以上の加熱パワーを注入するには、100本以上のシステムを構築する必要があり、コストやメインテナ...
大電力テラヘルツジャイロトロンの開発と発振ダイナミクスの研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 坂本慶司
この研究では、原型炉に必要なサブテラヘルツ周波数領域(200GHz〜300GHz)の1MW級ジャイロトロンの開発を行うことを目的とする。原型炉では、現在より、さらに大型高密度のプラズマのコア部での加熱・電流駆動制御が不可欠であり、ジャイロトロンを用いた電子サイクロトロン加熱(ECH)が、原型炉プラズマの唯一の信頼できるプラズマ内部制御可能な加熱手法と言われている。従って、サブテラヘルツ大電力ジャイロトロン開発の正否は、原型炉の運転シナリオに大きく影響する要素開発で、早期にその見通しを明確に...
大電力ジャイロトロンを用いた強力なECHによるプラズマの高性能化研究
核融合科学研究所: 国内共同研究
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 今井 剛
電子加熱用ジャイロトロンを改良し、ガンマ10での電子加熱とプラズマ電位の生成の能力を向上することにより、プラズマの高性能化を目指す。

特許

 
特願2000-355158号 : ジャイロトロン装置の製造法
今井, 剛
特願2002-125267号 : ジャイロトロン用電源
今井, 剛
特願2003-278043号 : マイクロ波プラズマ推進装置
今井, 剛