西村 賢宣

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/15 02:54
 
アバター
研究者氏名
西村 賢宣
URL
http://orcid.org/0000-0002-9982-141X
所属
筑波大学
部署
数理物質系
職名
准教授
学位
博士(理学)(筑波大学)
ORCID ID
0000-0002-9982-141X

研究分野

 
 

経歴

 
1989年5月
 - 
1994年5月
北海道大学 工学部 助手
 
1994年6月
 - 
2004年2月
北海道大学 大学院工学研究科 助手
 
2004年3月
 - 
2004年3月
筑波大学 助教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
筑波大学 大学院数理物質科学研究科 助教授
 
2007年4月
   
 
筑波大学 大学院数理物質科学研究科 准教授
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1985年3月
筑波大学 第一学群 自然学類
 
1985年4月
 - 
1989年4月
筑波大学 化学研究科 化学専攻
 

受賞

 
2011年4月
日本化学会 日本化学会BCSJ賞
 
優秀論文として認められた

論文

 
松本尚人;Nishimura, Yoshinobu;新井達郎
PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY   93(5) 1187-1192   2017年6月   [査読有り]
A new photoreaction mechanism of Three-state molecular switch fluorescence sensor based on ON1-OFF-ON2 sequence was achieved by anthracene-diurea compound, which was designed using two phenylurea groups and one anthracene, 9,10BtDSPUA. Photochemic...
松本尚人;Nishimura, Yoshinobu;新井達郎
Org. Biomol. Chem.   15(31) 6575-6583   2017年7月   [査読有り]
We report anthracene-diurea compounds which behave as anion sensors based on the fluorescence emission regulated by the substitution position on the anthracene ring. Anthracene-diurea compounds exhibit different excited-state intermolecular proton...
Kuwabara, Junpei; Yamaguchi, Kaho; Yamawaki, Kazuma; Yasuda, Takeshi; Nishimura, Yoshinobu; Kanbara, Takaki
Inorganic chemistry   56(15) 8726-8729   2017年8月   [査読有り]
Compounds with controllable color emissions are potentially useful as photoluminescent materials in imaging and sensing applications. Multimolecular emission can be used realizing variable-color emitters and has been demonstrated in the solid stat...
Time-resolved fluorescence of alpha,omega-di(1-naphthyl)oligosilanes and 1-naphthyloligosilanes: intramolecular excimer formation and charge-transfer interactions
Karatsu, Takashi;Nakamura, Takashi;Terasawa, Masato;Yagai, Shiki;Kitamura, Akihide;Nishimura, Yoshinobu;Yamazaki, Iwao
RESEARCH ON CHEMICAL INTERMEDIATES   39 347-357   2013年1月   [査読有り]
Matsumoto, Hisato; Nishimura, Yoshinobu; Arai, Tatsuo
Photochemistry and photobiology   Epub    2017年4月   [査読有り]
A new photoreaction mechanism of "Three-state molecular switch" fluorescence sensor based on ON(1) -OFF-ON(2) sequence, was achieved by anthracene-diurea compound, which was designed by using two phenylurea groups and one anthracene, 9,10BtDSPUA. ...

書籍等出版物

 
光と生命の事典
西村,賢宣
朝倉書店   2016年2月   ISBN:9784254171617
発光の事典
西村,賢宣
朝倉書店   2015年9月   ISBN:9784254102628
光化学の事典
西村,賢宣
朝倉書店   2014年6月   ISBN:9784254140965
Electron transfer and relaxation processes of the excited states of organic dye molecules
西村, 賢宣
1993年10月   
増感剤
伊藤光紀;大河原, 信;岡崎正樹;小門, 宏;高橋不二雄;徳丸克己;西島安則;西村賢宣;藤島, 昭;三澤弘明;山本雅英
講談社サイエンティフィック   1987年1月   

講演・口頭発表等

 
プロトン移動によるスチルベン-ウレア化合物の異性化反応の制御に関する研究
松本尚人;Nishimura, Yoshinobu;新井達郎
第7回CSJ化学フェスタ2017   2017年10月17日   
ウレア-アニオン間の溶媒アシスト型励起状態プロトン移動反応
東ヶ崎 慶;池津, 暁峰;Nishimura, Yoshinobu;新井達郎
2017年光化学討論会   2017年9月4日   
Switching Mechanism for Anthracene-Diurea Compounds Utilizing the Excited State Intermolecular Proton Transfer Reaction
松本尚人;Nishimura, Yoshinobu;新井達郎
2017年光化学討論会   2017年9月4日   
ウレア基を二つ有する蛍光色素の開発とON1-OFF-ON2アニオン認識機構の解明
松本尚人;Nishimura, Yoshinobu;新井達郎
第15回ホスト–ゲスト・超分子化学シンポジウム   2017年6月3日   
超微細酸素気泡の消失過程に対する無機塩の濃度効果
西村,賢宣;新井達郎
日本化学会 第97春季年会   2017年3月16日   

競争的資金等の研究課題

 
芳香族を有するグアニンの光化学反応過程
研究期間: 2004年4月 - 2010年3月
芳香族置換基を有するウレア化合物の蛍光発光機構
研究期間: 2004年4月 - 2016年3月
デンドリマーの励起緩和過程
研究期間: 2004年4月