追川 修一

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/11 15:22
 
アバター
研究者氏名
追川 修一
学位
博士(工学)(慶應義塾大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
筑波大学 システム情報系 教授
 
2016年4月
   
 
筑波大学 システム情報系 教授
 
1994年4月
 - 
1996年10月
慶應義塾大学 環境情報学部 助手(嘱託)
 
1996年9月
 - 
1999年9月
カーネギーメロン大学 計算機科学部計算機科学科 ポストドクトラルフェロー
 
1999年10月
 - 
2000年7月
インテル シニアソフトウェアエンジニア
 

学歴

 
 
 - 
1989年3月
慶應義塾大学 理工学部 数理科学科
 
 
 - 
1991年3月
慶應義塾大学 理工学研究科 数理科学専攻
 
 
 - 
1994年3月
慶應義塾大学 理工学研究科 数理科学専攻
 

受賞

 
2015年8月
情報処理学会 情報処理学会山下記念研究賞 ブロックストレージとの組み合わせによるメモリストレージ容量拡張手法
 
2015年3月
情報処理学会 情報処理学会論文賞 Non-Volatileメインメモリを用いたチェックポイント・リスタートシステム
 
1993年5月
日本ソフトウェア科学会 日本ソフトウェア科学会高橋記念奨励賞受賞
 

論文

 
Multi-Level Queue NVM/DRAM Hybrid Memory Management with Language Runtime Support
追川,修一;Gaku,Nakagawa
ACM Conference on Research in Adaptive and Convergent Systems (RACS 2015)   437-442   2015年10月   [査読有り]
MSX: Memory Storage Extension for Linux 4.0 and Beyond
追川,修一
ACM Conference on Research in Adaptive and Convergent Systems (RACS 2015)   406-411   2015年10月   [査読有り]
Gaku,Nakagawa;Kawata,Hirotaka;追川,修一
15th IEEE International Conference on Computer and Information Technology (CIT-2015)   517-524   2015年10月   [査読有り]
Several programs demand large memory allocation to execute their tasks. Normally, the demands are based on intentions of program designers, users, and system administrators. Sometimes, however, faulty programs or malicious programs demand large me...
Oikawa,Shuichi
30th ACM Symposium On Applied Computing (SAC 2015)   2021-2026   2015年4月   [査読有り]
This paper proposes a method that combines next generation non-volatile (NV) memory technologies to block storage and makes use of NV memory as storage cache. The existing method to combine cache storage with block storage hides the cache storage ...
Towards High Performance Big Data Processing by Making Use of Non-Volatile Memory
Oikawa,Shuichi
5th International Conference on Cloud Computing and Services Science (CLOSER 2015)      2015年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
SOFTWARE TECHNOLOGIES FOR EMBEDDED AND UBIQUITOUS SYSTEMS
Oikawa, Shuichi;Kawasaki, Jin
SPRINGER-VERLAG BERLIN   2010年1月   ISBN:9783642162558

講演・口頭発表等

 
A Cost-Effective Solution for Realizing Talking Appliances for the Visually Impaired
Haraikawa, Tomohiro; Oyamada, Akira; Ito, Hiroharu; Oikawa, Shuichi; Fukui, Yukio
IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE)   2014年1月10日   
Gandalf: CMP 指向 VMM の基本設計と実装
伊藤愛;追川修一
第9回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ____   2006年3月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
Linuxリソースマネージメントに関する研究
モンタビスタソフトウェアジャパン: その他
研究期間: 2004年       代表者: 追川修一
仮想ハイブリッドオペレーティングシステムのための資源管理に関する研究
•栢森情報科学振興財団: その他
研究期間: 2004年       代表者: 追川修一
コントロールパスとデータパスの分離に関する研究
KDDI研究所: 企業からの受託研究
研究期間: 2005年 - 2005年3月    代表者: 追川修一
OSにおけるデバイス間通信機構に関する研究ならびにマイクロカーネル上におけるOSに関する研究
KDDI研究所: 企業からの受託研究
研究期間: 2005年 - 2006年3月    代表者: 追川修一
高信頼性オペレーティングシステム構築技術
文部科学省リーディングプロジェクトe-Society基盤ソフトウェアの総合開発: 出資金による受託研究
研究期間: 2005年 - 2006年3月    代表者: 片山卓也

特許

 
特願2011-140264 : 仮想化レイヤにモデル検査を適用することにより、ゲストOSによるデバイス操作を強制する方法
追川, 修一