三末 和男

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:07
 
アバター
研究者氏名
三末 和男
 
ミスエ カズオ
URL
http://www.cs.tsukuba.ac.jp/~misue/
所属
筑波大学
部署
システム情報系
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

学歴

 
 
 - 
1984年3月
東京理科大学 理工学部 情報科学科
 
 
 - 
1986年3月
東京理科大学 理工学研究科 情報科学
 

委員歴

 
2018年4月
   
 
enPiTビジネスシステムデザイン分野/事業推進責任者
 
2013年4月
 - 
2017年4月
情報処理学会  グループウェアとネットワークサービス研究会運営委員会/運営委員
 
2000年
 - 
2004年
情報処理学会  論文誌編集委員
 
2007年4月
 - 
2010年3月
「応用数理」編集委員
 

受賞

 
2001年5月
人工知能学会全国大会(第15回)優秀論文賞
 

論文

 
Development Environment of Embeddable Information-Visualization Methods
Ito, Takao;Misue, Kazuo
Human Interface and the Management of Information: Information, Knowledge and Interaction Design   88-102   2017年7月   [査読有り]
Visual Consideration of Relative Trajectory Models of Moving Objects
Misue, Kazuo;Otake, Kousuke
Proceedings of The 10th International Symposium on Visual Information Communication and Interaction   58-62   2017年8月   [査読有り]
A Framework for Visual Analytics of Massive Complex Networks
Seok-Hee, Hong;Weidong, Huang;Misue, Kazuo;Wu, Quan
Proceedings of International Conference on Big Data and Smart Computing   22-28   2014年1月
Visual Tool for Extracting Anomalous Approaches of Moving Objects
Hamada, Kouhei;Saito, Takahiro;Misue, Kazuo
Proceedings of 21th International Conference on Information Visualisation   274-280   2017年7月   [査読有り]
Amatsubu: a semi-static representation technique exposing spatial changes in spatio-temporal dependent data
Chiba, Hiroki;Hyogo, Yuki;Misue, Kazuo
Proceedings of 21th International Conference on Information Visualisation   57-65   2017年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Proceedings 2016 20th International Conference Information Visualisation IV 2016
Misue, Kazuo; Kitajima, Hatsune
IEEE   2016年   ISBN:9781467389426
Human Interface and the Management of Information: Information, Design and Interaction, Pt I
Ito, Takao; Misue, Kazuo
SPRINGER INT PUBLISHING AG   2016年   ISBN:9783319403496
ダイアグラム・プロセッサの構築 ー 領域連結図を用いる思考支援システムへの応用を中心として ー
三末,和男
1997年5月   
シミュレーション辞典
三末,和男
コロナ社   2012年2月   ISBN:978-4-339-024
インタフェース大作戦
三末, 和男
  共立出版株式会社   1995年1月   

講演・口頭発表等

 
Development Environment of Embeddable Information-Visualization Methods
Misue, Kazuo;Ito, Takao
HCI International 2017   2017年7月9日   
Visual Consideration of Relative Trajectory Models of Moving Objects
Misue, Kazuo;Otake, Kousuke
The 10th International Symposium on Visual Information Communication and Interaction (VINCI 2017)   2017年8月14日   
PCCSを用いた情報可視化用の配色作成支援ツールの開発
南城, 聖;Misue, Kazuo
情報処理学会 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会   2017年2月27日   
情報可視化において色は情報の効果的な伝達や閲覧者の興味関心を引き付けるために欠かせない存在である.しかし,色の持つ効果を十分に発揮させるためには情報可視化とデザイン双方における色の知識が必要であるため,それらを専門としていない人たちにとって効果的な配色の作成は容易でない.そこで本研究では,情報可視化やデザインの十分な経験および知識を持たない人による,情報可視化とデザインの双方が両立する配色の作成を支援するツールを開発した.そのツールの特徴は,情報可視化における色による量的な表現を正確に行う...
Passing the Initiative for Visualizing Data to Readers
Misue, Kazuo;Rei, Watanabe
The Eleventh 2016 International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS 2016)   2016年11月10日   
ChronoView: A Method to Overview of Many Temporal Patterns
Misue,Kazuo
IEEE VIS 2016 Workshop, The Event Event: Temporal & Sequential Event Analysis (EVENT2016)   2016年10月24日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
大規模イベントデータの俯瞰のための可視化手法の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 三末和男
本研究課題では大規模イベントデータを対象とした可視化手法の高性能化を追求する。可視化対象はイベントの時間的側面に着目したデータであり、そのようなデータの時間的特徴の理解支援のために、有用な俯瞰を視覚的に提供することを目指す。イベントの集合(すなわち時刻の列)を2次元平面上の位置で表現する手法ChronoViewは、大規模データへの有効性が認められる一方で、読み取れる情報に関して問題も見つかっている。そこで、本研究課題では、A.周期への依存度の低い表現形式への拡張、B.表現空間の局所的な集中...
閲覧者の関心度に対応できる視覚的情報提示手法に関する研究
栢森情報科学振興財団: 
研究期間: 2015年1月 - 2016年9月    代表者: 三末和男
可読性を重視した大規模ネットワークの可視化技術に関する研究
大川情報通信基金: 研究助成
研究期間: 2010年3月 - 2011年2月    代表者: 三末和男
大局的構造と局所的構造の異種複合構造を俯瞰するための情報可視化技術の開発
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 三末和男
創造支援を目的とした手描き作図環境に関する研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 三末和男

特許

 
第002977681号 : グラフ図解の動的表示処理装置および方法
三末, 和男
第003251662号 : データ表示処理システム
三末, 和男
第003350223号 : グラフ自動レイアウト方法及び装置
三末, 和男